Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/01/30
Update

映画『ジャスティス・リーグ』ネタバレ感想。観客の評価を得たアベンジャーズ化|最強アメコミ番付評23

  • Writer :
  • 野洲川亮

連載コラム「最強アメコミ番付評」第23回戦

こんにちは、野洲川亮です。

今回はDCEUシリーズの第5作目となる『ジャスティス・リーグ』を考察していきます。

2019年2月8日公開の『アクアマン』を控えて、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンのおなじみヒーローに加え、アクアマンやフラッシュ、サイボーグなどの、スクリーン初登場のヒーローたちが大結集し活躍する、本作の魅力に迫っていきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ジャスティス・リーグ』のあらすじとネタバレ

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

『バットマンvsスーパーマン』の戦いでスーパーマンが死亡してから数ヶ月、恋人ロイス・レイン(エイミー・アダムス)、母親マーサ・ケント(ダイアン・レイン)だけでなく、世界中の人々がその死を嘆き、街には犯罪が溢れていました。

そんな中、バットマンことブルース・ウェイン(ベン・アフレック)は、ゴッサムシティで人の恐怖を嗅ぎ付けて襲い掛かる怪物「パラデーモン」に遭遇します。

パラデーモンが敵の偵察だと悟ったバットマンは、その襲来の備え世界中にいる超人「メタヒューマン」たちを仲間にするために旅立ち、水の力を操るアクアマンことアーサー・カリー(ジェイソン・モモア)を仲間に誘いますが、あえなく撥ね付けられてしまいます。

その頃、アマゾン族の王女ワンダーウーマンことダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)の生まれ故郷、アマゾン族の女性たちが住む島セミッシラで、古来から管理されてきたボックスが突然活動を始め、宇宙からエイリアン、ステッペンウルフがパラデーモンたちが引き連れて現れます。

アマゾン族も抵抗しますが、ステッペンウルフの力の前に敗れ、ボックスは奪われてしまいます。

アマゾン族から発せられた外の世界への警告に気付いたワンダーウーマンは、バットマンの元を訪れ、世界の危機と、大昔にステッペンウルフが起こした地球侵略戦争を語り始めます。

強大な力を持つ3つの「マザーボックス」を融合させ、地球侵略を企んだステッペンウルフに対し、アマゾン族、水中人類のアトランティス族、人間、銀河の守護者グリーンランタンが力を合わせボックスを奪い、ステッペンウルフたちを追い払いました。

その後、アマゾン、アトランティス、人間の3者がそれぞれボックスを管理することになります。

早急に仲間を集めるため、バットマンは超高速移動能力をもつフラッシュことバリー・アレン(エズラ・ミラー)の元へ、ワンダーウーマンは元アメフト選手で機械の身体を持つサイボーグことビクター・ストーン(レイ・フィッシャー)に声を掛けます。

しかし、アトランティスもステッペンウルフの襲撃を受け、アクアマンも奮闘しますが、二つ目のボックスも奪われてしまいました。

その頃、パラデーモンによる誘拐事件が発生し、情報を得たバットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、そして父親をさらわれたサイボーグも合流し、四人はゴッサム港付近にある敵のアジトへと向かいます。

人間側のボックスを見つけるため、科学者たちをさらったステッペンウルフが尋問を始めますが、サイボーグ、ワンダーウーマンがステッペンウルフに立ち向かい、その間にバットマン、フラッシュが人質たちを救出していきます。

ステッペンウルフの戦いの最中、大量の水がアジトに流れ込み四人は飲み込まれかけますが、そこへアクアマンが登場し水をせき止め、一同は無事に脱出します。

アクアマンも加わり、バットマンの基地バットケイブに集結した一同に、サイボーグは人間側のボックスを見せ、一度死んだ自分がボックスの力で復活したと告げます。

ボックスの力を知ったバットマンは、そのパワーを利用してスーパーマンを復活させることを提案します。

ワンダーウーマンの反対を受けるものの、結局一同は協力してスーパーマンを蘇らせるために棺桶を運び出し、クリプトンの宇宙船へと運びました。

ボックスのパワーにより、スーパーマンは目を覚まし、自らのモニュメントの立つ場所へと飛び出しました。

追いかけてきた一同は、スーパーマンの記憶が混乱していることに気付きますが、その力にサイボーグの身体のシステムが反応し、サイボーグの意志とは別に攻撃を仕掛けてしまいます。

反撃してくるスーパーマンを止めるため、ワンダーウーマン、サイボーグ、アクアマン、フラッシュが一斉に取り囲みますが、その圧倒的な力に退けられます。

そこに駆け付けたバットマンもねじ伏せられていると、バットマンの命によりアルフレッド(ジェレミー・アイアンズ)が連れて来たロイス・レインが姿をみせ、スーパーマンは冷静さを取り戻しますが、彼女と共に飛び去っていきました。

その時、最後のボックスが光に包まれ、ステッペンウルフに奪われてしまいます。

スーパーマンの協力が得られず落胆する一同でしたが、ステッペンウルフとボックスを止めるため、ロシアにある敵の根城へと向かいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ジャスティス・リーグ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ジャスティス・リーグ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

3つのボックスを手にしたステッペンウルフは、地球を自分の星に改造するためボックスの融合を始め、バリヤーで覆われた一帯は、徐々に環境が変化していってしまいます。

到着した一同、バットマンが自らを囮にしてパラデーモンたちを引き付け、他のメンバーと連携をとって群れを倒しながら、ステッペンウルフの元へとたどり着きます。

バットマンがパラデーモンを抑え、ワンダーウーマンとアクアマンがステッペンウルフと対峙、その間にサイボーグがボックス融合の解除にかかり、フラッシュは逃げ遅れた住民の避難へと向かいます。

しかしワンダーウーマン、アクアマンの二人がかりでもステッペンウルフは抑えきれず、サイボーグも攻撃を受けて追い詰められます。

絶体絶命の状況、そこへスーパーマンが現れ、ステッペンウルフを吹き飛ばしました。

さらに、フラッシュと共に逃げ遅れた市民の避難も完成させたスーパーマンは、サイボーグと力を合わせ、衝撃で吹き飛ばされながらもボックスの解除に成功します。

怒りに燃え襲い掛かるステッペンウルフですが、スーパマンのスーパーブレスで斧を凍らされ、その隙にワンダーウーマンの一撃で斧は打ち砕かれます。

思わず恐怖を抱いたステッペンウルフ、するとその恐怖に反応したパラデーモンたちがステッペンウルフに襲い掛かります。

パラデーモンたちに引き裂かれながら、ステッペンウルフは光の渦の中へと逃げ去っていきました。

全て解決し、ジャスティスリーグの面々は各々の生活も取り戻しました。

その後、バットマンとワンダ―ウーマンは、昔のウェイン邸を訪れ、そこを新たな拠点としてさらなるメンバーを集めることを示唆します。

そんな中、かつてスーパーマンを死に追いやる原因を作ったレックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)が釈放されます。

ルーサーはバットマンの宿敵デスストロークを呼び寄せ、ジャスティスリーグに対抗しチームを作ることを提案しました。

観客の評価を得た『アベンジャーズ』化

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

MCUシリーズに対抗し始まったDCEUシリーズ、その第5作目で遂にDCヒーローたちが大集結することになった本作は、正に鳴り物入りで公開されましたが、興行収入の面では思わぬ苦戦を強いられます。

全世界での興行収入は6億5千万ドルで、DCEUシリーズ歴代1位の『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)の8億7千万ドルに遠く及ばず、シリーズ歴代の最低の成績となってしまいました。

しかし、ヒットにこそ恵まれなかったものの、本作の評価は思わぬ形で良い方向へと転んでいきます。

監督を務めていたザック・スナイダー、そしてプロデューサーである妻のデボラ・スナイダーが、身内の不幸により追加撮影の期間中に降板してしまいます。

残りの撮影と最終編集のバトンを引き継いだのは、「アベンジャーズ」シリーズの監督を務めたジョス・ウェドンでした。

ウェドンはそれまでザック・スナイダーらが推し進めていた、DCEUシリーズ全体がまとっていた重厚で壮大な世界観を大幅に希釈することを選択します。

ヒーローたちの誕生譚、バックボーンや背負ったドラマなどを省略していき、正に「アベンジャーズ」的なヒーロー同士の軽妙なやり取り、テンポ良く進むストーリー展開で、よりライトでどんな観客にも受け入れやすい作品へと編集していきます。

それは、ウェドンが編集した劇場版の上映時間が120分、比べてスナイダーのオリジナル版が50分以上長いことからもうかがい知れます。

アメリカの大手映画評論サイトであるRotten Tomatoesで、批評家たちから40%という評価を受ける一方で、一般観客によるオーディエンススコアが80%を超えた事実からも、本作がより“一般受け”を狙って仕上げられたことが分かります。

今後観客の評価を得たMCUシリーズとライトな作風に“同化”していくのか、それともDCEUシリーズならでの“胃もたれするほど濃厚な世界観”へと再び舵を切っていくのか、ザック・スナイダーやジョス・ウェドンなどの“監督人事”と合わせて注目となります。

スポンサーリンク

『ジャスティス・リーグ』を観た人へのオススメ作品

参考映像:『アベンジャーズ』(2012)

本作の最終仕上げを請け負ったジョス・ウェドン監督作『アベンジャーズ』(2012)、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)からは、本作に通じるウェドンの作風を感じることが出来ます。

それは複雑かつ多様に入り組んだキャラクターたちのエピソードを的確に取捨選択しつつ、ドラマとして飽きさせないテンポを保持するという、ウェドンの高い“交通整理力”であり、MCUとDCEUシリーズの面白い比較となるでしょう。

他にこれまでのDCEUシリーズ4作品も本作を楽しむ上で是非見てほしいところですが、「全部見るのはちょっと…」という人は、まず本作に物語が直結している『バットマンvsスーパーマン』だけでも鑑賞をオススメします。

また、ザック・スナイダー監督がグラフィックノーベルの傑作を映画化した『ウォッチメン』(2009)は、MCUやDCEUシリーズとは違う、R指定作品のダークなスーパーヒーローを堪能できる作品に仕上がっています。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

いかがでしたか。

次回の第24回戦は、2019年2月8日公開のDCEUシリーズ最新作『アクアマン』を考察していきます。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『ハープーン船上のレクイエム』ネタバレ感想と結末あらすじ。ラストどんでん返しの修羅場を描いた海洋密室サスペンス|未体験ゾーンの映画たち2021見破録29

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第29回 公開が危ぶまれる世界各国の、様々な映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第29回で紹介するのは『ハープーン 船上のレクイエ …

連載コラム

メイキング映画 宮田バスターズ(株)大長編|あらすじ感想と評価解説。撮影現場に潜入したレポを虚実融合のノンフィクションに仕立てる|インディーズ映画発見伝25

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第25回 インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。 2021年3月にサイトがリニュー …

連載コラム

『ハウス・ジャック・ビルト』映画監督ラース・フォン・トリアーのインタビュー【芸術は定義することが難しい】FILMINK-vol.4

FILMINK-vol.4「Lars Von Trier: ‘Art Is Difficult to Define’」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinem …

連載コラム

映画『キックス』あらすじと感想考察レビュー。奪われたスニーカーを取り戻す少年の行動とは|銀幕の月光遊戯13

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第13回 主要キャストがアフリカ系俳優で占められる作品は、制作が難しいと言われていた時代もありましたが、昨今は、『ムーンライト』がアカデミー賞作品賞を受賞したり、『ブラック …

連載コラム

映画『魔法少年☆ワイルドバージン』あらすじと感想評価。斎藤工も出演し、くだらなさの裏に潜む「最大多数の最大幸福」を描く|SF恐怖映画という名の観覧車79

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile079 以前、コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile022で「都市伝説」を実写化した数々の名作映画についてご紹介しました。 口伝の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学