Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/09/12
Update

『喜劇 愛妻物語』ネタバレあり感想考察。脚本家の足立紳として“元ネタ・リスペクト新藤兼人版”との違いから解説|映画道シカミミ見聞録51

  • Writer :
  • 森田悠介

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第51回

こんにちは、森田です。

今回は9月11日(金)より全国ロードショー中の映画『喜劇 愛妻物語』を紹介いたします。

基本的には嘘がないという、足立紳監督の自伝的小説を自ら映画化した本作をとおして、夫婦愛が何度も復活する物語の秘訣を、すなわち究極の再婚=喜劇の実態を分析していきます。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『喜劇 愛妻物語』のあらすじ

(C)2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会

結婚して10年になる豪太(濱田岳)とチカ(水川あさみ)。豪太は年収50万円以下の売れない脚本家で、家計はもっぱらチカのパートによって支えられています。

夫婦仲はすでに冷めきり、豪太があの手この手とご機嫌をとりつつチカを求めても拒絶されるばかり。その情けなさをなじる罵倒の言葉だけが返ってきます。

この距離を2ヶ月以上詰められずにいた折、旧知のプロデューサー・代々木に預けていたホラー映画の脚本の映画化が決まり、加えて別の企画も進めるよう豪太は依頼されます。

それは彼が以前代々木に持ちかけた「四国にいる高速でうどんを打つ女子高生」の話で、これを脚本化するためには彼女が住む香川に行って取材しなくてはいけません。

免許がない豪太はこれを口実に運転ができるチカを誘い、娘のアキ(新津ちせ)と一緒に5日間の四国旅行に連れ出すことに成功します。

“隙あれば”とチャンスをうかがう豪太。現状を打破するあらゆる期待に胸と股座を膨らませるひと夏の旅が始まりました。

性×喜劇=スクリューボール・コメディ

(C)2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会

まず、このあらすじでわかるように、本作の喜劇性は“セックス・コメディ”の構造から生じています。(原作小説の続編はより明確に『それでも俺は、妻としたい』です。)

正確には、金と愛(セックス)をユーモラスに強調する筋立ては、1930年代から40年代にかけてハリウッドで流行した「スクリューボール・コメディ」と呼ばれますが、現代ではロマンティック・コメディ、あるいは“大人のラブコメ”とでもいえるでしょう。

足立監督はインタビューでこう答えています。

誰もが思い当たる節の話なのに、日本ではなぜかこの類いの映画がなかった。俳優の力だと思うが、思い描いていたものよりも面白い作品になった。夫婦で見てもらえるとうれしい。(岐阜新聞Web 2020年09月05日付より)

スクリューボール・コメディの特徴である「気の強い女性」はそのままチカの姿に重なり、「テンポの良い会話」も「速射砲のような罵詈雑言」に置き換えられます。

監督自身はあくまで実体験に即したという認識でいるでしょうが、映画的には換骨奪胎の妙と、洋から和へより親近感のもてる舞台(日常)に落としこんだ力量を感じさせます。

元祖『愛妻物語』

(C)KADOKAWA / 角川書店

しかもおなじ日本の夫婦像においても、先行する新藤兼人監督の『愛妻物語』(1951年)とはまた一線を画しています。

この物語も、なかなか芽のでないシナリオライターと彼を支える妻という関係を自伝的に描いていますが、構造は別物です。

それをよく示しているのが作品ビジュアルで、新藤監督のほうは夫が妻を、足立監督の本作は妻が夫を背負う画になっているのがわかります。

これが性愛とあわせ、本作が「喜劇」を冠する所以です。

スポンサーリンク

負け犬×道行き=ダメンズ・ウォーカー

(C)2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会

実際に本作では、夫が早々に“お荷物”になってしまいます。

青春18きっぷを使い、鈍行電車に揺られながら高松に向かった3人。トルコの軍楽隊の劇伴とあいまって、旅行というより行軍の印象を与えます。

そして、度重なる苦労と諍いの末に対面したうどん打ちの女子高生は、すでに映画化とアニメ化の企画が進行しており、翌月にはクランクインする予定でした。

チカは彼女の両親に必死に食い下がりますが、豪太はそこまでの執念はみせません。日ごろ妻には猛アピールするくせに、仕事の押しは弱いのです。

これがまたチカの逆鱗に触れ、豪太にアキの世話を任せて、彼女は小豆島に住む大学の同級生・由美(夏帆)のもとに行ってしまいます。

映画の王道であるロードムービーも、この喜劇に浸せば“ダメンズ・ウォーカー”と化します。

それはなにも次々にダメ男と付き合うだけでなく、“一人の負け犬を引っ張って歩くこと”もあるのだと、この夫婦をみて気づかされるわけです。

原点『百円の恋』

(C)2014 東映ビデオ

しかしながら、足立作品に潜む愛をとらえるには、このルーザーへの視線が欠かせません。代表的なのはアカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した『百円の恋』(2014年)でしょう。

百円ショップでバイトをする、どん底の生活を送っていた女性が、ボクシングを通じて変化する姿を映した本作は、リングに立たないかぎり、負け犬にさえなれないという現実を突きつけます。

そして負けを良しとするのではなく、“百円程度の女”に芽生えた「勝ちたかった」という偽りのない気持ちを、人生における大事な瞬間として切りとってみせるのです。

また足立紳が脚本を務め、第33回東京国際映画祭のオープニング作品に選出された『アンダードッグ』(2020年11月17日公開)もボクシングの“噛ませ犬”を意味しており、一貫したテーマがうかがえます。

つまり、自分は負け犬だと認めることよりもっと辛いのは、「ほんとは勝ちたい」という自分を知り、向き合うことです。

『喜劇 愛妻物語』にもその瞬間が訪れます。由美の仲立ちもあり、旅の終わりにはベッドで“目的”を果たした豪太とチカ。

女子高生の企画は流れたものの、ホラー映画のクランクインを控えて、気持ちを入れ替え頑張っていこうと寿司屋で景気づけをしていたところに、代々木から電話が入ります。

顔色を失う豪太。原作者が脚本に難色を示し、それも制作中止に。3人は静かに店をでて、川辺を歩きます。

泣くな、笑うな

(C)2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会

豪太は「最後の勝負」に負けたことで、これまでごまかしつづけてきた自分のなかの強い意志に気づき、はじめて真剣に涙を浮かべます。

豪太を背負い、彼の代わりにずっと傷ついてきたチカならば、なおさらです。

チカはアキと号泣しながら路上にうずくまり、豪太がその輪に加わろうとすると「泣くな」と退けます。

それで所在無げに曖昧な笑みを浮かべていると、今度は「笑うな」とたたみかけます。

泣く資格もなければ、笑う資格もない。豪太の行いからすればもっともですが、喜劇とも悲劇ともつかないこの夫婦のかたちは、最終的に「泣き笑い」という一体化した感情のなかで昇華されます。

その背景に映り込む、ラブホテルかなにかの安っぽい自由の女神像がなんとも象徴的です。

スポンサーリンク

究極の夫婦の愛

(C)2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会

「笑って泣ける」ではなく、「泣くな笑うな」という呼びかけは、夫婦としても映画としても究極の境地を示しています。

“喜劇”がつかない新藤監督の愛妻物語は、やっと夫が認められたとき、妻は苦労が重なって、吐血してしまいます。

一方、認められないかぎり、死んでも死にきれない、というのが豪太とチカを結びつける愛でしょうか。

泣くなよ、笑うなよ、簡単にはドラマに収まらない代わりに、いつまでも終わらない物語を、夫婦一緒に最後まで演じてやるんだ。そんな覚悟さえ感じます。

このような夫婦愛を信じられるかと問われれば、実際の足立夫妻がひとつの答えになるでしょう。

原作者が映画化を許さないならば、今後、自分で小説を書けばいい。そうして見事、本作ができたのです。

この事実以上に、夫婦の真実を物語るものもないでしょう。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

チャドウィック・ボーズマン映画おすすめ5選!かっこいい黒人俳優が差別や悪習に立ち向かった軌跡|SF恐怖映画という名の観覧車118

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile118 2020年8月23日、「アベンジャーズ」シリーズへの出演で世界的に人気を集めた俳優、チャドウィック・ボーズマンが結腸癌によりこの世を去り …

連載コラム

韓国映画『王宮の夜鬼』あらすじと感想。ゾンビ(夜鬼)アクションものでヒョンビンとチャン・ドンゴンが激突!|コリアンムービーおすすめ指南13

陰謀渦巻く王朝に迫りくる“夜鬼”! 朝鮮王朝の存亡をかけた死闘がはじまる! ヒョンビンとチャン・ドンゴンの二大スターが激突する映画『王宮の夜鬼』が9月20日(金)より、シネマート新宿他にて全国ロードシ …

連載コラム

ドラマ『西遊記1978』解説と考察。キャスト堺正章&夏目雅子の評価や作品変遷の紹介も|邦画特撮大全19

連載コラム「邦画特撮大全」第19章 今回取り上げる作品は今年放送から40周年をむかえるテレビドラマ『西遊記』(1978)。 NHK大河ドラマの裏番組でありながら、高視聴率を記録した作品です。翌年197 …

連載コラム

【5月編集後記】引っ越して感じる母との思い出。母親と娘の映画紹介も

“気がつけば2月も終わり”と書いて以来、編集後記の再開…。 3月と4月に休載していたので、「気がつけば5月…」。しばしお付き合いいただければと思っております。 実は私事ですが、数年間とある田舎町に住ん …

連載コラム

スーパー戦隊映画2019『騎士竜戦隊リュウソウジャー』ネタバレ感想。王道な要素を大胆な展開で魅せる|邦画特撮大全56

連載コラム「邦画特撮大全」第56章 2019年7月26日から公開された『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』。 本作は現在放送中のスーパー戦隊 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学