Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/31
Update

シンウルトラマン予告予想|怪獣×シンゴジラ 斎藤工・長澤まさみら科特隊は何を見たか【光の国からシンは来る?1】

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『光の国からシンは来る?』第1回

2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組んで制作した新たな「シン」映画。

それが、1966年に放送され2021年現在まで人々に愛され続けてきた特撮テレビドラマ『空想特撮シリーズ ウルトラマン』(以下『ウルトラマン』)を基に描いた「空想特撮映画」こと『シン・ウルトラマン』です。


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

連載コラム『光の国からシンは来る?』では、2021年初夏に劇場公開予定の『シン・ウルトラマン』に関する情報を紹介する他、予想されるその内容を考察・解説。

本記事では、2021年1月29日に公開された『シン・ウルトラマン』特報予告を紹介。その映像を基に予想される作品内容を考察・解説していきます。

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シン・ウルトラマン』の作品情報


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
樋口真嗣

【企画・脚本】
庵野秀明

【製作】
塚越隆行、市川南

【音楽】
鷺巣詩郎

【キャスト】
斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、西島秀俊、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、山崎一、和田聰宏

映画『シン・ウルトラマン』特報予告の考察・解説

映画『シン・ウルトラマン』特報予告

『シン・ゴジラ』彷彿させる「作戦/会議」風景

映像冒頭の何らかの「作戦本部」に見えるテント内の光景を皮切りに、特報予告内では自衛隊員や官僚職員と思しき人々による「作戦」と「会議」の様子が多数描かれています。キャストの斎藤工、長澤まさみらの緊迫した表情だけでも、その作戦/会議が出現した「怪獣」或いは「ウルトラマン」の対策を目的としているのは明らかでしょう。

それらの映像は、かつて2016年に公開された『シン・ゴジラ』を彷彿させ、「現実の日本社会に怪獣、或いは宇宙人が出現したらどうなるのか?」という空想を徹底に描こうとする製作陣の熱意を感じさせます。

また特報予告の00分10秒や00分25秒では、「防護服」に身を纏った斎藤工・早見あかりらの姿も映し出されています。

その理由・原因は映像のみでは判断できませんが、同じく特報予告内に登場するウラン怪獣・ガボラ(第2回記事にて後ほど詳しく紹介)の特徴から、彼らの防護服は「『シン・ゴジラ』のゴジラ同様に“放射能”を吐く怪獣であるガボラへの対策」である可能性は非常に高いでしょう。

人間大の宇宙人/怪獣も登場?

特報予告の00分06秒では、何の変哲もないどこにでもあるような団地内を駆けてゆく警察特殊部隊の突入の姿が描かれています。

その光景からも、上記のガボラたちのような巨大な怪獣とは別に、「宇宙忍者」ことバルタン星人や庵野秀明お気に入りのザラブ星人、もしくはウルトラマンといった人間大の姿で活動可能な宇宙人が『シン・ウルトラマン』に登場する可能性。或いは「友好珍獣」ことピグモンといったほぼ人間大の体長を持つ小型怪獣が登場する可能性が浮かんできます。

科特隊の「流星バッジ」と認識票

また特報予告の00分06秒のアップ映像をはじめ、映像内における斎藤工・長澤まさみ・西島秀俊らの胸元にはリファインされた科学特捜隊(『ウルトラマン』に登場する防衛組織。正式名称は「科学特別捜査隊」、通称は「科特隊」)が必ず身に付ける「流星バッジ」が。

そして00秒09秒では、流星バッジと同じマークが刻印された誰かの認識票(軍隊における兵士の個人識別に用いられる鑑札。英語圏ではその由来から「ドッグタグ」と呼ばれることも)が映し出されています。

特報予告とともに公開された『シン・ウルトラマン』特別ビジュアルにも映し出されている、流星バッジと認識票。中でも特に疑問なのは、「映像内に登場した認識票は誰のものなのか」という点です。

認識票は日本の自衛隊でも採用されていること、『ウルトラマン』における科特隊は「国際科学警察機構の下部組織」であり「軍隊組織ではなく、警察機構からの派生組織」であることから、作中に登場する「自衛隊員」の人物である可能性は濃厚です。しかし『シン・ウルトラマン』作中での科特隊の設定が改変されている場合を考えると、やはり「科特隊員」の可能性も捨て切れないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

36秒というわずかな尺ながら、多くの情報量が詰まっている『シン・ウルトラマン』特報予告。そこから予想・考察できる作品の内容に、国内外問わずウルトラマンを愛する多くの人々が心踊らせています。

本記事にて注目した「科特隊」の存在と『シン・ゴジラ』を彷彿とさせる作戦/会議の光景。かつて掲げられた「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。」というキャッチコピーと同じく、『シン・ウルトラマン』もまたどのような「空想」を日本社会にぶつけるのか。その全貌に期待は膨らむばかりです。

次回の『光の国からシンは来る?』は……

次回の連載コラム『光の国からシンは来る?』は、引き続き『シン・ウルトラマン』特報予告内の映像を基に考察・解説を進めていきます。

斎藤工が読み進めていた書籍、ついに姿を現したウルトラ怪獣たちなど、さらに映画の全貌へと迫っていきます。

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

韓国映画『パラサイト』ポン・ジュノ監督インタビュー【カンヌ2019年パルムドール受賞作】FILMINK-vol.15

FILMINK-vol.15 Bong Joon-ho: Parasite Filmmaker オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海 …

連載コラム

映画『アンダー・ザ・シャドウ 』あらすじネタバレと感想。モンスター【影の魔物】の正体とは⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録6

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第6回 ヒューマントラストシネマ渋谷で1月4日よりスタートした「未体験ゾーンの映画たち2019」では、貴重な58本の映画が続々上映されています。 日本 …

連載コラム

映画『蒲田前奏曲』中川龍太郎監督作「蒲田哀歌」感想と考察評価。弟の彼女と蒲田の町で出会った意味とは|映画という星空を知るひとよ12

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第12回 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。 新しいスタイルのこの作品が、2020年9月25日 …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン考察解説|ロング綾波レイ×アドバンスド綾波シリーズ×オップファータイプの真実と魂の“行方”【終わりとシンの狭間で11】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第11回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした …

連載コラム

映画『トンビルオ!密林覇王伝説』ネタバレ感想と詳細なあらすじ。マレーシアから爆誕した新たなるヒーロー|未体験ゾーンの映画たち2019見破録39

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第39回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はマレーシア発のヒーロー映画を紹介します。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学