Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/05/20
Update

映画『スティーヴ・マックィーンその男とル・マン』感想と評価解説。カーレース映画製作の知られざる舞台裏|だからドキュメンタリー映画は面白い17

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第17回

名カーレース映画の舞台裏に隠された、様々なドラマとは?

今回取り上げるのは、2016年公開の『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』。

伝説的ハリウッド・スター、スティーヴ・マックィーンの代表作の一つである、1971年製作『栄光のル・マン』の知られざる舞台裏に迫ります。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』の作品情報

(C)THE MAN & LE MANS LIMITED,2015

【日本公開】
2016年(アメリカ・イギリス合作映画)

【原題】
Steve McQueen: The Man & Le Mans

【監督】
ガブリエル・クラーク、ジョン・マッケンナ

【キャスト】
スティーヴ・マックィーン、チャド・マックィーン、ジョン・スタージェス、ニール・アダムス、リー・H・カッツィン、アラン・トラストマン、ジョナサン・ウィリアムス

【作品概要】
スティーヴ・マックィーンの代表作の一つである、1971年の映画『栄光のル・マン』の、製作過程を描いたドキュメンタリー。

マックィーンが主演以外に製作もこなすも、撮影時に発生した様々なトラブルの顛末を、未使用映像やマックィーン本人の肉声、当時の関係者のインタビューなどで振り返ります。

映画『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』のあらすじ

(C)THE MAN & LE MANS LIMITED,2015

1950年代にデビュー以降、『荒野の七人』(1961)、『ブリット』(1968)、『ゲッタウェイ』(1973)といったアクション映画で、ハリウッドのトップスターとなったスティーヴ・マックィーン。

プライベートでもバイク・レーシングカー好きとして知られ、カーレーサーとしての顔も持っていたマックィーンは、1970年5月、その趣味を全面に押し出した、ある一本の映画を製作すべく渡仏します。

その映画とは、『栄光のル・マン』。

ル・マン24時間耐久レースに情熱を注ぐ男たちの熱き闘いを描いたこの作品は、翌1971年に公開されるや、大きな話題となりました。

しかしその撮影の舞台裏では、監督の途中降板、大幅な予算超過と制作の遅れといった様々なトラブルが生じ、それによってマックイーンのキャリアに大きなダメージが及ぶことに。

本作は、新たに発見された撮影模様や未使用となった映像、マックィーンが生前に遺したボイス・レコーディング、さらに当時の関係者のインタビューも交え、『栄光のル・マン』の顛末を振り返っていきます。

スポンサーリンク

スティーヴ・マックィーン主演作『栄光のル・マン』について

(C)THE MAN & LE MANS LIMITED,2015

映画『栄光のル・マン』は、フランス中部の小都市ル・マンで開かれる、24時間耐久の過酷なカーレースをテーマとした作品。

マックィーン扮するアメリカ人レーサーのディレイニーと、ライバルとなるドイツ人レーサーのスターラーが、レースに出場すべく激しい白熱のデッドヒートを繰り広げます。

ドラマ的要素を極力排し、セミドキュメンタリー・タッチでカーレースそのものに焦点を絞り、90台ものパナビジョンカメラを使って臨場感たっぷりに描きます。

日本ではマックィーン人気が高かったこともあり、1971年の年間興行成績第4位のヒットとなっています。

参考映像:『栄光のル・マン』予告

トラブル続出だった製作の舞台裏

(C)THE MAN & LE MANS LIMITED,2015

撮影当時のマックィーンは自身のプロダクション、ソーラープロを設立しており、この『栄光のル・マン』も彼が製作の全権限を握っていました。

ところが、そのワンマン体制が様々な困難を招くことに…。

恩師でもあった監督をクビに

レースを一種の“アート”と捉えていたマックィーンは、『栄光のル・マン』もドキュメンタリータッチな作風にしようと考えます。

しかし、当初メガホンをとっていたジョン・スタージェス監督は、もっとドラマ的要素を盛り込むべきと主張したことでマックィーンと意見が衝突、結局スタージェスは降板してしまいます。

スタージェス監督といえば、『荒野の七人』や『大脱走』(1963)でマックィーンをハリウッドのスター街道に乗せた、ある意味恩師ともいえる人物。

生来持つ気性の荒さから、多くの監督や製作陣とトラブルを起こしまくっていたマックィーンでしたが、ここでもその悪癖を露呈することとなります。

撮影遅延と予算超過のドロ沼状態

降板したスタージェスに代わり監督を任されたリー・H・カッツィンは、キャリア的にも新人ゆえに現場コントロールがままならず、マックィーン本人が大半のディレクションをすることに。

そして、脚本もマックィーンが望む内容に仕上がらないとして、結局こちらも彼自身が関わることとなり、それによって撮影スケジュールも大幅に遅れてしまいます。

さらには、エンツォ・フェラーリに車輌のタイアップ提供を断られてしまい、仕方なく実費でフェラーリを買う羽目となって製作費も増加。

度重なるトラブルから、ついには出資会社がマックィーンからプロデュース権を剥奪するという、ゴタゴタ続きな撮影現場となるのです。

私生活でも問題が

(C)THE MAN & LE MANS LIMITED,2015

撮影時、マックィーンは妻ニールや、後に俳優となる息子チャドといった家族をフランスに帯同させていました。

ところが、趣味のレーシングカーに没頭する夫の身を以前から案じていたニールが、この『栄光のル・マン』での撮影現場に立ち会ったことが裏目となり、夫婦間に亀裂が生じることに。

また、1969年に起こった女優シャロン・テート殺害事件で知られる、チャールズ・マンソン率いるカルト集団の殺害リストのトップに自分の名前があったと知り、マックィーンが警戒心を高めて疲弊していたことが明かされます。

ちなみに、2019年公開のクエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』はこのシャロン・テート事件をモチーフとしており、マックィーンも劇中に登場します。

スポンサーリンク

大いなる玉砕か見事な挑戦か

(C)THE MAN & LE MANS LIMITED,2015

度重なるトラブルを経てついに完成した『栄光のル・マン』でしたが、マックィーンはプレミアイベントへの出席を辞退。

しかもアメリカ本国では興行成績が振るわず、ソーラープロもトラブルが原因で倒産してしまいます。

以降、マックィーンはプライベートでのレース参加を止めた上に、妻ニールとも離婚するなど、『栄光のル・マン』が彼にもたらしたものは、計り知れないものがあったのです。

「大いなる失敗作」という評価が定着した感のある『栄光のル・マン』。

しかしその一方では、マックィーンが本来持っていたチャレンジ精神も感じ取れます。

映画製作者としては未熟だったかもしれませんが、映画スターとしてはこの後も『ゲッタウェイ』、『パピヨン』(1973)、『タワーリング・インフェルノ』(1975)といった代表作を次々と発表。

1980年に、50歳という若さで亡くなる直前まで第一線で活躍しました(もっとも、遺作『ハンター』でもやはり当初の監督ピーター・ハイアムズを降板させていますが…)。

やんちゃな性格ゆえに、各方面でトラブルを起こしはしたものの、根は優しい人間だったという彼の人柄も、本作『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』で垣間見ることができます。

2020年に生誕90年&没後40年を迎える、スティーヴ・マックイーン。

「もし時間を戻せたらどうする?」という質問に、「もちろん同じ人生を選ぶよ」という言葉を遺した彼は、いまだに根強い人気を持つ永遠のスターなのです。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第18回もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『NETFLIX世界征服の野望』感想レビュー評価。動画配信企業のドキュメンタリーが送る観客への“挑戦状”|シニンは映画に生かされて22

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第22回 2020年12月11日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ他にて全国ロードショーされる映画『NETFLIX/世界征服の野望』。 世界 …

連載コラム

映画『ようこそ、革命シネマへ』あらすじと感想レビュー。劇場復興を通して表現の自由が奪われた政権下の人々に笑顔を取り戻す|映画という星空を知るひとよ1

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第1回 第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門でドキュメンタリー賞と、観客賞を受賞した、スハイブ・ガスメルバリ監督の映画『ようこそ、革命シネマへ』をご紹介いたし …

連載コラム

劇場版「フリクリ」感想と考察。セカイ系をふりかえる|映画道シカミミ見聞録14

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第14回 (C)2018 Production I.G/東宝 こんにちは、森田です。 今回は当サイト「今週おすすめ映画!」で一推しされている劇場版「フリクリ オルタナ …

連載コラム

映画『処刑山ナチゾンビVSソビエトゾンビ』ネタバレあらすじと感想レビュー。ホラーにブラックな笑い満載の対決|未体験ゾーンの映画たち2020見破録33

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第33回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第33回で紹介するのは、ぶっ飛んだタイトルのゾンビ映画『処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビ』。 …

連載コラム

映画『彼女』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末でキャスト水原希子とさとうほなみの恋愛逃避行は⁉︎|Netflix映画おすすめ30

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第30回 日本発のNetflix映画、2021年第一弾として配信された廣木隆一監督作品『彼女』が2021年4月15日からNetflixで配信 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学