Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『HiGH&LOW THEWORST』あらすじネタバレと感想。EXILETRIBEキャスト陣の勇姿をアクションで魅せる!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『HiGH&LOW THE WORST』は2019年10月4日(金)より全国ロードショー公開!

人気バトルアクション『HiGH&LOW』シリーズの最新作映画『HiGH&LOW THE WORST』。

累計発行部数7500万部を超える伝説的不良漫画『WORST』と奇跡のコラボレーションを果たし、漫画家・高橋ヒロシが自身初の映画脚本を手がけた作品でもあります。

『HiGH&LOW』の鬼邪(おや)高校と『WORST』の鳳仙学園がスクリーン上で大激突します。

スポンサーリンク

映画『HiGH&LOW THE WORST』の作品情報


(C)2019 高橋ヒロシ(秋田書店)/「HiGH&LOW」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
髙橋ヒロシ

【監督】
久保茂昭

【脚本】
高橋ヒロシ、平沼紀久、増本庄一郎、渡辺啓

【アクション監督】
大内貴仁

【企画プロデュース】
HIRO(EXILE)

【キャスト】
川村壱馬、吉野北人、前田公輝、山田裕貴、白洲迅、富田望生、矢野聖人、中務裕太、小森隼、志尊淳
 
【作品概要】
ドラマ・映画・ライブ・音楽など多種多様なメディアと連動・展開を続ける、「EXILE TRIBE」が手がけるエンタテンメントプロジェクト『HiGH&LOW』シリーズの最新作映画。

本作では、髙橋ヒロシの不良漫画の金字塔『クローズ』シリーズの代表的作品の一つ『WORST』とまさかのコラボレーション。『HiGH&LOW』シリーズからは鬼邪高校、『WORST』および『クローズ』シリーズから鳳仙学園が登場し、互いの仲間が襲撃された事件を機に大抗争を繰り広げます。

LDH所属の若手俳優を中心に人気キャストが集結。監督とアクション監督は、『HiGH&LOW』シリーズを手がけ続けてきた久保茂昭と大内貴仁のコンビが続投しています。

映画『HiGH&LOW THE WORST』のあらすじとネタバレ


(C)2019 高橋ヒロシ(秋田書店)/「HiGH&LOW」製作委員会

SWORD地区の一角を担い「漆黒の凶悪高校」とあだ名される鬼邪高校に、花岡楓士雄が転校してきます。

全日制のトップ・轟洋介が定時制のトップ・村山良樹にタイマン勝負で敗れたことで、鬼邪高校内ではにわかに覇権争いが激化していました。

元々はSWORD地区の希望ヶ丘団地、通称「絶望団地」の出身でもある楓士雄は、一気に鬼邪高校内で大きな存在となっていき、やがて村山との一戦でケガを負った轟、そして村山との決闘も口にするようになります。

その頃、鬼邪高校内ではかつてSWORD地区で出回った違法ドラッグ「レッドラム」が再び流通し始めていました。そのことを知った村山は、レッドラムの出どころを探り始めました。

また楓士雄の幼馴染・新太がレッドラムの売人をやっていることが判明し、楓士雄や尾々地兄弟たちも動き始めます。


(C)2019 高橋ヒロシ(秋田書店)/「HiGH&LOW」製作委員会

一方、戸亜留市の鳳仙学園でもレッドラムの存在が問題視されるようになり、現トップ・上田佐智雄と鳳仙四天王たちもその出どころを探り始めました。

そんな中、鬼邪高校のメンバーがスキンヘッドの一団に、鳳仙四天王の一人が「鬼邪高校」を名乗る一団に襲われます。

鳳仙学園は「幹部以外の生徒は全員スキンヘッド」が最大のトレードマークであり、加えて鬼邪高校を襲った男たちは鳳仙の学ランと同系色であるグレーの学ランを着ていました。

互いのナワバリが汚されているレッドラムの一件もあり、鬼邪高校・全日制組と鳳仙学園はついに抗争を開始します。

個人の能力を押し出していく鬼邪高校と、集団の組織力によって迫る鳳仙学園。

一進一退の攻防が続く中、そこに村山率いる鬼邪高校・定時制組が割って入ります。

そして、この抗争とレッドラムのカラクリを語って聞かせます。

以下、『HiGH&LOW THE WORST』ネタバレ・結末の記載がございます。『HiGH&LOW THE WORST』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 高橋ヒロシ(秋田書店)/「HiGH&LOW」製作委員会

鬼邪高校・全日制組対鳳仙学園の抗争のきっかけとなった事件を画策したのは、レッドラムの密売グループでした。

鬼邪高校の生徒・鳳仙学園の生徒の姿に扮してそれぞれの学園の生徒を襲撃し、自分たちの商売の邪魔邪魔となり得る鬼邪高校と鳳仙学園を衝突させることで両校の共倒れを狙っていたのです。

密売グループが自分たちが生まれ育った希望ヶ丘団地を拠点としていることを知った楓士雄。

単身団地に乗り込もうとしますが、彼の前には轟をはじめとする全日制組が姿を現し、ともに乗り込むことになります。また、新太が密売グループの末端構成員だと知った尾々地兄弟たちも動き出します。

そして団地にたどり着いた鬼邪高校・全日制組に、佐智雄率いる鳳仙学園が合流します。

団地を舞台に、最後の激闘が始まります。さらに村山も定時制組の軍団を率いて加勢します。

アジトから新太を救い出すことに成功した楓士雄は、幼馴染が待つ馴染みの駄菓子屋へ新太を連れ帰ります。

鳳仙学園側もレッドラムの問題が片付いたこともあり、一旦矛を収めます。

騒乱後、村山は鬼邪高校を退学。一方、楓士雄は改めて鳳仙学園の佐智雄、そしてその先にいるという鈴蘭高校の「カラスたちのトップ打倒を目指して動き始めました。

スポンサーリンク

映画『HiGH&LOW THE WORST』の感想と評価


(C)2019 高橋ヒロシ(秋田書店)/「HiGH&LOW」製作委員会

ストーリー自体は相変わらず荒唐無稽で本当に日本の出来事とは思えず、俳優たちも極端なキャラクターと衣装・メイクで押し切っている感が強く、怒号とアクションのないシーンだと途端に薄さ・浅さを感じてしまうのですが、それでもここまでアクションシーンのつるべ打ちで押し切られると一種の爽快感のようなものがあります。

映画終盤、あらゆる撮影手法を使って100人単位で展開されるアクションシーンには思わず唸ってしまいます。

鉄パイプや角材、ナイフといった得物は用いられているものの、銃火器は決して登場せず、基本的には全員が接近戦の素手喧嘩(ステゴロ)です。

準メインキャラ(『HiGH&LOW』シリーズはこのポジションのキャラクターが実に多く、それが作品としての魅力にもなっています)の見せどころとなるショットでは、カメラが一時停止する、あるいは時にスローモーションで描くことでその勇姿を丁寧に捉えます。

それはキャラクター、あるいは演じているキャスト陣のプロモーションビデオ映像のようにも感じられ、トゥーマッチ感もなくはないのですが、ここまで突き詰められると清々しさすらあります。

まとめ


(C)2019 高橋ヒロシ(秋田書店)/「HiGH&LOW」製作委員会

『HiGH&LOW』シリーズに『クローズ』シリーズの世界をぶち込むというかなりの力技の作品でもある本作。

今回コラボレーションを果たした漫画『THE WORST』は作品こそ違えど、『クローズ』自体は『クローズZERO』『クローズZEROⅡ』『クローズEXPLODE』と三作も映像化を続けてきた東宝の一ブランドでもあります。

それを松竹で展開していた『HiGH&LOW』に合流させるという大技はなかなかできません。

また鳳仙学園といえば、『クローズZEROⅡ』で金子ノブアキ・三浦春馬・綾野剛が学園のメインキャラクターを演じ、強烈なインパクトを残してもいます。その高いハードルの中で「殺し屋軍団」鳳仙学園の人気キャラクターを演じ切ったことだけでも評価に値すると言えるでしょう。

そして映画のラストでは、『クローズ』シリーズを読んだ/観た者ならば誰もが知るであろう「鈴蘭」の文字と「カラス」たちの存在が言及されています。

人気漫画家にして『クローズ』シリーズの生みの親・髙橋ヒロシを口説き落とし、このとんでもないコラボレーションを実現させたHIROの発想力と行動力の高さには素直に感心してしまいます。

そして、『HiGH&LOW』シリーズを撮り続け、その世界観を形作ってきた監督・久保茂昭&アクション監督・大内貴仁コンビによる集団アクションシーンはやはり見応えがあります。

鬼邪高校VS鳳仙学園の対決における地に足をつけたハードなアクションに対し、鬼邪&鳳仙連合VS薬物ギャングとの激突では絶望団地を舞台にした縦移動を取り込んだより立体的なアクションを魅せ、アクションという観点から映像の雰囲気をガラッと変えてくる余裕も感じます。




関連記事

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の昌文君役は高嶋政宏。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

映画『SPL 狼たちの処刑台』あらすじとキャスト。上映館情報紹介も

『SPL 狼たちの処刑台』は9月1日(土)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほか全国ロードショー!! 「イップマン」シリーズで知られるウィルソン・イップがメガホンを取り、カンフースターのサモ・ハン …

アクション映画

【ネタバレ感想】キングダムの映画と原作の比較解説。どこまで実写化されたのか⁈

『キングダム』の映画と原作の比較検証 壮大な世界観で原作を読む人を圧倒し、虜にしてきた人気コミック。古代中国で繰り広げられる歴史ロマン大作『キングダム』がいよいよ実写化されました。 公開前から、原作の …

アクション映画

映画MEGザ・モンスター|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

全世界大ヒットの「MEG ザ・モンスター」がついに日本上陸!。 1975年に公開された名作『JAWS』以来、続いているサメをモチーフにしたパニック映画の究極進化系です。 太古の巨大ザメのメガロドンが蘇 …

アクション映画

『キングスマン ゴールデンサークル』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

キングスマンが年明け早々大暴れ! 本作には新たにアメリカのスパイ機関ステイツマンも登場!! さらにパワーアップして帰ってきたマシュー・ヴォーン監督最新作。 2018年1月5日(金)公開の『キングスマン …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP