Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2018/03/08
Update

映画『ダウンサイズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【マット・デイモン代表作おすすめコメディ】

  • Writer :
  • 藤子留美加

マット・デイモン主演の社会風刺の利いたコメディ映画『ダウンサイズ』

映画「オーシャンズ」シリーズや『オデッセイ』などで、誰もが知るマッド・デイモンを主演に迎えた『ダウンサイズ』

アクションやSF、ヒューマンドラマなど、数多くの作品に出演してきた彼が本作で演じた役柄は、人類を13㎝にしてしまう⁈という世紀の大発明によって運命を翻弄されてしまう主人公を描いた、コメディ要素もありながらも人生について考えさせられるロードムービー!?

ブラックジョークやユーモア満載の映画『ダウンサイズ』についてご紹介します。

映画『ダウンサイズ』の作品情報


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
Downsizing

【脚本・監督】
アレクサンダー・ペイン

【キャスト】
マット・デイモン、クリステン・ウィグ、クリストフ・ワルツ、ホン・チャウ、ウド・キア、ジェイソン・サダイキス、ニール・パトリック・ハリス、ローラ・ダーン、ロルフ・ラスゴード、イングイェルド・エーゲベルグ、ソーレン・ピルマーク

【作品概要】
アカデミー賞脚色賞を受賞した映画『ファミリー・ツリー』や『サイドウェイ』などで知られる監督、アレクサンダー・ペインが脚本・監督を務めた、13㎝に縮小した人々とその世界を描いたコメディ映画。

縮小することで財産が82倍になるという「人類縮小プロジェクト」に惹かれたポールの待ち受けた運命を描いた作品です。

キャストは数多くの有名作品にて主演や助演を務めてきた、誰もがご存知のマット・デイモンのほか、『オデッセイ』にてマットと共演を果たしたクリステン・ウィグ、『イングロリアス・バスターズ』や「007」シリーズの『スペクター』で悪役を演じた、オスカー俳優クリストフ・ワルツが共演しています。

映画『ダウンサイズ』あらすじとネタバレ


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

時は15年前。ノルウェーのとある場所で、一人の博士が生物を縮小化させる実験を成功させました。

それから5年の月日が流れ、遂にその実験は人体でも成功を収めます。

研究の第一人者であった博士は自分自身をも縮小化させ、その成功を学会で発表しました。

人類を縮小化させることで、食糧問題や環境問題、さらには人類増加問題を解決するだけでなく、縮小化した人々は自分らの消費量が大幅に削減できるようになるため、誰もがうらやむような贅沢な生活ができるというのです。

そのニュースは世界各国で報道され世界中の人々の注目を集めていました。

更に時は流れ、10年後。

”ダウンサイジング”は一般社会でも普及してきており、贅沢な暮らしを手に入れようと縮小化することを選ぶ人達は増えていきました。

主人公のポール・サフラネックはその頃、愛する妻のオードリーと夫婦生活を送っていましたが、作業療法士として働くポールの稼ぎは満足する程とは言えず、夫婦共働きで暮らすも未だにポールの実家での暮らしが続いていました。

新居の購入を計画するも住宅ローンの審査に通ることもできず、夫婦の生活は決して楽なものではありませんでした。

そんなある日。ポールとオードリーは出席した高校の同窓会で、縮小したかつての友人夫婦に出会います。

そこで彼等の贅沢な暮らしっぷりを聞き勧められたポールとオードリーは、ダウンサイジングした人々らのための施設「レジャーランド」の見学に行くことにします。

そこで2人は、少ない財産でも夢に描いたような贅沢な暮らしをしている縮小した人々の姿を目の当たりにし、自分達も遂にダウンサイジングすることを決意します。

お互いに不安は残っていたはものの、ダウンサイジングが実施される当日を迎えました。

施術には様々な工程が必要になるため男女別に部屋に案内されることになり、まずはポールが先頭をきることになります。

全ての工程を終え、目を覚ましたときにはすでに縮小化していたポール。そこですぐにオードリーから一本の連絡が入ります。

なんとオードリーは縮小工程の段階で怖気づいてしまい、ポールを置いて一人縮小化を中断してしまったのでした。

一度縮小したら元には戻ることができないため、ポールは自分一人だけが縮小してしまったのでした。

それから1年後。ポールはオードリーと離婚し、夢に描いていたような豪邸を手に入れるも、何もかもの希望を失っていたため冴えない日々を送っていました。

そんな暮らしを続ける中、いつもパーティーばかりする隣人の騒音に迷惑していたポール。

ですが恋愛もうまくいかずムシャクシャしていた彼は、ある日その隣人のパーティーに参加することにします。

隣人のドゥシャンはパーティー好きなチャラチャラした男でしたが、ポールはすっかり彼に気に入られ、彼からダウンサイジングについての魅力について聞かされます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ダウンサイズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ダウンサイズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
パーティーの翌日の朝。散らかったドゥシャンの家に数人の清掃員達がやってきますが、その中に脚を不自由そうにしながら入ってくる一人のアジア人がポールの目に留まります。

元の身体のサイズの頃は作業療法士として働いていたため、彼女の動きが気になったのです。

彼女の後を追いかけると、彼女は掃除しながら部屋にある薬をなりふり構わず盗んでいたのでした。

しかもよく見ると、彼女は昔ポールがニュースで目撃していた、片足を失った政治活動家のノク・ラン・トランだったのです。

彼女の脚や義足の具合を心配し声をかけると、彼女はポールは医者なのだと勝手に決めつけ、助けて欲しい友人がいると言い半ば強引にポールを自分の住む大きなスラム街のような集合住宅地へと連れていきます。

そこでポールは、みなが贅沢な暮らしを送っていると思っていたレジャーランドでも、貧困生活を送る人々がいることを初めて知り、そこでノク・ランが人を助けるために薬を盗んでいたことに気付きます。

後日、彼女の義足を治すために再度彼女の元を訪れたポールでしたが、彼は誤って彼女の義足を壊してしまいます。

そこで彼女の代わりとなり清掃員の仕事を手伝うことになるポール。

清掃員としてドゥシャンの家を清掃していた際に、ドゥシャンから「初めてダウンサイジングした人々に会いにノルウェーに行かないか」と提案されます。

彼一人でドゥシャンについていくつもりでしたが、そこでノク・ランもついてくることになり、その旅の途中でポールとノク・ランは惹かれ合っていきます。

ある日の船内。ポール達は第一人者の博士夫婦に出会うこととなりますが、そこでポール達は彼らから衝撃の事実を聞かされます。

以前から報道されていた北極からのメタンガスの流出が原因となり、近いうちに人類は滅びるというのです。

まだ縮小していない人類全ての縮小化は間に合わないと言います。

その事実に驚きを隠せないポール達でしたが、更に驚くことに、辿りついたノルウェーのとある場所にある縮小した人々によって最初につくられたという村では、避難用の超巨大シェルターがつくられていたことを知ります。

そのシェルター内で人は地上とほぼ変わらない生活を送れるだけでなく、ほぼ永遠的にそこで生きられるというのです。

ポールはそこでノク・ランにこの場に残ることを提案しますが、人々を救うべきと考えるノク・ランはその提案を拒みます。

考えた末、ポールはシェルター内で生き延びることを選択し、一人シェルターのトンネルを歩き始めます。

しかし人生において本当に大切なものとは何かを考えた彼は、歩みの途中で思いとどまり、ノク・ラン達のいる外の世界へ戻っていくのです。

それからポールはノク・ランとふたり、ボランティア活動をしながらダウンサイジングされた世界を生きて行きました。

映画『ダウンサイズ』の感想と評価


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

小さくなった人々から学ぶ、人生で一番大きなものとは

予告編がコミカルに制作されいたことから、コメディ映画かと予想されていた本作でしたが、いざ作品を全て観終わってみると、そこには鑑賞前では予想もしていなかった人生について考えさせられるほどの感慨深さが残りました。

確かに縮小するまでの過程は見ていてとても愉快です。

縮小化するためには、全身のあらゆる毛を全てそり落とし、金歯や銀歯などは全て抜歯する、そして最後には浣腸までほどほさなければならないというルールが設けられていることも可笑しな設定ですね。

通常の身体の大きさでは社会的に満足のいかない生活を送っていた人々が、小さくなることで贅沢に優雅に生活しているとは言えど、結局は通常サイズの物体の欠片でその生活を楽しんでいるのですから、さすがは社会風刺を描くのが上手いペイン監督かな、という風に感じました。

ですが前途したように、この作品はコメディ作品というよりもどちらかというと大人向けなロードムービーであると言えると思います。

縮小することで今の生活から脱出できると期待していた主人公ポール。

しかし、いざ縮小し夢のような豪邸を手に入れようとも、そこには自分と同じ大きさの世界があり、そして人もあり、小さくなろうとも周囲は何も変わらないどころか、自分自身は何も変わってはいないのです。

それでもポールは、幸せになるためにダウンサイジングを選びました。

そこでドゥシャンに出会い、作業療法士であったからこそノク・ランと出会うことができたのです。

そんな彼らとの出会いを通して、元の身体の大きさの頃には想像もできなかったような運命を導くことになり、最後には自分自身が本当に求めていた幸せとは何かに気付き、初めて自分で選択した人生を歩み始めるのです。

人生に対する人間の悩みや葛藤が上手に映画に盛り込まれていて、自分らしさを失っていると感じている方や、人生において大切なものが何か悩んでいる方々へ、ぜひオススメしたい作品のひとつですね。

まとめ


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画『オデッセイ』や「ボーン」シリーズ、「オーシャンズ」シリーズなど、逞しくて男性の印象の強いマット・デイモンですが、『ダウンサイズ』では、それらを感じさせない普通の冴えない中年男性を好演しています。

また、ノク・ラン・トランを演じたベトナム人の女優ホン・チャウは、この作品でゴールデングローブ賞助演女優賞などの賞に既にノミネートされており、彼女の演技力は多くの観客を引き付ける魅力があります。

彼女が演じるノク・ランの真っすぐな性格だけでなく、ギコチナイ英語の台詞のひとつひとつがストレートで、強く心に響くものがありました。

クリストフ・ワルツが演じたドゥシャンは、癖の強いユニークなキャラクターでしたが、さすがはオスカー俳優のクリストフ。納得のハマリ役だったと思います。

本作はダウンサイジングが可能となった世界をコミカルに描きながらも、小さな人々を通して人生の大きなものを教えてくれる映画です。

関連記事

コメディ映画

ニコラス・ケイジ映画『マッド・ダディ』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

映画『マッド・ダディ』は、2018年6月23日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー。 幸せな毎日を過ごし、2人の子どもにも恵まれた主人公ブレント。いつものように会社に行き、オフィスにあったテレビを …

コメディ映画

映画『ハッパGoGo大統領極秘指令』あらすじネタバレと感想。虚実入り混じりのドラッグ・ムービー

アメリカに渡ったウルグアイ人親子に与えられた極秘ミッション。 それは、「マリファナの供給ルートの確保」だった―― ウルグアイ発のコメディ『ハッパGoGo 大統領極秘指令』が、2019年7月13日(土) …

コメディ映画

『ヘヴィ・トリップ』映画感想とレビュー評価。メタル愛満載の北欧のおバカコメディ!?

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』は2019年12月27日(金)より、シネマート新宿、心斎橋ほか全国ロードショー! フィンランドの村に住む、若者4人。人にバカにされながらもヘヴィメタ …

コメディ映画

【ネタバレ】翔んで埼玉2|あらすじ感想と結末の評価解説。琵琶湖で滋賀を救え!“日本大阪人化”の野望と戦うシリーズ第2弾

伝説の茶番劇・第Ⅱ章は、まさかの《東西》対決!? 埼玉県の自虐ネタをたっぷり詰め込んだ、魔夜峰央のギャグ漫画を実写映画化した『翔んで埼玉』(2019)。そのご当地自虐ネタが話題を呼び、大ヒットを記録し …

コメディ映画

チャップリン映画『独裁者』あらすじネタバレと感想。地球儀とスピーチの名場面でヒトラーを痛烈批判

ヒトラーを真っ向から笑い者にしたチャップリン映画最大のヒット作 “喜劇王”チャールズ・チャップリン監督・主演の、1940年製作の映画『チャップリンの独裁者』。 製作時にヨーロッパで猛威を振るっていた、 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学