Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2016/12/22
Update

映画『セトウツミ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画の中で会話劇というと、どんな作品を思い出しますか?

今年2016年に公開された、クエンティン・タランティーノ監督の『ヘイトフル・エイト』も傑作でしたね。

しかし、日本映画の中に同年に公開された映画『セトウツミ』も、なかなか洒落たセンスの作品。

今回は、大森立嗣監督の『セトウツミ』の深〜い意味をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『セトウツミ』の作品情報

【公開】
2016年(日本)

【監督】
大森立嗣
【キャスト】
池松壮亮、菅田将暉、中条あやみ、鈴木卓爾、成田瑛基、岡山天音、奥村勲、笠久美、牧口元美、宇野祥平

【作品概要】
W主演を務めたのは、現在人気と実力のある池松壮亮と菅田将暉。また、漫画家の此元和津也の人気コミック『セトウツミ』を完全実写映画化。

関西弁の高校2年生が、放課後にまったりと無駄な会話を楽しむだけで、繰り広げるシニカルな人生問答の様を描きます。監督は、『まほろ駅前多田便利軒』『さよなら渓谷』の大森立嗣監督です。

映画『セトウツミ』のあらすじとネタバレ

セトウツミ
(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 (C)2016 映画「セトウツミ」製作委員会

学校帰りの放課後、お決まりの川べりで高校2年生の内海想と瀬戸小吉は、たわいもない会話をしながら今日も過ごします。

性格の異なる内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、瀬戸が片思いする樫村へ送るメールで悩んだり、時には深い話も語り合ったりします。

内海と瀬戸の2人の会話には、全く中身がなく、だらだらと話をするだけなのです。

そこに、ヤンキーの先輩鳴山が通りかかったり、大道芸人のバルーンアーティストとも、少しばかりの会話をすることもありますが、特に大きな事件は起こりません。

まったりと流れる時間だけが、そこにあり移り行く季節と共に、瀬戸と内海の無意味な会話は止まりません。

以下、『セトウツミ』ネタバレ・結末の記載がございます。『セトウツミ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

そんな2人を影ながら見守っているのは、同級生で寺の娘である樫村一期。

瀬戸は、片思いの樫に気があるが、樫村は内海にバレンタインデーにチョコを渡すなど、恋心を抱いています。

しかし、内海は、そんな樫村につれない素振りです。

何も変わらない3人の三角関係。それぞれが思うようにままならないことだけが過ぎていきます。

しかし、遠目で内海と瀬戸の関係を見ていた樫村は、ふと、気がつきます。

自分が内海を慕って想うように、内海も瀬戸慕って想う姿が、同じであることにです。

「彼らもまた、一期一会を大切にしているのでしょう…」と樫村は呟くきます…。

スポンサーリンク

映画『セトウツミ』の感想と評価

セトウツミ2
(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 (C)2016 映画「セトウツミ」製作委員会

この作品は、コミカルな会話劇を楽しむ映画です。

では、たわいもない会話劇に、何が隠されているのでしょうか?

高校2年生の内海想と瀬戸小吉の“放課後の暇つぶし”の会話には、どんな意味があるのか。

少し視点を変えてみると“死の匂い”という闇を感じさせる映画になっていることに気がつきます。

例えば、自死しそうな遠い目をしたオッサン(鳴山の父)、余命宣告された瀬戸の愛猫ミーにゃん、フランダースの犬のネロとパトラッシュ(抱き合いながら死んだ名シーンの再現)、「もうアカン」と嘆く瀬戸の父親など、挙げればいとまがありません。

他にも、寺、食虫植物、オバケ、幽霊、川に投げ捨てられる子ども、太宰治(自死といえばお決まり)など、そうです。

なぜ、このようなキーワードを散りばめたのか?それは、

思春期に特有にある“世界の何もかもが虚しく見えてしまう空虚さ”。

無駄に時間だけが過ぎ大人になっていく不安”を、映画の世界観として具体化させて見せようとしたからでしょう。

すでにお気づきとは思いますが、内海と瀬戸が眺めている舞台となった川べりとは、三途の川なの象徴なのです。

このような点に気がつくと、「この映画どこが面白いの?」と思ったあなたも、一層映画に流れる川(諸行無常)の深みにはまっていきませんか。

まとめ

セトウツミ3
(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 (C)2016 映画「セトウツミ」製作委員会

この作品は、思春期の抱えた不安を人生に重ね合わせることで、内海と瀬戸の会話が禅問答に見えるように試みた点が、大森立嗣監督の仕掛けた巧みな演出なのです。

これは、クールでインテリな内海想の「想」は、僧侶の「僧」であり、おバカでお調子者の瀬戸小吉が、小坊主と考えれば、理解しやすいのではないでしょうか。

仏教用語の「四苦八苦」は、 苦の意味は、俗にいう苦しみのことではなく、思うようにならない様を指します。

誰でもが持つ根本の苦とは、「生、老、病、死」の四苦のことです。

瀬戸の誕生日、瀬戸の祖父祖母、愛猫ミーにゃんを見せることで、「生、老、病、死」の全てがこの映画に盛り込まれていますね。

他に「八苦」では、「愛別離苦(愛する者と別離)」では、「愛猫の死、樫村の恋、鳴山親子」など見せ、

怨憎会苦(怨み憎んでいる人に会う)」では、「先輩鳴山」を配置、

求不得苦(求める物が得られない)」では、「誕生日プレゼントのガチャポン、夏休み最後のパラシュート花火の不発、瀬戸の片思いの樫村、樫村からの内海への恋心」など物語に入れ混んでいます。

さらに、「五蘊盛苦(人間の肉体と精神が思うがままにならない)」では、「思春期の憂鬱」の多々な描写を盛り込んだことで、「四苦八苦」を描いたのです。

ちょっと難しくなりましたが、単純に面白い作品。

クスッと笑っちゃって観るのが一番な映画。

でも、このシンプルでありながらも、この深さは、ちょっと邦画には見当たらない秀作ですよ。

ぜひ、『セトウツミ』をご覧くださいね。

関連記事

コメディ映画

中村友則映画『ケイタネバーダイ』あらすじと感想。大迫茂生の演技力が輝く個性的な存在感

映画美学校出身である中村友則監督の映画『ケイタネバーダイ』は、12月15日から池袋・シネマロサにて初上映となります。 暴力と不条理に満ちた現世、夢も希望もない来世、漂流し続ける主人公ケイタが選んだ道は …

コメディ映画

映画『翔んで埼玉』あらすじネタバレと感想。二階堂ふみが男装姿でGACKTと高校生役で実写化⁈

前代未聞の愛と爆笑の“埼玉ディス映画”『翔んで埼玉』は、2019年2月22日(金)よりロードショー! 『パタリロ!』で知られる漫画家の魔夜峰央が、1982年に発表した未完の同題作品がまさかの映画化。 …

コメディ映画

映画『セラヴィ!』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

結婚式はまさに、“現代社会の縮図”のようなものです。 人生は人に泣かされ人と笑う、そんな時間をウェディングプランナー30年の大ベテランのマックスが、17世紀のお城を舞台にして豪華絢爛の結婚式をプロデュ …

コメディ映画

ネタバレ『テルマエ・ロマエⅡ』結末あらすじ感想と考察解説。続編キャストの上戸彩と阿部寛で平たい顔族の風呂文化を再認識する!

入浴をテーマにしたコメディ映画『テルマエ・ロマエⅡ』 映画『テルマエ・ロマエⅡ』は、ヤマザキマリの原作を映画化した『テルマエ・ロマエ』(2012)の続編です。 斬新なテルマエ(浴場)を作った古代ローマ …

コメディ映画

『ブラ!ブラ!ブラ!』ネタバレ感想と映画考察。台詞なし故に「色と自然」と「役者たちの表情」といった日常で“珍妙な恋慕”を奏でる

2018年開催の第31回東京国際映画祭コンペティション部門入賞作『ブラ! ブラ! ブラ! 胸いっぱいの愛を』 今回ご紹介するのは、全編セリフ一切なしの特異なコメディ映画『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学