Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/01/11
Update

ソフィア・コッポラ最新作『ビガイルド』予告でキッドマン血だらけのドレスとは?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ソフィア・コッポラ監督『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、2月23日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開ですね。

ソフィアファン待望の日本版予告編および、第2弾ポスターが解禁となりました!


(C)2017 Focus Features LLC All Rights Reserved

スポンサーリンク

1.ポスター第2弾『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』

純真な白から滲み出る戦慄の予兆!

ソフィア・コッポラ監督の新作ポスターの第2弾は、3人の女性と1人の男性、それぞれの視線が交錯する麗しく鮮烈なものです。

白を基調としたデザインに、ストーリーで主要となるキャラクターを演じたニコール・キッドマン、キルスティン・ダンスト、エル・ファニングの3人の女性が大きく配置されいます。

また唯一の男性であるコリン・ファレルには、ベールのような透けたレースに覆われ、何かを予感させる血痕が描かれています。
います。

血痕と同じく鮮やかな赤色で施されたキャッチコピーには、「ひとりの男、狂いゆく女たち」とあります。

“狂いゆく女たち”とある彼女たちは白い装いで、それぞれ別の何かを見据える視線は、美しくも冷酷さを感じさせますね。

2.予告編『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』

解禁された予告編では、2017年カンヌ国際映画祭監督賞受賞作とクレジットが浮かび上がると、「閉ざされた女の園に…」とナレーションが始まり…。

学園に住む7人の女性たちによって助けられたコリン・ファレル演じる兵士が介抱される様子が映し出されます。

から始まります。

コリン演じる北軍兵士マクバニーの「君が必要だ」と甘く言葉に惑わされるニコール・キッドマン。

そんなマクバニーに心奪われ熱いキスを交わすキルスティン・ダンスト。

したたかな誘惑の素振りをみせるエル・ファニングが映し出され、1人の男性を巡り、彼女たちの眠っていた欲望が次第に目覚め狂ってゆく様が描かれています。

閉ざされた学園に住まう美しい女性たちの視線が交差し、やがて長らく守られていた秩序が崩壊…。

予告編の後半は甘美な空気は一変。落下して飛び散るシャンデリアを皮切りに、羨望のまなざしは憎悪へ豹変しています。

松葉杖を使う兵士マクバニーはどこへ向かったのか…。

血だらけのドレスで立ち尽くすニコール・キッドマンとは…。

そしてマクバニーの「俺に何をする!」と叫ぶ声を打ち消すように、静かに扉の鍵は閉められています。

あなたの想像力をかき乱し、“閉ざされた女の園”事件の真相を知りたくる予告編ですね。

スポンサーリンク

3.映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』の見どころは


(C)2017 Focus Features LLC All Rights Reserved

ソフィア・コッポラ監督の長編6作目となる本作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、過去のソフィア作品と異なった点は大きく2つあります。

新境地のスリラー作品に挑んでいる。
名匠ドン・シーゲル監督のリメイク版を手掛けている。

原作はトーマス・カリナンが1966年に書いた小説「The Beguiled」ですが、ソフィア監督はリメイク版を手掛けた際に意識したのは女性視点で描くことでした。

彼女は自身の作品『SOMEWHERE』(2010)を撮影していた時に、プロダクションデザイナーのアン・ロスからシーゲル監督の映画『白い肌の異常な夜』(1971)を「好きそうなストーリーだと思う」と薦められます。

ソフィア監督はその時に初めて『白い肌の異常な夜(The Beguiled:原題)』を観たそうです。

シーゲル版の主演は名優クリント・イーストウッドですが、彼女が観たことないのは無理もありません。

シーゲル版の映画公開の1971年は、ソフィア監督の生まれた年ですからね。

ソフィア監督は薦められた作品を観た感想を、「“女だけの館に男ひとり”という設定は、確かに私らしいと思った」と語っています。

まとめ

本作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』を彩るキャストは、これまでのソフィア作品のなかで最も豪華ともいえる面々が集まりました。

また、企画当初から話題を呼んだこの作品は、第70回カンヌ国際映画祭にて女性として56年ぶり、2人目の快挙となる監督賞を受賞しました。

ソフィア・コッポラ監督『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、2月23日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開です。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

サスペンス映画

映画『海底47m』感想レビューと評価!結末考察やあらすじも

2017年8月12日よりシネマート新宿ほかで劇場公開される映画『海底47m』をご存知でしょうか? 全米激震!週末興行ランキング(2017/6/16~18)は、巨大ザメが海賊ジャック・スパロウを抑え堂々 …

サスペンス映画

映画『ミスミソウ』あらすじとキャスト。山田杏奈の完成披露試写会レポート

映画『ミスミソウ』は、4月7日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー! 人気コミック『ハイスコアガール』や『でろでろ』などで知られる漫画家の押切蓮介の代表作を実写映画化した『ミスミソウ』。 3月8 …

サスペンス映画

映画『キリング・グラウンド』あらすじとキャスト【サンダンス映画祭出品作】

サンダンス映画祭正式出品された映画『キリング・グラウンド』は、特集上映「未体験ゾーンの映画たち2018」にて2018年1月9日(火)より公開! キャンプを楽しみにやって来た1組のカップル。彼らが聞いた …

サスペンス映画

映画『ビリオネアボーイズクラブ』ネタバレ感想レビュー。実話結末の転落人生に好青年ジョーは何か見たか

1983年のロサンゼルスを舞台に、実在した投資クラブと、若者たちの成功と破滅を描いた、犯罪サスペンス『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』。 若手実力派俳優の共演でも話題になっている、本作をご紹介します。 …

サスペンス映画

映画『ボーダーライン ソマリア・ウォー』あらすじネタバレと感想。原作者ジェイ・バハターの登場シーンは主人公の悪夢の中に

近年、そのあるべき姿と存在意義が問われる機会が増え、それをテーマにした映画も数多く作られているジャーナリズムと、それに関わる人々の姿。 新たに混迷を極める地ソマリアに身を投じた、若きジャーナリストの実 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP