Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/08/04
Update

ジャン=リュック・ゴダールのおすすめ名作『女と男のいる舗道』に見る哲学|偏愛洋画劇場1

  • Writer :
  • こたきもえか

連載コラム「偏愛洋画劇場」第1幕

2018年7月13日に日本公開された映画『グッバイ・ゴダール!』。

ヌーヴェルバーグを代表する巨匠ジャン=リュック・ゴダールと、彼の2番目の元妻アンヌ・ヴィアゼムスキーの日々を描いた物語です。

御年87歳のゴダール監督はまだまだ現役。2018年の第70回カンヌ国際映画祭では新作『“Le Livre D’image(The Image Book)”』が上映され、大きな話題を呼びました。

国や時代を問わず書き手が愛してやまない映画を紹介・考察する連載の第1幕では、ジャン=リュック・ゴダール監督の名作の一つ『女と男のいる舗道』(1962)を取り上げたいと思います。

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『女と男のいる舗道』のあらすじ

1.とあるビストロ – ナナはポールを棄ててしまいたい – 下にある機械
2.レコード屋 – 2,000フラン – ナナは自分の人生を生きている
3.コンシェルジュ – ポール – 裁かるゝジャンヌ – あるジャーナリスト
4.警察 – ナナの反対尋問
5.外の大通り – 最初の男 – 部屋
6.イヴェットと会う – 郊外のとあるカフェ – ラウール – 外での銃撃
7.手紙 – またラウール – シャンゼリゼ
8.午後 – 金銭 – 化粧室 – 快楽 – ホテル
9.若い男 – ルイジ – ナナは自分が幸せなのか疑問に思う
10.舗道 – あるタイプ – 幸福とは華やかなものではない
11.シャトレ広場 – 見知らぬ男 – ナナは知識をもたずに哲学する
12.また若い男 – 楕円形の肖像 – ラウールは再びナナを売る

『女と男のいる舗道』は上記の12章から構成されている映画です。

舞台は1960年代のフランス、パリ。主人公のナナは女優を志していますが、お金も希望もないままにレコードショップの店員を続けています。

いつしか彼女は娼婦の道を辿り…ナナを演じるのはゴダールの最初の妻であり、『女は女である』(1961)『気狂いピエロ』(1965)など、ゴダール作品に多く登場するアンナ・カリーナ。

彼女のどこか哀しそうな光を宿した大きな瞳のショットから始まるこの作品は、アンナ・カリーナのしなやかで美しい魅力が満載です。

女優を目指し夫とも別れたものの、一向に上手くいかず娼婦として生計を立てるようになるナナ。

第1章は彼女の後頭部のショットから始まり、カメラはクローズアップとロングショットを繰り返してナナを追い続けます。

時折カメラを見つめるナナは観客に何か言いたげに思え、映画は“作り物”であることを私たちに認識させます。

お茶目にダンスするシーン、自分の指で身長を測るシーン、コミカルで可愛らしい場面も多いものの全編を通して感じるどこか冷たく無機質な印象が印象的です。

『女と男のいる舗道』の原題は『Vivre sa vie : Film en douze tableaux』。

これは「自分の人生を生きる、12のタブロー描かれた映画」の意。ナナという1人の女性の人生を淡々と映しているのです。

“会話”と“愛”の哲学

この作品で最も印象に残るシーンは第11章「シャトレ広場 – 見知らぬ男 – ナナは知識をもたずに哲学する」でのナナと哲学者の男性の会話でしょう。

カフェに入ったナナが出会う哲学者を演じるのはブリス・パランという実際の哲学者。彼はアルベール・カミュと親交があり、ゴダールの哲学の師でもあるのです。

哲学者はナナの問いに全て即座に答え、彼女は章のタイトル通り思わぬところで哲学を得ることになります。

それは“会話”と“愛”について。

私たちは毎日言葉を使います。

筆者の私も今言葉を使い、映画について自分自身と読者の方に語りかけています。果たして“言葉”に意味はあるのでしょうか。

「なぜ話をするの? 何も言わずに生きるべきよ。話しても無意味だわ」

そんなナナに哲学者は答えます。

「人は話さないで生きられるだろうか」ナナはそうできたらいいのに、と答えます。

「そうできたらいいだろうね。言葉は愛と同じだ。それ無しには生きられない。」

「人間も言葉を裏切る。書くようには話せないから。でも難しい言葉を理解できることもある。何かが通じ合う。表現は大事なことだ。会話せずに人生は続かない。話すことは話さないでいる人生の死を意味するものだ。言語と沈黙の間の揺れが人生の運動そのものである。日常の生活から別の人生への飛翔、それが考えることだ。正しい言葉を見つけるべく努力すべきだ。誤りから真実に到達するためにドイツ哲学が生まれたんだ」

哲学者は愛に触れることができないナナにさらに続けます。

「愛は常に真実であるべきだ。愛するものをすぐ認識できるか。20歳で愛の識別ができるか。できないものだ。経験から「これが好きだ」と言う。純粋な愛を理解するには成熟と探求が必要だ。人生の真実だよ。だから愛は真実であれば、解決になるんだ」

「言葉を裏切る、書くようには話せないから」

この後、ナナが恋に落ちた若い男がエドガー・アラン・ポーの短篇小説『楕円形の肖像』を朗読するシーンがあります。

そのシーンにだけ現れるのは字幕の文字。

「芸術と美、それが人生!」私たちは哲学者の言う通り、綺麗に並べられた言葉のように話すことも行動することもできないでしょう。

それでも目に見える文字となって現れるこのシーンは、儚い美しさに満ちたものではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

参考映像:『裁かるゝジャンヌ』(1928)

主人公のナナという女性。

劇中で彼女がカール・ドライヤー監督によるサイレント映画『裁かるゝジャンヌ』(1928)を観るシーンがあります。

火刑を宣告され涙をこぼすジャンヌ・ダルク、ナナの瞳からも涙が溢れます。

ナナは無垢で純粋そのもの。そんな彼女がいつしか自分では希望していなかった道を歩むことになり、愛や幸せの意味を模索しながらその結末を迎えてしまう…「自分の人生を生きる」皮肉めいた響きを持ちながらも自分の意思を感じさせるタイトルを持つこの映画。

『女と男のいる舗道』とナナの姿はこれからも私たちを惹きつけることでしょう。

次回の『偏愛洋画劇場』は…

次回は8月6日(月)に、ジャン=ジャック・ベネックス監督の作品に注目します。

お楽しみに!

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『ユピテルとイオ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車53

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile053 映画技術の発展と、異常気象や温暖化など漠然とした自然環境に対する危機意識の増大によってか、終末世界を描いた映画が多く製作される近年。 莫 …

連載コラム

『恐怖の報酬 オリジナル完全版』感想と評価。1977年の名作フリードキン版で描かれた映画的サスペンス手法を解説|サスペンスの神様の鼓動2

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、40年の歳月を経て復活した、 …

連載コラム

映画『Noise ノイズ』感想と考察。ノイズミュージックとの関係から希望を考える|映画道シカミミ見聞録36

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第36回 こんにちは、森田です。 今回は3月1日よりテアトル新宿ほかで公開中の映画『Noise ノイズ』を紹介いたします。 秋葉原に代表されるそのノイジーな空間や人間 …

連載コラム

映画『ザ・ナンバー』ネタバレ感想。南アフリカに実在するプリズンギャングの実話を映像化|未体験ゾーンの映画たち2019見破録4

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第4回 様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」が2019年も実施さ …

連載コラム

映画『シャッター 写ると最期』ネタバレと感想。“呪いのカメラ“は何故か藤子・F・不二雄的発想⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録25

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第25回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画を続々公開しています。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP