Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/11/16
Update

映画『jam』あらすじと感想。劇団EXILEメンバーをSABU監督が起用した新作アクション・クライム・コメディーの魅力とは|銀幕の月光遊戯11

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第11回

こんにちは、西川ちょりです。

今回取り上げる作品は、12月01日(土)より、東京・新宿バルト9ほかにて全国ロードショーされる『jam』

SABU監督の新作で、劇団EXILEが総出演しているユニークで痛快な、アクション・クライム・コメディーです。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『jam』のあらすじ


(C)2018「jam」製作委員会

場末のアイドル演歌歌手、横山田ヒロシがマイクを持ってステージに出ていくと、熱狂的な熟女ファンがサイリウムをふって彼を迎えました。

ライブ後に行われるファンミーティングでは、ファンの女性は時々感極まって涙を流しながら、ヒロシへの愛を告白するという儀式めいたことが行われていました。

札束のついた首飾りをひろしにプレゼントしたある女性は、セットリストについて語り、曲の順番を入れ替えたほうがいいんじゃないかと提案します。

すると後ろの方に座っていた女性が、このセットリストはものすごくよく考えられている、ヒロシはアーティストなのだから、そんなつまらないことを気まぐれで言うべきではないと真顔で反論し、ファン同士一触即発の雰囲気になります。

ヒロシは、なんとかその場をおさめると、明日はいよいよコンサートホールで歌うので応援よろしくとファンに伝えるのでした。

「あの女、余計なこといいやがって。空気が悪くなっちまったじゃないか」と文句を言いながら、ヒロシが歩いていると、先程の反論した女が待ち伏せしていました。

女は昌子という名前で、自分で作ったというスープをヒロシに飲むようしつこくすすめます。ファン相手なので無碍に断れず、言われるままにヒロシはスープを口にしました。

夜のシャッターのしまった商店街を歩いていた二人は、車椅子に乗った老婆と、それを押す不気味な男とすれ違います。

男は刑期を終え、刑務所からシャバに出たばかりのテツオでした。彼は自分を刑務所に送ったヤクザ者たちに、復讐してきたばかりでした。

彼らとすれ違ったあと、ひろしは急に嘔吐して倒れてしまいます。一台の車が通りかかり、運転手が降りてきました。「大丈夫ですか? なにかお手伝いしましょうか?」男は側にいた女に問いかけました。

この親切な男の名はタケルといい、彼は、日々善行に励んでいました。「善いこと貯金」をすれば、意識不明の恋人が回復するのではないかと考えたからです。警官に追われた強盗が苦し紛れに発砲した際、流れ弾がタケルの恋人に命中し、以来、彼女は病院で寝たきりの状態にありました。

タケルは二人を車に乗せ、女に指示されるまま、ヒロシを彼女の家に送るのでした。

こうしてヒロシは昌子に拉致されてしまいます。

その頃、車椅子を押して街を行くテツオをたくさんのヤクザが追っていました。一方、タケルは飲み屋で知り合った男二人組に、明日、公民館に車で送る約束をしていました。男たちが強盗をたくらんでいるとも知らずに・・・。

全く違う生活を送っていた三人の男たちの人生が交錯し、物語は思わぬ方向に向かっていきます。

SABU監督プロフィール


(C)2018「jam」製作委員会

1964年生まれ。和歌山県和歌山市出身。俳優として活動を始め、1991年、「AKIRA」の大友克洋が監督した『ワールド・アパートメント・ホラー』では主演を果たします(当時は田中博樹の芸名で活動)。

1996年『弾丸ランナー』で映画監督デビュー。田口トモロヲ、ダイアモンド☆ユカイ、堤真一が、ほぼ全編走り続けるというユニークなクライム映画で、大きな反響を呼びました。

『ポストマン・ブルース』(1997)、『アンラッキー・モンキー』(1998)と快作を発表し続け、第四作目の『MONDAY』(1999)でベルリン国際映画祭・国際批評家連盟賞、『幸福の鐘』(2002)でNETPAC(最優秀アジア映画賞)を受賞するなど、海外の映画祭でも高く評価されています。

近作に『ハピネス』(2017)、台湾のチャン・チェンを起用した『Mr.Long ミスター・ロン』(2017)などがあります。『Mr.Long ミスター・ロン』に出演した青柳翔が本作で主演の一人を務めています。

スポンサーリンク

映画『jam』の感想と評価

ヒロシ(青柳翔)の場合


(C)2018「jam」製作委員会

切羽詰まった様子でスピードをあげた車が画面を横切って行きます。どうやら、病院へ向かっているらしく、車の後部座席には血を流した女性が横たわっています。車が急ブレーキをかけた途端、思いがけない展開が待っていました。

SABU監督作品らしいスピーディーな演出で冒頭から一気に物語に引き込まれていきます。

この物語には三人の男が登場します。彼らの人生は微妙にリンクし、複雑に交錯していくのですが、まずなんといっても青柳翔が演じる演歌歌手・ヒロシと、彼のファンの昌子の関係を描くパートが秀逸です。

昌子はヒロシを拉致することに成功。目を覚ましたヒロシは椅子にロープで縛り付けられ身動き一つとれない状況におかれていることに愕然とします。

ファンがアーティストを拉致!といえば、真っ先に思い出されるのがスティーブン・キング原作の同名小説の映画化『ミザリー』(1990/ロブ・ライナー監督)です。

『ミザリー』に登場するファンの女は、小説家を拉致した上に、彼の新作を自分の都合の良いように改変させようとします。昌子も同様にヒロシのナンバーワンのファンの座を得るため、彼を計画的に拉致したのです。彼女は何をたくらんでいるのでしょうか、そしてどんな恐ろしいことが待ち受けているのでしょうか…!?

と、想像させておいて、ここでも「あっ!」という展開が待っています。

青柳翔は、2006年に18歳以上の男性を対象としたEXILEの新ボーカルオーディションに参加し、二次審査まで進んだほどの歌の実力者。彼の歌唱力なくしては、この映画は生まれなかったのでは?と思わせるくらいのはまり役です。

彼が劇中で披露する数々の演歌も、本作の音楽担当、松本淳一とSABUによるオリジナル作品で、どこかで聴いたような聴いたことないようなとぼけた仕上がりになっています。歌のリズムに合わせてセットリストまで考えられている徹底さです。

ディテールがきっちりしているからこそ生まれた、この昌子とヒロシの濃密な時間。昌子を演じる筒井真理子と青柳翔の二人芝居に手に汗握ることとなるでしょう(!?)

テツオ(鈴木伸之)の場合


(C)2018「jam」製作委員会

鈴木伸之が演じたテツオは深く暗い夜が似合う男です。

ひたすら闘っているのですが、これが滅茶苦茶動けて強くて、こんな喧嘩キャラ他にないだろう、と驚くばかりです。マーシャルアーツとは一線を画する、ズバリ“喧嘩”としか呼べない泥臭い戦法ですが、最高級のアクションスターと呼びたくなってしまいます。

彼が敵を倒せば倒すほど、相手の人数が増えていき、暴力の負の連鎖が続いていきます。こちらのパートは、くすりと笑う要素が一つもないシリアスな展開となっています。

タケル(町田啓太)の場合


(C)2018「jam」製作委員会

ドラマ『中学聖日記』でも話題を集めている町田啓太は、不幸に見舞われ、善行を積むことで光明を見出そうとするキャラ、タケルを演じています。一生懸命さに好感が持てますが、善行と信じていることがことごとく逆の結果を生み出すことになってしまう、ある意味特異なキャラクターです。

他の二人に比べて地味な役柄に見えますが、物語の狂言回しとして重要な役割を果たしています。

他にも「因果応報」という言葉を口にするヤクザな二人組など、「劇団EXILE」のメンバーが総出演し(秋山真太郎、八木将康、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平)、SABUの生み出すユニークな世界とがっちりタッグを組んでいます。

果たして彼らはどのような絡みをみせ、物語にどう関係してくるのでしょうか!? 


©︎Cinemarche

予測不可能なノンストップ・アクション・クライム・コメディーをたっぷりと堪能してください。

映画『jam』は、2018年12月1日(土)より、東京・新宿バルト9ほかにて全国で公開されます。

次回の銀幕の月光遊戯は…


(C)2018「jam」製作委員会

次回の銀幕の月光遊戯は、12月22日(土)よりシネスイッチ銀座他にて全国順次公開されるスペイン・アルゼンチン合作映画『家(うち)へ帰ろう』をご紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『バーシティブルース作戦』ネタバレ感想とラスト解説。リックシンガーのアメリカ不正入学事件から“受験”の在り方を問う|Netflix映画おすすめ26

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第26回 今回ご紹介する映画『バーシティ・ブルース作戦:裏口入学スキャンダル』は、2019年に起こった前代未聞の大学入試不正入学事件の実態を …

連載コラム

映画『神と共に 第二章:因と縁』感想評価と考察。続編は新展開を迎える壮大なスケール|SF恐怖映画という名の観覧車55

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile055 profile050でご紹介させていただいた死後の世界を題材とした映画『神と共に 第一章:罪と罰』(2019)。 死後の世界をド迫力の世 …

連載コラム

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』感想と考察解説。韓国人俳優クォンサンウ演じるキャラを魅力的にする為に脚本を熟考|コリアンムービーおすすめ指南19

売れない漫画家の正体は、対テロ保安局“猛攻隊”の元エージェントだった! 韓国映画『ヒットマン エージェント:ジュン』が2020年9月25日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他にて全国順次公開さ …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン考察解説|ロング綾波レイ×アドバンスド綾波シリーズ×オップファータイプの真実と魂の“行方”【終わりとシンの狭間で11】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第11回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした …

連載コラム

大人の恋愛映画『パリのどこかで、あなたと』感想評価と解説レビュー。出会いと進展、そして距離感をフランソワ・シヴィルとアナ・ジラルドで魅せる|映画という星空を知るひとよ38

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第38回 リアルなパリの街並みを背景に、仕事や恋愛、人間関係にストレスを抱える男女の姿を描く『パリのどこかで、あなたと』が、2020年12月11日(金)よりYE …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学