Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/08/11
Update

映画『トレーニングデイ』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。刑事バディムービーの定石を打ち破る刺激的な傑作!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

新米刑事の命を懸けた訓練日(トレーニング・デイ)を描くアカデミー賞主演男優賞受賞作!

血気盛んな新人刑事がベテラン刑事の指導のもとで、予想つかない事態に巻き込まれる映画『トレーニングディ』。

人口が増え、街が発展すると同時に闇で流通し始める「麻薬」と言う存在。人々の暮らしを守る「警察官」の中でも「麻薬取締課」は時にギャングに潜入し、文字通り命を懸けて麻薬の根絶のために行動しています。

出演は『ボーン・コレクター』のデンゼル・ワシントンと『ガタカ』のイーサン・ホーク。演出は『リプレイスメント・キラー』のアントワーン・フークア。

今回はそんな「麻薬取締課」に配属された新人刑事と彼の上司となるベテラン刑事の1日を濃密に描いた映画『トレーニングデイ』(2001)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『トレーニングデイ』の作品情報


TM&(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

【原題】
Training Day

【公開】
2001年(アメリカ映画)

【監督】
アントワーン・フークア

【脚本】
デヴィッド・エアー

【キャスト】
デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク、スコット・グレン、トム・ベレンジャー、ハリス・ユーリン、レイモンド・J・バリー、クリフ・カーティス、ドクター・ドレー、スヌープ・ドッグ

【作品概要】
『グローリー』(1990)や『マルコムX』(1993)で高い評価を受けたデンゼル・ワシントンと、『ビフォア・サンセット』(2005)などで脚本を務め演技だけでなく脚本家としても実力を発揮したイーサン・ホークがダブル主演を務めた作品。

デンゼル・ワシントンは本作での演技でアカデミー主演男優賞を受賞し、シドニー・ポワチエ以降2人目となる黒人俳優の受賞が国内外で話題となりました。


映画『トレーニングデイ』のあらすじとネタバレ


TM&(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

妻と娘を持つジェイクは上昇志向の強いロス市警の警察官であり、1年間のパトカー勤務を経て出世への強いパイプを持つ麻薬取締課に配属されます。

配属初日、上司による適性の見極めとなる訓練日(トレーニング・デイ)を迎えたジェイクは麻薬取締課のリーダーであるアロンゾと勤務を共にすることになります。

高い検挙率を誇るアロンゾはオフィスを持たず、警察支給の銃ではなく自身のお気に入りの銃を携え、私用の高級車を乗り回しておりジェイクは困惑しますが、麻薬取締官として街に溶け込むことの重要さを語るアロンゾの忠告を聞き納得します。

大学生のグループが売人から麻薬を買う現場を目撃したアロンゾはジェイクと共に大学生たちの乗る車を制止し所持品検査を行います。

車からは麻薬の一種であるフェンサイクリジン(通称PCP)とパイプが出てきますが、アロンゾは大学生たちを逮捕することなくPCPとパイプを押収し解放します。

車に戻ったアロンゾはジェイクに銃を突きつけ押収したPCPを吸うようにと命令。

ジェイクは拒否しますが、「麻薬捜査官は潜入先で麻薬を断れない」とアロンゾに脅されると渋々PCPを吸引します。

大量に吸い込んだことから意識が混濁するジェイクを連れ、アロンゾは情報屋として逮捕を見逃している麻薬の売人ロジャーのもとを訪れます。

ロジャーはロシアンマフィアとトラブルを起こしているアロンゾを気遣うと、新人のジェイクを見て正義感の強かった昔のアロンゾにそっくりだと話しました。

アロンゾはロジャーに今後どうするのかを聞くと、ロジャーは1年後には引退しフィリピンで悠々自適な生活をすると宣言しアロンゾとジェイクは彼の家を後にします。

車で次の目的地へと向かう最中、ジェイクは暴行を受ける少女を発見しアロンゾの制止を振り切り2人組の男を乱闘の末に拘束。

助けられた少女は地元ギャング「トレス」のリーダーが従兄弟であると2人組の男に吐き捨て去っていきます。

少女が去った後、少女の落とした財布を拾い拘束した2人組を連行しようとするジェイクでしたが、アロンゾが2人組を脅し金を取ると解放してしまいます。

車に戻ってもなおアロンゾの行動に納得のいかないジェイクでしたが、アロンゾはレイプ犯の逮捕は下っ端の仕事であると言い張りジェイクを強引に説得。

次にアロンゾはジェイクを「ジャングル(無法地帯)」と呼ばれるギャングの縄張りへと案内します。

アロンゾはジャングル内に愛人を作っており、麻薬取締官としての彼を恐れるギャングたちはアロンゾには手を出せず、ジェイクのことも見逃します。

アロンゾの愛人とその息子と共にひと時の時間を過ごしたジェイクは、アロンゾに連れられロス市警の上層部の2人と有力な検事の会食に同行します。

アロンゾはジェイクを離れた席に座らせると、検事に麻薬の元締めから違法に押収した4万ドルを賄賂として払い、情報屋ロジャーの逮捕状を入手。

逮捕状を入手したアロンゾは自身の部下である麻薬取締課のメンバーを収集しロジャー逮捕のために動き出します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『トレーニングデイ』のネタバレ・結末の記載がございます。『トレーニングデイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ロジャーの家に押し入った麻薬取締課のメンバーたちはキッチンの床下から400万ドルを発見。

300万ドルを押収し100万ドルを自分たちの分け前にしようとアロンゾは提案し他のメンバーは受け入れますが、ジェイクは拒否します。

さらにアロンゾは自身たちの違法な押収の証拠隠滅のためロジャーを射殺しろとジェイクに命令します。

冗談だと考えたジェイクは拒否しますが、直後にジェイクのショットガンを奪ったアロンゾがロジャーを射殺しました。

さらにアロンゾは防弾チョッキを着た仲間のジェフを了承の上で腹部を撃つと、「ロジャーがジェフを撃ったのでジェイクが射殺した」と言う筋書を作ります。

アロンゾの行為に憤慨したジェイクはショットガンを奪いアロンゾに突きつけますが、PCPを吸わされていたジェイクはこの提案を拒否した場合、「麻薬を吸い混濁した意識で同僚を撃った警察官」に仕立て上げられてしまうとアロンゾに脅迫されます。

アロンゾの提案を受け入れざるを得ないジェイクは応援の到着と共に銃を降ろし、渋々彼の提案を受け入れました。

現場の説明が終わり車に戻ったジェイクとアロンゾ。

アロンゾは子供に麻薬を売り続けていたクズを殺しただけだと弁明しジェイクに金を渡そうとしますが、警察官としての信義を貫きたいジェイクは固辞します。

アロンゾはジェイクの目に信念を感じたと言うと自身の後継者とすると話し、次なる目的地へと進みます。

2人は情報屋であるギャングの本拠地へと乗り込み、アロンゾはトイレに行くと告げジェイクはギャングたちの中で1人取り残されます。

なかなかアロンゾが戻らないことに疑問を感じていると、ギャングたちはアロンゾは既に帰っており彼からジェイクの殺害を頼まれたとジェイクに宣言。

さらに、アロンゾはラスベガスでロシアンマフィアの大物を殺害してしまい謝罪金として今日中に100万ドルを払わなければ報復を受けてしまうため、ロジャーを殺害し金を奪ったとジェイクに教えます。

ジェイクは抵抗しますがギャングに取り押さえられ、浴室で殺害されそうになります。

しかし、ギャングのリーダーのスマイリーがジェイクが持っていた少女の財布を見ると自身の従姉妹のものであると驚愕。

スマイリーは従姉妹に連絡を取ると、従姉妹がレイプされそうになったところをジェイクに救われたことを知り、家族の恩への礼としてジェイクの命を見逃します。

解放されたジェイクはアロンゾを追いジャングル内のアロンゾの愛人の家へと向かいます。

家の中で2人は銃撃戦となり、100万ドルを持って車で逃走するアロンゾを追うジェイクは車に飛び乗って事故を起こさせ制止します。

騒ぎを聞きつけジャングル内のギャングが集まり、アロンゾはギャングたちにジェイクの殺害を命じますがアロンゾを快く思っていなかったギャングたちはアロンゾに手を貸しませんでした。

銃を拾おうとしたアロンゾの尻を撃ったジェイクは泣きつくアロンゾの制止を無視し、100万ドルを奪いその場を去ります。

深夜、アロンゾはロシアンマフィアの雇った殺し屋たちに交差点内で射殺されました。

アロンゾの死のニュースを聞きながらジェイクは自宅へと戻り、長い1日が終わりました。

スポンサーリンク

映画『トレーニングデイ』の感想と評価


TM&(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

バディムービーの定石を覆す異色作

バディムービーのお決まりの展開の1つとして「新人と破天荒なベテラン」と言う構図があります。

『パリより愛をこめて』(2010)や『孤狼の血』(2018)のようにルールを無視するベテランとその行動に反感を抱く新人の掛け合いや、結果としてお互いの信頼関係に繋がる物語は何度描かれても魅力的に映ります。

しかし、アントワーン・フークア監督が2001年に製作した『トレーニングデイ』はそんなバディムービーの定石を打ち破る異色の作品でした。

「新人と破天荒なベテラン」の構図は同じであれど、2人は信頼関係を築くどころか壊滅的なまでの決別へと突き進んでいきます。

「悪」にしか見えない破天荒な行為がそっくりそのまま「悪」だったと言う、全バディムービーに対するアンチテーゼとして光る作品です。

ロス市警の実態を基にした作品


TM&(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

本作は「ランパート・スキャンダル」と呼ばれるロス市警の対ギャングチーム内で70人を越える捜査官が汚職に関わっていたとされる事件から着想を得たとされています。

本作の脚本家を務めたデヴィッド・エアーは同事件を基とした『フェイク シティ ある男のルール』(2009)や、ロス市警の管轄内で最も治安の悪い地区を舞台とした『エンド・オブ・ウォッチ』(2013)を製作するなどロス市警の実態を繰り返し描いてきました。

高い犯罪率を記録し捜査官の命すら脅かされる場所では自ずと汚職の件数も増え、ミイラ取りがミイラになることも珍しくありません。

しかし、そんな状況下でも正義を執行しようとする人間は存在し、上記の作品群には汚職が蔓延する中で正義のために奮闘するキャラクターが必ず登場しています。

実在の事件を基にし、実態の調査を調査しつくした本作だからこそ描けるロス市警の「闇」と「光」に心動かされる作品です。

まとめ


TM&(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

相手の些細な言動を見逃さず自身の後の行動に繋げるアロンゾと、後先考えずに自身の正義の行動を示すジェイク。

アロンゾの話術と洞察力がジェイクを追い詰めていくことになったり、ジェイクの正義の行いが終盤で彼の救いの一手となったりと脚本の秀逸さが光る映画『トレーニングデイ』

濃密すぎる1日を2時間で描いた本作は異色バディムービーとしてもロス市警の実態を描いた映画としても自信を持ってオススメできる作品です。



関連記事

サスペンス映画

映画『ノクターナルアニマルズ』あらすじネタバレと感想!原作紹介も

世界的ファッションデザイナーとして著名なトム・フォードが、2009年の『シングルマン』以来7年ぶりに手がけた映画監督第2作『ノクターナル・アニマルズ』をご紹介します。 米作家オースティン・ライトが19 …

サスペンス映画

映画『アニー・イン・ザ・ターミナル』あらすじとキャスト。マーゴット・ロビー紹介も

2018年7月21日(土)より新宿シネマカリテにて公開のロンドンを舞台に繰り広げられる復讐の物語『アニー・イン・ザ・ターミナル』。 復讐を遂げる美女を、今ハリウッドで注目のマーゴット・ロビーが演じ、時 …

サスペンス映画

三度目の殺人|広瀬すず(山中咲江)演技評価と感想。事件の真相も

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。 キャストは是枝監 …

サスペンス映画

Netflix映画『グレイス 消えゆく幸せ』ネタバレあらすじと感想評価。タイラーペリー監督が殺人事件の仕組まれた”罠”を描く

Netflixおすすめ映画『グレイス 消えゆく幸せ』を紹介! 身に覚えのない悪意によって、地位や名誉、財産までも奪われた中年女性が、茫然自失の末に殺人を犯します。その結果、彼女の自供だけで、事件が解決 …

サスペンス映画

『サスペリア2』ネタバレあらすじとラスト結末の感想。ホラー映画の巨匠ダリオアルジェント監督が描いたショッキング描写満載の秀作

思い込みが記憶をすり替えた、連続殺人の真の犯人像とは? 映画『サスペリア2』は、『ゾンビ』(1978)、『フェノミナ』(1985)を手掛けた、イタリアンホラーの巨匠ダリオ・アルジェント監督による、サス …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学