Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『交渉人』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラストは名作西部劇「シェーン」を彷彿させるどんでん返しの連続!

  • Writer :
  • 大塚まき

ふたりの交渉人が火花を散らす緊迫のサスペンス

『ミニミニ大作戦』(2003)『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019)などのF・ゲイリー・グレイ監督が1998年に製作したサスペンス・アクション。

「スター・ウォーズ」シリーズ、「アベンジャーズ」シリーズ、『パルプ・フィクション』(1994)のサミュエル・L・ジャクソンと『アメリカン・ビューティー』(1999)『ベイビー・ドライバー』(2017)のケビン・スペイシーが共演。

ふたりの人質交渉人が人質犯と彼に指名された交渉人という立場で対峙するハラハラドキドキのサスペンスの見どころを、ネタバレありでご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『交渉人』の作品情報


(C)1998 Monarchy Enterprises B.V. and Regency Entertainment (USA), Inc. All rights reserved.

【公開】
1999年(アメリカ映画)

【原題】
The Negotiator

【監督】
F・ゲイリー・グレイ

【脚本】
ジェームズ・デモナコ

【キャスト】
サミュエル・L・ジャクソン、ケビン・スペイシー、デビッド・モース、ジョン・スペンサー、J・T・ウォルシュ、シオバン・ファロン、ポール・ジアマッティ、リジーナ・テイラー、ブルース・ビーティ、マイケル・カドリッツ、カルロス・ゴメス、ティム・ケルハー、ディーン・ノリス、ネストール・セラノ、ドグ・スピノザ、レナード・L・トーマス、スティーブン・リー、ポール・ギルフォイル

【作品概要】
監督は『ミニミニ大作戦』(2003)『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019)などのF・ゲイリー・グレイ。

共演は「スター・ウォーズ」シリーズ、「アベンジャーズ」シリーズ、『パルプ・フィクション』(1994)『ミスター・ガラス』(2019)のサミュエル・L・ジャクソンと、『アメリカン・ビューティー』(1999)『ビヨンド the シー 夢見るように歌えば』(2005)『ベイビー・ドライバー』(2017)のケビン・スペイシーが凄腕交渉人の頭脳戦を繰り広げます。

映画『交渉人』あらすじとネタバレ


(C)1998 Monarchy Enterprises B.V. and Regency Entertainment (USA), Inc. All rights reserved.

シカゴ警察人質交渉人のダニー・ローマン警部補は、娘を人質に取った犯人と自らの命を賭して事件を解決に導きました。ニーバウム・トラビス署長の誕生日パーティーではテレビからダニーの活躍がニュースでも取り上げられ、署長や同僚からも称えられます。しかし、SWAT隊長のアダム・ベックからは仲間を危険にさらしたやり方を批判されました。

ダニーの相棒・ネイサンが大事な話があると言い、ダニーとネイサンだけでパーティーを抜け出します。

ネイサンは、障害基金のお金が200万ドル近く横領されていることを内偵者から聞いたと言うのです。それも自分たちの仲間が犯人で内務捜査局の人間もかかわっていると。さらにニーバウムの名前も挙がっていると言います。

誰が内偵者かは言えないが、彼とは警察学校で同期だったと言うネイサン。

基金の委員をするダニーは、会計監査では不正の証拠もなく何も聞かされていませんでした。

同僚がパーティーを抜け出した二人を探しにやってきて、またあとで話そうと話は途中に。

帰宅すると妻のカレンが今回のような身を賭して事件にあたることを心配し、もう無茶なことはしないと誓います。

ダニーのポケベルにネイサンから「11時半にフランクリン公園で」と連絡が入り、会いに出掛けてみると、車の中で射殺されたネイサンの姿を発見します。その直後に警察のパトカーがやってきました。

ネイサンもポケベルにダニーと同じ内容のメッセージが入り、一足先に公園に車を止めて待っていたのです。

ポケベルの宛名はダニーからでした。そしてネイサンと顔見知りの誰かが現れると、そいつは持っていた銃を発砲し、ポケベルと銃を目の前の池に投げ入れて逃走したのです。

ダニーは警察署でネイサンから聞いた障害基金の横領のこと、犯人たちに気づかれたからネイサンは殺されたんだとフロストに話します。

そこには、ネイサンから名前が挙がったニーバウムもいて、捜査局の人間が絡んでいると話しますが、しらを切ります。

ダニーはネイサンの葬儀に参列し、相棒の死を悼みました。泣き崩れたネイサンの妻・リンダを傍でカレンが支えます。

翌朝、ダニーの家に署長とフロスト、ニーバウムがやってきて、発見された凶器の銃が窃盗もので、それはダニーが発見した銃だったため、家宅捜査の令状が出たと言うのです。

身に覚えのない海外口座の明細書が見つかり、ダニーは「おれのじゃない ハメたな」と訴えますが、聞き入れてもらえません。

警察署の前ではすでに噂を聞きつけたマスコミがダニーを取り囲みます。同僚の仲間たちも白い目でダニーを見、署長からは銃とバッジを置いていくように停職処分を言い渡されます。

市行政ビルで会ったリンダの様子ががらりと変わり、敵意をむき出しに「絶対に許さない」などと非難されます。

地方検事からは、間違いなく有罪だが、残りの金の在りかと共犯者の名を言えば罪を軽くすると取り引きを持ちかけられます。

弁護士も取り引きに応じた方が良いと忠告し誰一人としてダニーの無実を信じていません。

付き添っていたカレンに車で待つように伝えるとダニーは、20階にある内務捜査局に押し入りニーバウムに真相を問い詰めます。

知らぬ存ぜぬを決め込むニーバウムは、部下に追い出すように言います。その部下と取っ組み合いになったダニーは銃を奪い、「答えるまでここにいてもらう」とその場にいたニーバウム、その助手のマギー、タレ込み屋のルーディーと後でやってきたダニーの同僚フロストを人質にとり立てこもります。

たちまち大勢の警官で20階から下を包囲されますが、爆発物と警察の戦略を熟知しているダニーは建物の構造や周りの様子を見ながら策を練っていきます。

署長はまず、立てこもった中の様子を探るため19階と21階にカメラとマイクを配置させ、ファーリーを交渉役に指名しました。

FBIのグレイとモランが連邦政府のビルは我々の管轄だと言って、交渉役として現われますが、ベックが我々がやると言って主導権を譲りませんでした。

ダニーは、配置されたカメラマイクをすべて取り除き、わざと接触経路を断ちます。

交渉役となったファーリーが20階に電話をかけると、ダニーは西地区の凄腕交渉人、クリス・セイビアンを20分でこさせることを要求し、セイビアン以外と話はしないと伝えます。

クリス・セイビアンは、自宅で機嫌を損ねた妻を説得するのに手を焼いていました。

セイビアンが向かう時間を延ばしてもらうためファーリーが電話をかけますが、かえってダニーに言い負かされ、ダニーは脅かすために天井に向けて銃を発砲しました。

ダニーを説得するのは不可能で突入するしかないと署長に言うベック。

ビルの周りには多くのマスコミも殺到し、ニュースで事件の様子が一部始終流れていました。

ダニーは電話先でベックや狙撃手のパラーモの様子を見抜くことを言い、無線で聞いている警官仲間たちに向けて、基金横領事件とネイサン殺しの真犯人を探すために立てこもっていることを伝え、こうする他になかったと話し始め、真犯人を突き止めるまでここを動かないと断言しました。

この無線はマスコミも聴取し、セイビアンも向かう車で聞いていました。

セイビアンを要求した時間はあと残り4分。その間にニーバウムを観察し問い詰めますが、白状しません。

ビルの前で車を降りたセイビアンは、さも時間に間に合ったように携帯でダニーに電話をかけました。

ダニーに仕事をしていない時は何をしているか尋ねられると、家で本を読んだり、古い西部劇映画を観ていると答えます。

ダニーは、セイビアンがどんな人物かを品定めするといった具合に西部劇の「シェーン」は良かったと話を続け、セイビアンは映画について話をしながら、周りの状況を瞬時に把握していきます。

ダニーはセイビアンの頭の回転の良さに納得すると、要求リストを提示しました。それは、①バッジを届けること。②死んだら警察署で葬儀をすること。③内偵者を捜し出すこと。④相棒殺しの真犯人を捜し出すことでした。

8時間以内にどちらも見つからなければ、1時間ごとに人質を1人殺すとも言い、最後に今すぐ直接セイビアンと話したいと言って電話を切りました。

セイビアンは、すぐさま防弾チョッキを着て、心理分析のトンレイから本気で無実だと思っていることを聞きます。

18階までは荷物用エレベーターで行き、内務捜査局へ通じている暖房用の蒸気管を交渉に使うと的確な指示を出してから、現場に向かいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『交渉人』ネタバレ・結末の記載がございます。『交渉人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1998 Monarchy Enterprises B.V. and Regency Entertainment (USA), Inc. All rights reserved.

ルーディーを人質に、セイビアンと対面したダニー。セイビアンが何故自分が指名されたのか理由を問うと、「仲間に裏切られたら信用できるのは他人だけだ」と答えます。

その瞬間、セイビアンを無視して、窓からの突入が開始。ルーディーを人質に取っていたため、突入してきた警官から銃を取り上げます。隣りの建物から狙っていた狙撃手のパラーモがダニーを捉え、ベックが射殺の許可を出します。

撃てと命令が降りますが、パラーモは引き金を引くことができなく、部隊から外されます。

突入はダニーを説得できないと判断した署長の決断でした。突入したことで警官2人がさらに人質になったことをセイビアンは主張し、全指揮権をセイビアンが握ることに。

署長は無線で改めて、交渉人セイビアンを紹介し、今後は彼が作戦の指揮を執ることを伝えました。

セイビアンは続けて「わたしの許可なしに勝手な行動は許さん」と話します。

ダニーは窓際で丸腰だと言って姿を見せ、突入についてシカゴ警察の人質事件の解決法は人命の保護が最優先ではなかったのかとマスコミに叫びます。

警察のヘリが近づき銃を向けたのを「真実がバレるのが怖くて殺しに来たんだろう ネイサンのように」と挑発し、「人質を殺せば信じるのか」と言い放ちました。

セイビアンは「撃つな!指揮官はわたしだ」と繰り返し無線で伝えますが、ダニーは、「君の命令なんかにやつらは従わんぞ」と言い、突入した警官スコットを小部屋に移動させ、「部隊を送り込むたびに殺してやる」と言いました。

カレンが説得の電話をかけますが、その直後に一発の銃声が響き、「二度とここに部隊を送り込むな」とダニーが伝えます。

セイビアンはあと1時間は銃も突入もしないと約束してほしいと到着したFBIと署長に伝えます。

人質たちが移動させられた大きなフロアーは、電気が落ち暗くなります。助手のマギーがニーバウムのコンピューターの中に彼の秘密のファイルがあることを打ち明けました。

ダニーは何度も無線で連絡を取ろうとベルを鳴らしますが、すぐに取らずに何度かじらすようにしたセイビアンは直接ダニーの元に向かいます。

2回目に対面したダニーは、フロストを人質にして、電気を入れるように要求します。

セイビアンが自分が仲裁に立つ理由を聞くと、ダニーは人質のためだと言い、“報復殺人を望む人質犯に強行突入はするな”という人質救出の鉄則を持ち出し、「連中を信用するな」と付け加えました。

セイビアンは、見くびられないように「何をするか分からんぞ」と釘を差し、互いに出方を探り合います。

電気を入れることと人質の食料と毛布の要求と引き換えに、人質フロストと交換することに合意します。

電気が入ったことで、ニーバウムのコンピューターをルーディーが探り、障害基金に関連の項目を調べさせました。

ネイサンの電話を盗聴していた記録が見つかり、殺される前の晩の10月12日の盗聴記録には誰かと会うことを話していました。

ニーバウムに内偵者が誰なのか問い詰めますが口を割らず、無線でセイビアンに2人だけで話したいと言って、ニーバウムが彼を盗聴してたことがわかり、ネイサンの奥さんに10月12日の晩にネイサンがどこでだれと会っていたのか聞いてほいしと要求し、彼女が話せはもう1人解放すると伝えました。

非常事態に備えて部隊の配備をしたいヘルマンが提案。ヘルマン、アレン、アージェントの1班だけが、換気路を通ってダニーの頭上に出られる場所にセイビアンの指示のもと無断では動かないことを約束して配備されました。

配置についた1班は、チャンスがあればやつを殺すつもりでいました。

コンピューターのファイルから、警官全員の口座リストを見つけます。この中の誰かがウソの申請書を作り、それを知らずのうちにダニーが処理をし、基金のお金をかすめていたのです。

セイビアンは、ある男を連れて来て、無線で内偵者を見つけたから全員解放を求めました。

その男はケイル・ワングロー巡査部長で横領事件の真相を知っていると言い、犯人についてはFBIが彼に話を聞くと伝えます。

ダニーが直接、ケイルと無線で話をしている時に内偵者がネイサンであり、元内務捜査局であったことが判明。

それもネイサンの経歴欄にはアリゾナ大学卒となっていたことで、セイビアンがハッタリを言っていることを見破ります。

セイビアンにネイサンが内偵者だとニーバウムが吐き、仲間の名前も証言すると伝えました。

セイビアンは、真相を突くためにフロストから聞いた情報をハッタリに使ったのでした。

ニーバウムをさらに問い詰めると、ネイサンが盗聴した証拠を持ってきて、わたしが金で買収され処分したというのです。ネイサンは金を拒み殺されたのでした。

盗聴相手は、ヘルマン、アレン、アージェントで会話の盗聴証拠があると自供しました。

しかし、首謀者だけは誰かわからないと言います。証拠は安全なところにあると話した時に頭上から発砲され、ダニーはダイナマイトを投げ入れて反撃します。

セイビアンが中止を命令しますが、1班はそのまま銃撃しニーバウムが射殺されました。

セイビアンが外に出た途端に許可なしに銃撃したことに激怒し、ベックと言い争いになります。そこにFBIのグレイとモランが割り込んで、FBIが指揮を執ることに。セイビアンは必死に突入することに反論しますが、交渉人を降ろされます。

セイビアンは何かあるとしか思えんと投げ捨ててその場を去ります。

無線でFBIのグレイがセイビアンに代わり指揮を執り、5分で投降しなければ、一斉突入すると告げました。

セイビアンは、投降するように説得するためダニーに直接会いに行きます。

ダニーは基金を盗んだのがヘルマン、アレン、アージェントで、ニーバウムは胸に3発撃たれ暗殺されたこと、警官のスコットが実は生きていたことを告げました。

そして、盗聴した証拠がニーバウムの家にあるからそれを手に入れるため脱出するのを手伝ってほしいとセイビアンに頼みます。

人質たちを会議室に避難させ、ダニーはスコットが着ていた警官服を着て暖房用の蒸気管から脱出を試みます。その先でセイビアンが外に出る援助をし、共にニーバウムの家に車で向かいました。

人質たちが救助され、ダニーの言い先を聞かれます。ルーディーは黙秘しましたが、マギーは、隠し立てをすれば刑務所行きだと脅かされ、ニーバウムの家へ行ったことを話しました。

そのことを聞いたヘルマン、アレン、アージェントの3人は、すぐさま現地に向かいます。

ニーバウムの家では、証拠のファイルを探すのに手こずっていました。その矢先に3人が家の前に到着し、ダニーはあと2分時間がほしいと頼み、無線機をもらいました。

家に入ってきた3人に証拠のファイルがあるとハッタリを言い、黒幕の正体を聞き出そうとします。

ヘルマンは「どんな証拠があろうと関係ねえ」と本性を露わにしたと思うと、そこにフロストが現れ、ヘルマンに耳打ちし3人を外に出し、力になろうと近寄ってきました。

ダニーが隠れている方の窓に人影が見えると、セイビアンはダニーをフロストの前に突き出し、「この男を殺す」と銃をダニーに突きつけました。

そして、フロストに西部劇は好きかと尋ね、ダニーに「シェーン」はラストで彼は死んでいたんだと言って、発砲します。

倒れたダニーの腹部から血が溢れ出ています。

セイビアンは、フロストに取り引きを持ちかけました。証拠と引き換えに横領したお金50%を要求すると、35%と言い合意します。

フロストは偽のフロッピーディスクを握り潰し、コンピューターを銃で撃つと、「ダニーが撃たれた」と外に出ました。

集まっていた署長と仲間たちは、無線で中の会話をすべて聞いていたのです。

セイビアンに介助されたダニーが外に姿を見せると、フロストは自殺しようと持っていた銃を首にした瞬間、ベックが発砲し阻止しました。

セイビアンは、担架に運ばれ救急車に乗るベックに警察バッジを渡しました。

スポンサーリンク

映画『交渉人』感想と評価


(C)1998 Monarchy Enterprises B.V. and Regency Entertainment (USA), Inc. All rights reserved.

本作はアクション映画を得意とするF・ゲイリー・グレイ監督が、1998年に製作したサスペンス・アクションです。

後に強盗アクションの『ミニミニ大作戦』(2003)、カーアクションの『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)、SFアクションの『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019)などを製作し、本作がF・ゲイリー・グレイ監督のアクション映画の原点と言えるでしょう。

冒頭から人質交渉人・ダニーが人質犯を交渉していく話術と事件解決までの緊迫感で引き込ませ、人質事件において、犯人と交渉して解決するダニーと、突入こそが最良の解決と思っているベックとで隔たりがあることを示唆します。

そして、殺人犯の汚名を晴らすことと相棒を死に追いやった真相を暴くために、ダニーは内務捜査局で人質を取って立てこもり、交渉人・セイビアンと対峙します。

大勢の警官、パトカー、ヘリが立てこもったビルを包囲し、壮大なスケールを映し出しますが、立てこもったフロアーの一室と警官の司令室を電話(無線)のやり取りの中で、一体誰が犯人なのか切羽詰まった心理戦で切迫感を煽っていきます。

本作の見どころは、数十年共に働いてきた仲間の信用が一夜にして揺らぎ、敵味方が入り乱れていく面白さです。

誰が共犯者で首謀者は誰なのか? それが今まで信頼し互いの命を守ってきた仲間の中にいるのを、2人の交渉人が暴いていきます。

セイビアンもまた、嘘に翻弄されながらも真相を突き止めていく姿も痛快です。

そして、数時間のうちに仲間が敵に、人質が味方に、他人が仲間と目まぐるしく変化していく人間関係の面白さとスリリングさを味わいます

また、変わらない妻・カレンとの愛情があったからこそ、ここまでの執念が報われるのです。

まとめ


(C)1998 Monarchy Enterprises B.V. and Regency Entertainment (USA), Inc. All rights reserved.

劇中に散りばめられた伏線が回収される度に事件の真相に繋がっていき、次の展開がどうなっていくのかというハラハラ感を誘います。

映画『シェーン』(1953)のラストで主人公が死んだか、死んでないのかという話題での伏線回収も見事です。

冒頭で西部劇が好きと言ったセイビアンが、ラストで西部劇の決闘のように黒幕を騙し討ちする痛快さはたまりません。

勇敢で頭脳明晰という共通しているふたりの交渉人という登場人物。この2人のキャラクターでもっとも重要な共通点は、人命救助をなにより優先できるという点です。

また、終始一貫して人命より犯人逮捕のための突入に強情さを見せたベックが、ラストで自分の過ちを認めるような表情がはじめて人間らしくて印象的でした。

ダニーを何としてでも殺そうとしていたのに、真相が明かされると手のひらを返す態度が可笑しみを含んでいました。




関連記事

サスペンス映画

『人狼ゲームデスゲームの運営人』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。小越勇輝が巧みに殺人ゲームの裏をかく

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』は、11月13日(金)よりシネマート新宿・心斎橋にて公開 会話とコミュニケーションを楽しむパーティーゲームとして、日本でも定着した「人狼ゲーム」。 これを題材にし …

サスペンス映画

映画『潜入者』あらすじとキャスト!ブライアンクランストン演技評価も

アメリカの「麻薬戦争」史上最も大胆にして最も成果を上げた潜入捜査作戦! そのロバート・メイザー本人による原作の回顧録を映画化した映画『潜入者』。 およそ5年間に及んだ危険な潜入捜査の実態を演じた名優ブ …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』8番タカヒロ役は萩原利久。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

映画『ダークウォーターズ』あらすじネタバレ感想と結末ラスト解説。デュポン事件を告発した弁護士ロバート・ビロットの信念

映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』2019年11月北米公開 映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』は、巨大企業デュポンの不法行為をたった1人で暴 …

サスペンス映画

【ダイナー映画ネタバレ】本郷奏多演じるキッドが子供の理由は過去に秘密が⁈実写再現力は演技の賜物

2019年7月5日に公開された映画『Diner ダイナー』。 平山夢明の小説『ダイナー』を原作としながら、蜷川実花監督がその色彩感覚で新たな世界を描いた映画『Diner ダイナー』。 (C)2019 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学