Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/03/20
Update

韓国映画『リアル』あらすじとキャスト一覧!公開する劇場情報も

  • Writer :
  • 西川ちょり

すべてのジャンルを超える新感覚ボーダレスムービー!

韓国の次世代トップ俳優キム・スヒョンが初の一人二役に挑み「20代の代表作」と自ら発言した注目の主演作、『リアル』が4月14日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開されます!

スポンサーリンク

1.映画『リアル』の作品情報


(C)2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
Real

【監督】
イ・サラン

【キャスト】
キム・スヒョン、チェ・ジンリ、ソン・ドンイル、イ・ソンミン、チョ・ウジン

【作品概要】
子役時代からテレビで活躍し、映画『10人の泥棒たち』や『シークレット・ミッション』など映画の世界でも確実にキャリアアップし、若手トップスターとなったキム・スヒョンが、カジノを舞台に一人二役を演じた話題作。

2.キム・スヒョン(チャン・テヨン役)のプロフィール


(C)2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

1988年2月16日生まれ。韓国・ソウル出身。

2003年から演劇の舞台に立ち、2007年、韓国MBCのシットコム『キムチ・チーズ・スマイル』で本格的に俳優デビューを果たします。

TVドラマ『クリスマスに雪は降るの?』(2009)や『ジャイアント』(2010)に子役として出演。その堅実な仕事ぶりで好評を博します。

2011年に『ドリームハイ』に出演してブレイク。KBS演技大賞で新人賞など3部門を受賞。時代劇初挑戦となった『太陽を抱く月』(12)では、百想芸術大賞最優秀男性演技賞を受賞しています。

2013年の『星から来たあなた』は韓国内における最高視聴率33.2%を記録する人気となり、キム・スヒョンの人気も韓国のみならず、アジア各地でブームを巻き起こすほどとなりました。

大ヒット映画『10人の泥棒たち』(2012/チェ・ドンフン)ではキム・ユンソクやイ・ジョンジェ等ベテラン俳優と肩を並べ、『シークレット・ミッション」(2014)で映画初主演を果たしました。

本作では一人二役という難しい役どころに挑戦しています。


(C)2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

スポンサーリンク

3. ソン・ドンイル(チョ・ウングン役)のプロフィール


(C)2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

1967年4月27日生まれ。韓国・仁川出身。

演劇の舞台で活動したのち、1991年にSBS1期公開採用タレントに合格。正式に芸能界デビューを果たします

1998年のTVドラマ『ウンシル』で、ヤン・ジョンパル役を演じ、コミカルな演技と共に、方言の演技が認められ徐々に注目を集めるようになります。

その後多くのテレビドラマ、映画に出演。中でもクォン・サンウと共演した『探偵な二人』(2015/キム・ジョンフン監督)『特別捜査 ある死刑囚の慟哭』(2016/クォン・ジョングァン監督)やテレビドラマ 『推奴』(2010)に出演しています。

また、ケーブルテレビの最高視聴率を次々と塗り替えたドラマ「応答せよ~」シリーズ(2012-2015)など、映画とテレビドラマの両分野でコメディからシリアスまで、幅広いキャラクターを演じ、その演技力は高く評価されています。

『リアル』では血も涙もない犯罪組織のリーダーを演じており、その冷酷ぶりが注目されます。

2018年日本公開される『ミッドナイト・ランナー』(2017/キム・ジュファン監督)にも出演しています。

4. チェ・ジンリのプロフィール


(C)2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

1994年3月29日生まれ。韓国・釜山出身。

韓国のアイドルグループf(x)の元メンバーでソルリの名で活躍。テレビドラマ『花ざかりの君たちへ』(2012)や、映画『ファッションキング』(2014/オ・ギファン監督)、『パイレーツ』(2014/イ・ソクフン監督)などに出演しています

本名“チェ・ジンリ”で本格的女優業に乗り出し、『リアル』が記念すべき第一作となります。キム・スヒョンとの濃厚なラブシーンも話題となっています。

スポンサーリンク

5.映画『リアル』のイ・サラン監督とは?

当初、イ・ジョンソプ監督がメガホンをとっていましたが、後半の作業段階でイ・サラン監督に途中交代。映画『リアル』が彼の最初の演出作です。

キム・スヒョンの従兄だということが判明し、キム・スヒョンに似た甘いルックスが話題になりました。

作品には、イ・サランンの独創的なセンスと強烈かつ斬新なアイディアが随所に盛り込まれています。

6.映画『リアル』のあらすじ


(C)2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

富と知恵を持つ野心的なカジノオーナーであるチョン・テヨンは、カジノ「シエスタ」をオープンさせ、成功者として綺羅びやかな日々を送っていました。

そんな彼の前に、犯罪組織のチョ・ウングンが現れ、「カジノの利権を半分よこせと」と脅します。

時を同じくして、投資家と名乗る「仮面の男」がチョンに近づきました。

「仮面の男」は、チョン・テョンと同姓同名であるばかりか、顔も瓜二つ。

男は「シエスタ」を援助し、チャンの窮地を救ってやろうと申し出ます。

彼は一体何者なのか!? 誰が敵で誰が味方なのか!? 予期せぬ人物の登場が、チョンの生活を脅かし、翻弄していきます…。


(C)2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

7.映画『リアル』の公開される劇場は


(C)2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

北海道地区

札幌 ディノスシネマズ札幌劇場
TEL011-221-3802:4/14公開~

東北地区

宮城 フォーラム仙台
TEL022-728-7866:近日

関東地区

東京 シネマート新宿
TEL03-5369-2831:4/14公開~

神奈川 小田原コロナシネマワールド
0465-45-5675 5/12公開~

中部地区

愛知 センチュリーシネマ
052-264-8580:4/14公開~
愛知 中川コロナシネマワールド
052-303-7301:4/14公開~
愛知 半田コロナシネマワールド
0569-22-2667:4/14公開~

岐阜 大垣コロナシネマワールド
0584-73-0567:4/14公開~

石川 金沢コロナシネマワールド
076-266-5757:5/12公開~

福井 福井コロナシネマワールド
0776-52-5675:4/14公開~

関西地区

大阪 シネマート心斎橋
06-6282-0815:4/14公開~

兵庫 元町映画館
078-366-2636:4/21公開~

京都 MOVIX京都
075-254-3215:4/14公開~

中国地区

広島 福山コロナシネマワールド
084-981-5062:5/12~

九州・沖縄地区

福岡 KBCシネマ
092-751-4268:近日

沖縄 桜坂劇場
098-860-9555:5/19~

まとめ


(C)2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

子役時代から実力を発揮し、甘いルックスと確かな演技力でスター俳優に駆け上ったキム・スヒョンが、金と野望にまみれた裏社会の男と謎めいた「仮面の男」の一人二役に挑戦しています。

これまでの好青年なイメージやクールなキャラクターとは異なる役柄で、まさにキム・スヒョンの新境地を開く作品となっています。

主人公を取り巻く登場人物たちには上記に記した以外にも、イ・ソンミン、チョ・ウジンら、名優が脇を固め、物語を盛り上げます。

映画の舞台であるカジノ「シエスタ」は、ハリウッド作品を多数手がける映像クリエイターや、フランスで活躍する画家を迎え入れ製作されました。その映像にも期待が高まります。

韓国映画『リアル』は4月14日より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか、全国順次公開されます!

↓ 詳しいあらすじ、感想は

関連記事

サスペンス映画

22年目の告白キャストとあらすじ!映画舞台挨拶や試写会情報も

“すべての国民が、この男に狂わされる” 韓国映画『殺人の告白』を入江悠監督がリメイクしたクライムサスペンス映画『22年目の告白 私が殺人犯です』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画 …

サスペンス映画

映画『キッスで殺せ!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

一人の女が残した大いなる謎とは一体…?! ソリッドかつクールな私立探偵マイク・ハマーが躍動する『キッスで殺せ!』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『キッスで殺せ!』の作品情報映画 …

サスペンス映画

映画『アニー・イン・ザ・ターミナル』あらすじとキャスト。マーゴット・ロビー紹介も

2018年7月21日(土)より新宿シネマカリテにて公開のロンドンを舞台に繰り広げられる復讐の物語『アニー・イン・ザ・ターミナル』。 復讐を遂げる美女を、今ハリウッドで注目のマーゴット・ロビーが演じ、時 …

サスペンス映画

韓国映画『暗数殺人』感想とレビュー評価。実話事件をキムユンソク×チュジフンが抜群のハマり役で演じる

映画『暗数殺人』は2020年4月3日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかでロードショー。 収監された一人の殺人犯から「実は全部で7人を殺害した」と謎の告白を受けた刑事。果たしてその真実とは… …

サスペンス映画

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』ネタバレあらすじと感想評価。キャストのトム・ホランド×ロバート・パティンソンの群像劇スリラー

NETFLIX映画『悪魔はいつもそこに』 今回は映像配信サービス「Netflix」で配信された「宗教」と「暴力」をテーマにした群像劇映画『悪魔はいつもそこに』(2020)をネタバレあらすじを含めご紹介 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学