Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/19
Update

『ドラゴン・オブ・ナチス』ネタバレ感想と結末あらすじ解説。ファンタジー戦争映画は空飛ぶ翼竜を寛容にロックオンせよ⁈|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー8

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第8回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT】で鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第8回は、マーク・アトキンス監督が、脚本、撮影、演出を務めた、ファンタジーと戦争映画の融合させた『ドラゴン・オブ・ナチス』です。

素晴らしき飛行機野郎・ロビンス役を務めるのは、俳優であり、本作の原案とプロデューサーを兼務するスコット・マーティン。マドンナの看護師マッキー役には、映画『Big Kill』で、マーティンともタッグを組んだステファニー・ベランが扮しています。

世界大戦時のドイツ軍は戦いを有利に進めるため、生物兵器のドラゴンを孵化させ、魔女たちのテレパシーによって自在に操っていました。奇想天外なファンタジーと戦争アクションの2大人気ジャンルの合体!

まさにB級映画の香りがプンプンとなった本作『ドラゴン・オブ・ナチス』は、前代未聞のドラゴンvs.連合軍P51ムスタングが空中戦を見せる戦場ロマン作品です。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ドラゴン・オブ・ナチス』の作品情報


(C) 2014 P-51 Film Partners,LLC

【公開】
2014年(アメリカ映画)

【原題】
P51 DRAGON FIGHTER

【原案・脚本・撮影・監督】
マーク・アトキンス

【キャスト】
スコット・マーティン(野口晃)、ステファニー・ベラン(平田由季)、ロバート・パイク・ダニエル(松島淳)、オスマン・ソイカット(藤原満)、トム・ラシュフォード(岡本未来)、ハーウッド・ゴードン(前田弘喜)、トレイ・マッカーリー(安井崇人)、ロス・ブルックス(桜悟)、マイケル・ハンプトン(橘諒)、ジョニー・コストレー(野村達也)、アンソニー・デュプレー(濱岡敬祐)、スティーブン・ブラックハート(神村駿助)、ベン・ウィンドル(内田吉則)、ライリー・リットマン(本多諒太)、スティーブン・スーツ(佐々木義人)、ポール・ウェットストーン(西村建志)、クリント・グレン・フンメル(加藤優季)マディソン・ボイド(岡本瑠美)
*カッコ内は日本語版吹替声優

【作品概要】
主人公ロビンス役のスコット・マーティンが原案・製作を兼務し、マーク・アトキンス監督も原案から参加して、脚本・撮影・演出を務めたファンタジー戦場ロマン作品。またマドンナのマッキー役はステファニー・ベランが務めています。

ドイツ軍が組んだ魔女たちがドラゴンの群れを調教し、連合軍のP51ムスタング戦闘機に搭乗するパイロットたちとの空中戦が大きな見どころです。

映画『ドラゴン・オブ・ナチス』のあらすじとネタバレ


(C) 2014 P-51 Film Partners,LLC

おそらく第二次世界大戦の少し前。ナチスの考古学探検隊が長年探し求めていた、黄金色に輝くドラゴンの卵をついに捕獲。それを孵化させることでドラゴンの軍事仕様に努めました。

このドラゴンは雌単体で繁殖が可能な個体であり、1匹のドラゴンの雌さえいれば、何度も繁殖することが可能でした。

また、ドラゴンの調教には、美しい歌声と共に翼竜怪物と精神的な繋がりを持てる、アーリア人の魔女ヴリルら4人によって行っていました。

1942年、ドラゴン繁殖プログラムを担当する、ナチスドイツ軍の未確認生物学者であるハインリッヒ・グドルン博士(オズマン・サーグッド)が、コードネーム「スカイワード」を連れて到着します。

成長したドラゴンと魔女のヴリルたちは、陸軍元帥のアーウィン・ロンメル上級大将(ロバート・パイク・ダニエル)の指揮の下、アフリカ軍団を支援する北アフリカ戦線で、地上と制空権のいずれをも制圧しつついました。

彼らの思いのままにドラゴンを使い、連合軍の戦車を火炎に包み、また戦闘機も追い回し、玉砕していました。

一方のアメリカ軍も事態を静観しているばかりではありません。

ドラゴンが激しい火炎を吐き出して、味方の戦闘機を撃破するところを撮影したフィルムを手に入れ、強靭な生物兵器のドラゴンがいた情報を得て、立ち向かうための作戦部隊を招集します。

飛行隊部隊に招集されたのは、ジョン・ロビンス中尉(スコット・マーティン)が率いる、精鋭揃いの若者たち。腕に自身があり、少し荒くれ者でもある連合国戦闘機のパイロットで構成されることになりました。

ワード将軍(トム・ラシュフォード)が、作戦の指揮官となったドイツナチスが開発した生物兵器のドラゴンを始末する、秘密作戦を実行する飛行部隊は、隊員たちによって「ゴースト飛行隊」と名付けられました。

そんな矢先、スクランブル発進をした連合軍の「ゴースト飛行隊」は、P51ムスタング戦闘機で扇編隊を組み、苦戦はするものの、ドラゴンを前に巧みな空中戦を見せています。

何とかパイロットの1人がドラゴンの弱点である首に、銃撃を打ち込むことで撃墜に成功。

しかし、ゴースト飛行隊のパイロットのマークスほかは、ドラゴンを始末する前に自ら激突をして爆破。双方に被害を与える熾烈な死闘の応戦を繰り広げました。

ハインリッヒ・グドルン博士は、ロンメル上級大将らに生物兵器のドラゴン部隊と、アーリア人の魔女ヴリルを紹介し、ドラゴンをいかに制御し続けることができるかを、誇らしげに証明して見せました。

ドイツ軍の上層部は改めてドラゴンの恐ろしさと、その忠誠心を目の当たりにして、究極の目的であるナチスの世界統一が実行できると確信を得ました。

そして、ドラゴンについての知識も聞かされます。単為生殖の雌が繁殖をするも、中にはドラゴンの雄の卵を産むことがあり、その事実はハインリッヒ・グドルン博士のひとつの懸念する課題であるもあると説明。

その雄は珍しいだけでなく、信じられないほど大きくて凶暴、また他の怪物に変化を見せるという太古からの伝説があり、その雄が解き放たれるとドイツ軍の計画のみならず、世界が終わると付け加えました。

ハインリッヒ・グドルン博士は、ロンメル上級大将(ロバート・パイク・ダニエル)に雄が生まれた際に、直ちに抹殺するとを約束。そして自分たちがドラゴン軍隊とロンメル軍隊が組めば、アフリカ戦線のみならず、欧州も支配できること告げます。

ロビンズ中尉と彼の仲間のパイロット3人は、撃墜したドラゴンの落下地点に向かい、生物兵器の遺体を4トントラックに乗せて回収し、調査をすることを決めます。

しかし、隙を見せた彼らは、ロンメル上級大将の指揮するドイツ兵に囲まれ、だ捕されてしまいます。

そしてロンメル上級大将は、整列させた捕虜のロビンズ中尉らに、ドラゴンがいかに優れているかということ、かつて1匹の雄のドラゴンのカルタゴが、ローマ帝国の崩壊を加速させたことを説明。

そして自分は独自に調査して、ドラゴン研究を行なった生物兵器は、多くの文明を滅亡させる危険にさらす危惧があると言い始めます。

そしてハインリッヒ・グドルン博士は、秘密基地として山の地下深くに隠して設計した、ドラゴン孵化施設を内部から通気口を解放するので、ロビンズ中尉に、空中からB-17爆撃機で殲滅させろと言い出します。

ロンメル上級大将の軍隊では、ドラゴンの卵を殲滅できないので、連合軍に頼むのだと語りました。ロビンズ中尉はロンメル上級大将に、それは罠ではないかと反論します。

しかし、ロンメル上級大将は自分も軍人だ信用しろと命令を下します。しかも、ドラゴンの孵化施設の基地には、内部に密偵が準備を進めているともいいます。

ロンメル上級大将は、ドラゴンの雄の卵が孵化することを何よりも懸念していたのです。そして解放されたロビンズ中尉は連合軍に戻り、ワード将軍にそのことを説明します。

にわかに信じがたいが、両者はロンメル上級大将の申し出をのみ、ドラゴンの卵殲滅の作戦を立てることにしました。

以下、『ドラゴン・オブ・ナチス』ネタバレ・結末の記載がございます。『ドラゴン・オブ・ナチス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ワード将軍は地上から密偵部隊を孵化施設へと送り込み、また、ロビンズ中尉は、ゴースト飛行隊を指揮して、B-17フライングフォートレス爆撃機を護衛しながら作戦場所へと誘導すると伝えました。

飛行隊のロビンズ中尉は、かつての失敗から軍律会議によって、戦線で飛行禁止されていましたが、隊長として本作戦遂行のスクランブル飛行を許可されます。

ワード将軍は本計画がうまく行った暁には、パイロットとして本格的に戦線にロビンズ中尉を戻すことも約束しました。

しかし、誇り高いロビンズ中尉は、今は適任者が作戦を遂行する義務があるだけですと申し出を蹴ります。

その後、飛び立ったゴースト飛行隊とB-17爆撃機は、作戦目標地点に向かいます。一方のハインリッヒ・グドルン博士も魔女ヴイルもドラゴン部隊を放ち、両者は激しい空中戦で戦います。

あるドラゴンは、ホイの戦闘機を攻撃、殲滅。ロビンズ中尉は司令部に早く爆撃許可をだせと伝えます。

一方の地上では、重要な密偵作戦を実行する陸軍の班がいます。しかし、まだ孵化施設の通気口を開けることができていません。

しかし、魔女のひとりとしてすでに連合軍の密偵として協力していた者が、連合軍の地上班を孵化施設に誘導し、通気口を解放させる任務に成功します。

連合軍の陸軍の密偵は「バスタブの蓋は開いた、石鹸を投入せよ!」と、司令本部に連絡を入れます。

B-17爆撃機の要塞を護衛するゴースト戦隊が、ナチスのドラゴンの卵孵化施設を的確に爆破するための攻撃アタックのチャンスは、2回のみ。

ゴースト部隊は果敢に戦いながら、編隊組んでチャンスを待ちます。ゴースト飛行隊はさらに激しい銃撃をドラゴンに食らわせて、次々にドラゴンを爆破。

しかし、1度目爆撃は、ドラゴンの優勢で爆弾を全て彼らに奪われ、逆にその爆弾でゴースト飛行隊の機体は爆破されてしまいます。

事態を司令本部から見守る連合軍の司令官たち。そして魔女ヴイルはいっそう怪しい声を高らかに歌いドラゴンを操ります。

しかし、ロビンズ中尉は、通常以上に機体を大きく上層させて、ドラゴンたちキリキリ舞にさせて爆破します。一方地上では陸軍の密偵班は、孵化施設からの脱出に成功。いよいよ、残された2度目のチャンスがきました。

すると何と、地上にいた魔女ヴイルが、伝説の巨大な雄のドラゴン・ガンドルンを召喚させてしまいます。

蘇ったガンドルンは、ナチスの鍵十字(ハーケンクロイツ)の描かれた翼を大きく開くと、目の前にいたハインリッヒ・グドルン博士を口から発した高熱の火炎放射で焼き尽くしました。

ロビンズ中尉はゴースト飛行隊の唯一の黒人パイロットのマークス中尉(スティーブン・サイツ)に、最後の伝達を行います。

「必ず、ドラゴンを全て壊滅させろ、そして愛しい看護婦のマッキーに自分の思いを伝えて欲しい」と。それは自らの死を覚悟する伝言でもありました。

B-17爆撃機は2回目となる最後の爆撃を行います。一方のロビンズ中尉は、何と巨大で火炎を吐くガンドルン目掛けて、機体もろとも突っ込んで行くと、最大のラスボスのドラゴンを追撃しました。

残されたゴースト飛行隊のマークス中尉は、ロビンズ中尉の残した伝言と名誉のため、残る最後のドラゴンを機体で追いかけて銃撃します。

ドラゴンは孵化施設の解放された通気孔に入り、そのままマークス中尉は施設共々ドラゴンを殲滅。そして、機体を急旋回させて大空へと戻って行きました。

マークス中尉は作戦の成功を司令本部に報告。しかし、ロビンズ中尉の生存は未確認であることも伝えました。作戦成功の喜びは、一瞬で消沈へと変わりました。

連合軍の司令官は、ロビンズ中尉の捜索を指示。すると、地上には、亡くなったと思われていたロビンズ中尉の姿がありました。

密偵であった魔女と地上部隊の隊長が彼を見つけて、本部の医療テントに連れ帰ります。ロビンズ中尉は看護師のレイチェル・マッキー(ステファニー・ベラン)と再会。熱いキスを交わします。

外ではゴースト飛行隊の生き残りの部下が、そんな2人を祝うかの如く、ご機嫌なブルースハープを演奏していました。

スポンサーリンク

映画『ドラゴン・オブ・ナチス』の感想と評価

参考映像:『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)

ナチスドイツ軍はオカルト部隊⁈

本作『ドラゴン・オブ・ナチス』は、第二次世界大戦下を描いた戦争映画ですが、ファンタジー要素として人気の高いドラゴンや、魔女を登場させています。

如何にもアイデア勝負の設定は、“誰が観ても正真正銘”の「正統派なB級作品」の戦争映画です。

ドイツ軍が戦争を優位に進めるために霊的な力を使っていますが、かつて、1980年代にも、同じように霊的な力で戦争を描いた作品があります。

それは、アークを手に入れようとしたナチスを描いた、戦争と冒険活劇をミックスさせた作品で、1981年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督の『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』。

そう!「インディ・ジョーンズ」シリーズの第1作目となる作品です。失われたアークとは、モーセの十戒の書かれた石板を納めた聖櫃、契約の箱が秘宝でしたね。

一方の『ドラゴン・オブ・ナチス』では、イランのアーリア人である魔女とドラゴンという、オカルトファンタジーの要素が主軸にさせていますが、これはスピルバーグ監督を例に出すまでもなく、既にオカルト的な心霊をヒットラーが軍事利用しようとしたジャンルは存在しています。

しかも本作のドラゴンの翼には、何とナチスの鍵十字(ハーケンクロイツ)があります。

あれがペイントなのか、刺青なのか? それとも卵から孵化した時から魔女の妖術で描かれたものなのでしょうか。謎は残ります。(まあ、どうでもいいことですが…)

そのほかにも面白いエピソードが本作には隠されています。

しかし、これは映画スタッフの制作者の意図から外れて、“歴史的な無知”さから来るのか? あるいは、B級映画マニアの心情を掴む意外な要素かは定かさではありません。

実は主人公のロビンス中尉は、時空を超えた「タイムトラベル」で任務を遂行しています。(まあ、インチキ歴史なだけですが…もちろん好意的です)

タイムトラベラーのロビンス中尉⁈

参考映像:『砂漠の鬼将軍』(1951)


*巨匠ヘンリー・ハサウェイ監督の作品で、実際にロンメルが来ていた軍服をロンメル役のジェームズ・メイソンが着用しています。

あまり歴史や、軍事などに詳しい方ではないのですが、戦争を描いたテレビドラマ『コンバット』(1962〜67放送)や、戦争映画だけは子どもの頃から見続けてきたことから、直ぐに「ありゃ?」「マジ?」と首を傾げました。

主人公のジョン・ロビンス中尉が、恋に落ちた愛しい看護師のレイチェル・マッキーを前に、過去の失敗談を語った時に、「V2兵器」の秘密基地攻撃作戦を語ります。

おいおい、「あれ、ロンメル上級大将の北アフリカの舞台設定では?」「V2兵器って?」と、鑑賞中にツッコミを入れました。

実は、ロンメル上級大将がリビア入りしたのは、1941年2月であり、トブルクを攻略したしたのはその約1年後。一方で、V2兵器が実戦配備されたのは1944年9月のベルギー。しかも、1945年3月に連合国軍は、ハーグ近郊でV2兵器を爆撃の破壊を行い、誤って市民の死者を出したのです。

もちろん、そのことだとは劇中だけで断定はできませんが、ロビンス中尉が未来の作戦ミスでの後遺症を抱えて、過去に戻ってきたとは、ファンタジー戦争映画としても考えられません。(これ揚げ足取りでなく…あくまでB級映画ファンの好物です)

参考映像:『砂漠の鼠』(1953)


*巨匠ロバート・ワイズ監督の作品で、北アフリカのトブルク包囲戦を描き、ロンメル役は同じくジェームズ・メイソン。

参考映像:『オフサイド7』(1979)


*B級映画マニア御用達の名匠ジョージ・P・コスマトス監督の作品で、「V2兵器」が登場します。

つまり、飛行停止処分を受けていたロビンス中尉が起こしたであろう、女性や少年の殺害などの問題行動は約3年後の未来の話。彼は未来からやって来たタイムトラベラーな戦士となるのです。

まあ、本作はファンタジーであり、B級戦場ロマン映画なので時代考証は2の次、3の次。というか、いっその事、ロビンス中尉は未来で作戦失敗の問題行動を起こして過去に来たくらいのほうが、映画としては豊かになりますよね。

俳優であり、原案とプロデューサーを兼務するスコット・マーティン。なかなか良いB級映画センスをしています。

まとめ


(C) 2014 P-51 Film Partners,LLC

本作『ドラゴン・オブ・ナチス』は、“自信”?を持ってB級映画と言い切れる、ファンタジーと戦争映画を融合させた作品です。

解説で紹介したヘンリー・ハサウェイ監督の『砂漠の鬼将軍』や、ロバート・ワイズ監督の『砂漠の鼠』と比べれば、予算もなければ銀幕の名優と呼ばれる役者も登場しません。

かつて、ロンメル役を演じた名優ジェームズ・メイソンは、ロンメル夫人から衣装を提供されたことから見れば、『ドラゴン・オブ・ナチス』に登場するドイツ兵の衣装は、これで仮装大賞は大丈夫か?という、ツッコミ入れたいほどダラシがありません。

まあ、それも戦時下ではリアル描写と捉える方が良いのかもしれませんが…。ただ、羨ましくもあります。

本作を見ながら、頭の中では零式戦闘機と龍が並走したり、戦っていたらどれほど楽しい戦争娯楽映画なのかと想像はつきません。(『仮面の忍者 赤影』があるから、ダイジョウブ⁈ なんだけど…)

ハリウッド超大作のみならず、本作『ドラゴン・オブ・ナチス』のようなB級映画が作品としてあることが、映画がエンターテーメントなアメリカならではなのです。

俳優であり、プロデューサー、脚本家でもあるスコット・マーティンという、B級映画の素晴らしきの出会いに感謝!

ちなみに、ドラゴンの雌と雄の違いは、サイズの大きさと、火を吹くことくらいの可愛らしさです。ポスター画像には注意しましょう。笑

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『デッドトリガー』あらすじとネタバレ感想。禁断のラストに突っ走るドルフ・ラングレン |未体験ゾーンの映画たち2019見破録43

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第43回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は皆が待ち望むホラーの定番、ゾンビ映画を紹介 …

連載コラム

『ヴェノム』ネタバレ解説。結末エンドロール後の2つのオマケ映像の真相とは⁈|最強アメコミ番付評13

こんにちは、野洲川亮です。 今回は“スパイダーマン最大の宿敵”であり、“マーベル史上屈指のヴィラン”と呼ばれるキャラクターの単独映画化作品『ヴェノム』を考察していきます。 あらすじ、作品の魅力に加え、 …

連載コラム

映画『残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う』あらすじと感想。森川圭監督の自虐ネタ?それとも実体験なのか⁈|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019⑤

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。 2015年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて、オフシアター・コンペティション部門のグランプリを …

連載コラム

映画『家族にサルーテ!』評価と感想レビュー。ムッチーノ監督が故郷イタリアで描く人生への讃歌|シニンは映画に生かされて13

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第13回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第13回にてご紹介する作品は、『幸せのちから』で有名 …

連載コラム

映画『ゼンカイジャー』ネタバレ評価感想と解説レビュー。戦隊シリーズの意志をゴレンジャーが託す|邦画特撮大全83

連載コラム「邦画特撮大全」第83章 今回の邦画特撮大全は、2021年2月20日(土)に劇場公開を迎えた『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』から、『機界戦隊ゼンカイジャーTHE MOVIE 赤い …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学