Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

【ネタバレ】12日の殺人|結末考察と解説。実話未解決事件の闇を映画監督ドミニク・モルが活写!

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

『悪なき殺人』(2021)のドミニク・モル監督が未解決事件をテーマに描く

10月12日の夜、クララが焼死体となって発見されます。

事件を担当することになった刑事のヨアンとマルソーは、クララの周辺の関係者に話を聞いていきます。

クララと関係があったという男性たちは皆容疑者となり得るかのように思えましたが、特定できず捜査は行き詰まりヨアンは次第に闇にのまれていきます。

偶然が積み重なり起きる殺人事件を描いた『悪なき殺人』(2021)のドミニク・モル監督が、ノポリーヌ・ゲナのンフィクション小説『18.3. Une année passée à la PJ』を元に映画化

『12日の殺人』は、セザール賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞をはじめ6冠を受賞。

刑事ヨアンを演じたのは、『悪なき殺人』でも警官役を務めたバスティアン・ブイヨン。『12日の殺人』で、セザール賞の最優秀新人賞を受賞しました。

映画『12日の殺人』の作品情報


(C)2022 – Haut et Court – Versus Production – Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma

【日本公開】
2024年(フランス映画)

【原題】
La nuit du 12

【原案】
ポリーヌ・ゲナ『18.3. Une année passée à la PJ』

【監督】
ドミニク・モル 

【脚本】
ジル・マルシャン

【キャスト】
バスティアン・ブイヨン、ブーリ・ランネール、テオ・チョルビ 、ヨハン・ディオネ、ティヴー・エヴェラー、ポーリーヌ・セリエ、ルーラ・コットン・フラピエ、ピエール・ロタン

【作品概要】
監督を務めたのは、『ハリー、見知らぬ友人』(2000)、『マンク 〜破戒僧〜』(2011)、『悪なき殺人』(2021)のドミニク・モル 。脚本を務めたのは、『ハリー、見知らぬ友人』(2000)からドミニク・モル監督をタッグを組むジル・マルシャン。

刑事ヨアン役を務めたのは、監督の前作『悪なき殺人』(2021)や、『恋する遊園地』(2021)のバスティアン・ブイヨン。相棒のマルソー役は、『君と歩く世界』(2012)、『RAW~少女のめざめ~』(2016)のブーリ・ランネールが務めました。

映画『12日の殺人』のあらすじとネタバレ


(C)2022 – Haut et Court – Versus Production – Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma

10月12日の夜。21歳のクララは、親友のナニーの家でパーティーを楽しみ、家に帰ろうとナニーの家を後にします。

夜道を歩きながらナニーにメッセージ動画を送った時、クララは突如何者かにガソリンをかけられ火をつけられます。

翌朝、死体で見つかるクララ。事件を担当することになったのは、前日に班長が引退し新しくグルノーブル署で殺人捜査班の班長になったばかりのヨアン率いる捜査チーム。

ナニーから携帯に電話があり、亡くなったのは携帯の持ち主であるクララであることが判明します。ヨアンは、クララの家に出向き、家にいた母親にクララの死を告げます。

母親は取り乱し、ナニーの家に泊まると言った、ナニーの家にいるはずだと泣き叫びます。

ヨアンらはナニーに、クララが何かトラブルを抱えていなかったかと尋ねます。誰にでも好かれる、頭の良い子だったというナニーですが、クララは男性との恋愛関係においてトラブルが多かったと言います。

ナニーから聞いた情報を頼りに恋人だというバイト先のウェズリーに話を聞きます。ウェズリーは本命の恋人がいて、クララは言い寄ってきただけだという話をします。

更にジムが一緒だったというジュールを尋ねると、「割り切った関係でクララに恋人がいても嫉妬はしない」と言い突然笑い出したりします。人が亡くなっているのに、馬鹿にした態度をとるジュールにヨアンらは困惑します。

以前クララと交際していたというギャビは当時クララを「燃やしてやる」といった歌詞を入れたラップを作ったことがあると自白しますが、犯人ではないと言いアリバイも証明されます。

容疑者になりそうな人物が現れては外れ……、捜査チームのメンバーには苛立ち始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『12日の殺人』ネタバレ・結末の記載がございます。『12日の殺人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2022 – Haut et Court – Versus Production – Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma

捜査の帰り、ヨアンは相棒のマルソーから相談を受けます。ヨアンは年の離れた妻がいて、妻から離婚を言い渡されていると言うのです。

更に妻は妊娠中でその子供は自分の子ではないと言います。なかなか妊娠できず不妊治療を行なっていたが、妻は精神的に追い詰められ愛人を作り妊娠したと言うのです。

そして署に寝泊まりしているマルソーをヨアンは自分の家に泊まらせます。

捜査が行き詰まるなか、クララに火をつけたライターと思われるものが封筒に入って送られてきます。犯行現場で張り込み、送り主は近所の小屋に住むドニだと判明します。

ドニもクララと関係を持っていたと言い、クララと関係があった男性は皆クララの奔放さを口にします。

ヨアンは、ナニーになぜドニのことを知らせなかったと詰め寄ります。するとナニーは「どうして男関係ばかり聞くの?クララがなぜ殺されたか教えてあげる。それは女の子だからよ」と言います。

ナニーの言葉にハッとするヨアン。ヨアンは、自転署競技場で自転車を走らせて心を落ち着かせるのが日課でした。そんなヨアンの姿を見てマルソーは「なぜ公道を走らないんだ?」と質問しますが、ヨアンは答えません。

次第に事件に囚われ、冷静を装うとするも苛立ちを隠せなくなっていくヨアン。一方マルソーもそんなヨアンの苛立ちに気付きながらも、自身の家庭の問題も解決できずにいます。

ある日、クララの両親から殺害現場に置かれた慰霊碑に血のついたTシャツを見つけたと署に連絡がきます。DNA鑑定の結果、過去にDVで逮捕歴のあるヴァンサンのものだと判明します。

ヴァンサンは現在恋人と共に暮らし、クララとはネットで知り合い体だけの関係と言います。クララのことを好きものかのように言うヴァンサンの物言いにマルソーは怒りを露わにします。

更に通話記録を調べていたマルソーは、恋人に対し高圧的な物言いのヴァンサンに苛立ち、恋人はDV被害に遭っているのにヴァンサンを庇っていると思い込みヴァンサンの家を訪ね、彼に暴力を振るってしまいます。

その結果マルソーは異動になり、捜査班も解散となってしまいます。

3年の月日が経ち、ヨアンの元に女性の判事から連絡がきます。前任から引き継いだ未解決事件の資料を読み、ヨアンにクララの事件の捜査を再開できないかと言われます。

捜査官それぞれに忘れられない事件と言うものがあり、自分にとってクララの事件がそうだった、全ての男性が容疑者だとヨアンは言います。

予算がおりず、大規模な捜査ができない状況の中、判事は諦めずに資金を調達し、三周忌に合わせて張り込みや墓にカメラを仕掛けるのはどうかと提案します。

新たに組まれた捜査チームには、新人の女性捜査官のナディアもいました。ヨアンはナディアと共に張り込みをし、なぜ成績優秀のナディアが捜査課を志望したのかと尋ねます。

ナディアは、捜査が好きだと答え、「男性が事件を起こし、男性が捕まえる」と男社会に対する批判を口にします。

3周期の日、殺害現場を訪れたのはクララの両親だけでしたが、墓に仕掛けた監視カメラには1人の男性が映っていました。映像に映る口の動きで男性が『Angel in the Night』と言う歌を歌っていたことがわかります。

ナディアはクララのニュースにエンジェルの画像を投稿していた人物の名前から調べて、その男性を特定しました。やっと犯人を捕まえることができると思った矢先、その男性は精神病院への入退院を繰り返しており、事件当時は入院していたことが判明します。

退院後にクララの事件を知り、一方的に心酔するようになっただけだったのです。またしても手がかりを失い肩を落とす捜査チームでしたが、ヨアンはどこか吹っ切れたかのような表情もしています。

久しぶりにマルソーから届いた写真を飾り、マルソーに返事を書くことにしたヨアンは、マルソーの助言通り自転車競技場ではなく公道で自転車を走らせるのでした。

映画『12日の殺人』の感想と評価


(C)2022 – Haut et Court – Versus Production – Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma

女性たちが問いかけるもの

未解決事件の闇に飲み込まれていく刑事の姿を描いた映画『12日の殺人』。

本作は事件の解明に主軸を置いているのではなく、事件を解明しようとする刑事たちの物語に主軸に心理描写を描いていきます

その中で印象的なのが、女性の登場人物たちです。1人は亡くなったクララの親友・ナニーです。

なぜ殺されたか教えてあげる、女の子だからよ

その一言にハッとされるのは、ヨアンだけではないでしょう。ヨアンは、その後判事の前で「全ての男性が容疑者」という発言もしています。それはどういうことでしょうか。

ナニーが放った一言は、捜査官らが殺されたのは、クララ側に問題があったのではないかとでも言うように、男性関係を執拗に聞き込もうとする無自覚な偏見があったからなのです。

女性が痴漢など性被害に遭った際に、露出のある服を着ていたのでは、誘うような言動をしたのではないか、と被害者側に落ち度があるような見方をすることは残念ながらあります

本来は、被害者に落ち度があるのではなく、犯罪を犯す側に問題があるはずです。そのような無意識な偏見をナニーは指摘したのです。

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』(2021)では、主人公キャシーが女性の外見に対する偏見を逆手に取り、酔った女性に性暴力を行おうとする男性に復讐をしていました。

しかし、キャシーの親友であるニーナの姿は一切映像に映し出されません。それは観客自身がニーナの外見を見てレイプされた理由を無意識に探してしまうからなのかもしれません。

クララと関係を持った男性たちは口を揃えて、“好き者”“尻軽”などと言います。しかし、それはあくまで男性たちから見たクララに過ぎないのです。

事件は未解決のまま3年の月日が経ち、新たに2人の女性が登場します。それは新人捜査官のナディアと判事です。

その2人は、“男と女の溝”に対しどう向き合うのか、という問題に行き詰まっていたヨアンの背中の押す存在だと言えるのではないでしょうか。

ナディアは警察という組織自体が男社会であり、その中で日常的に理不尽さを感じています。「男性が事件を犯し、男性が捕まえる」ことのおかしさを訴えかけます。

そもそもなぜヨアンはクララの事件に引き込まれたのでしょうか。それはまさに“女の子が無惨にも殺された”事件だったからではないでしょうか。

綺麗な明るい子が殺された事件を解決しなければならないという正義感と男性中心の社会の有り様に対し無自覚であったことに気付かされたヨアン。

犯人への憎悪が男性社会への憎悪と疑問に変化し、迷宮に入り込んでしまったのでしょう。

まとめ


(C)2022 – Haut et Court – Versus Production – Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma

感情を表に出そうとせず、常に平静を保とうとするヨアンと対照的なマルソーの存在も本作の大きなアクセントとなっています。

マルソーは妻との関係に問題を抱え思い悩んでいます。それだけでなく元来の性格からカッとなりやすい性格です。

自身の私的な悩みから、クララと関係があった男性たちに対しても感情的になっていきます。中でも以前DVで逮捕歴のあるヴァンサンに対し、恋人の名前がマルソーの妻と同じ名前であったことからヴァンサンに対する憎悪を剥き出しにします。

当たり前ですが、捜査官が暴力を振るったり、高圧的な態度で取り調べをするといったことはあってはいけません。

しかし、どうしても捜査官は被害者遺族から話を聞いていくため、被害者側に感情移入しやすいという傾向があるのかもしれません。

捜査官も人間です凄惨な事件を前にして動揺したり、犯人に対して憤りを感じてしまうことは普通の反応です

それだけでなく、地道に徹夜で調査書類を作ったり、調子の悪いコピー機に苛立つ姿などにまで人間味が溢れています。

一方で、マルソーのように感情的になり、暴力的な行動に出ること自体が男性的な行動とも言えるかもしれません。ナディアが言う警察が男社会で女性蔑視がまだある現状も忘れてはならないのです。

未解決事件を主軸に描かれるミステリーと、そこに内包された問題を見事に描いた映画になっています。


関連記事

サスペンス映画

映画『ワルキューレ』ネタバレ結末あらすじと感想ラスト考察。トム・クルーズが実話実在の人物シュタウフェンベルクを見事に演じる

ドイツ人将校が愛する祖国のためにヒトラーを暗殺する戦争サスペンス・アクション! ブライアン・シンガーが製作・監督を務めた、2008年製作のアメリカの戦争サスペンス・アクション映画『ワルキューレ』。 第 …

サスペンス映画

【ネタバレ映画感想】『サンセット』ラスト結末まで謎を残したネメシュ・ラースロー監督の意図とは

ネメシュ・ラースロー監督の長編第2作『サンセット』 『サウルの息子』(2015)でカンヌ映画祭グランプリを受賞し、センセーショナルなデビューを果たした若き映画監督ネメシュ・ラースローの長編第2作。 1 …

サスペンス映画

『雨の訪問者』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。巨匠 ルネ・クレマン監督と名優ブロンソンのおすすめ代表作!

第28回ゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞したサスペンスストーリー! ルネ・クレマンが監督を務めた、1970年製作のフランス・イタリア合作のサスペンス映画『雨の訪問者』。 とある雨の日、突如現れた …

サスペンス映画

映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』ネタバレ感想と評価レビュー。衝撃の事件を犠牲者の側から描く

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で注目を集める、あの事件が映画化された! ハリウッドを震撼させた事件から50年、今再び注目を集めるシャロン・テート殺害事件。 “マンソン・ファミリー”に …

サスペンス映画

映画『盗まれたカラヴァッジョ』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末までイタリアの魅力が満載の作品

真実か、フィクションか。 いまだ未解決の名画盗難事件の真相にせまる。 1969年、イタリアのパレルモにあるサン・ロレンツォ小礼拝堂から、カラヴァッジョの名画「キリスト降誕」が何者かによって、盗み出され …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学