Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

ホラー映画『カウントダウン』ネタバレ感想考察と結末までのあらすじ。あらすじと解説。余命が分かる携帯アプリの謎に立ち向かう姉妹の絆|サスペンスの神様の鼓動37

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動37

こんにちは「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。

このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。

今回ご紹介する作品は、スマートフォンにダウンロードした「余命宣告アプリ」が、死へのカウントダウンへと変貌するサスペンス・ホラー『カウントダウン』をご紹介します。

カウントダウンが「0」になると、待っているのは確実な死。

この運命を変える方法は?そもそも誰がこのアプリを作ったのか?など、作品が持つ謎に迫っていきます。

軽い気持ちで「余命宣告アプリ」をダウンロードした事から、死の恐怖に直面する若者達の恐怖を描いたサスペンス・ホラー。

「スマートフォン」「アプリ」という身近な素材を扱った恐怖が、全米の若者を震撼させ、スマッシュヒットを記録しました。

主演は、NETFLIXオリジナルドラマ「YOU-君がすべて-」のベック役で注目され、新世代のスクリームクイーンとの呼び声が高い、エリザベス・ライル。

共演に、『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)など、新たなホラー作品に欠かせない存在となっているタリタ・べイトマン。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『カウントダウン』のあらすじ


(C)2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
若者が集まって開催されたパーティー。

そこで「自分の余命が分かるアプリ」の話になり、コートニーは面白半分でアプリをダウンロードします。

他の友人達が「余命50年」「余命60年」と、長い余命を宣告されるのに対し、コートニーだけは「余命3時間」と宣告されます。

不気味さを感じたコートニーは、恋人のエヴァンが「車で送る」と申し出たのに対し、エヴァンが酔っていた事から、誘いを断り歩いて帰宅します。

ですが、歩いて帰宅を始めたコートニーに、アプリから「規約違反」の通知が届きます。

急いで帰宅したコートニーですが、アプリは「残り寿命」を告げるカウントダウンを開始します。

そして、カウントダウンが「0」になった瞬間、コートニーの体は宙に浮き、地面に叩きつけられ絶命します。

一方、車で帰宅していたエヴァンも、衝突事故を起こしていました。

そして、コートニーが乗車するはずだった助手席には、木の枝が突き刺さっていました。

看護師のクインは、研修生から正式に看護師として採用され、病院内のスタッフに祝福されていました。

ですが、クインは事故を起こし入院していたエヴァンが「自分の余命が分かるアプリ」に、怯えている事を気にしていました。

エヴァンは、自身の余命が残り1日である事から「明日の手術を失敗する」と絶望感を抱いています。

クインはエヴァンを励ましながらも、「自分の余命が分かるアプリ」の事を気にして、病院内のスタッフに話をします。

病院内のスタッフは面白がって、アプリをインストールし起動させます。

他のスタッフの余命が長い事に対し、クインだけ「余命3日」を宣告されます。

不気味に感じるクインですが、クインに言い寄るセクハラ医師、サリヴァンに話しかけられた事で、逃げるように病院内から出て行きます。

ですが、帰宅したクインは、アプリから「規約違反」の通知を受け、不気味な幻覚を見るようになります。

次の日、病院に出勤したクインは、エヴァンが死亡した事を聞かされます。

(C)2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『カウントダウン』ネタバレ・結末の記載がございます。『カウントダウン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

クインは、残されたエヴァンのスマートフォンから、アプリの余命が「0」になっている事を確認します。

クインは、アプリとエヴァンの死に関連性を感じますが、サリヴァンに呼び出されてしまいます。

院内のサリヴァンの部屋で、クインは肉体関係を強要されますが、これを拒否します。

クインは看護婦長に、サリヴァンの事を報告しようとしますが、サリヴァンはクインから看護婦長を遠ざけます。

帰宅したクインは「自分の余命が分かるアプリ」を、ネットで調べますが、ほとんどが「インチキである」という情報でした。

クインは安心しますが、ゾンビとなったエヴァンが現れ、襲われる幻覚を見ます。

そこへ、妹のジョーダンが、クインの自宅を訪ねて来ます。

エヴァンの幻覚が消え、クインはジョーダンの相手をしますが、ジョーダンが「自分の余命が分かるアプリ」に興味を持った為、ジョーダンを家に帰らせます。

次の日、クインは携帯ショップへ行き、店主のデレックから新たなスマートフォンを購入します。

ですが、購入したばかりのスマートフォンにも、何故か「自分の余命が分かるアプリ」がインストールされていました。

クインはデレックに文句を言いますが、デレックは「覚えがない」と困惑します。

携帯ショップを出たクインは、不気味な手に襲われる幻覚を見た為、車を急発進させてしまいます。

他の車に衝突させてしまった事で、ドライバーとクインは揉めますが、そこにマットと名乗る青年が現れ、クインを助け出します。

マットは携帯ショップでのクインとデレックのやり取りを見ており、マット自身も「余命2日」を宣告されていました。

クインはマットと共に、「自分の余命が分かるアプリ」の秘密を探り、アプリの「利用規約違反」が「死の運命を変えようとする事」であると判明します。

クインは、病院内にいる神父に、アプリの相談をしようとしますが、看護婦長に呼び出されます。

そこで、クインはサリヴァンから「彼女に、肉体関係を要求された」と嘘を吐かれ、一方的に休職に追い込まれます。

クインは、病院内の神父にアプリの相談をすると、神父から「もっと詳しい人物がいる」と、ジョン神父を紹介されます。

ジョン神父は、悪魔に魅了され神父になった変わり者で、アプリの正体を「古代から存在する、悪魔が人間の残り寿命を記した書物が原型ではないか」と仮説を立て、死を回避するには「悪魔の宣告を無効にする事」と教えます。

クインとマットは、デレックにアプリのソースコードに侵入してもらい、自分の寿命を書き換えさせます。

これで、クインとマットの寿命は残り50年に書き換えられ、安堵したクインは、マットを自宅に泊めます。

その際に、マットは病気で亡くなった弟の玩具を奪った事を後悔しており、クインは、母親に反抗して家出をし、自分を探していた母親が交通事故に遭い死亡した事から、お互いが「死」を意識している事を語り合います。

クインはマットと一夜を共にしますが、そこへ悪魔の腕が現れ、クインを襲います。

マットはクインを救出しますが、アプリのカウントダウンは元に戻っており、余命は残り数時間となっていました。

自宅から逃げ出したクインとマットは、ジョーダンもアプリをインストールした事を知り、3人で再びジョン神父を訪ねます。

ジョン神父は「悪魔の死の宣告を、少しでもずらせば、アプリの余命宣告は無効になる」と考え、塩で魔方陣を作り、その中で悪魔の攻撃を防ごうとします。

マットの余命が、クインより数時間早い事から、悪魔はマットに狙いを定めます。

マットは亡くなった弟の幻影を見た事で、教会を飛び出し、車道に出て車に激突し死亡します。

マットのカウントダウンが「0」になっている事から、運命に逆らえない事を感じたクインは絶望しますが、事故の衝撃でジョーダンも怪我をしている事に気付きます。

クインはジョーダンを病院に連れて行き、治療をサリヴァンが担当します。

クインは、サリヴァンが「自分の余命が分かるアプリ」で「余命50年」となっていた事を思い出し、サリヴァンを廃病院に呼び出し、致死量になるモルヒネを打とうとします。

アプリの余命より先に、サリヴァンの命を奪う事で、アプリの余命宣告を無効にしようとしますが、悪魔に邪魔をされ、サリヴァンに逃げられます。

廃病院に、クインを心配したジョーダンが現れ、悪魔に襲われます。

クインは、ジョーダンを守る為に、自分に注射を打ち、アプリで宣告された余命より先に死ぬことで「余命宣告」を無効にしようとします。

カウントダウンより先にクインは死亡し、悪魔は「余命宣告」の力を無効にされ消滅します。

ジョーダンは、自分の命は助かりましたが、クインを喪った事で悲しみます。

ですが、クインが持っていた解毒剤に気付き、ジョーダンはクインに解毒剤を打つ事で、クインは蘇生します。

数日後、クインは家族で母親の墓参りに訪れました。

これまでの数々のセクハラが明るみになり、サリヴァンは逮捕され、クインの復職が決まったので、母親の墓前に報告をします。

墓参りが終わり、帰ろうとするクインのスマートフォンが、新たなアプリを勝手にインストールします。

画面には「自分の余命が分かるアプリ.Ver2.0」と表示されていました。

サスペンスを構築する要素①「『余命宣告アプリ』の謎」


(C)2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

軽い気持ちで「自分の余命が分かるアプリ」をインストールした事から、逃れられない「死」の運命に直面した若者達の姿を描いた映画『カウントダウン』。

「スマートフォンに、軽い気持ちでアプリを入れる」という事は、日常生活で誰もが経験のある事だと思います。それ故の「身近な恐怖」が本作の特徴です。

「自分の余命が分かるアプリ」は、スマートフォンに入れてしまったら最後、削除が出来ず、別の機種に変更しても、勝手にアプリが更新されてしまいます。

更に余命終了のカウントダウンが始まると、不愉快な笑い声が響くようになり、スマートフォンの電源を切っても、アプリだけは勝手に動作を続けます。

そして、カウントダウンが「0」になると、必ず死が訪れます。

本作前半の主軸は、この「自分の余命が分かるアプリ」の謎となっています。

作中に登場するジョン神父は「古代から存在する、悪魔が人間の寿命を伝える書物」が、アプリの原型になっていると考えています。

だとすると、作中で命を落とした人達は、アプリを入れた事が理由ではなく「もともと決まっていた運命に従っただけ」と考えられます。

また、ジョン神父の仮説が正解だとしたら、何故、悪魔はこんなアプリを作り出したのでしょうか?

その理由は、作中に幾度も登場する「規約違反」が鍵を握っています。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「恐怖の『利用規約違反』」


(C)2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

「自分の余命が分かるアプリ」は、インストールすると、最初に「利用規約」が表示されます。

多くの人が、実際にアプリをインストールして、起動させる前に表示される利用規約を、ちゃんと読まないと思います。

長いし読んでもよく分からない事が多いですからね。

本作でアプリをインストールした人達も、「利用規約」をろくに読まずにアプリを起動させます。

そして、突如宣告される「利用規約違反」から、死のカウントダウンが始まるのです。

この「利用規約違反」は「自分の運命を変えようとする事」であると、中盤で判明します。

ここに、悪魔がこのアプリを作った目的があります。

もし、自分の余命が残り数時間と分かったら、危険を回避する行動を取りますよね?

しかし、このアプリでは、危険を回避し死を免れる事は「利用規約違反」となり、違反した者は、悪魔が直接手を加え、命を奪います。

おそらく悪魔は、人間の余命を教える事で、危機回避しようとする姿を見て弄んでいるのではないでしょうか?

そして、危機回避した人間も、容赦なくカウントダウンの通知通り、悪魔は命を奪うのです。

「自分の余命が分かるアプリ」は、「もともと決まっていた運命に従っただけ」と考える事が出来ますが、「悪魔が人間を弄ぶ道具」とも受け取れます。

アプリをインストールした事で、悪魔と繋がってしまったのではないでしょうか?

とにかく、アプリをインストールした事で、絶望的な状況となった主人公のクインですが、「逃れられない死の宣告を、いかに覆すか?」が、終盤の重要な展開になります。

サスペンスを構築する要素③「運命に立ち向かう姉妹」


(C)2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

アプリをインストールした事で、絶望的な状況となるクインですが、逃れる方法は「悪魔の死の宣告を無効にする事」であるとジョン神父から伝えられます。

クインは、知り合ったマットと共に、死の宣告を無効にする方法を探りますが、妹のジョーダンもアプリをインストールした事が分かります。

本作の序盤で、クインとジョーダンは、決して仲の良い姉妹という描かれ方はしていません。

ジョーダンは、家を出てしまったクインに寂しさを感じ、その感情を隠すように、反抗的な態度を取ります。

また、クインもジョーダンを突き放す様な、少し冷たい態度で接しています。

この2人は、物語の中盤で「母の死」という辛い過去を経験している事が分かります。

クインは、自身の家出が、母親が亡くなる原因になった事を強く後悔しており、ジョーダンに罪の意識さえ感じています。

ですが、ジョーダンも実は「クインの居場所を知っていたが、あえて母親に言わなかった」事で「母親が事故に遭ってしまった」と感じています。

自身に迫る命のカウントダウンを前に、姉妹はそれぞれの罪の想いをを伝え、姉妹の絆は再生します。

そしてクインは、ジョーダンを守る為に、自ら命を懸けて悪魔に立ち向かう事となります。

「自分の余命が分かるアプリ」が、もし悪魔によって作られた「人間の命を弄ぶ道具」であれば、アプリで宣告された余命も、本当に決まっていた事かは分かりません。

ジョン神父も「悪魔は嘘を吐く」と、作中で言っています。

ですが、もし本当に、自分の余命を知ってしまった時「自分はどうするか?」と、命を懸けて大切な家族を守ろうとするクインの姿から、考えてしまいました。

スポンサーリンク

映画『カウントダウン』まとめ


(C)2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『カウントダウン』では、誰もが逃れられない死の恐怖を描いていますが『ファイナル・デスティネーション』(2000)でも、「死の運命」が描かれており、『着信アリ』(2004)では、携帯電話が異形の者に繋がる恐怖を描いています。

このように、ホラー映画は「誰もが身近に感じる恐怖」が重要な部分となっており、『ファイナル・デスティネーション』『着信アリ』は、その後もシリーズ化される程の大ヒットとなりました。

映画『カウントダウン』は、面白半分でスマートフォンにアプリを入れたり、「利用規約」を読まずにアプリを起動させるなど、誰もが心当たりのある経験を、恐怖に変換した部分が最大の特徴です。

また、スマートフォンの普及により、希薄になったと言われる家族の絆を、作品にのテーマにしている他、サリヴァン医師のセクハラ問題も取り入れた辺り、本作は「現代のホラー映画」と言えるでしょう。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

次回も、魅力的な作品をご紹介します。お楽しみに!

関連記事

連載コラム

映画『デビルズ・ソナタ』あらすじネタバレと感想。ゴシックホラー良作を名優ルドガーハウアーが遺してくれた|未体験ゾーンの映画たち2020見破録1

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第1回 映画ファンには毎年恒例のイベント、令和初となる劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年も1月3日(金)よりヒューマントラストシ …

連載コラム

映画『ドルフィン・マン』感想レビューと評価。伝説の素潜りダイバーがたどる波乱の生涯【ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ】|だからドキュメンタリー映画は面白い28

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第28回 伝説のダイバーが深くたどる、波乱に満ちた生涯とは――。 今回取り上げるのは、2019年11月29日(金)より新宿ピカデリー、アップリンク渋谷、 …

連載コラム

鬼滅の刃遊郭編 アニメPV解説感想!新キャラ登場に“宇随イヤー”を予感させるド派手な演出【鬼滅の刃全集中の考察7】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第7回 2021年2月14日に配信された『鬼滅の刃』アニメ化2周年記念番組「鬼滅祭オンライン‐アニメ弐周年記念祭-」。その番組内でついに、『鬼滅の刃』テレビアニメ2期 …

連載コラム

『ウルトラマンガイア』考察と評価。平成三部作の中で異彩を放った「正義の味方か、悪魔の使者か」の設定|邦画特撮大全18

連載コラム「邦画特撮大全」第18章 今回取り上げる作品は放映から20周年をむかえた特撮テレビ作品『ウルトラマンガイア』(1998~1999)です。 『ウルトラマン80』(1980)から16年ぶりに、平 …

連載コラム

イタリア映画祭2019開幕!豪華ゲスト登壇の開会式リポート|2019年の旅するイタリア映画祭1

連載コラム『旅するイタリア映画祭』第1回 2019年で19回目となるイタリア映画祭が、ゴールデン・ウィーク期間中の4月27日(土)〜5月4日(土・祝)まで東京・有楽町朝日ホールにて開催されています。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学