Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/10/24
Update

映画『若おかみは小学生!』感想と評価。評判ヒットの要因を探る|映画道シカミミ見聞録20

  • Writer :
  • 森田悠介

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第20回

こんにちは、森田です。

今回は『カメラを止めるな!』につづき“感染拡大中”の映画『若おかみは小学生!』のヒットの要因を分析してみます。

9月21日に公開して以来、おもに口コミで評判が広がり、新規上映や再上映が相次いでいるアニメーションです。

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

一見、絵柄からして「子どもむきでは?」と感じられる本作が、なぜ老若男女を問わず支持を受けているのか。

その理由を考えていきましょう。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『若おかみは小学生!』のあらすじ(高坂希太郎監督 2018)

原作は児童書作家、令丈ヒロ子による児童文学シリーズ。

2003年から2013年にかけて、講談社青い鳥文庫より全20巻が刊行されました。

交通事故で両親を亡くした小学生6年生の少女・おっこ(CV:小林星蘭、以下同)が、祖母の営む旅館「春の屋」に引きとられて「若おかみ修行」をすることに。

旅館に住み着く幽霊のウリ坊(松田颯水)、美陽(遠藤璃菜)、小鬼の鈴鬼(小桜エツコ)たち、そして劇中で訪れる3組の客との出会いを通し、成長の契機をつかんでゆきます。

具体的には現在の「喪失」を共有し、未来の「成熟」を直観し、過去と「和解」を果たすという過程です。

この普遍的なビルドゥングスロマン(自己形成物語)は、2018年6月に開催された「アヌシー国際アニメーション映画祭」のコンペティション長編部門に正式出品されました。

アニメーション映画祭としてはもっとも長い歴史を持つ同映画祭では、2008年に『つみきのいえ』(加藤久仁生監督)が短編部門のグランプリに輝いたことで、話題になりましたね。

また、韓国の第20回プチョン国際アニメーション映画祭においては、優秀賞と観客賞をW受賞。

これらの評価は、質の高さを裏づけるひとつの指標になるでしょう。

ジブリ作監の高坂希太郎 × 『聲の形』脚本の吉田玲子

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

監督は、長年スタジオジブリ作品の作画監督を務めていた高坂希太郎。2007年に発表した短編アニメ『茄子 スーツケースの渡り鳥』以来、11年ぶり初の長編監督作となります。

そして脚本を担当するのは、『映画 聲の形』(2016)、『リズと青い鳥』『のんのんびより ばけーしょん』(2018)など、少年少女たちの繊細な心理描写に定評がある吉田玲子。

ジブリで培った技術と思想を持つ高坂監督が、みずみずしい脚本を書く吉田玲子とタッグを組む。

まずはこの事実だけで、世評の高さとヒットの一因をうかがいしれます。

「少女と風呂と仕事」の前例 『千と千尋の神隠し』

(C)2001 二馬力・TGNDDTM

「小学生が温泉街の旅館で修行をする」という筋書きは、「少女が湯屋に雇われ親のために働く」物語である『千と千尋の神隠し』(2001)を想起させます。

高坂監督は『千と千尋』で作画監督を担っており、その主題と宮崎駿監督の思想に影響を受けていることは間違いありません。

千尋は、入湯を拒否されるほど汚れた来客(神=マレビト)の面倒をみて(1)、「カオナシ」というバケモノとつきあいながら(2)、みずからの働きで湯婆婆と敵対関係にある少年ハクも救い(3)、最後に現世に戻るための選択をします(4)。

一方でおっこも、「花の湯温泉は誰も拒まない」という教えにしたがいどんな客でも最善のもてなしをし(1)、ユーレイや鬼たちと交流しながら(2)、事故の加害者である家族までも受け入れ(3)、被害者の立場をこえた「若おかみ」としての一歩を踏みだします(4)。

高坂監督が人間の成長を見つめるこの視点は、監督デビュー作の『茄子 アンダルシアの夏』(2003)からすでにあらわれていました。

スポンサーリンク

映画『茄子 アンダルシアの夏』(高坂希太郎監督 2003)

(C)2003「茄子 アンダルシアの夏」製作委員会

ヨーロッパ3大自転車レースのひとつ、スペインの“ブエルタ・ア・エスパーニャ”を題材にした本格自転車アニメーションです。

舞台はスペイン・アンダルシア地方。炎天下のなか過酷なレースが繰り広げられています。

主人公のペペ(大泉洋)にとっては、スポンサーからの解雇をちらつかされた背水の陣です。

負けられない戦い。やがてレースは故郷の村にさしかかります。

彼は以前、兵役中に地元の恋人を兄に奪われていて、そのショックから生まれ育った町を飛びだしていました。

村の教会では今まさにその結婚式が。人生を賭けた大一番に、自分の過去が交差することになります。

「奪った者」との和解

(C)2003「茄子 アンダルシアの夏」製作委員会

ペペの成長が確認できるのは、兄と元恋人を赦すのでも拒むのでもなく、自分を応援すること、自分と並走することを“受け入れる”という姿勢です。

これは『若おかみ』のおっこが、事故の加害者を旅館に招き入れた決断にも共通しています。

つまり、「自分の仕事」を見つけることで、「自分の大事なものを奪った相手」を受容できるようになったといえます。

これが高坂監督の考える「成長=自立」の構図でしょう。

高坂監督が込めた想いと成長へのステップ

『若おかみは小学生!』公式パンフレット

監督自身も、公式パンフレットに自分の考えを明かしています。

「おっこという主人公は、自分の存在を前へ出していくキャラクターではないんです。むしろ自分を引っ込めて、お客さんのために頑張れるキャラクターなんです。人の影響もうけやすくて、オープンな心のキャラクター。そこが原作の魅力だと思ったので、そこを表現することを一番の目標にしました」

よく「成長」というと「自己実現」に近いイメージが脳裏をかすめますが、実際のところは「だれかのために」動いたことが自分にかえってくる軌跡ではないでしょうか。

「自己とは他己」とまで表現してしまうと言いすぎかもしれませんが、“自己を引っ込める”ように他者に適切に応対していった結果、“自己があらわれる”ことには極めてリアリティがあります。

「自己」は自分だけでは見つけられない。他者とのかかわりのなかでみずからの存在が開示される。

その最たる例が「仕事」であることを、高坂作品は教えてくれます。

スポンサーリンク

おっこと3組のお客 成長の過程で見たもの

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

おっこは3組の接客を経て「自己」を獲得してゆきます。

最初は母親を亡くしたばかりの親子、神田家を迎え入れたとき。

娘のあかね(小松未可子)は当初、かたく心を閉ざしていたものの、おっこが元気づけようとつくった温泉プリンを食べてだんだんと元気に。

2組目の占い師、グローリー・水領(ホラン千秋)も恋人にふられて傷心していましたが、おっこが懸命に働く姿に触発され、やる気をとり戻します。

そして、事故の加害家族と図らずも対面したのが、3組目です。

病院食に飽き飽きとしていた父親・木瀬文太(山寺宏一)のために、減塩・低カロリーながら味が濃く感じられる料理を考えるおっこ。

その課題が果たされたあと、彼が交通事故をおこした運転手であることに気づきます。

家族のほうもいたたまれないでしょう。当然、文太と妻はすみやかに去ろうとしますが、事情を知らない息子だけが帰らないと駄々をこねる始末。

おっこは、そんな3人に対してこのように語りかけます。

「花の湯温泉は誰も拒みません。どうぞ、泊っていってください」

「現実」を見つめ、「未来」を見通し、「過去」をふり返る

一連の出会いは「現在」と「未来」と「過去」を象徴している。

そう、高坂監督は前掲のパンフレットに記しています。

「たとえば最初のお客さん、神田あかねはおっこと同い年で、『現在のおっこ』と同じ悩みの中にいるキャラクターです。2番めのお客さんの占い師、グローリー・水嶺は『未来のおっこ』です。彼女が人のために占うように、おっこは人のためにおもてなしをしている」

すなわち、おっこはまず「現在=あかね」と向きあい、つぎに「未来=水嶺」を目標に自己を形成していったといえますね。

でも、それだけではまだ不十分なようです。

「そして3番目のお客さん、木瀬文太の息子・翔太は『過去のおっこ』です。おっこが『現在のおっこ』の背中を押す。『未来のおっこ』がおっこを抱きしめてあげる。そして、おっこが『過去のおっこ』を抱きしめてあげる。そういう形でおっこの姿を描ければと考えました」

「過去=翔太」を抱擁してはじめて、彼女は「成長した自分=若おかみ」の像を手に入れられた、そんなプロセスが確認できます。

さきに「未来」に出会うのが肝で、「大人=将来の自分」にされてありがたかったことを「過去」に恩返ししたかたちです。

また高坂監督は、文太に関してもこのように言及しています。

「彼は、自分の代わりなんかいくらでもいると思いながら働いている人でもあり、それがおっこの一生懸命な接客で、自分を受け止められていると感じる」

文太はトラックの運転手です。監督の言葉によれば、そこに「代替可能性」が見いだせます。

おっこが「仕事」によって「自己」を発見したように、文太もまた「おっこの仕事」によって「疎外されていた自分」に近づけるようになったということです。

まさしく、「仕事」は自他ともに「かけがえのない存在」を与えてくれるものとして機能しているのがわかります。

被害者と加害者をつなぐ神楽と温泉

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

被害者と加害者の垣根を越えられる場の重要性。

このメッセージは、物語の最初と最後に描かれた「神楽」にもみてとることができます。

花の湯温泉街では、町の子どもが神社で舞う神楽が毎年の恒例となっており、おっこは事故の前に両親と見て、若おかみとなった後に舞台に立ちます。

神楽とは神に歌舞を奉納する神事ですが、この町では温泉の起源とともに伝承されてきました。

言い伝えによると、村人が村の子どもを殺めた山犬を追うなかで怪我を負い、山中で見つけた温泉につかり傷を癒すことにはじまります。

しかし、そこには山犬も入っていました。

仇討ちすべく追跡してきた村人は弓をひいたものの、ついに射ることはできません。

この設定に、おっこと文太の関係が重ねられていることは、言うまでもないでしょう。

どんな者でも受け入れる花の湯温泉。

被害者はもちろんのこと、加害者も傷を抱えていることはたしかなはず。

両者を隔てる垣根の下には、それぞれが生きていることの事実、それを共有している現実が、静かに横たわっています。

赦さず、拒まず、受け入れる。

「仕事」を媒介にして、これほど高い倫理性を打ちだしたことが、本作を世界水準に押しあげた一番の要素です。

おっこと3人の幽霊 成長の先に見えなくなったもの

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

おっこが着実に「若おかみ」の姿になっていくにつれ、それまで自分を導いていたユーレイや鬼がよく見えなくなっていきます。

映画『異人たちとの夏』(大林宣彦監督、1988)や『ゴースト/ニューヨークの幻』(ジェリー・ザッカー監督、1990)などの定番お化け映画もそうですが、残された者が「内的な死」から回復するためにいったん異界へのチャンネルが開かれ、その危機を脱するとユーレイたちは消えていく“決まりごと”にもみえますね。

しかし本作は「退行」をともなう心理的なプロセスをなぞるばかりでなく、「神の領域に属していた少女が、人間の土地に根を張る」という大事な意味が込められています。

おっこが最後に子ども神楽を舞うことは、同時にもう神楽に立てないことを示します。

神に近い少女だけが許された奉納の歌舞は、また来年、別の児童に託されます。

つまり役目を果たしたおっこには、ユーレイや両親と通じる力はすでにありません。

しかし「神の力」を失う代わりに、彼女は「我を忘れて仕事をするときの力強さ」を得ています。

同様に、3人のユーレイは消えますが、彼らが結んだ3組の縁は現世に残りつづけます。

このさきおっこは、「人間が人間に捧げる舞=仕事」を使命とし、数々のミッションをこなしていくことでしょう。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

坂本龍一×デヴィッド・ボウイ×ビートたけし映画『戦場のメリークリスマス』考察。3者の越境で自由と平和を示す|映画道シカミミ見聞録9

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第9回 ©大島渚プロダクション こんにちは。森田です。 今年もまた「8月15日」を迎え、日本の敗戦をふり返り、戦争の理由や平和の意義を改めて探る時期となりました。 映 …

連載コラム

映画『ゲヘナ』ネタバレ感想。結末まで片桐裕司ホラー作品を徹底解説|未体験ゾーンの映画たち2019見破録1

様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」も2019年で第8回目となりました。 ヒューマントラストシネマ渋谷で1月4日よ …

連載コラム

映画『シスターフッド』あらすじと感想レビュー。西原孝至監督の混在するドキュメンタリーと劇映画の臨界を探る|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録3

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第3回 女性の存在が根本から問い直されている昨今、意欲作が次々と発表されています。 しかし若手女性の映像作家の活躍は目覚ましいものがありますが、男性監督の …

連載コラム

イタリア映画祭2019開幕!豪華ゲスト登壇の開会式リポート|2019年の旅するイタリア映画祭1

連載コラム『旅するイタリア映画祭』第1回 2019年で19回目となるイタリア映画祭が、ゴールデン・ウィーク期間中の4月27日(土)〜5月4日(土・祝)まで東京・有楽町朝日ホールにて開催されています。 …

連載コラム

映画『アサンディミッタ』あらすじと感想レビュー。スリランカの鬼才監督アソカ・ハンダガマとは|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録9

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第9回 今年で14回目の開催となる大阪アジアン映画祭。2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間、アジア圏から集まった全51作品が上映さ …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP