Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/02/23
Update

スリラー映画『ダニエル』ネタバレ解説とラスト考察レビュー。“空想上の親友”が誘う耽美と狂気

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

2世俳優のマイルズ・ロビンスがシッチェス・カタロニア国際映画祭にて男優賞作『ダニエル』

自分だけに見える“空想上の親友”に翻弄される姿を描く本格スリラー映画『ダニエル』。

ハリウッド注目の二世俳優マイルズ・ロビンス、パトリック・シュワルツェネッガーが共演し、内気で繊細な青年ルークと美しくカリスマ性のあるダニエルを演じます。

ルークを演じたマイルズ・ロビンスは第52回シッチェス・カタロニア国際映画祭で男優賞を受賞し、初主演作として大きな注目を浴びています。

製作を務めるのは「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで知られるイライジャ・ウッド。

スポンサーリンク

映画『ダニエル』の作品情報


(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Daniel Isn’t Real

【監督】
アダム・エジプト・モーティマー

【脚本】
ブライアン・デレウー、アダム・エジプト・モーティマー

【キャスト】
マイルズ・ロビンス、パトリック・シュワルツェネッガー、サッシャ・レイン、ハンナ・マークス、メアリー・スチュアート・マスターソン、チュク・イウジ、ピーター・マクロビー、マイケル・クオモ、アンドリュー・ブリッジス、ケイティ・チャン

【作品概要】
監督を務めるのは『デッド・ガール』(2015)のアダム・エジプト・モーティマー。自身も3〜4歳の頃にイマジナリーフレンドがいた経験があり、そのような背景も映画の世界観に影響しているといいます。

製作を務めるのは『ロード・オブ・ザ・リング』(2001)主演で知られるイライジャ・ウッド。2010年に映画制作会社Spectre Visionを設立し、プロデューサーとして『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(2017)、『カラー・アウト・オブ・スペース―遭遇―』(2019)などを手がけています。

内気で繊細な青年ルークを演じるのはティム・ロビンス、スーザン・サランドンを両親に持つマイルズ・ロビンス。ダニエル役には「ターミネーター」シリーズなどのアーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリック・シュワルツェネッガー。

映画『ダニエル』のあらすじとネタバレ


(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

幼い少年ルークは精神が不安定な母親クレア(メアリー・スチュアート・マスターソン)と父親の喧嘩から逃れるために1人家を抜け出しました。

1人出歩いていたルークはカフェで起きた凄惨な殺人現場に遭遇し、被害者を見てしまいます。その時ルークに話しかけた青年がダニエルでした。公園でダニエルと遊んでいたルークは探しにきたクレアに家に戻るように言われます。

「ダニエルも一緒にいい?」とルークが言うとクレアはダニエルがいるところより少しズレたところに向き話しかけます。ダニエルはルークにしか見えていなかったのです。

離婚し父親が出ていった後もダニエルはルークと共に居続け、2人は毎日仲良く遊び、笑い合い、兄弟のように過ごしていました。ある日、ルークはダニエルの言う言葉を信じ、クレアが処方している睡眠薬を大量にミキサーの中にいれスムージーにしてしまいます。

何も知らずにスムージーを飲んだクレアは死にかける大惨事になる、何をしたのかと詰め寄るクレアにダニエルに言われたと泣きながら訴えるルーク。クレアはドールハウスを指差し、ダニエルに入るように言いなさいとルークを叱りつけます。言うことを聞かないダニエルを無理矢理ドールハウスに入れ鍵をかけたルーク。

最初は出してくれとドアを叩く音が聞こえていましたが、次第にダニエルの存在を忘れ成長したルーク(マイルズ・ロビンス)は大学の寮で暮らしていました。ルームメイトとも打ち解けることが出来ず、本来興味のある写真を学ばず実用的な学科を専攻し、鬱屈した日々を送っています。

久しぶりに実家に帰ったルークはクレアの病状が悪化していることに気づき気を重くします。自分もクレアのようになるのではないかという不安からルークはカウンセラーのブラウンの元を訪れます。その帰り、道端で突如スケボーに乗った女性(サッシャ・レイン)とぶつかりますが、「大丈夫」だと答えて家に帰ります。

夜になりふとルークは幼いころ大事にしていたぬいぐるみを抱きしめ、何かを思い出したように引き出しから鍵を見つけ、布で隠されていたドールハウスの鍵を開けます。そのまま眠りに着いたルークは大きな物音で目覚めます。

慌てて声のする方に向かうとクレアが取り乱し、血を流し鏡を叩きつけています。「この顔がいけないの」ハサミを取り出し自傷しようとするクレアをルークは必死で押さえつけます。

どこかで声がして振り向くと浴槽の中にいたのは自分と同じくらいに成長したダニエル(パトリック・シュワルツェネッガー)でした。クレアの手をルークの喉元に持っていくようダニエルは指示します。ルークを傷つけてしまうと気付いたクレアは我に帰ります。ダニエルの機転でクレアを落ち着かせることが出来たのでした。

久しぶりの再会となったダニエルとルーク。嬉しそうなルークに「君には僕の助けが必要だ」とダニエルは言います。

クレアは病院に搬送され、翌朝ルークはクレアが荒らした部屋の片付けをしていました。そこに昨日ぶつかった女性がやって来ました。昨日ぶつかった際にルークが落としていった財布を届けにきたのです。キャシーと名乗ったその女性が気に入ったダニエルは仲良くなるようルークにアドバイスをします。

ダニエルの助けを得て自信を持ち、社交的になったルークはキャシーとの距離を縮めていき、画家であるキャシーの家で作品を見せてもらいます。大学でも、試験の際体中にタトゥーのように数式を書いてルークを助けてくれるダニエル。

ナイトクラブで知り合った心理学専攻の学生ソフィーと関係を持ったり、寮のルームメイトに悪戯をしかけたり、ルークは次第に大胆になっていきます。一方でダニエルの言いなりのままではなくなっていきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ダニエル』ネタバレ・結末の記載がございます。『ダニエル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク



(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

キャシーの家で絵を描いてもらったダニエルは、絵画に描かれた自身の背後にある黒い影に戸惑いますがそのまま二人は関係をもち、その様子をじっとダニエルは見ていました。

ルークが寝ている間にダニエルは勝手にソフィーにメールを送り、ソフィーと友人がルークの寮室にやってきます。帰らせようとするも、ソフィーと友人、ルームメイト、ルークの4人で外に出かけ、地下水路に入っていきます。2手に分かれ、ソフィーと2人きりになったルークですが、キャシーのこともあり、ソフィーと関係をもとうとはしません。

言うことを聞かないルークに痺れをきらしたダニエルは、ルークを引き離し肉体を乗っ取ってしまいます。ダニエルが乗っ取ったルークの肉体でソフィーと激しい関係をもちます。ルークは止めようとするも、肉体に触れようとすると腕が切断されてしまいます。

そこにルームメイトとソフィーがやってきます。ダニエルはルームメイトに襲いかかり、ソフィーが止めようとしても聞きません。恐怖に慄きながらソフィーは近くにあった椅子でダニエルを殴り、やっと肉体がルークのものに戻ってきます。ルークはダニエルが危険な存在であり、彼から解放されたいと思い始めますが、以前のようにドールハウスにも入らず方法がわかりません。

病院で療養中のクレアの元を訪れたルークは、いつから病気が始まったのかと尋ねます。20歳からだと答えたクレアに「遺伝すると知っていた?」とルークは言います。その言葉に衝撃を受けたクレアはルークも医者にみせようと声をあげますが、相手にされず部屋に戻されてしまいます。

ルークは連絡するも取りあってくれないため、謝罪しようと大学でソフィーを待ち伏せしますが、追い払われてしまいます。その後ソフィーを殺す幻覚を見ます。自分が寝ている間にダニエルが何をしでかすか分からない恐怖、自分の目の前から消えることのないダニエルに精神が蝕まれていきます。

助けを求め、カウンセラーのブラウンの元を訪れ「ダニエルを消したい」と薬を処方してもらいます。薬を飲むとダニエルが消えたことに安堵したのも束の間、それは単なるダニエルの演技でした。

恐ろしい幻覚を見ていくにつれ、ルークは幼い頃目撃したカフェの凄惨な事件を思い出します。自分と事件の犯人であるジョンに共通点があるのではないかと考えたルークはジョンの父親の元を訪れます。ジョンの家でジョンが書いた絵を見ると、ルークが見た幻覚と似ており、想像上の友人の名は“ダニエル”でした。

ダニエルはジョンが死ぬ時までそばにいて、次はルークの元に着いてきたのです。ダニエルはルークが作り出した自分の別人格ではない、別の存在であったのです。いずれ自分もジョンのように凄惨な事件を起こすかもしれないと悟ったルークは恐怖に震え、ジョンの父に訴えますが不審がられ警察に通報されてしまいます。

真実を知ったルークはキャシーの元を訪れ、キャシーが絵を描いた時何が見えたのかと詰め寄ります。真実を伝え、危険であることを理解してもらおうとしますが、ルークの尋常ではない様子に恐怖を覚えたキャシーに追い払われてしまいます。

眠ってしまったら何を起こすか分からない恐怖から寝ることもできず、どうすれば良いのか分からないルークはブラウンに助けを求めます。ルークの家にやってきたブラウンはチベットのシンギングボールを使ってルークを催眠状態にします。そして現れたダニエルに「お前は誰だ」と尋ねます。「旅人だ」と答えるダニエル。体を探し求めて旅をしているというのです。

ダニエルはルークに近づくと口を無理矢理こじ開け、ねじ曲げてその中に入っていきます。完全にルークの体を掌握したダニエルはブラウンが持っていた短剣でブラウンを襲い、殺してしまいます。

目を覚まし、倒れて死んでいるブラウンを見つけたルークは呆然としながら2階に行きます。鏡越しに現れたダニエルに体を乗っ取られ、ルークの意識はドールハウスに閉じ込められてしまいます。そのドールハウスには顔が変形した何者かがいて、ルークを追いかけてきます。

ルークの体を掌握したダニエルは赤いスーツに身を包み、キャシーの元を訪れます。先日の様子とは違う落ち着いた姿キャシーは家に招き入れてしまいます。話すうちに様子がおかしいと警戒し始めたキャシーはルークが言っていた赤いスーツの人物のこと、影の存在について思い出し、これはルークではないと気づきます。

キャシーに気づかれたダニエルはルークの顔からいつものダニエルに変え、キャシーに襲いかかります。何とか抵抗しながらキャシーはルークが近くにいるはずだと考え、ルークに訴えかけます。その様子を閉じ込めらた部屋の受話器から聞いたルークは抜け出そうとします。

ルークは襲いかかってくる顔が変形した何者かを近くにあった短剣で刺します。うめき声をあげる何者かにルークは「ジョン?」と尋ねます。そこにいたのはかつてダニエルと共にいたジョンだったのです。

ルークは壁を壊し、その先に進むと赤いブラックホールのような空間が広がっていました。意を決したルークはその赤い光に向かって飛び込みます。するとキャシーとダニエルが争っていた屋上にたどり着きます。

「寄生虫だ」と言うルークに対し、ダニエルは数百年も何もできないお前らのために指南してきたと言います。2人は子供の頃のように剣で戦い始めます。死闘を繰り広げ、傷をおったルークは自分が死んだらダニエルも死ぬと言い、ダニエルはそんな勇気ないくせにと言います。

ルークは笑みを浮かべるとダニエルをつかんで屋上から飛び降りました。地面に倒れたルークの元に駆けつけ、話しかけるも返事をしないルーク。キャシーはその横に横たわります。屋上の上には本来の姿に戻ったダニエルが2人を見下ろしていました…

スポンサーリンク

映画『ダニエル』の感想と評価


(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

内気で繊細なルークと、カリスマ性と圧倒的存在感のあるダニエル。対照的な2人の化学反応をマイルズ・ロビンス、パトリック・シュワルツェネッガーが熱演しています。

本作は前半でルークを懐柔し、支配し、追い詰めていくという心理スリラーから次第にダニエルの正体がわかり始め、体を乗っ取るという物理的な行動に出ていき。ホラーやSFのような要素も多分に含まれていく展開になっています。観客もルーク同様に心理描写、その没入感に引き込まれていきます。

ルークという青年は“孤独”や“不安”が強い人物であるといえます。冒頭幼いルークは両親の喧嘩している家から抜け出し、ダニエルと出会うきっかけになった事件現場に行っています。ルークにとって家は苦痛な場所であったと考えられます。ダニエルをドールハウスに閉じ込めるまではダニエルだけが友達であったルーク。

時間が経過し、大学生になったルークの周りにも友達は存在せず、常に孤独でした。周りの人々のように友達と遊んだり、ナイトクラブではしゃいだり出来ず、自分のやりたい写真を堂々とすることも出来ない“孤独”や“鬱屈”を抱えている。そんなルークにとってダニエルはまさに“自分にないものを持っている存在”であったのです。

反対にいえば、それがダニエルの狙いでもありました。ダニエルのアドバイスで、自信を得て、大胆になっていくルーク。自身の押し込めていた欲望を解放することで、なりたい自分、本来の自分を取り戻したかのような気分になっています。同時にダニエルの存在が疎ましくなり、エスカレートしていくダニエルの言動にやっと危険を感じ始めます。

ルークの“孤独”につけこんだダニエルによって翻弄されていくのか、それともルークの心の闇がダニエルを生み出し、破滅させたのか。見方は分かれると思います。

しかし、自分にないものを持っている存在に羨望を抱いたことや、押し込めていた欲望を解放したいと考える気持ちは誰にでもあるものかもしれません。一見超次元的な映画に思える本作ですが、その根底にあるのは誰もが抱える漠然とした不安や孤独、自分自身に対する鬱屈や焦燥感なのです。

心の闇を浮き彫りにし、翻弄されていくルークを見事に演じたマイルズ・ロビンス。更に圧倒的な存在感を放ち、見るものを惹きつけ、狂気を見せつけたパトリック・シュワルツェネッガー。ハリウッドを代表する二世俳優2人の印象的な演技は恐ろしくもどこか耽美的な余韻を残してくれます。

まとめ


(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

空想上の親友に翻弄されていく青年を描いた映画『ダニエル』。

ダニエルはルークの心の闇が作り出した、ルークの別の人格であったのか。それとも超次元的な別の何かで、ルークに寄生したのか…
さまざまな解釈ができるスリラー映画になっていますが、本作の根底にあるのはルークが抱える“孤独”や“不安”でした。ルークの心の闇につけこんだダニエルによって、“自分にないものを持っている”ダニエルに翻弄されていくのです。

心の闇を浮き彫りにし、ダニエルの支配から解放されたいと足掻くマイルズ・ロビンスの演技、圧倒的な存在感を放ち、見るものを惹きつけるパトリック・シュワルツェネッガーの演技に魅了されます。

更にルークの体を乗っ取るダニエルの様子を不穏な音楽と気味の悪い描写で見るものにインパクトを与える演出もあいまって不穏ながらも美しく観客を惹きつける映画になっています。




関連記事

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』10番セイゴ役は坂東龍汰。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 演出は『イニシエーション・ラブ』『トリック』 …

サスペンス映画

『マスカレードホテル』あらすじと内容解説。原作者と映画監督のプロフィール紹介も

映画『マスカレード・ホテル』は、1月18日(金)より全国ロードショー! 東野圭吾の人気作品群「マスカレード」シリーズ。累計310万部を売り上げるこのシリーズの第一作『マスカレード・ホテル』がついに実写 …

サスペンス映画

映画『暗黒女子』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

イヤミスの傑作がついに映画化!全員悪女で嘘つき同士が騙し騙される?! 驚愕のラスト24分が待ち受ける裏切りエンターテイメント『暗黒女子』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『暗黒女 …

サスペンス映画

『バクラウ 地図から消された村』ネタバレあらすじと結末まで感想考察。カンヌ映画祭で話題となったブラジルの田舎で起きた不可解な出来事と寓話的世界

ブラジルの新鋭クレベール・メンドンサ・フィリオ監督の『バクラウ 地図から消された村』 第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞し、シッチェス・カタロニア国際映画祭でも監督賞を含む3冠を達成し数々の映画 …

サスペンス映画

映画『グッドタイム』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

最近、テレビでも放送されたハリー・ポッターシリーズでセドリック・ディゴリーを演じたロバート・パティンソン。 本作ではまるで地方都市から飛び出してきた、頭の残念すぎる若者を熱演し、全部自業自得で大変な目 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学