Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『仮面病棟』原作と映画の違いをネタバレ考察。永野芽郁と坂口健太郎の共演で木村ひさし監督どのように実写化したか⁈|永遠の未完成これ完成である11

  • Writer :
  • もりのちこ

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第11回

映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。

今回紹介するのは『仮面病棟』です。


原作は、作家・知念実希人の人気医療ミステリー小説『仮面病棟』です。現役医師でもある作家が、病院を舞台に巻き起こる難解事件をリアルに描きます。

坂口健太郎と永野芽郁の共演で、『任侠学園』『屍人荘の殺人』の木村ひさし監督が映画化。

ある日突然、ピエロの仮面を被る凶悪犯に病院が占拠された。閉ざされた病院で、生き残りを懸けた究極の心理戦が始まります。ピエロの仮面が剥がされる時、病院の隠された秘密の仮面も暴かれる。

映画『仮面病棟』公開に伴い、原作の違いを比較し紹介します。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『仮面病棟』の作品情報


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
【公開】
2020年(日本)

【原作】
知念実希人

【監督】
木村ひさし

【キャスト】
坂口健太郎、永野芽郁、内田理央、江口のりこ、朝倉あき、丸山智己、笠松将、永井大、佐野岳、藤本泉、小野武彦、鈴木浩介、大谷亮平、高嶋政伸

映画『仮面病棟』のあらすじとネタバレ


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
警察の取調室で、速水秀悟は今回の事件について事情聴取を受けていました。

「目撃者はあなただけなんです。もう一度詳しく話して下さい」。

速水は記憶を巡らせます。激しい雨の降る日でした。

その日は、先輩医師の小堺司に呼ばれ、田所病院の当直医を代わりに受けることになっていました。

速水は、3カ月前、恋人のようこを車に乗せ交通事故に遭い亡くしていました。

悲しみから立ち直れず、医療現場を離れていた速水を心配し、ようこの兄でもあった小堺が仕事復帰の機会を与えたのでした。

田所病院は、老衰や寝たきり、認知症の患者が多く、身寄りのない患者も受け入れる療養型病院です。

救急の患者もなく、速水の仕事復帰には良いリハビリになるとの考えからです。

田所病院内部は、元精神科病院なだけあって、階段には鉄格子が備え付けられ、手術室も鍵がかかり使用されていないようでした。

看護師の東野良子と佐々木香は、慣れた手つきで病室の見回りをしています。

速水は、2階の当直室に案内され、そこで待機となりました。

しばらくすると、東野から内線が入ります。「1階に来てください」。

病棟は3・4階にあります。

「1階ですか?」速水は疑問に思いながらも支持された1階へと降ります。

待合室の長イスには、苦しそうに横たわる女性の姿がありました。

「その女を治療しろ」。

声のする方を向くと、そこにはピエロの仮面を被った男が拳銃を構えてこちらを見ています。

さきほどTVのニュースで流れていた、逃走中のコンビニ強盗でした。

たまたまコンビニに寄ろうとしたその女性は、ピエロに拳銃で撃たれたようです。

久しく手術をしていない速水は戸惑いますが、ピエロの脅しに自分を奮い立たせます。

「手術室に運びます」。

看護師の東野と佐々木は、一瞬ためらい渋々と手術室の鍵を開けます。

手術室に入ってみると、使われていないのが嘘のように最新の設備が整っていました。

速水が女性に名前を聞くと、「川崎瞳」と答えます。

幸い拳銃の弾は脇腹をかすった程度で縫合で済みました。

その時、ピエロの背後を狙って田所医院の院長が襲い掛かります。

ピエロは間一髪の所で振り返り、田所院長は蹴り倒されてしまいました。

「金ならやるから、助けてくれ」。

金を受け取ったピエロでしたが、朝まで病院に立てこもると言い出します。

唯一の出入り口である階段の鉄格子を閉め、エレベーターを監視。

ピエロ以外の者は、自由に1階に降りられなくなりました。

さらに、携帯電話を回収され、病院の固定電話も切断されています。

田所院長はじめ、看護師の東野、佐々木、そして速水と瞳、田所病院の入院患者64名は、人質となり閉じ込められてしまいました。

何もしなければ、ピエロは朝には消えている。院長は、勝手な行動を慎むよう皆に警告します。

院長と東野と佐々木は、ひとまず患者の見回りをすると言って病棟へ向かいました。

残された速水と瞳に、「うぅー」唸り声が聞こえてきます。

声がした病室を覗くと、ベッドから落ち、苦しむ患者の姿がありました。

「新宿11」と書かれたその患者は、身元不明で新宿で保護された11人目の患者という意味です。

新宿11の脇腹には、新しい手術痕があり、縫合の糸が何者かによって切られていました。

騒ぎに気付いた院長たちがやってきます。「後は、こちらで」。

速水は、一切説明をしてくれない院長たちの態度に不信を抱き、新宿11のカルテを盗み見します。

そのカルテには、特定の患者の名を書いたメモが挟まっていました。

それらの名前のカルテを突き合わせてみると、すべての患者が近いうちに緊急手術を受けていることが分かりました。

しかも、担当医は院長、そして担当看護師には東野と佐々木の名がありました。

使われていないはずの手術室に整った設備、そこで頻繁に行われている緊急手術、誰かが忍ばせたメモ用紙。

速水は確信します。この病院には何かがあると。

速水はピエロが何かしらの目的で、自分たちを利用し、病院の隠された秘密を調べさせているのではないかと察します。

その頃、5階にある院長室が何者かによって荒らされていました。院長は速水を疑います。

「思い出したんだ。君は亡くなった小堺君の妹さんの恋人だった者だな。あの日、救急車の搬送先をうちが断ったことを恨んでやったのか。ピエロの仲間なんじゃないのか」。

院長室を荒らしたのはピエロの仕業でした。

2階に戻った速水は、ようこから貰ったお守りを握りしめていました。

そのお守りは安産のお守りでした。ようこのお腹には赤ちゃんがいたのです。

速水の悲しみに、瞳は寄り添うように自分の生い立ちを話し始めます。

「私も大切な人を亡くしました。姉です。親の虐待からいつも私を守ってくれた、たった一人の家族でした」。

院長のケガの治療を終えた東野が、瞳に近付き、何やら小声で話しかけ去っていきました。

「ピエロだけじゃない、気を付けて」って言われました。

やはり、この病院内にピエロの仲間がもう一人紛れ込んでいるのだろうか。

そして、とうとう最初の犠牲者が出てしまいます。4階で東野が胸を刺され倒れているのが発見されました。

以下、『仮面病棟』ネタバレ・結末の記載がございます。『仮面病棟』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
東野の殺害で、佐々木がパニックに陥ります。

「警察に連絡を。手術室の電話は別回線だから外に繋がります」。

院長は、佐々木を落ち着かせようと必死です。

速水と瞳は、その隙に2人で実行に移すことにしました。

速水は、上の階にピエロをおびき寄せ、瞳がピエロに攫われた際に入手していた鉄格子の鍵を使い、1階の手術室に向います。

しかし、手術室の電話の回線も切られていました。

ピエロが戻ってきます。速水と瞳は、隠れる場所を探しているうちに偶然、隠しエレベーターを見つけます。

乗り込んだエレベーターが到着した先は、5階の資料保管室内でした。

表からは鍵がかけられ入ることが出来なかったこの場所で、さらに隠し部屋を発見します。

そこには、ひとりの少年がベッドの上で眠っていました。

脇腹にある新しい手術痕は、腎臓移植の後です。速水はこれまでの謎がすべて解けた思いでした。

田所病院は、身元不明の患者の臓器を違法に移植し、大金をもらっていたのです。

「私は人助けをしているだけだ。生き残る価値のある者を生かして何が悪い。金をやるから口外はするな」。

いつの間にか、院長と佐々木が側に来ていました。

外では、数台のパトカーの音が鳴っています。

「通報したのは誰だ!」、ピエロが怒鳴り込んで来ます。

警察から院長のスマホに連絡が入ります。ピエロは、警察との連絡係に速水を選びました。

速水は、交渉とは関係なく、食べ物を裏口に運ぶよう警察に頼みます。

勝手な行動に怒るピエロは、速水に掴みかかりましたが、静かに条件をのみ院長と佐々木を裏口へと向かわせました。

裏口へ向かったはずの院長は、佐々木を呼び手術室に隠していたファイルをシュレッターにかけるよう指示します。

そのファイルは違法の腎臓移植手術の名簿リストでした。

名立たる権力者の名前が載ったリストを、警察に見つかるわけにはいきません。

2人の様子をピエロは冷ややかに見ていました。

速水は、ピエロと取引をしていたのです。「お前の探しているファイルを渡してやる」。

まんまと罠にかかった院長は逆上し、手術用メスでピエロに襲い掛かります。

次に狙うは、速水と瞳です。速水は側にあったストーブの石油をストレッチャーにかけ、ライターの火を投げ込みました。

燃え上がる炎で火災報知器が反応、煙がたちこめ視界が見えません。

院長の声が聞こえます。「お前は!?」。ピエロのマスクが剥がされます。

次の瞬間、速水は何者かにスタンガンを当てられ倒れてしまいました。

薄れていく記憶の中、拳銃の音が聞こえました。

警察の取調室。事件の全貌を話したはずの速水に、警察は問いかけます。

「川崎瞳という女性は本当に存在するんですか?」。

ピエロの正体は、田所病院に勤める理学療養士の宮田という男でした。

彼の祖母が田所病院で亡くなっています。

病院の違法な臓器移植を世間にさらすために犯行に及んだということです。

ピエロだった宮田は、田所院長と佐々木を撃ったあと、自らも拳銃で自殺したと伝えられました。

「婚約者を亡くし、事件に巻き込まれたショックで記憶が曖昧になっているのでしょう」。

警察の取り調べが終わります。

川崎瞳は確実に存在した。

「ピエロのマスクの中には小型の通信機が仕込まれていました」。警察の言葉が過ります。

当直の日、東野は満床ですと言っていた。

しかし、「川崎13」と書かれたベッドがひとつだけ空いていたはず。

川崎13、13はひとみと読めます。ピエロの共犯者は瞳だったのです。

瞳の目的が田所病院への復讐であれば、次に狙われるのは小堺です。

速水は、小堺の病院へと駆け付けます。しかし、すでに小堺は瞳によって刺された後でした。

「ごめんよ、気付くべきだった。君も被害者なんだね」。

速水の言葉に、瞳は答えます。

「川崎14は姉でした。姉を殺し、私の体を刻んだ。絶対に許さないと決めたんです」。

「速水、これは罰なんだ」。

小堺が息を引き取ります。立ち去る、瞳。

次に向かう先には、姉の臓器を移植し生き延びている元総理大臣・国平がいました。

選挙活動中の国平に、拳銃を手にした瞳が近づいていきます。

その時、ビルの大型ビジョンに速水の記者会見の模様が映し出されます。驚く、瞳。

記者会見の内容は、田所病院の違法臓器移植についての告発でした。

記者に攻め立てられる速水は、カメラに向かって呼びかけます。

「この世に奪っていい命なんて、捨ててもいい命なんて、ひとつもないんだ。命は繋がっていく。もう、憎むのは止めるんだ!」。

速水の思いは、瞳に届いたのでしょうか。

それからしばらくして、速水は村の小さな病院で医師をしていました。

女の子が、お守りを持ってやってきます。

「今、お姉ちゃんから、これを先生にって」。そのお守りは、田所病院で速水が瞳に渡したお守りでした。

慌てて外へ探しに出ますが、瞳の姿はすでに消えていました。

速水の思いは瞳に届いていたのです。

スポンサーリンク

『仮面病棟』映画と原作の違い


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
現役医師でもある作家の知念実希人原作「仮面病棟」が、坂口健太郎、永野芽郁の共演で、ビジュアル的にもセンセーショナルになってスクリーンに登場です。

まずは、ピエロのマスクが、想像してたのと違う! 赤いアフロヘアに、大きな赤い鼻と笑った口。サーカスのピエロのマスクを想像していただけに、映画『仮面病棟』の、ロン毛で片方の口角をあげたピエロマスクに、思わず「カッコイイ」と思ってしまいました。

原作の世界をよりスタイリッシュに、スピード感あふれる演出で映画化された『仮面病棟』。主な違いをいくつか紹介します。

速水秀悟と小堺司の関係

原作では、速水秀悟(坂口健太郎)と、小堺司(大谷亮平)は、ただの先輩後輩の仲でした。映画では「速水の亡くなった婚約者の兄が小堺だった」という設定が加わりました。

しかも、婚約者は速水の子供を妊娠しており、交通事故で運ばれる際、小堺が当直医をしていた田所病院に搬送を断られるという伏線も引かれています。

このストーリーを盛り込んだことで、ピエロの正体は実は小堺!?という展開になるのも見どころです。

川崎14の存在

川崎瞳(永野芽郁)の正体は、入院患者の「川崎13」でした。原作では、瞳の姉は登場しませんが、映画では姉・朝倉あきの存在と、姉が「川崎14」だったという設定が加わりました。

原作での、瞳の犯行の動機は、臓器移植手術で体に傷を負わされたことへの復讐でしたが、映画では、姉の命を奪った者たちへの復讐、そして姉の臓器を移植し生き延びている政治家・国平への復讐へと広がりをみせます。

姉妹の幼い頃の悲惨な体験、そして妹をずっと守り続けてきた姉の惨い死は、瞳への同情心を高めました。

速水と瞳のその後

原作では、瞳が小堺への復讐をとげ、速水の前から立ち去っていくシーンで終わります。

映画では、瞳が最後のターゲット、国平への復讐を遂げようとする所に、速水がマスメディアを使って、復讐は止めろと呼びかけます。

さらに映画では、2人のその後も描かれています。復讐の連鎖を止めた瞳が、小さな病院で医師として復帰した速水の元にやってきます。姿は見せませんが、お守りを返しにきたのでした。

瞳の言葉が蘇ります。「先生に会えて良かった。愛する人の分まで生きよう」。

まとめ


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
現役医師でもある知念実希人が描くリアル医療ミステリー小説を、スタイリッシュに映像化した『仮面病棟』。原作と映画を比較し紹介しました。

ピエロの仮面を被った凶悪犯によりクローズド・サークルと化した病院で、息詰まる心理戦が幕を開けます。

ピエロの仮面、そして病院の隠された秘密の仮面が剥がされる時、すべてを繋ぐ真実が明らかになる。仮面の下には、残酷にも悲しい物語が隠されていました。

次回の「永遠の未完成これ完成である」は…


(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
次回紹介する作品は『騙し絵の牙』です。

『罪の声』の映画化公開も待ち遠しい作家・塩野武士が、大泉洋をイメージして主人公を「あてがき」した小説『騙し絵の牙』が、まさに大泉洋に主演で映画化となります。

大手出版社でカルチャー誌の編集長を務める速水輝也(大泉洋)は、笑顔とユーモア、ウイットに富んだ会話で周囲を魅了する男。

ある日、上司から告げられた廃刊の可能性。速水は、様々な策を持って抵抗しようとしますが…。飄々とした笑顔の裏に隠された、速水の別の顔が浮かんできます。

『騙し絵の牙』、映画公開を前に原作のあらすじと、映画化で注目する点を紹介していきます。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【イット・カムズ・アット・ナイト】最近の怖い洋画とホラー映画の観点から比較解説|SF恐怖映画という名の観覧車23

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile023 「人間」は平和的な状況においては、言葉や行動によって社会生活を共にし、お互いを支えあって生きていく事が出来ます。 しかし、その逆にpro …

連載コラム

映画『列車旅行のすすめ』あらすじと感想レビュー。アリツ・モレノ監督は「ブっ飛んだ」奇想天外な原作がお好き|TIFF2019リポート16

第32回東京国際映画祭「コンペティション」部門上映作品『列車旅行のすすめ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が開催されました。 そのコンペティション部門で上映された作 …

連載コラム

映画『ようこそ、革命シネマへ』あらすじと感想レビュー。劇場復興を通して表現の自由が奪われた政権下の人々に笑顔を取り戻す|映画という星空を知るひとよ1

映画『ようこそ、革命シネマへ』は、2020年4月4日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開。 海外で映画を学んだ4人の映画製作者たちは、1956年にスーダンが独立すると、帰国して「スーダン・フィルム …

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『リム・オブ・ザ・ワールド』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車52

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile052 梅雨前の6月でありながら気温が30度を越える日が見られるようになり、「夏」が近づいてきたことを感じさせます。 「SF」という映画ジャンル …

連載コラム

【ネタバレ感想】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの無名キャラクターがもたらした奇跡の大ヒットを解説|最強アメコミ番付評18

こんにちは、野洲川亮です。 『キャプテン・マーベル』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『ヘルボーイ』と続々と予告が公開され、楽しみも増えてきています。 今回はマーベル・シネマティック・ユニバース「MCU …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP