Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/01/26
Update

映画『ともしび』感想評価と内容解説。シャーロット・ランプリング主演の心理劇|銀幕の月光遊戯18

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第18回

ベルギーのある小さな都市で慎ましやかに暮らしていた女性は、夫が罪に問われ収監されたことから、狂おしいまでの孤独に陥っていく…。

イタリア出身の新鋭監督アンドレア・パロオロが、ミニマリズム的な手法で、一人の女性の姿を見つめた、シャーロット・ランプリング主演の映画『ともしび』が2月2日より、シネスイッチ銀座他にて全国順次ロードショーされます。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ともしび』のあらすじ


2017 (C) Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

ベルギーのある小さな地方都市でアンナは夫とともに、慎ましい生活を送っていました。

夕食時、二人の間に会話はなく、途中で電球が切れて夫が取り替えても、まるで何事もなかったかのように、二人は食事を続けます。

就寝前の素肌の手入れを済ませると、アンナは夫の肩をもんでやり、夫は「ありがとう」と礼を言いました。

翌朝、アンナに付き添われ、夫は警察に出頭し、そのまま収監されてしまいます。

そんなことがあってもアンナの生活は変わらないように見えました。

地下鉄に乗って出かけ、演劇クラスに参加し、目の見えない少年のいる金持ちの家で家政婦の仕事をし、会員制のプールでひと泳ぎする・・・。

しかし夫がいないせいで犬は餌を食べようとせず、上の階から水が漏れ天井にシミができてしまうなど、彼女の生活の歯車は徐々に狂いだします。

突然ドアがノックされ、女が切羽詰まった声でアンナを呼びますが、アンナは暗闇でじっと息を潜めるしかありません。

孫の誕生日にケーキを作って息子一家を訪ねますが、玄関にすら入れてもらえず追い返されてしまいます。気づけば、彼女は狂おしいまでの孤独に陥っていました。

そんなある日、天井のシミを取り除いてもらおうと業者を呼んだアンナは、作業のために動かされたタンスの裏に封筒が押し込まれているのに気が付きます…。

映画『ともしび』の感想と評価

変わらぬ日常への執着


2017 (C) Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

いきなり奇妙な叫び声をあげるシャーロット・ランプリングの顔のアップから映画は始まります。息がとぎれるまで声を出し続ける彼女の顔はみるみる赤くなっていきます。

何とも衝撃的なオープニングですが、実はこれ、演劇サークルのレッスンの一場面なのです。

とはいえ、そのように謎解きされても、抱いた不安感を拭うことはできません。

作者が意図的に仕掛けたのかどうかは定かではありませんが、これは実に効果的です。観ている間、ずっとこの声が耳に残っているからです。

家族が犯罪加害者となった時、残された家族の生活も、もとのままではいられないことは容易に想像できますが、シャーロット・ランプリング扮するアンナは、なんら変わりない日常を生きようとします。

その執着は、現実を受け入れられない、受け入れたくないという気持ちの現れです。

映画は淡々と彼女の日常を追います。カメラを接近させ彼女の表情を延々ととらえたかと思えば、彼女が着替えている様子を長回しで執拗に映し出します。

犯罪加害者の家族を描いた作品というと、マスコミやSNS、あるいは近隣の住民などから嫌がらせや誹謗中傷を受けたりするものを想像しがちですが、彼女は面とむかってそうした第三者に批判されることはありません。

言葉数が少なく、誰とも距離をおいてつきあっているせいでしょうか? 寧ろ誰も彼女のことを気にかけていないように見えます。地下鉄の中でまるで彼女がいないかのように男女が言い争いをしている光景は象徴的です。

一体夫は何の罪で収監されたのか? はっきりと言及されませんが、観ているうちに、おぼろげながら、子供に関する犯罪だろうということがわかってきます。

罪を犯したのは夫で、彼女ではないのに、息子はなぜあそこまで彼女を拒否するのだろうか? など様々な疑問点が湧き上がります。

変わらぬ生活を続けたいがために夫の犯罪を見て見ぬふりをしていたのでしょうか? あるいは、現実を受け入れられず、息子たちの忠告から耳をそむけて、夫を信じる良き妻に固執したのでしょうか? 

もっとも映画はそのような謎解きを目的とはしていません。彼女に罪があったのかなかったのかも言及されることはありません。

彼女の守りたかった日常が少しずつ、狂っていく様を静かに見守っていくだけです。

いつの間にか取り返しのつかないほど、孤独に陥っている一人の女性を寂然たるトーンで見つめるのです。

観客が浴びせる好奇の眼差し


2017 (C) Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

被害者の母親らしき人物がドアをノックしたり、息子の家を訪ねて追い返されるなど、ショッキングな出来事はありますが、前述したように、第三者が彼女を糾弾する場面は出てきません。

しかし、彼女には無数の好奇の目が注がれています。それは映画を見る観客によってもたらされたものです。

観客はこの家族の事情を読み解こうとしますし、今後、この女性がどうなるのか、どのような展開が待っているのか、息を潜めて見守っています。

勿論、そんなことは映画の展開とは別の物だと言う方もいるでしょう。

しかし、彼女は明らかに目に見えないものを意識しています。見透かされないように、変わらぬ日常を死守しようとするのです。

その役割を我々が担わされていたのではないか!?

一方で、観客が内心期待していたような劇的なことは何一つ起きません。決して彼女の不幸を望んでいたわけではありませんが、知らず知らずのうちに好奇な視線を向けていたことに恥ずかしささえ感じてしまいます。

オープニングの叫び声といい、これらのことはすべて巧妙に意図されていたのではないかと思えるほど、イタリア出身の新鋭監督アンドレア・パロオロが描く作品世界は他の映画と一線を画しているのです。

シャーロット・ランプリングという女優


2017 (C) Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

このような監督の執拗な眼差しを受け止めることができる女優はそういません。

シャーロット・ランプリングは、ご存知のように美人女優として一世を風靡し、また、ルキノ・ヴィスコンティ監督の『地獄に堕ちた勇者ども』(1969), リリアーナ・カヴァーニ監督の『愛の嵐』(1973)などでは退廃的で強烈な印象を残しました。

年齢を重ねるに連れ、その顔立ちは優しげで穏やかになり、フランソワ・オゾン監督の『まほろし』(2001)、『スイミングプール』(2003)に主演したことを契機に、新たな映画的アプローチで70歳を超えた今も、精力的に活動しています。

アンドリュー・ヘイ監督の2015年の作品『さざなみ』は、登山で遭難した、夫の昔の恋人の手紙が約50年ぶりに届いたことから、熟年夫婦の関係に不協和音が生じる様が描かれています。

複雑な感情の機微を表現し、ラストの表情ですべてを物語る演技は忘れがたい余韻を残しました。

アンドレア・パロオロ監督の念頭にも『さざなみ』の彼女があったのでしょう。脚本の段階で、本作のヒロインにシャーロット・ランプリングを想定していたそうです。

シャーロット・ランプリングは本作で2017年、第74回ベネチア国際映画祭・主演女優賞を受賞しています。

スポンサーリンク

まとめ


2017 (C) Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

アンナが車や地下鉄に乗っているシーンがたびたび登場しますが、それらの窓ガラスに映る映像にも目を奪われてしまいます

カメラはアンナに焦点をあてて固定されているのですが、窓ガラスには過ぎゆく景色、向かいの席に座っている乗客の落ち着かない様子、口喧嘩をしだす乗客などがはっきりと映っています。

アンナが観ているであろう風景を別の角度で見る行為は、どことなくのぞき見をしているかのようです。

終盤、彼女はいつもと違う行動をとります。背後に巨大な団地がそびえる浜辺に打ち上げられたものを観にわざわざ足を運んだ彼女はどんな気持ちでそれをみつめたのでしょうか。

一人の女性の一挙手一投足を凝視し、様々な憶測を頭の中で働かせていく刺激的な映画体験を是非味わってみてください。


2017 (C) Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

シャーロット・ランプリング主演『ともしび』は2月2日(土)より、シネスイッチ銀座他にて全国順次公開されます。

次回の銀幕の月光遊戯は…


(C)2017 Human Flow UG. All Rights Reserved.

次回の銀幕の月光遊戯は、ドキュメンタリー映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』を取り上げる予定です。

お楽しみに!

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『テッド・バンディ』あらすじと感想レビュー。疑心を抱いた恋人と“もう1人の殺されなかった女性”|メランコリックに溺れたい3

連載コラム「メランコリックに溺れたい」第3回『テッド・バンディ』 「シリアル・キラー」はお好きですか? 今日取り上げるのは、その語源となった連続殺人犯を描く、 ジョー・バリンジャー監督の映画『テッド・ …

連載コラム

中国映画『過ぎた春』あらすじと感想レビュー。監督バイ・シュエ(白雪)のトーク登壇の報告も|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録12

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第12回 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で第14回目となります。2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間に渡ってアジア全 …

連載コラム

映画『トータルリコール(1990)』ネタバレあらすじと感想。続編もあるポールバーホーベンの謎を残した演出|すべての映画はアクションから始まる18

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第18回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

ジュラシックワールドとパークの新旧3部作から見える奇妙な類似性|SF恐怖映画という名の観覧車5

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile005 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションや、地上波での放送で一般的にも広く知れ渡っているモンスター・パニック映画、「ジュラシック …

連載コラム

映画『クィーン・オブ・ベルサイユ』感想とレビュー評価。「大富豪の華麗なる転落」という“天国と地獄”|だからドキュメンタリー映画は面白い38

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第38回 浮世離れしたアメリカンドリーマーの華麗なる転落 今回取り上げるのは、2014年日本公開の『クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落』。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP