Cinemarche

映画ネタバレ・感想・考察サイト

アクション映画

映画『シェーン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

Entry 2016/12/19| Update

最近は名作映画が次々にデジタル・リマスター版として、美しい映像で返り咲き上映されています。

西部劇の名作『シェーン』も、今年2016年4月から全国順次上映され話題となりました。

まさに、「シェーン、カムバック〜〜〜‼︎」と、美しい映像で戻ってきた1本。

今回は西部劇『シェーン』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『シェーン』の作品情報

【公開】
1953年(アメリカ)

【監督・製作】
ジョージ・スティーヴンス

【キャスト】
アラン・ラッド、ジーン・アーサー、バン・ヘフリン、ブランドン・デ・ワイルド、ウォルター・ジャック・パランス、ベン・ジョンソン、エドガー・ブキャナン、エミール・メイヤー、エリシャ・クック・Jr.、ダグラス・スペンサー、ジョン・ディアクス、エレン・コービイ、ポール・マクビ、ジョン・ミラー、エディス・エバンソン、レオナルド・ストロング、レイ・スパイカー、ジャニス・キャロル、マーティン・メイソン、ヘレン・ブラウン、ナンシー・カルプ

【作品概要】
雄大な自然が広がるワイオミングに現れた流れ者シェーンが、開拓民家族との交流や、悪徳牧場主との戦いを描いた西部劇の名作。

ジャック・シェーファーの小説を原作に、ジョージ・スティーヴンス監督による、『陽のあたる場所』『ジャイアンツ』と並ぶアメリカ史三部作です。

2013年に、公開60周年を記念してデジタル・リマスター版が製作され、日本では2015年に、第28回東京国際映画祭で初上映されました。

スポンサーリンク

映画『シェーン』のあらすじとネタバレ

シェーン1
Shane TM & Copyright (C) 2016 by Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

1890年の初夏。ワイオミング高原から少年ジョーイの前に、一人の流れ者ガンマンがやって来ます。

移住民一家のジョー・スターレットの家に立ち寄った流れ者ガンマンは、飲み水を分けて貰いました。

その矢先、ジョーとその家族に嫌がらせをする荒くれ者の牧場主の一味が訪れてきます。

彼らを追い払うことに、一役買った流れ者ガンマンは、ジョーの誘いで泊めてもらうことになりました。

ガンマンは、シェーンと名前を名乗り、頼れそうな彼に、息子のジョーイや妻のマリアンは興味を持ちます。

夫のジョーは、悪徳牧場主のライカーに悩まされているので、一緒に働いてくれないかとシェーンに頼みました。

町に買出しに出かけたシェーンは、酒場でライカーの子分から喧嘩を売られますが相手にしません。

ライカーたち嫌がらせを受けている移住民たち家族は、集団で挙って町に買出しに行きます。

再びシェーンが酒場に現れると、前のことで図に乗ったライカーの一味は、またも彼に絡んできました。

しかし、シェーンも応えて乱闘が始まり、助けに入ったジョーと共々、ライカーの一味を相手を叩きのめして、酒場を引き揚げていきます。

怒り心頭に達したライカーは、シャイアンから腕利きの殺し屋ウィルソンを呼び寄せます。

やがて、移住民たちの中で短気なトリーが、ウィルスンの挑発に乗り、最初の銃弾を受けて殺されてしまいます。

ついに、移住民たちの中から犠牲者が出たことで、結束は揺らいでしまい、町を去る決断迫られた家族も出ます。

以下、『シェーン』ネタバレ・結末の記載がございます。『シェーン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

悪党ライカーたちから農場の明け渡しを要求されて、ジョーは、移住民農のために命を捨てる覚悟を決めました。

しかし、シェーンは、一人でライカーの一味がいる酒場に乗り込もうとするジョーを殴って気絶されます。

シェーンは、密かに惹かれていた人妻マリアンに別れを告げます。

馬に跨ったシェーンは、敵地である酒場へと歩み行くと、その後ろ姿をジョーイが追いかけます。

酒場での決闘が始まると、銃の凄腕ウィルソンでしたが、さらに上手で一瞬早いシェーンの銃さばきの前に射殺。

それを見届ける熱い眼差しジョーイ。シェーンの背後を狙う2階にいたライカーの弟を見つけ、シェーンに声をかけたジョーイ。

酒場を出ようとしたシェーンは、それに気が付き、ライカーの弟も一瞬のうちに射殺されます。

しかし、一方のシェーンもライカーの弟が放った銃弾を受けてしまったようです。

酒場の前にいるジョーイに、「立派な男になれ」と声を掛けるとシェーンは馬に乗って去って行きます。

その後ろ姿に呼びかけるジョーイの叫び声、「シェーン、カムバック〜!」。

しかし、シェーンは小高い丘にある墓場の中を抜けて消えて行きます。

ジョーイの声だけが、闇の荒野に響き渡ります…。

映画『シェーン』の感想と評価

シェーン2
Shane TM & Copyright (C) 2016 by Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

アラン・ラッド演じるシェーンが、初めて少年ジョーイに出会った時のセリフが印象深いですね。

しっかり、ものを見る子どもは好きだ、きっと立派な男になる。」と会話を交わします。

これを聞かされた観客も、ジョーイのように瞳を丸く見開いて、何一つ見落とさないようにスクリーンを観なくてはいけないな〜、と思わされてしまいますよね。

原作者ジャック・シェーファーは、「私が書こうとしていることは、アメリカが、かつてどんな型の人間を持っていたのかということである。そして、そういう人間を書くことは、もう一度アメリカは、そういう人間になれると確信するからだ」と述べています。

このことが、ジョージ・スティーヴンス監督の『陽のあたる場所』『ジャイアンツ』と並べて、「アメリカ三部作」と言われる点です。

西部劇ではありますが、密に描かれたヒューマンドラマとも言えるのではないでしょうか。

また、映画の特徴は、「境」というキーワードです

先ほど挙げたセリフの前には、ワイオミング高原からやって来るシェーンと、鹿のいる川(境)挟み、ジョーイ、または、ジョーの家が位置されていて、冒頭から「境」がテーマであること暗示しています。

それは、「流れ者と移住者」「子どもと大人」「人妻マリアンとシェーン」「正義と悪」など踏み越えてはいけない対向軸の意味を表しているのでしょう。

その中でも、人妻アリアンとシェーンの関係の境は、この当時はまだ不倫関係を描くことはできない時代でしたから、ジョー・スターレット家の室内セットは、デザイン設計がされせ見せてくれます。

気持ちの揺れを表現するために、巧みに部屋やドアがセットに位置され、登場人物の動きで見せています
(映画評論家の淀川長治も巧みなセットであることは指摘しています。)

他にも、祝祭のダンスシーンの柵や、酒場と雑貨など、美術を担当したハル・ペレイラとウォルター・タイラーの見事さには眼を見張るものがあります。

50年代初頭に忘れかけてしまったアメリカ人としてスピリッツ、あるいは「境」という隠喩を強いこだわりの表現を見せた西部劇は、なかなか他にはありません。

やはり、名作中の名作と言っても過言ではありませんね。

まとめ

シェーン3
Shane TM & Copyright (C) 2016 by Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

映画評論家の淀川長治は、ハリウッドにあるパラマウントスタジオの試写室で観た後、「これはアメリカ映画の不死鳥である。生涯この美しい映画の思い出は消えまい。」と述べました。

まさに、デジタル・リマスター版とは、不死鳥のように蘇り、現代に「カムバック」した作品なのかもしれません。

映画とは、その時代の人に対するメッセージ。

しかし、時代に左右されず「色あせない」大切なメッセージは、時を越えて名作と呼ばれ流のでしょう。

不死鳥(デジタルリマスター)のごとく再生させることで、誰もがそのメッセージの受信者となり、見返すものかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

アクション映画

映画『脱出』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

都会の喧騒を逃れ、大自然の中で休暇を楽しむはずだった4人の男… 彼らを待ち受けていた恐怖の正体とは?! 奇才ジョン・ブアマン監督作『脱出』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『脱出』の作品情報 【 …

アクション映画

マッドマックスをブラッククロームエディションで観るべき3つの理由!

2017年1月14日から劇場公開中、モノクロ映画の集大成であり、映画史の総括といっても過言ではない、『マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>』エディションをご紹介。 「カラーで観た …

アクション映画

映画『ザ・コンサルタント』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

新作『ザ・コンサルタント』の予想以上満足度から、”シリーズ化を望む待望の声”や、まるで”海外ドラマの第1話を観たような20話分の価値”があると言った喩えが挙がるほど、観客の反応は高い今作。 主演ペン・ …

アクション映画

映画『新宿スワンⅡ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

綾野剛が映画宣伝を兼ねてテレビ出演をしている様子を見るたびに、彼は人柄を感じる俳優。 昨日2月1日にも、バラエティ番組に出演した際に、過去の映画「20世紀少年』のオーディション・アクターを務めた経験を …

アクション映画

映画『アウトバーン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク 映画『アウトバーン』作品情報 【公開】 2016年(アメリカ/ドイツ) 【原題】 Collide 【監督】 エラン・クリ―ヴィー 【キャスト】 ニコラス・ホルト(ケイシー)、フェリシ …