Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/07/16
Update

映画『剣の舞 我が心の旋律』感想と考察レビュー。ハチャトゥリアンの代表作となった名曲はひと晩で誕生していた|心を揺さぶるtrue story1

  • Writer :
  • 咲田真菜

連載コラム「心を揺さぶるtrue story」第1回

読者の皆さま、はじめまして。連載コラム『心を揺さぶるtrue story』を担当させていただくことになりました、咲田真菜です。このコラムでは実話をもとに描かれた映画の魅力についてお伝えして参ります。

第1回目でご紹介するのは『剣の舞 我が心の旋律』です。この作品では、おそらく誰もが一度は耳にしたことがあるであろう「剣の舞」を作曲したアラム・ハチャトゥリアンが実際に経験した物語を描いています。

映画『剣の舞 我が心の旋律』は、2020年7月31日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開されます。

【連載コラム】『心を揺さぶるtrue story』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『剣の舞 我が心の旋律』の作品情報

(C) 2018 Mars Media Entertainment, LLC, DMH STUDIO LLC

【日本公開】
2020年(ロシア・アルメニア合作映画)

【監督・脚本】
ユスプ・ラジコフ

【キャスト】
アムバルツム・カバニアン、ヴェロニカ・クズネツォーヴァ、アレクサンドル・クズネツォフ、アレクサンドル・イリン、イヴァン・リジコフ、インナ・ステパーノヴァ、セルゲイ・ユシュケーヴィチ

【作品概要】
1942年12月。コーカサス地方のアルメニアを舞台にしたバレエ『ガイーヌ』は、初演を目前にしていました。ところが、劇団幹部から最後を締めくくる勇壮な踊りの追加が命じられます。

時はソビエト連邦に大粛清の嵐が吹き荒れた数年後。命令は絶対であり、失敗したら作曲家人生は終わる…そんな重圧の中、1度聞いたら忘れられない「剣の舞」をひと晩で書き上げたのは、ソビエトが誇る現代作曲家のアラム・ハチャトゥリアンでした。

祖国アルメニアへの思いを音楽で表現する情熱の作曲家アラムを演じるのは、ロシアで舞台やTVで活躍するアンバルツム・カバニャン。

宿敵のプシュコフはアメリカのTVドラマ「24」などにも出演してたアレクサンドル・クズネツォフ。

脚本と監督はウズベキスタン出身のベテラン、ユスプ・ラジコフが務めています。

映画『剣の舞 我が心の旋律』のあらすじ

第二次世界大戦下のソ連。疎開中のキーロフ記念レニングラード国立オペラ・バレエ劇場は、10日後にお披露目するバレエ『ガイーヌ』のリハーサルに集中していました。

しかし、アラム・ハチャトゥリアンは振り付け家のニーナから修正を求められ、その上、文化省の役人プシュコフから曲を追加せよと難題を命じられます。

過去にアラムとトラブルを起こしたプシュコフは、周囲を巻き込み復讐のチャンスを虎視眈々と狙っていたのでした。

作曲家としての意地とアルメリア人としての誇りを胸にアラムはピアノに向かいます。

さまざまな感情が渦巻く中、鍵盤の上でひとつのリズムが踊り始めました。それが世界で愛される『剣の舞』。

この曲には民族の悲しみと世界平和への祈りが込められていました。

スポンサーリンク

映画『剣の舞 我が心の旋律』の感想と評価

(C) 2018 Mars Media Entertainment, LLC, DMH STUDIO LLC

「剣の舞」誕生の裏に潜む暗い歴史

この作品は、主人公の作曲家・アラム・ハチャトゥリアン(アンバルツム・カバニャン)が代表作「剣の舞」を1942年12月にひと晩で書き上げた背景を描いています。

それは若い頃のアラムが実際に経験したほんのわずかな期間の出来事なのですが、この物語の特徴は、曲の誕生までの経緯を詳細に描くというよりも、第二次世界大戦下のソビエトで、粛清に怯えながら暮らさなければいけない時代がどういうものだったのか、また、祖国アルメニアで起きた悲劇を忘れることなく生きているアラムの姿を等身大に描いているところです。

そのため「剣の舞」の誕生は物語の後半でスピーディーに描かれていきます。そこにたどり着くまでは、共産党の命令は絶対という体制のもと、それに逆らうことができない時代の暗さが中心となります。

そんな暗い時代にスターリン賞を受賞するなど、作曲家としての地位を確立したアラムの心の中には、常に祖国・アルメニアの風景があります。

雪が降り積もる寒くて暗いソビエトの地とは対照的に、美しいアルメニアの風景がたびたび映し出されます。

そしてこの物語を通して、アルメニアで起きた大虐殺という悲劇の歴史を知ることができます。

この出来事が世界で黙殺されたことによって、その後のファシズムやユダヤ人虐殺が起きたのだという事実はとても重いものです。

祖国で起きた悲劇を常に胸に抱きながら生きるアラムは、その想いを音楽にぶつけていきます。

そして誕生したのが、激しく鳴り響く木琴の音とサクスフォーンの旋律が特徴的で、たった2分30秒の曲なのに強烈なインパクトを残す「剣の舞」だったのです。

宿敵・プシュコフの「ゲス男」ぶり

(C) 2018 Mars Media Entertainment, LLC, DMH STUDIO LLC

アラムが「剣の舞」を生み出したのは、宿敵ともいえるプシュコフ(アレクサンドル・クズネツォフ)が目の前に現れたことがきっかけとなります。

文化省の役人であるプシュコフは、かつてアラムとひと悶着を起こしたことがありました。

アラムの才能をねたんでいたプシュコフは、アラムが一番言われたくない言葉を投げかけたのです。激怒したアラムとは、その日を境にして絶縁状態となりました。

バレエ『ガイーヌ』の上演を目前にして、連日のように舞台に変更が生じ、その対応に追われて不眠不休で働くアラムの目の前に、プシュコフは登場するのです。

作曲家として評価されているアラムをなんとか引きずりおろしたいと画策するプシュコフは、ねちっこく、まるで蛇のようにアラムを狙います。

アラムに憧れるバレエ団のソリスト・サーシャ(ヴェロニカ・クズネツォーヴァ)に色目を使ったり、サーシャに想いを寄せる失業寸前のサクスフォーン奏者・アルカジーを利用してアラムをハメようとしたり、まさに「ゲス男」そのものです。

これは、当時のソビエトを色濃く表しているのかもしれません。共産党の上層部に目を付けられたら最後、どこまでもしつこく追い詰めていく手法は、当時当たり前のように存在していたのでしょう。

そして極めつけが『ガイーヌ』の上演まで1週間と迫った時、最終幕に士気高揚する踊りを追加しろと命じます。

しかしプシュコフの無茶ぶりに対して果敢に挑み、名曲を生み出したアラム。そこには共産党の思想のもとに芸術が抑圧されていた時代の暗さに立ち向かう力強い姿がありました。

随所に盛り込まれる美しいバレエと旋律

(C) 2018 Mars Media Entertainment, LLC, DMH STUDIO LLC

「剣の舞」の誕生は物語の後半で一気に描かれますが、物語の中では、バレエや音楽がふんだんに盛り込まれ、音楽映画ならではの見どころがたくさんあります。

アラムが友人である作曲家、ショスタコーヴィチとオイストラフと親交を温める場面が登場するのですが、物語の全般を通して憂鬱そうに暗い表情を見せるアラムが、唯一笑顔を見せる貴重なシーンとなります。

『ガイーヌ』上演へのプレッシャーで疲労困憊し、入院したアラムの陣中見舞いに現れたショスタコーヴィチとオイストラフ。音楽とどのように向き合えばいいのか悩むアラムにとって、親友たちとの音楽談義は大きな癒しとなります。

そしてその延長線で3人がストリートミュージシャンとともに、街中で楽器を演奏し、楽しい音楽を繰り広げます。

著名な作曲家3人が実際にこのような演奏をしていたのであれば、その場に居合わせた人たちは、なんとラッキーなのだろうと羨ましい気持ちになりました。

また、戦地に向かう兵士たちの慰めになるようにと上演されるバレエも見どころの一つです。

生きて戻れるか分からない、二度とバレエを観ることはできないかもしれない若者が、目を輝かせながら舞台に目を向ける姿は、切ないものがあります。

芸術は、ほんのひとときでもつらい現実から解き放ってくれる力があるものだと、改めて感じられるシーンとなりました。

まとめ

(C) 2018 Mars Media Entertainment, LLC, DMH STUDIO LLC

表現の自由が抑圧されていた時代に、苦悩しながらも芸術に真摯に向き合い名曲「剣の舞」を生み出したアラム・ハチャトゥリアンの姿に心をギュっとつかまれる本作。

そして抑圧する側であるプシュコフが物語の中で発する「音楽を侮ってはいけない」という言葉も心に深く刻まれます。

もちろんプシュコフがこの言葉に込めた想いはネガティブなものですが、ある意味言い得て妙だと感じられました。

どんな時代も音楽は人の気持ちに寄り添い、影響を与えるものだということが、この作品を通じて改めて感じることができたからです。

今、世界中でエンターテインメントが直面している危機的な状況の中、やはり音楽の力は偉大なもの、決してなくしてはいけないものだと再確認できる作品に出会えたような気がしてなりません。

映画『剣の舞 我が心の旋律』は、2020年7月31日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開です。

次回の連載コラム『心を揺さぶるtrue story』もお楽しみに。

【連載コラム】『心を揺さぶるtrue story』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ホラー映画『存在するもの』あらすじと感想評価。どんでん返しの連続と怖さのテイストに見えたフィリピンの現在|TIFF2019リポート24

第32回東京国際映画祭・アジアの未来『存在するもの』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけて …

連載コラム

映画『不実な女と官能詩人』感想とレビュー評価。実在した人物の驚くべき物語と新しい女性の姿|銀幕の月光遊戯 46

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第46回 映画『不実な女と官能詩人』が、2019年11月1日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネリーブル梅田にてロードショー公開されます。 彼女が恋に落ちたのは、 …

連載コラム

元脱獄犯が出演!ジャック・ベッケル監督作品『穴』刑務所を舞台にした人間ドラマとは|偏愛洋画劇場7

連載コラム「偏愛洋画劇場」第7幕 手に汗握る脱獄もの映画は多々ありますが、今回はその中で私が最も好きな作品についてご紹介したいと思います。 色々な意味で似たような作品は一個もない映画、フランス映画の『 …

連載コラム

【人とロボットの関係性】アニメ映画『イノセンス』『イヴの時間』から|SF恐怖映画という名の観覧車11

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile011 (C)2018 Production I.G/東宝 2000年にOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)として発売され、斬新な演出の …

連載コラム

【ネタバレ解説】映画『こんな夜更けにバナナかよ』感想と内容の考察。原作から主題を深掘りする|映画道シカミミ見聞録28

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第28回 こんにちは。森田です。 『万引き家族』がカンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した2018年。その年の瀬にも、力強いメッセージを放つ「疑似家族」映画が公開 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学