Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/02/21
Update

『影裏』映画と原作小説との違いをネタバレありでラストまで考察。岩手ロケ地とグルメに至るまで郷土愛に満ちた監督のこだわり|永遠の未完成これ完成である8

  • Writer :
  • もりのちこ

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第8回

映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。

今回、紹介するのは、映画『影裏』です。


第157回芥川賞を受賞した、岩手県在住作家・沼田真佑の小説『影裏』を、岩手県出身の大友啓史監督がオール岩手で撮影、映画化。

ある日突然、姿を消した親友。いなくなって初めて知る親友の裏の顔。哀しみも過ちも、大切な人のすべてを愛せますか?

映画と原作との違いを比較し、『影裏』の世界をより深く考察します。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『影裏』のあらすじとネタバレ


(C)2020「影裏」製作委員会
東日本大震災後、今野は勤務先の薬品会社の倉庫にいました。まだ電気が全面復旧されていない薄暗い部屋で、沿岸への支援物資の仕分けを急ぎます。

テレビからは、震災の犠牲者数、避難所の生存者名、仮設住宅のニュースが流れています。

浮かない顔で、帰宅しようと車を出す今野の前に、パートの西山が飛び出してきます。「今、ちょっと時間いいかな」。

盛岡の町は、街灯も信号機も消え、人も車の気配もなく、暗く沈んでいるようでした。

コーヒーとスイートポテトが上手いと評判のカフェで、西山は今野に言います。「課長、死んじゃったかもしれない」。

西山が言う「課長」とは、同じ会社で働いていた「日浅」という男のことでした。

1年半前、今野は転勤で盛岡に移り住んできました。慣れない地で戸惑う今野に、岩手の釣りや酒を教えてくれたのは日浅でした。

気付けば今野にとって日浅は、ただひとり心を許せる特別な存在となっていました。

今野と日浅の出会いは、大雨の日でした。会社で煙草を吸う日浅に、注意をする今野。日浅の掴みどころない受け答えで、上手く交わされてしまいます。

それから会社で何度か顔を合わるようになった2人は、同い年ということもあり距離は自然と縮まっていきました。

その日もひどい雨でした。今野は、アパートでの回覧板の入れ方が悪いと、近所のおばあさんに怒鳴り込まれていました。方言でまくし立てられ、呆気にとられる今野。

おばあさんが帰った後に現れたのは、日本酒の一升瓶をかかげた日浅でした。山火事の焼け跡を見て来たという日浅は、少し興奮しているようでした。

そして日浅は、「釣り行くべ、教えてやっから。身ひとつで来いよ」と、今野を釣りに誘うのでした。

美しい自然の中での川釣りは、今野にとって心躍る体験でした。何より、丁寧に教えてくれる日浅の釣り姿に見惚れてしまいます。

このポイントでは珍しいニジマスが釣れると、日浅は「おめぇ、どっから来たんだ」と、川に戻してやりました。日浅の初めて見せる顔に、気を許してくれた気になります。

季節は夏。盛岡では、さんさ踊りが行われます。太鼓の音に誘われ、祭りを楽しむ2人。

休みの日には、釣りに出掛けたり、映画、古本屋、カフェと街歩きを楽しみました。日浅の影響で、止めていた煙草もまた吸うようになっていました。

季節は冬。雪の積もる川釣りも、静かで良いものです。その時期、変化は突然やって来ました。

ある朝、今野が会社に出勤すると、日浅が会社を辞めていたのです。自分に何の相談もなく辞めたことへの不信感が残りました。

そして再び夏が来ます。今野は自分で見つけた釣りポイントで、ひとり川釣りを楽しんでいました。釣りの手つきも慣れたものです。

ある日、今野のアパートを日浅が訪ねてきました。髪を切った日浅は、サラリーマンの出で立ちで名刺を差し出してきます。

日浅は前の会社を辞めてすぐ再就職していました。互助会の営業の仕事は、ノルマは大変だけど感謝される良い仕事だと、岩手でナンバーワンとなった賞状を見せてくれました。

再び2人の時間が動き出します。日浅は再び一升瓶の酒をかかげ、今野のアパートにやってきました。

最近の互いの釣り話で盛り上がり、酒も進みます。そのまま眠り込んでしまう2人。ふと目が覚めた日浅。寝ている今野の方を見ると、胸の上に小さな蛇が乗っています。

「今野、今野」。寝ぼけた風の今野の上から蛇を取り上げ、窓から捨てます。ぼぅとする今野を「どうした?」と覗き込む日浅。

今野は、衝動のまま日浅に抱きつき、キスをし押し倒します。「まじ、やめろ」。日浅の声で謝る今野。それでも、日浅は帰らず泊まってくれました。

次の朝、日浅は「お前の川に連れてけよ」と、楽し気に今野を釣りに誘いました。

そのポイントは川の上流の方で、森の中を通って向かいます。途中、大きなミズナラの木が苔をまとい横たわっていました。「でけぇ!」。

「死んだ木に苔がついて、また新しい芽がでる。それの繰り返しだ。俺らは、屍の上に立ってんだ」。日浅は高揚しているようでした。

その日の釣りは穏やかなものでした。「雑魚ばっかだな」と魚をリバースしながらも、楽しそうな日浅に、今野も昨夜のことは口に出しませんでした。

それからしばらくして、今野はアパートの前で日浅の姿を見つけます。日浅は自分を随分待っていたようでした。

「今野、すまねぇ。互助会入ってくんねぇか。もうお前しかいねぇんだ」。今野は、「実際いいなぁって思ってたから」と一口入会を承諾します。

満月の夜でした。「鮎かけ、すっから来いよ」。日浅は、契約のお礼にと今野を夜釣りに誘ってきました。

夜の川釣りは初めてでしたが、少しは釣りに慣れていた今野は、テーブルにイスにコンロ、つまみも用意して向かいます。

そんな今野の様子を、「ままごとかよ」とバカにする日浅。この夜の日浅は、陰鬱で攻撃的でした。日浅の勧める酒を断り、今野は先に帰ります。日浅がこだわった流木の焚火が、ちらちらと目の奥に残っています。

「知った気になんな。お前が見てんのは、ほんの一瞬、光があたったとこだってこと。人を見る時は、その裏っ側。影の一番濃いとこ見んだよ」。日浅の言葉が蘇ります。

以下、『影裏』ネタバレ・結末の記載がございます。『影裏』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020「影裏」製作委員会
人恋しい今野は、タイミングよく盛岡に出張に来ていた和哉に会うことにします。和哉は、こっちに来る前に付き合っていた男です。

久しぶりに再会した和哉は、性別適合手術をし、女性の姿をしていました。穏やかに微笑む和哉は、今野を包み込むようにハグします。

甘えたい気持ちを制し、部屋の前で別れる今野と和哉。今野は、日浅に対する執着を、強く思い知っていました。

2011年3月11日、今野の部屋は地震により散乱していました。大事に育てていたジャスミンの鉢植えも割れています。

会社では沿岸への支援物資の仕分け作業が行われていました。そして、パートの西山の発言に戻ります。「課長、死んじゃったかもしれない」。

西山の話はこうでした。日浅から、互助会に誘われ何口か入った後、お金も30万ほど貸したと言います。

震災で沿岸の親戚が移ってきたので、お金を返してもらおうと連絡したが一向に捕まらず、日浅の会社に電話をしたところ、震災当日に日浅は釜石に行くと言ったきり、行方不明になっているとのことでした。

今野は信じられない思いでした。悪夢のように日浅が波を見つめる姿が頭に浮かび、うなされる日々が続きます。

今野は、日浅の父親の元を訪ねます。捜索願を出さないのかと迫る今野に、父親は「次男とは親子の縁を切ったのでね」と、卒業証書を見せてきました。

その卒業証書は日浅の大学のものでしたが、それが偽物だと父親は言います。「年明けに、息子の卒業証書を偽造したものから連絡があり、金を振り込むよう脅されました。大学に確認したら、そんな学生は存在しないと言われましたよ」。

「震災後あった火事場泥棒って言うんですかね、あいつはそういう類の人間ですよ。死んではいませんよ」。

それでも親子の縁を切るなんて、今野は日浅の兄を訪ねました。最近は会うこともなかったという兄は、日浅の幼少時代の話をしてくれました。

「母親を突然亡くした典博は、周りが者が泣く中、ただその様子を見ていました。とてつもなく、大きなものが崩壊したような、なすすべがないような、そんな顔でした。私もあいつは生きていると思います」。

アパートの郵便受けに互助会の封筒が届いていました。契約内容の確認のお知らせでした。封筒を握りしめ、泣き崩れる今野。日浅に会いたい。

苔をまとったミズナラの大木をなで、川釣りのポイントに着きます。深い静かな森の中から、日浅の視線を感じた気がしました。

今野の隣には、新しいパートナー・清人がいます。釣りを丁寧に教える今野。釣れた魚はニジマスでした。

「どこにいたんだよ」と話しかけ川に戻してあげます。日浅と釣ったあのニジマスでしょうか。今野は、ニジマスの泳ぐ方向をいつまでも見つめていました。

映画『影裏』の作品情報


(C)2020「影裏」製作委員会
【日本公開】
2020年(日本)

【原作】
沼田真佑

【監督】
大友啓史

【キャスト】
綾野剛、松田龍平、筒井真理子、中村倫也、平埜生成、國村隼、永島暎子、安田顕

スポンサーリンク

映画『影裏』ロケ地マップ

『影裏』映画と原作の違い


(C)2020「影裏」製作委員会
美しい文章で心の深淵を描き出す純文学『影裏』の世界。映画化では、岩手の美しくも幻想的な風景と、人を愛することの儚さが相まって、胸を締め付けられるシーンが満載です。

原作は、日浅(松田龍平)が突然会社を辞めた頃から、ほぼ時系列で進みますが、映画は3.11の大震災後の今野(綾野剛)の様子から始まります。

さらに映画では、今野と日浅の関係性を、よりハッキリと映し出すシーンが、多々盛り込まれています。それらを中心にまとめてみます。

ザクロが象徴するもの

原作では、ラストまで今野が日浅に抱く感情が、「愛」だとはっきり伝えることはありません。

ただ、今野が以前付き合っていた相手が和哉という男性だったことから、同性愛者なのだと分かります。

映画では、恋愛を象徴するアイテムの登場により、性を意識していることが伝わってきます。特に印象的なものは「ザクロ」です。

ザクロは、円熟した美という意味の他に、愚かさという意味も合わせもっています。日浅が今野にザクロを渡し食べさせるシーンは、妙な胸騒ぎを覚えます。

このザクロは、日浅が姿を消した後にも、日浅という人物を示す、重要なキーワードになります。

他にも、知恵や生命、異性を象徴する「蛇」。愛らしさという意味と、官能的という意味を持つ「ジャスミン」。そして、焚火の炎に魅せられる今野の表情など、美しいエロティシズムが盛り込まれています。

極めつけは、日浅を求める気持ちに抑えが効かなくなった今野が、思わずキスをし押し倒してしまうシーンです。

これらは、原作ではいっさい描かれておらず、映画化で、今野の気持ちをより分かり易く表現することで、性のアイデンティティを前面に押し出した形になっています。

日浅典博という男

外面は、パートのおばちゃん達から「課長」と呼ばれ親しまれ、次に就いた営業職では、地区のトップの成績を残したりと、一見人当たりの良い印象です。

しかし、それは光りの当たる部分の顔でした。影に潜んだ裏の顔は、家族ですら気味悪がる本性が見えてきます。

親しくしているようで、嘘で表面を飾るのが得意。自分を好いてくれる人を上手く利用し、裏切ってしまう。

映画で挟まれた、互助会の契約をした老人が実は認知症を患っていたというエピソードなどは、日浅の影の部分が濃いものになっています。

また嘘ばかりかと思うと、今野に話した実家のザクロの木の話は本当のことだったと、後々分かったりもします。

原作の中では、日浅の深い部分の表現を「どうゆう種類のものごとであれ、何か大きなものの崩壊に脆く感動しやすくできていた」と表現している部分があります。

原作でも映画でも、日浅の影の性格は、幼い頃の母親の死、大きな存在の崩壊からだと考えられます。

なおのこと、日浅の性格について細かいエピソードが付け足された映画版の方が、彼の真相が分かり易く描かれています。

副島和哉の登場

副島和哉という人物は、今野が以前付き合っていた男性です。原作では、電話口の登場だけでしたが、映画では中村倫也が演じ、今野と再会を果たしています。

和哉は、性別適合手術を受けており、女性の恰好をしています。演じた、中村倫也の自然な所作に魅せられます。

今野は、日浅に拒絶された寂しさから、和哉に甘えたかったのかもしれません。それを、何となく察する和哉は、どこか今野への未練を感じさせつつ、優しく諭します。なんと、イイ女なのでしょう。

映像で、今野と和哉の再会のシーンが加わったことで、より現実的に物語が見えてきました。

日浅馨の登場

映画では、原作で今野が実際に会っていない人物がもうひとり登場します。それは、日浅の兄・馨です。

原作では、日浅の父親が、日浅の幼い頃を語る場面で、「兄の薫には懐いていたようです」と名前を出す程度ですが、映画では、弟の幼い頃を語るのは馨の役目になっています。演じているのは、安田顕です。

日浅の父親に会いに行った今野が、初めて聞かされる日浅の裏の顔にショックを受け、次に会いに行ったのが、馨でした。

父親の証言が、日浅の裏の部分ばかりだったのに比べ、兄の馨の証言は、日浅の真の部分が語られます。それは、光りあるもでした。

日浅を語る人物がもうひとり登場したことは、日浅という人物を知るのに大事なシーンになったと思います。

ラストシーンの違い

3.11の後、行方不明になった日浅を、探し求める今野。信じられない気持ちと、信じたい気持ちが交差していきます。

そんな今野の元に、互助会の契約案内が入った封筒が届きます。今野はその中身を確認し、たまらず泣き崩れます。これは、映画でしかないシーンです。

改めて日浅のことを思い出して泣いたのか、生きているという合図なのか、さらなる裏切りなのか。

このシーンについては、私のまわりでも様々な意見があり、観る人によって考察が違う場面になっています。

そして、原作と映画で最も違うシーンと言えば、今野に新しいパートナーが出来て、物語が終わるという所です。

映画のラストシーンで、今野は、自分の見つけた釣りポイントであり、日浅が以前気に入ってくれた川へやってきます。

日浅の面影を見る今野の後ろから「だーれだ!?」と手が伸び、目隠ししてくる男性・清人が登場します。

この「だーれだ!?」は、日浅と今野が知り合った当初、日浅が今野にした行為と同じでした。清人に釣りを教える今野の表情は、穏やかでした。

今野の新しいスタートを描き足すことで、どこかホッとしたような、どこか寂しいような、余韻を残すシーンになっています。

人間には少なからず、光りの当たる部分の顔と、影になる裏の顔があるものです。この『影裏』は、人を愛するということは、そんな二面性をも愛する覚悟が必要だと教えてくれます。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2020「影裏」製作委員会
芥川賞受賞作品『影裏』の原作と映画の違いを比較し、紹介しました。

人間の心の深淵と、性の多様性を描いた純文学の世界を、みごと映像化した映画『影裏』。綾野剛と松田龍平の2人だからこそ表現できた、アンニュイな雰囲気にどっぷりと浸って下さい。

そして、地元盛岡では、『影裏』公開記念として、オリジナル日本酒が登場したり、ビールのラベルになったり、ロケ地めぐりも盛んになっています。

盛岡広域フィルムコミッションでは、ロケ地MAPも作成され、岩手のグルメも紹介されています。

岩手の美しい風景と神秘的な自然、そして美味しいものがふんだんに盛り込まれた映画『影裏』。大友啓史監督の岩手愛に感謝感激です。

〒020-0871 盛岡市中ノ橋通1-1-10 プラザおでって4F
TEL:019-606-6688 FAX:019-653-4417
www.morioka-fc.com

次回の「永遠の未完成これ完成である」は…


(C)2020 映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会
次回、紹介するのは、映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』です。

志賀晃の大人気シリーズ小説「スマホを落としただけなのに」の映画化第2弾、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』。

主人公は前作で活躍した神奈川県警サイバー犯罪対策課の加賀谷学(千葉雄大)を主人公に、殺人鬼・浦野善治(成田凌)が再登場。

ヒロイン・松田美乃里には、乃木坂46の白石麻衣を加え、さらなる悲劇へと事件が加速していきます。

映画公開後に、原作との違いを比較し、作品をより深く考察していこうと思います。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『デビルズ・ソナタ』あらすじネタバレと感想。ゴシックホラー良作を名優ルドガーハウアーが遺してくれた|未体験ゾーンの映画たち2020見破録1

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第1回 映画ファンには毎年恒例のイベント、令和初となる劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年も1月3日(金)よりヒューマントラストシ …

連載コラム

蒼井優の日本アカデミー賞2018主演女優スピーチを考える|映画道シカミミ見聞録1

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第1回 はじめまして。このたび「映画道シカミミ見聞録」というコラムを担当することになりました、“映画随筆家”の森田悠介といいます。 このコラムでは、「映画を書く」とい …

連載コラム

映画『ドント・ゴー・ダウン』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。SFタイムスリップに遭遇した特殊部隊の運命|未体験ゾーンの映画たち2020見破録40

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第40回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第40回で紹介するのは、戦場から抜け出せなくなった特殊部隊を描くアクションホラー映画『ドント・ゴー …

連載コラム

映画『動物だけが知っている』あらすじと感想レビュー。東京国際映画祭2019の会場でフランス俳優が語った愛の形とは【ティーチイン収録】|TIFF2019リポート5

第32回東京国際映画祭・コンペティション上映作品『動物だけが知っている』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5日( …

連載コラム

イタリア映画祭2019開幕!豪華ゲスト登壇の開会式リポート|2019年の旅するイタリア映画祭1

連載コラム『旅するイタリア映画祭』第1回 2019年で19回目となるイタリア映画祭が、ゴールデン・ウィーク期間中の4月27日(土)〜5月4日(土・祝)まで東京・有楽町朝日ホールにて開催されています。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP