Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2022/02/18
Update

『マヤの秘密』ネタバレ感想考察とラスト結末の解説。女優ノオミ・ラパスが復讐リベンジに燃える女を熱演!

  • Writer :
  • 松平光冬

ナチスに暴行を受けた女の復讐を描く密室サスペンス

映画『マヤの秘密』が、2022年2月18日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。

「ミレニアム」三部作(2010)、『プロメテウス』(2012)のノオミ・ラパスが主演と製作総指揮を務める渾身のサスペンスを、ネタバレ有りでレビューします。

スポンサーリンク

映画『マヤの秘密』の作品情報

(C)2020 TSWK Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
The Secrets We Keep

【監督・脚本】
ユヴァル・アドラー

【製作】
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、エリク・ハウサム

【製作総指揮】
ノオミ・ラパス、ミゲル・A・パラス・Jr.、グレッグ・クラーク、ビクトリア・ヒル、ベン・ロス、アンドレア・スカルソ、ジェイミー・ジェソップ、マルコ・ヘンリー

【共同脚本】
ライアン・コンビントン

【音楽】
ジョン・パエサーノ

【キャスト】
ノオミ・ラパス、ジョエル・キナマン、クリス・メッシーナ、エイミー・サイメッツ

【作品概要】
過去にナチスから暴行を受けた女性マヤが、加害者と思しき男性を拉致・監禁し、罪の告白を強ろうとするサスペンスドラマ。

マヤ役を『ストックホルム・ケース』(2020)のノオミ・ラパスが演じ、本作では製作総指揮も兼任。

捕らわれの身となる男役を「スーサイド・スクワッド」シリーズのジョエル・キナマン、マヤの夫ルイス役を『夜に生きる』(2016)のクリス・メッシーナがそれぞれ演じます。

監督は、『ベツレヘム 哀しみの凶弾』(2013)のユヴァル・アドラーです。

映画『マヤの秘密』のあらすじとネタバレ

(C)2020 TSWK Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1950年代後半のアメリカ郊外の街。

近所の芝生で息子のパトリックとくつろいでいた女性マヤは、聞き覚えのある指笛の音を耳に。

指笛を鳴らしたと思われる男の姿を衝動的に追うも、見失ってしまいます。

別の日、夫で医師のルイスからスペアキーの作成を頼まれたマヤは、店内で指笛の男の姿を見かけて尾行。男が妻や子どもらしき人物と共に帰宅するまでを見届けるも、パトリックを学校に置き去りにしてしまいます。

「また再発したのか?」とルイスに問われ、「大丈夫」と答えたマヤでしたが、その夜は悪夢にうなされました。

翌日、スカーフとサングラスで変装したマヤは、男が勤める工場前で待ち伏せし、男に話しかけた直後、背後から鈍器で殴って気絶させ、車のトランクに乗せて去ります。

人気のない川辺で男に拳銃を向けるマヤでしたが、目を覚ました男の「子どもがいるんだ」という命乞いに引き金を引くことが出来ず、自宅に連れていきました。

その夜マヤは、帰宅したルイスにこれまで隠していた過去を語り出します。

ルーマニア出身にしてロマの血を引くマヤは、第二次世界大戦中にナチスの収容所に収監されました。

収容所から脱走して故郷ルーマニアを目指すも、ナチスに襲われて暴行され、妹ミリヤは殺されてしまったといいます。

今まで知らなかった過去に驚くルイスでしたが、さらに、自分を襲った男を捕えて車のトランクに入れていると告げられ動揺。警察に通報しようと提案するも、尋常ではないマヤの様子を察し、家の地下室に連れていくことに。

椅子に縛り付けられた男は、名前をトーマスといい、自分は最近街に越してきたばかりのスイス人だとして、元ナチ兵であることを否定。

しかしマヤは「あんたの名前はカールだった」と、暴行時に鳴らしていた時と同じ指笛を鳴らしていたとし、それを信じようとしません。

しかしながらナチスに襲われる前後の記憶を失っており、それが悪夢となって苦しめられていたのです。

夜、目が覚めたルイスは一人地下室でトーマスを尋問しますが、わずかな隙を突かれて逃げられそうになります。

トーマスは玄関ドアのすき間から大声で助けを求めるも、追ってきたルイスに体当たりされて気絶。目覚めたマヤは、声を聴いて外に出た隣人に取り繕い、その場を収めます。

翌朝、ルイスは診療所でトーマスのカルテを調べ、彼がスイス出身であるのを確認。その頃マヤは、トーマスに無理やりウイスキーを飲ませ、「“ツィゴイネル・フォッツェ”と言え!」と強要します。

トーマスは拒否するも、ハンマーで脅され「ツィゴイネル・フォッツェ(ジプシーの売女)」と連呼。

マヤは、「自分が妹を見捨てて逃げたのか否かをはっきりさせてくれれば殺さない」と言うも、トーマスは「君とは初対面だ」として否定しました。

(C)2020 TSWK Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

帰宅したルイスが地下室でトーマスに詳しい素性を聞いている中、リビングにいたマヤを、隣人と警官、そして1人の女性が訪ねます。女性はトーマスの妻レイチェルでした。

昨晩の助けを求める声の件と、家に戻らない夫を心配するレイチェルの捜索願で聞き取りをする警官に応対するマヤ。その頃ルイスはトーマスから、自分は重婚しており、違法を犯しているから警察には行けない身であると聞かされます。

その夜も悪夢にうなされたマヤは、翌日パトリックを連れてレイチェルの元を訪ねます。

幼い娘と家にいたレイチェルによると、トーマスは母国スイスで役人をしており、終戦後の欧州復興プログラムで出会い結婚し、アメリカに移ってきたとのこと。

その夜、トーマスがルイスに語った経歴とも一致しているとして、ルイスに彼を解放するよう説得されるも、暴行時の記憶を取り戻したいマヤはやはり拒否します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『マヤの秘密』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

後日、再びレイチェルを訪ねたマヤは、トーマスから貰ったという結婚指輪を見ると、ダビデの星の刻印が。

トーマスが付ける指輪も確かめようと、急いで帰宅し地下室に降りたマヤは、彼に銃で撃たれます。銃は彼女が地下室に置きっぱなしにしていた物でした。

弾丸は額をかすめる程度だったものの、激高したマヤはトーマスの指を切断し指輪を奪い取り、同じダビデの刻印を確認します。

帰宅したルイスに凶行を咎められ、頬を張られたマヤは衝動的に外に飛び出し、鮮明に蘇ってくる過去の記憶を思いながら、あてもなく彷徨います。

家に戻るとマヤは、改めて真実を話すようトーマスを説得。かたやルイスは、トーマスは警察に行けない身だから監禁されたことも通報できないとし、彼を解放して平穏な生活に戻ろうと告げます。

深夜、マヤとルイスはトーマスを車に乗せて外へ。暗闇に包まれた山に連れて行ったマヤは銃を向け、改めて真相を話すよう脅します。

トーマスは、自分がナチ兵でカールという名前だったことを認めた上で、「他のナチ兵が隠れていたルーマニア女性を襲い始め、自分もその流れで加担してしまった。そのことをずっと悔いている」と告白します。

妹ミリヤについては、マヤは見捨てることなく最後まで彼女と一緒にいたと説明。しかし、ロシア兵が近くにいると知って急いで仲間と逃げたため、ルーマニア人全員を殺したのかまでは分からなかったと語ります。

そこで突然銃声が鳴り、トーマスの胸に弾丸が撃ち込まれます。撃ったのは、ルイスでした。

マヤは「どうして殺したの!」と驚くも、力なく崩れ落ちるルイスを抱きしめます。トーマスの死体を埋めた2人は帰路に。

後日、マヤとルイスはパトリックを連れて町のイベントに参加。そこには、レイチェルと娘もいました。

マヤたちを見つけて微笑むレイチェルに、2人は微笑み返します――。

スポンサーリンク

映画『マヤの秘密』の感想と評価


(C)2020 TSWK Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ナチスによるホロコーストがテーマの映画は、毎年のように作られています。

本作『マヤの秘密』もその系譜の作品ですが、特徴的なのはホロコーストの被害者がロマ民族であることです。

ナチスドイツの優生思想による迫害は、ユダヤ人以外に同性愛者や身体障碍者、聖職者などに及んでいましたが、監督のユヴァル・アドラーは、ロマもホロコーストの対象だった事実は、これまでにあまり語られていないとして、脚本を執筆。

何よりも、主演にしてプロデューサーも務めたノオミ・ラパス自身がロマの血を引いていることが、製作の要となりました。

(C)2020 TSWK Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ナチス残党に復讐を企てるというストーリーは、近年公開作だとユダヤ旅団を主とするナチス狩り部隊を描く『復讐者たち』(2021)がありましたが、本作では戦時中に暴行され妹を殺されたロマの女性マヤが、加害者と思しき男トーマスに報復しようとします。

しかし、トーマスは果たしてナチスだったのか? それともマヤの妄想に過ぎないのか?という疑念が、観る者を釘付けにしていきます。

主要の登場人物こそ少なくありませんが、ストーリーはマヤとトーマス、そしてマヤの夫ルイスの3人を中心に進みます。その中でも、ある意味で観る者の代表となるのがルイスです。

本作は、夫として、または理性ある1人の人間として、妻の行動に否が応でも向き合わねばならなくなるルイスの、“選択”の物語でもあるのです。

まとめ


(C)2020 TSWK Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

トーマスを解放して平穏な生活に戻ろうと言うルイスに、「私に平穏は訪れない」と答えたマヤ。しかし平穏を戻したのは、殺人という手段を使ったルイスでした。

本作の原題は「The Secrets We Keep(我々が抱える秘密)」。秘密を抱えた人物はマヤだけでなくトーマスも、そして最終的にはルイスも含むこととなります。

アドラー監督は、スッキリとした終わり方にしなかったのは、観た後でマヤたちの選択が是か非かを議論してほしかったとのこと。

観る人の立ち位置によっても賛否分かれるであろう本作。あなたはどう感じますか?

映画『マヤの秘密』は、2022年2月18日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開


関連記事

サスペンス映画

映画『モースト・ビューティフルアイランド』ネタバレ感想と考察評価。実話体験をした監督自身の着想から不法移民たちを描く

スペイン出身の女優アナ・アセンシオが自身の経験を基に描いたサスペンス・スリラー『モースト・ビューティフルアイランド』。 2020年はアメリカで大統領選挙があります。アメリカが抱える目下の課題は「移民問 …

サスペンス映画

『容疑者Xの献身』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。本格ミステリに福山雅治x堤真一が挑み“天才同士の激しい攻防”で魅せる

仰天のトリックで観る者を唸らせる名作 直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作『容疑者Xの献身』を映画化。 テレビドラマ『ガリレオ』主演の福山雅治、柴咲コウをはじめスタッ …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』8番タカヒロ役は萩原利久。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

映画『夜を越える旅』ネタバレ結末あらすじの感想評価。萱野孝幸監督の佐賀を舞台にしたロードムービー

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021の国内コンペティション長編部門にて優秀作品賞、観客賞をW受賞 『夜を越える旅』は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021の国内コンペティション長編部門にノミネ …

サスペンス映画

映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』ネタバレ感想と評価レビュー。衝撃の事件を犠牲者の側から描く

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で注目を集める、あの事件が映画化された! ハリウッドを震撼させた事件から50年、今再び注目を集めるシャロン・テート殺害事件。 “マンソン・ファミリー”に …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学