Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/10/30
Update

水川あさみ×濱田岳が『喜劇 愛妻物語』にて、東京国際映画祭のレッドカーペットに登場|TIFF2019リポート4

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

第32回東京国際映画祭は2019年10月28日(月)から11月5日(火)にかけて10日間開催!

2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけて開催されます。


(C)Cinemarche

そして本映画祭のコンペティション部門で上映される作品の一つが、映画『百円の恋』(2014)で知られる足立紳が脚本・監督を手がけ、俳優・濱田岳×女優・水川あさみが主演を務めた人情派夫婦活劇『喜劇 愛妻物語』です。

足立監督が執筆した自伝的小説を原作に、自ら監督・脚本を手がけた作品である本作。

開催初日の10月28日(月)のレッドカーペットでは、足立紳監督ら制作スタッフ陣をもちろん、本作の主演を務めた濱田岳と水川あさみが登壇。

本記事では映画『喜劇 愛妻物語』監督・キャスト陣のレッドカーペットでのご様子をお届けいたします。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『喜劇 愛妻物語』レッドカーペット・リポート

足立紳監督


(C)Cinemarche

本作を通じて自らの自伝的小説を原作とした脚本執筆・映画化を実現させた足立監督。

東京国際映画祭での作品上映は第29回の『14の夜』(2016)以来3年ぶりでしたが、レッドカーペットでも笑顔を見せるその姿には、名脚本家、そして名監督としての余裕を感じさせました。

濱田岳さん


(C)Cinemarche

「売れない脚本家」というかつての足立監督自身が投影された主人公を演じた濱田は、スチール撮影に対しても誠実に対応。

またポーズを求められた際には水川・足立監督とともに笑顔を見せ、誰よりもおどけてみせるなど茶目っ気のある一面も垣間見せました。

水川あさみさん


(C)Cinemarche

本作では売れない脚本家である夫に悪態をつく恐妻を演じた水川は、レッドカーペットには山水画風の絵が意匠に施された、幽玄さを感じさせるドレスで登壇。

その一方で、メディア報道陣によるスチール撮影時には濱田や足立監督とともに笑顔を見せるなど、美しさと愛らしさを同時に振る舞うという女優のあり方そのものと言える姿もありました。

映画『喜劇 愛妻物語』の作品情報


(C)2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会

【上映】
2019年(日本映画)

【脚本・監督】
足立紳

【キャスト】
濱田岳、水川あさみ、新津ちせ

スポンサーリンク

映画『喜劇 愛妻物語』のあらすじ

売れない脚本家・豪太とその妻チカは倦怠期の夫婦で、娘のアキと3人で暮らしています。

豪太はセックスレスに苛まれ、日々妻の機嫌を取ろうとしますが、チカはろくな稼ぎがない夫に冷たく当たります。

そんなある日、豪太のもとに“ものすごい速さでうどんを打つ女子高生”の話を脚本にしないかという話が。

豪太はこの企画を実現させ、あわよくば夫婦仲を取り戻すために香川への家族旅行を提案します。

しぶしぶ豪太の取材旅行に付き合うチカ。

しかし取材対象はすでに映画化が決まってしまっていました。

落胆しながらも学生時代の友人ユミの家を訪れるチカ。

その頃豪太はアキと海にやってきますが、スマホに夢中でアキを見失ってしまい…。

第32回東京国際映画祭の開催概要

【開催期間】
2019年10月28日(月)~11月5日(火)

【会場】
六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか

※詳細につきましては東京国際映画祭公式サイトにてご確認ください。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ベトナムを懐う』感想と内容解説レビュー。孫娘タムが感じる違和感と理解| アジアン電影影戯2

連載コラム「アジアン電影影戯」第2回 今回は、2019年3月23日(土)より新宿K’s cinemaにて公開されるベトナム映画『ベトナムを懐(おも)う』を取りあげます。 急速な経済発展を遂げているベト …

連載コラム

映画『お嬢ちゃん』感想レビューと評価。荻原みのりの演技力で魅せたリアルさと脱力感のユーモア|銀幕の月光遊戯41

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第41回 映画『お嬢ちゃん』が、2019年9月28日(土)より、新宿K’s cinema他にて全国順次公開されます。 初監督作『枝葉のこと』が第70回ロカルノ国際映画祭に日 …

連載コラム

映画『嵐電』あらすじと感想レビュー。井浦新らキャスト陣と嵐電車両の共演の魅力とは|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録6

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第6回 今や話題作に欠かせられない、実力と人気を兼ね揃えた俳優の井浦新が主演を務めた映画『嵐電』。 京都を物語の舞台に、鈴木卓爾監督が恋愛模様を幻想的に描 …

連載コラム

『THE GUILTYギルティ』ネタバレ感想と考察。音声のみで展開される異色サスペンス作品の妙味|サスペンスの神様の鼓動11

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 前回のコラムで、次回は『フロントランナー』をご紹介すると …

連載コラム

映画『ビール・ストリートの恋人たち』感想と評価解説。見つめ合う真っ直ぐな眼差しの美しさ|銀幕の月光遊戯22

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第22回 第89回アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』(2016)のバリー・ジェンキンス監督が、ジェイムズ・ボールドウィンの小説を映画化。 1970年代のニューヨークの …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP