Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『ポゼッサー』ネタバレ結末感想と評価考察。ラストに謎だらけの主人公が迎える‟変化”は理解不能な領域に突入する|サスペンスの神様の鼓動48

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動48

特殊なデバイスを使用し、殺人を請け負う企業の天才エージェント、タシャ。

完璧なはずの「遠隔殺人システム」に、狂いが生じたことから始まる、予測不能な物語を描いたSFサスペンスノワール『ポゼッサー』。

独自の道を進む鬼才、デビッド・クローネンバーグを父に持つ、ブランドン・クローネンバーグの長編2作目となる『ポゼッサー』は「遠隔殺人システム」という設定や、手加減無しの残酷描写から「R18+」に指定された作品です。

ブランドン・クローネンバーグは「刺殺シーンで、刺す回数を1回でも減らしたら、作品が台無しになっていたと思う」と語っており、無意味に残酷描写を入れた訳ではなく、CGを一切使用しないなど、強いこだわりを持ち制作し、独特の作品に仕上げています。

意識と記憶が錯綜する場面も多く、難解に感じる作品かもしれませんが、ラストは背筋が凍るような、恐ろしい解釈のできる作品なので、『ポゼッサー』という作品が持つ魅力を紹介すると共に内容を考察していきます。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ポゼッサー』のあらすじ


(C)2019,RHOMBUS POSSESSOR INC,/ROOK FILMS POSSESSOR LTD. All Rights Reserved.

他人の意識を乗っ取って操り、ターゲットを殺害した後に、乗っ取った人間を絶命させることで「離脱」を行う「遠隔殺人システム」。

タシャは「遠隔殺人システム」を使用し、殺人を請け負う企業のエージェントとして働いていました。

タシャの上司であるガーダーは、タシャの殺しの腕を高く評価し、自分の後継者に考えていました。

ですが、ある時を境に、タシャが任務遂行後に、乗っ取った人間を絶命に追い込むことができなくなり「離脱」がスムーズに行えなくなります。

また、タシャは離婚した夫のマイケルと、息子のアイラの存在が気になっていました。タシャはマイケルと離婚した後も、定期的に会っており、家族の時間を過ごしています。

マイケルに、自分の仕事を打ち明けていないタシャは、罪悪感からマイケルと意識的に距離を置こうとしていました。ですが、タシャはマイケルから復縁を提案されます。

マイケルとアイラに「仕事で長い出張に出る」と伝え、再び家を出たタシャは「遠隔殺人システム」による、次の殺しの依頼を受けます。

ターゲットは、データを改修する事業で大成功したジョン・パース。ジョンには娘のエヴァがいますが、エヴァのフィアンセであるコリンを良く思っていません。

タシャはコリンの意識を乗っ取り、精神に異常をきたしたふりをして、ジョンとエヴァを殺害するミッションを与えられます。

そして迎えた作戦決行当日。

タシャはコリンの意識を乗っ取り、エヴァに近付きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ポゼッサー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ポゼッサー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019,RHOMBUS POSSESSOR INC,/ROOK FILMS POSSESSOR LTD. All Rights Reserved.

コリンの意識を乗っ取ったタシャですが、普段と様子が違うことを、エヴァに指摘され焦りを感じます。

それでも、エヴァに招待され、ジョンが開催したパーティーに参加することに成功します。

ここで、コリンが錯乱した印象を周囲に与える為に、タシャはコリンを操り、大勢の前でジョンを怒らせます。

一度は、パーティー会場から追い出されたコリンでしたが、パーティー終了のタイミングを計り、ジョンの屋敷に潜入します。

酔っぱらったジョンの前に現れたコリンは、銃を撃とうとしますが、銃の使用をためらい、持っていた刃物でジョンの喉元を貫きます。

その現場を見ていたエヴァを、銃で撃ち殺したコリンは、自らの口に銃口を突っ込みますが、引き金が引けません。

コリンは、床に落ちていたガラスの破片で胸を貫きますが、絶命までには至らず、中途半端に生き延びてしまいます。

コリンは友人の家に逃げ込みますが、眠っていたはずのコリンの意識が目覚めてしまい、コリンの中にあるタシャの意識に抵抗を始めます。

「離脱」ができないだけではなく、覚醒したコリンの意識にも苦しみ始めたタシャは、自身とコリンの記憶が錯綜を始め、混乱状態に陥ります。

苦しむタシャを救う為、エージェントのエディが派遣されます。

タシャはエディのアシストを受けながら「離脱」を行おうとしますが、再びコリンの意識に抵抗され、気が付けばエディを撃ち殺していました。

タシャとコリンの意識が錯綜しているコリンの体は、マイケルとアイラの住む住居に向かいます。住居の中に入ったコリンは、マイケルを殺そうとしますが抵抗されます。

ですが、タシャの意識がコリンに「マイケルは邪魔、殺しなさい」と命令し、コリンはマイケルの命を奪います。

その様子を見ていたアイラは、コリンの首に刃物を刺します。薄れゆく意識の中で、コリンはアイラに発砲し、撃ち殺します。

「離脱」に成功し目覚めたタシャ、隣にいたのは「遠隔殺人システム」を使用していたガーダーでした。

ガーダーはタシャを「離脱」させる為に、アイラの意識を乗っ取りコリンの命を奪ったのです。

無事に戻ったタシャは、ガーダーから「精神に異常が無いか?」を確認するテストを受けます。

テストの途中でタシャは、幼い頃に自分が殺した、蝶の標本を手に取り見つめました。

サスペンスを構築する要素①「全てが謎だらけの主人公タシャ」


(C)2019,RHOMBUS POSSESSOR INC,/ROOK FILMS POSSESSOR LTD. All Rights Reserved.

他人の意識を乗っ取り、殺しを行うエージェントのタシャと、タシャに抵抗するコリンの、精神的な戦いを描いた映画『ポゼッサー』。

『ポゼッサー』の主人公であるタシャは、他人の意識を乗っ取り、殺しを遂行する「遠隔殺人システム」を使用するエージェントです。

意識を乗っ取った他人を絶命させることで、タシャの意識は「離脱」し、元の体に戻るという設定なのですが、はっきり言ってしまえば、かなり悪趣味なシステムですね。

タシャは「遠隔殺人システム」を使用した、天才的なエージェントで、上司のガーダーも、その腕を高く評価し「自分の後継者に」と考えているようです。

ですが、タシャが所属している、この企業が一体何者なのか?そして、タシャが何故この仕事をしているのか?は全く説明されておらず不明なままです。

また、タシャは離婚した夫のマイケルを「危険な存在」と語っていますが、マイケルとは定期的に会っており、マイケルもタシャを必要している「良い夫」も見えます。

主人公であるはずのタシャについて、全く何の説明も無いまま、物語が進行していくことにより、観客は『ポゼッサー』の持つ「何か気持ち悪い謎」に引き込まれていきます。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「制御不能になる覚醒した意識」


(C)2019,RHOMBUS POSSESSOR INC,/ROOK FILMS POSSESSOR LTD. All Rights Reserved.

観客に詳しい説明も無いまま物語が進む『ポゼッサー』。中盤からは、資産家のジョン・パースを殺害するミッションがメインとなっていきます。

ジョンは、他人を見下す嫌な性格ではありますが、決して犯罪者ではないようです。

タシャが所属するこの企業は、報酬を貰えば善悪の区別はなく、誰でも殺すようなので、決して正義の為の組織でもなさそうです。

その辺りが、より一層不気味ですね。タシャは、ジョンに近付く為にコリンの意識を乗っ取ります。

途中まで、問題なくミッションは進んでいたように見えますが、突然コリンの意識が覚醒し、制御不能状態になります。

自分の体を取り戻そうとするコリンの意識と、タシャの意識との戦いが、中盤の見どころになる訳ですが、普通に考えたら、殺し屋に意識が乗っ取られることに抵抗する、コリンの方に正当性がありますよね。

タシャを物語の主軸に置くことで、制御不能になったコリンの意識を「厄介」と感じさせる、逆転の感覚を体感させるあたり、ブランドン・クローネンバーグ監督の手腕が光ります。

本作のタイトルになっている「ポゼッサー」とは「所有者」という意味です。

コリンの頭の中で対立する、タシャとコリンの意識。「どちらが所有者になるか?」が、後半の重要な展開となっていきます。

サスペンスを構築する要素③「マイケルを殺害した目的は?」


(C)2019,RHOMBUS POSSESSOR INC,/ROOK FILMS POSSESSOR LTD. All Rights Reserved.
タシャとコリンの意識が共存するコリンの体は、本作の終盤で、マイケルの住居へと向かいます。

ここから「コリンの所有者がどちらになっているか?」が観客に分からなくなっており、普通に考えれば、タシャに恋人と人生を奪われたコリンが、タシャにとって大切な人間を、奪おうとしていると受け取れます。

ですが、途中からタシャの意識はコリンに「マイケルを殺せ」と命じるようになります。

これは一体どういうことなのでしょうか?

本作の序盤で、タシャは夫のマイケルを「危険な存在」と語っています。

これは、マイケルの人間性の話ではなく、殺しのエージェントとしての立場から、タシャは「危険」と語っているのです。

マイケルと息子のアイラの存在が、タシャに母親としての感情を芽生えさせ、その結果、意識を乗っ取った相手を絶命に追い込む「離脱」が出来なくなりました。

「離脱」するには、意識を乗っ取った相手を、自殺させることが必要なのですが、タシャの中に芽生えた「自殺の恐怖」つまり「離脱」が正確に行われず、タシャの意識そのものが、死んでしまうことを恐れるようになったのです。

タシャは、殺しのエージェントに徹する為に、マイケルやアイラと距離を取ったのでしょう。

ですが、マイケルから「復縁すること」を提案され、人間的な感情がより強くなってしまったタシャが、今後も殺しのエージェントとして活動する為には、マイケルとアイラは邪魔。

その考えから、タシャはコリンにマイケルとアイラを殺すように命じたのです。

では、タシャが思いとどまれば何事も起きなかったか?と言うと、そうとも言えません。

それは、ガーダーがアイラの意識を乗っ取り、コリンに殺されるように仕向けたことからも分かりますが、タシャを高く評価しているガーダーは、タシャの家族を奪い、タシャに殺しのエージェントの道しか、残らないようにしたと考えられます。

作品冒頭から、タシャは詳しい説明の無い謎の多いキャラクターでしたが、本作のエンディングでは、完全に人間の心を捨てた、誰も理解できない、冷徹な存在となってしまいました。

スポンサーリンク

映画『ポゼッサー』まとめ


(C)2019,RHOMBUS POSSESSOR INC,/ROOK FILMS POSSESSOR LTD. All Rights Reserved.

主人公のタシャが、完全に人間の心を失うまでを描いた『ポゼッサー』という作品は、かなり恐ろしい映画です。

映像的にも、影がかかったような暗いタッチになっており「遠隔殺人システム」という発想も合わさり、ディストピア的な世界観になっています。

ただ、CG技術に頼らず作り上げた数々の場面は、他の映画とは違う独特の魅力に繋がっており、特にタシャがコリンの意識を乗っ取る描写は、一度溶けた体が再構築されるような、かなり面白い表現になっています。

タシャとコリンの記憶が錯綜する場面では、こちらも頭の中が混乱してくる演出になっており、本作は「観賞」というより「体験」という言葉が当てはまる作品です。

ただ、開始数分で、タシャがターゲットの喉元を切り裂くなど、残酷描写は容赦ないので、その辺りの覚悟も必要となります。

けれども、『ポゼッサー』は間違いなく唯一無二の魅力を持つ作品なので、その魅力を是非「体験」してみて下さい。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

次回も、魅力的な作品をご紹介します。お楽しみに!





関連記事

連載コラム

映画『闇はささやく』ネタバレあらすじ感想と結末の解説。原作を基にしたラストには同じ悲劇だけが繰り返される|Netflix映画おすすめ36

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第36回 今回ご紹介するNetflix映画『闇はささやく』は、アメリカの小説家、エリザベス・ブランデージの小説、『All Things Ce …

連載コラム

映画『ドラッグ・チェイサー』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ニコラスケイジが麻薬戦争に挑むクライム・アクション!|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー69

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第69回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

韓国映画『真犯人』ネタバレ感想とラスト結末の考察解説。ミステリー殺人事件は人物全員が疑わしく先の読めない心理戦|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー12

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第12回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEX …

連載コラム

映画『国境の夜想曲』あらすじ感想と考察解説。ドキュメンタリー名匠ジャンフランコ・ロージが撮る武力支配への‟無言の抵抗”|映画という星空を知るひとよ92

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第92回 ドキュメンタリー映画の名匠ジャンフランコ・ロージが手掛けた『国境の夜想曲』。 本作は、第77回ヴェネチア国際映画祭で、ユニセフ賞、ヤング・シネマ賞最優 …

連載コラム

クワイエット・プレイス2|ネタバレあらすじと結末の感想解説。サバイバルホラーでどんでん返し逆転の破られた沈黙とは|SF恐怖映画という名の観覧車145

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile145 『ドント・ブリーズ』(2016)から着想を受け製作され、本国で大ヒットを記録しただけでなく「音を立てたら、即死」と言うキャッチコピーが日 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学