Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

ブラック・クラブ(Netflix映画)あらすじ感想と評価解説。ノオミ・ラパスが氷上の過酷任務で命を懸けるスケート作戦|Netflix映画おすすめ93

  • Writer :
  • 山田あゆみ

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第93回

今回ご紹介するのは、Netflixで2022年3月18日(金)から配信されたスウェーデン映画『ブラック・クラブ』です。

主演は『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』(2009)で知られるノオミ・ラパス。

生き別れた娘に会うために兵士となって、200キロ以上の氷上をスケートで進む「ブラック・クラブ作戦」に命がけで挑む姿を描いています。

その感想と見どころについて解説していきます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ブラック・クラブ』の作品情報


Netflix「ブラック・クラブ」

【配信】
2022年(スウェーデン映画)

【監督】
アダム・バリ

【キャスト】
ノオミ・ラパス、ヤーコブ・オフテブロ、エリク・エンゲ、ダール・サリム、アルダラン・エスマイリ、アリエット・オパイム、ダーヴィッド・デンシック

【作品概要】
主演は世界的ベストセラー小説の映画化『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』(2009)と続編2作品でリスベット役を演じて、一躍有名になったノオミ・ラパス。最近では、『マヤの秘密』(2022)などで出演兼製作総指揮を務めています。

監督のアダム・バリは、レベッカ・ホールやポール・シュナイダー、ジョナサン・プライス出演のテレビドラマ「ザ・ループ TALES FROM THE LOOP 」を手掛けた人物。

映画『ブラック・クラブ』のあらすじとネタバレ


Netflix「ブラック・クラブ」

渋滞で、車内で娘のヴァニヤと話す2人。157人の負傷者がでているとラジオでは報道されています。キャロリン・エド(ノオミ・ラパス)は軍人から指令が出ていると聞かされて炊き出しに向かいます。

中尉に書類を提出するよう言われ、車で基地に向かう途中に残された場所で民間人から襲い掛かられます。銃で応戦してどうにか逃げ、基地へとやって来ました。

グランビクは、なぜ集められたかエドに聞きます。そこへ、カリミ伍長がやってきて挨拶します。

ラード大佐に挨拶しに行きます。数百キロの領地を失い、今にもその基地も陥落させられるだろうという状況です。

この窮地を脱するために、氷の上を200キロ近く敵の目をかいくぐりながらスケートで進み、カプセルを運ぶ「ブラック・クラブ作戦」実行のために集められました。

危険すぎる任務に納得できないエドを大佐は説得します。国境近くの難民キャンプにエドの娘はいて、任務が終われば会えると言われて、任務を引き受けることにしました。

電気が無く、娘の頭を洗ってやったときのことを思い出します。外の爆撃の音に怯えます。

夢から目覚めた現在、敵からの基地への攻撃が始まり急いで出発したブラック・クラブの一同。エドのほかに、マリック、カリミ、グランビク、ニールンド中尉、大尉の6人で向かいます。

2つのカプセルを敵の手から守る任務を任されて、大佐を含めて6人でスケートで氷の上を滑り始めます。

氷が割れて大尉が落下してしまいます。エドが急いで水中に潜り、大尉の背中からカプセルをとって氷上に戻ります。

その場にいると敵にバレてしまうので少し離れた場所にある民家に入り、暖炉でエドの体を温めます。

大尉に変わる指揮官をニールンド中尉が務めるようにマリックは言いますが、彼を信用していないエドは反対します。口論するエドとニールンドをマリックがなだめます。

エドは、眠っている間に娘と一緒に街を避難中の夢を見ていました。

音がして目を覚まします。外を見ると敵がヘリコプターでやって来ます。無線で話していたカリミに何をしていたか問い詰めます。彼女に連絡していたのだと言います。

カリミを殺すかどうか話し合い、武器なしで連れて行くことに決めました。大勢の死体が氷漬けになっている場所を見つけ、エドは唖然とします。

座って休憩していると、敵のヘリコプターが頭上に現れ、襲撃を受けます。全員どうにか逃げ切りました。

危険を回避するために一旦陸路に戻り、民家に入った一同。そこには老夫婦がいました。家を敵に焼かれ、難民キャンプに行くには遠すぎてそこにいるのだと話します。

一同は和気あいあいと会話します。しかし、エドがテーブルの下に銃が隠されているのを見つけます。

その次の瞬間、老夫婦の夫が銃を撃ち一同も応戦しました。老夫婦とカリミは死んでしまい、マリックも銃弾を受けケガを負いました。

カリミの無線にF28 にいる恋人から通信が入ります。カリミは今手が離せないと中尉が答えて通信を切りました。

船を見つけ、中に入った一同。ケガをしたマリックを連れて先を急ぐことはできないので、安全な場所に食料を残して後で助けを呼ぶことにします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ブラック・クラブ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブラック・クラブ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

グランビクはカプセルの中身を開けます。中身は生物兵器でした。

船の甲板を見に行ったエド。銃声がして、戻るとマリックが銃で自殺していました。任務を終えても絶望しかないと悟ったゆえの決断でした。

1人で外の様子を見に行ったエド。今にも割れてしまいそうな氷上で倒れてしまいます。進もうともがきます。

様子を見に来たニールンドとグランビクにカプセルを渡し、ロープを投げさせひっぱってもらい、事なきを得ます。

しかし、その道を進むしかなく3人はロープでから度を繋いで先を急ぎます。今にも氷は割れてしまいそうです。

敵の銃撃を受けて腹ばいになる3人。グランビクが打ち返し、銃撃が止み先に進むと敵の凍った死体が見つかります。

洞窟で暖を取る3人。焚火にあたりながら、グランビクは入隊前に目の前で大勢の人が殺されて、死体の山に逃げ込んで何時間もかけて這い出してから2日後に入隊しました。

目が覚めると、ニールンドがカプセルを奪って姿を消していました。そして、まわりを敵に包囲されて、銃撃を受けます。エドとグランビクは手りゅう弾と銃で応戦します。

追い詰められた結果、グランビクは銃で撃たれ、手りゅう弾の爆発に巻き込まれて、死んでしまいました。

1人で先を急ぐニールンドを追いかけるエド。氷上を滑るニールンドを見つけて後ろから狙撃します。

ニールンドはカプセルを海に破棄しようとしていました。ウイルスが蔓延したら難民の多くが死んでしまうからです。

エドを説得しようとしますが、彼女は聞く耳を持たずカプセルを持って先を急ぎます。

吹雪の中、娘のヴァニヤが敵に連れ去られたときのことを思い出すエド。目を覚ますと、目指していたアーダーの病室にいました。エドは腹部に銃創があり、足の指を三本切断する重体でした。

エドは上官からその功績を称えられ、少尉に昇格し、勇気勲章と名誉勲章を授与されます。

娘に会わせてほしいと懇願します。しかし、娘がアーダーにいるというのはエドに任務を遂行させるための嘘でした。

ケガの治療を受けるエド。こっそりとメスを盗みます。ウイルスを処分しようと、ニールンドに協力を仰ぎます。

エドとニールンドは、警備の軍人ら2人を襲撃し、細菌室に入ります。ウイルスを手に入れた2人は避難警報を鳴らし、防護服を着てばれないように外へ向かいます。

エドは腹部の傷口が開き、息も絶え絶えに倒れます。

この戦争から解放されるにはもう彼らの言いなりにならないと、ニールンドはエドを励まし、エドの体を支えて外に出ます。

エドに促され、ニールンドは航空爆撃機に乗り込みます。

エドは上官らに見つかってしまいます。手りゅう弾にウイルスカプセルを張り付け、崖の淵まで歩いていきます。

上官は戦争を終らせるためだと説得しようとしますが、エドの決意は揺るぎません。

崖から飛び降りると同時に手りゅう弾を爆発させました。その様子を航空機の中から見守っていたニールンドは、絶望の面持ちで席に座りました。

スポンサーリンク

映画『ブラック・クラブ』の感想と評価


Netflix「ブラック・クラブ」

本作は、内戦の中200キロ以上の氷上を、鍵を握るあるカプセル容器を運ぶという極秘任務「ブラック・クラブ作戦」に挑む兵士たちの姿を描いた作品です。

主人公のエドは、避難中に敵軍に襲われ娘と生き別れてしまいます。娘と再会することだけを望みに任務に挑むエドですが、隠れようもない氷上で突然敵に襲われたり、共に任務に就いた兵士らと意見が衝突したりする等、度々困難に見舞われます。

本作の最大の見どころはエドを演じたノオミ・ラパスの鬼気迫る演技、また存在感だといえます。

冷静かつ無慈悲に任務に取り組む兵士の顔から、娘の無事を願う愛情あふれる母の顔まで見事に魅せています。

危険な任務をこなす兵士の役ということで、銃撃戦のシーンや肉弾戦のシーンが多く登場しますが、『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』(2009)や『セブン・シスターズ』(2016)などで、その確かなアクション能力を証明してきた彼女だからこそ成せる、切れのある身のこなしを披露していました。

戦闘による負傷と寒さによる凍傷など身体的にボロボロになっていく中で、エドは眠るたびに娘の夢を見ていました。

夢の中では、娘の髪の毛を洗ってあげたり、物資を探して見つけたスナック菓子を一緒に食べる様子からは、避難中でも一緒にいることで幸せを感じられていたように描かれています。

そして、そんな夢から目を覚ますと優しい母の顔が一変、兵士の顔に変わります。そこからは、極限状態の中、厳しい任務に就く彼女の決死の覚悟が伝わってきます。

カプセル容器の中身が本作の鍵を握っていますが、そのことを巡って彼女は大きな決断を迫られることとなります。

母として、娘への何にも代えがたい愛情が行動の原動力となっていたエドが、最終的にどういった決断を下すのかが、ポイントになっています。

また、本作の大きな特徴と言えるのが、題名にもなっている「ブラック・クラブ作戦」、氷上の移動です。

今にも割れそうな氷の上、一体いつどこから敵の攻撃を受けるか分からない緊張感の中、進み続けなければならないという状況をスリル満点に描いています。

目的地まで進む途中にエドは、多くの死体を目にします。氷漬けになって死んでいる数えきれないほどの市民や、銃を抱えたま凍死している兵士を見て、愕然とする場面がありました。

氷が死体の腐敗を遅らせるからこそ、悲劇がその場にいつまでも留まり、戦争によって命も時も、全てを奪われたという逃れられない現実を印象づけているのです

まとめ

本作はスウェーデンが舞台のフィクション作品ではありますが、戦争がいかに無慈悲に残酷に、大切なものを奪ってしまうものなのかという内容を色濃く描いています

今この瞬間にも、故郷や大切な人を失って行き場をなくしている人々が多くいます。彼らの苦しみを思うと決して本作の内容を、単なる映画の中のことだと楽観的に観ることはできませんでした。

本作はNetflixで2022年3月18日(金)より配信されてすぐに、日本国内の映画視聴ランキング1位となりました。

映画を通じて戦争を知るために、本作をNetflixで見る人が増えているのでしょうか。それとも人気女優ノオミ・ラパス出演作品ということで注目を集めているのでしょうか。

いずれにせよ、本作を観て戦争を他人ごとではないと思えるきっかけになることを願ってやみません。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

仮面ライダージオウ2020映画【ネタバレ感想】ゲイツ、マジェスティ、ライドウォッチを劇場で観よ!|邦画特撮大全66

連載コラム「邦画特撮大全」第66章 2018年から2019年にかけて放送された平成仮面ライダーシリーズ20作記念作品『仮面ライダージオウ』。劇場版にゲスト出演した佐藤健を筆頭に、各作品のオリジナルキャ …

連載コラム

クワイエット・プレイス2|ネタバレあらすじと結末の感想解説。サバイバルホラーでどんでん返し逆転の破られた沈黙とは|SF恐怖映画という名の観覧車145

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile145 『ドント・ブリーズ』(2016)から着想を受け製作され、本国で大ヒットを記録しただけでなく「音を立てたら、即死」と言うキャッチコピーが日 …

連載コラム

映画『鳥』ネタバレ解説と結末考察。ヒッチコック作品の特徴とおすすめの怖い設定を深掘り|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー3

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第3回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT …

連載コラム

映画『ロッキー2』あらすじネタバレと感想評価。愛する者のために男は再びリングに上がる|すべての映画はアクションから始まる15

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第15回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

【スーパーナチュラルシーズン14】第3・4・5話ネタバレあらすじと感想。ドラマの見どころ解説も|海外ドラマ絞りたて4

連載コラム『海外ドラマ絞りたて』第4回 『スーパーナチュラル』のシーズン15放送開始は、2019年10月15日に北米で放送が始まります。 本コラムでは引き続きシーズン14のあらすじをネタバレで掲載し、 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学