Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/05
Update

シンウルトラマン長澤まさみはフジ隊員?予告特報と原作ネタバレで活躍を考察予想!【光の国からシンは来る?5】

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『光の国からシンは来る?』第5回

2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組んで制作した新たな「シン」映画。

それが、1966年に放送され2021年現在まで人々に愛され続けてきた特撮テレビドラマ『空想特撮シリーズ ウルトラマン』(以下『ウルトラマン』)を基に描いた「空想特撮映画」こと『シン・ウルトラマン』です。


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

本記事では、2021年1月29日に公開された『シン・ウルトラマン』特報予告ならびに映画特別ビジュアルにもその姿を見せ、本編での活躍にさらなる期待が高まり続けているキャストの一人・長澤まさみをピックアップ。

彼女が『シン・ウルトラマン』にてどのような役柄を演じるのか、本人の言葉はもちろん、SNS上での話題などを基にその可能性を考察・解説していきます。

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シン・ウルトラマン』の作品情報


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督】
樋口真嗣

【企画・脚本】
庵野秀明

【製作】
塚越隆行、市川南

【音楽】
鷺巣詩郎

【キャスト】
斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、西島秀俊、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、山崎一、和田聰宏

映画『シン・ウルトラマン』ポスタービジュアルの考察・解説

『シン・ウルトラマン』特報予告・第1弾

長澤まさみが演じるのはフジ隊員?

メインキャスト情報でその名前が挙がった当初から、ネット及びSNS上では「『シン・ウルトラマン』にて彼女が演じるのは、『ウルトラマン』の登場人物であるフジ隊員ではないか?」と話題になった長澤まさみ。そもそもフジ隊員とは、どのような登場人物なのでしょうか。

「フジ隊員」ことフジ・アキコは、『ウルトラマン』登場の特殊組織「科特隊」の隊員であり作中の紅一点といえる登場人物。日本支部基地の通信担当を主な任務としていますが、捜査や怪獣・宇宙人出現時には積極的に現場にも出動しています。

作中では女性らしさを垣間見せる一方で、第4話「大爆発五秒前」での「入隊以来一度も休暇を取っていない」というムラマツキャップの指摘、第24話「海底科学基地」での自身のミスに責任を感じての危険な任務への志願など、科特隊員としての責務を全うしようとする覚悟を見せる場面も描かれています。

またウルトラシリーズのファンの間では、第18話「遊星から来た兄弟」に登場し自身の姿に化けたザラブ星人、第33話「禁じられた言葉」に登場し脅迫の一環として自身を怪獣のごとく「巨大化」させたメフィラス星人など、宇宙人の侵略活動に際しての標的にされがちであることでも知られています。

「科特隊員」として流星バッジ光るスーツ姿を披露

2021年1月29日に公開の『シン・ウルトラマン』特報予告にもその姿を見せた長澤まさみは、『ウルトラマン』のフジ隊員はじめ科特隊員を象徴するオレンジ色の制服ではなく、白いワイシャツに黒のスーツという「隊員」というよりも「官僚職員」が相応しい出で立ち。

しかし特報予告00分07秒でも映し出されている通り、その黒のスーツには同じく科特隊を象徴する流星バッジ(『シン・ウルトラマン』作中の流星バッジのデザインをより洗練したもの)が留められています。

そして特報予告内の映像及び情報のみでは「『シン・ウルトラマン』長澤まさみ=『ウルトラマン』フジ隊員役説」の断定は難しいものの、映像内で見せる緊迫した演技と表情からは、長澤まさみがフジ隊員と同じかそれ以上の覚悟をもって責務を全うしようとする「科特隊員」を演じていることは明らかでしょう。

長澤まさみ語る「思いがけない展開」とは?

また長澤まさみは映画『シン・ウルトラマン』公式サイトに寄せた「コメント」にて、本作を手がける樋口真嗣監督やメインキャストの斎藤工たちに並んで以下のような言葉を語っています。

誰もが憧れる庵野さんの作品に出演出来る事をとても光栄に思います。
シン・ゴジラ』も劇場へ観に行ったのですが、お客さんの満足感や充実感をその場で強く感じました。
今回の作品では思いがけない展開もありますが、今を生きぬく事はいつもどんな時も精一杯です。
作品を通して
少しでも多くの人の心に届くものになればいいなと思います。

このコメント内で最も気になるのは「今回の作品では思いがけない展開もあります」という言葉。果たしてその「思いがけない展開」とは一体どのようなものなのでしょうか。

本作同様に庵野秀明・樋口真嗣のタッグのもと制作され、「シン」映画の前作にあたる作品でもある『シン・ゴジラ』(2016)では、「ゴジラの熱線放射による総理大臣含む内閣全滅」という想像もつかない物語展開を描かれていただけに、長澤まさみが語る『シン・ウルトラマン』の「思いがけない展開」にも否が応に期待が寄せられます。

スポンサーリンク

まとめ

胡散臭いが誠実さも持つ米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役を務めた石原さとみ、「巨災対」を担う変人の一人で環境省職員の尾頭ヒロミ役を務めた市川実日子など、多くの女性キャストがその強烈な存在感を発揮し話題となった『シン・ゴジラ』。

新たな「シン」映画の一本『シン・ウルトラマン』のメインキャストである長澤まさみや早見あかりもまた、そのような存在感でもって映画を彩る登場人物を演じることが予想できます。

2021年2月5日時点ではいまだ役名も明らかにされていませんが、すでに予想可能な女性キャスト陣の「強烈」な活躍への期待に、『シン・ウルトラマン』劇場公開が待ち遠しくなるばかりです。

次回の『光の国からシンは来る?』もお楽しみに!

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら

編集長:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、2020年6月に映画情報Webサイト「Cinemarche」編集長へ就任。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける。

2021年にはポッドキャスト番組「こんじゅりのシネマストリーマー」にサブMCとして出演(@youzo_kawai)。


photo by 田中舘裕介





関連記事

連載コラム

クシシュトフ・キェシロフスキ【トリコロール三部作】感想と内容解説。映画という夢の世界からの呼びかけ|偏愛洋画劇場19

今回の連載でご紹介するのは、クシシュトフ・キェシロフスキ監督による「トリコロール三部作」です。 『トリコロール/青の愛』の予告 フランスの国旗トリコロールをモチーフに、『青の愛』『白の愛』『赤の愛』そ …

連載コラム

トルコ映画『湖上のリンゴ』あらすじと感想レビュー。吟遊詩人の少年が忘れることのできない存在|TIFF2019リポート29

第32回東京国際映画祭・コンペティション部門『湖上のリンゴ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間 …

連載コラム

『The Witch魔女』韓国映画の感想レビュー。結末まで目が離せないヒロインをキム・ダミが演じたサイキック&バイオレンス!|コリアンムービーおすすめ指南4

こんにちは西川ちょりです。 今回取り上げる作品はパク・フンジョン監督の新作『The Witch魔女』です。 シネマート新宿、シネマート心斎橋で開催中の「のむコレ2018」のラインナップの一本として公開 …

連載コラム

映画『家族にサルーテ!』評価と感想レビュー。ムッチーノ監督が故郷イタリアで描く人生への讃歌|シニンは映画に生かされて13

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第13回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第13回にてご紹介する作品は、『幸せのちから』で有名 …

連載コラム

おすすめ洋画『マネキン』の内容と類似性が見られる映画と共に解説|SF恐怖映画という名の観覧車25

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile025 生物ではないものに対する情愛。 それはどこまでも純粋でありながら、客観的な視点で見ると「狂気」にすら見えます。 2018年12月15日( …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学