Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 田中比奈

妻を奪った悪魔を狩る!ニコラス・ケイジ、ジョルジ・パン・コスマトスの息子パノス・コスマトス、ヨハン・ヨハンソンがチームを組み、全く予想できない世界を作り上げました。

理不尽な地獄の中でただひたすら“赤”に灼かれるサイケデリック映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』をご紹介します。

映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』の作品情報


(C)2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved

【公開】
2017年(ベルギー映画)

【原題】
Mandy

【監督】
パノス・コスマトス

【キャスト】
ニコラス・ケイジ、アンドレア・ライズボロー、ライナス・ローチ、ネッド・デネヒー、オルウェン・フエレ、リチャード・ブレイク、ビル・デューク

【作品概要】
ニコラス・ケイジが復讐に燃える男を演じる、バイオレンス・リベンジ・スリラー。

愛する妻マンディとともに静かに暮らしていた男・レッドは、突然現れた凶暴なカルト教団に妻を惨殺され、たった一人での復讐を誓います。ところが得体の知れないバイク集団が彼の前に立ちはだかり…?

監督は『ランボー 怒りの脱出』『コブラ』などで知られた故ジョルジ・パン・コスマトスの息子パノス・コスマトス。

主人公レッドをケイジが演じ、妻のマンディには『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のアンドレア・ライズボロー。

音楽は『ボーダーライン』『博士と彼女のセオリー』などで知られ、2018年2月に急逝したヨハン・ヨハンソンが担当しました。

生前最後のスコアとなった本作は彼に捧げられています。

スポンサーリンク

映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』のあらすじとネタバレ


(C)2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved

1983年のカリフォルニア。

レッド(ニコラス・ケイジ)とその妻・マンディ(アンドレア・ライズボロー)は、山奥の小屋でひっそりと暮らしていました。

マンディは感受性が強く、星や自然に思いを馳せながら見事な絵を描く事ができました。

2人は穏やかに生活していますが、暗い過去を背負っていることが会話の端々から伺えます。

ある日、マンディは“新しい夜明けの子供達(以下、NDC)”を自称するカルト集団とすれ違い、NDCのリーダー・ジェレマイア(ライナス・ローチ)に見初められてしまいました。

ジェレマイアは一番地位の低い信者を生贄に捧げ、怪しげな笛と液体で異形のバイカー集団を召喚します。

信者達とバイカー集団はレッドとマンディを誘拐し、ジェレマイアはマンディを薬と毒液でトリップさせ、自分のものになるよう誘惑しました。

ところが、ジェレマイアが聞かせた自作の曲をマンディは嘲笑します。

ジェレマイアは元々フォークシンガーを志望していましたが、叶わずに神秘主義に傾倒し、セックスとドラッグを操るカルトリーダーになった男でした。

ジェレマイアは激高し、マンディを麻袋に入れ無惨に焼き殺してしまいます。

拘束されたレッドはそれを目の前で見せつけられ、気を失いました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』ネタバレ・結末の記載がございます。『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

目覚めたレッドは自力で拘束を解き、灰になったマンディの遺体を見て復讐を誓います。

レッドの気絶中にジェレマイア達もバイカー集団も消えてしまったため、行方を追わなくてはいけません。

レッドはまず昔なじみの男(ビル・デューク)の元へ行き、預けていたクロスボウと、特製の矢を受け取ります。

武器を使う理由を男に説明したところ、そのバイカー集団は“ブラック・スカルズ”に違いないと男は推測しました。

ブラック・スカルズ(以下、BS)は元々麻薬の製造元に関わっていたたちの悪いバイカーでしたが、ある製薬者が彼らに危険なコカインを使ったところ、精神を病み容姿が変わってしまったとの事でした。

やつらにとっては苦痛こそが喜びだ、生きては帰れないと男はレッドに警告します。しかしレッドはクロスボウに加えて禍々しい戦斧を作り上げ、武装を整え、彼らの通る道を待ち伏せました。

クロスボウを巧みに操り一人は倒したレッドですが、バイクと衝突し、BSが棲むトレーラーハウスに連れ去られます。

拷問を受けるかと思われましたが、脱出し次々と彼らを返り討ちにするレッド。

レッドはBSが持つコカインをがむしゃらに吸い、彼らがジェレマイアから受け取っていた怪しい液体を舐めてしまいます。それは彼らが愛用していたLSDでした。

レッドはBSのリーダーとも熾烈な争いの末に勝利し、リーダーの首を戦斧で両断します。

BSを壊滅させたレッドですが、薬物を摂取した為に精神が錯乱しはじめた上、毎夜マンディの夢を見て苦しみます。

レッドは苦痛に苛まれながら、NDCが北へ向かったとの情報を得てひたすら北上しました。

そしてとうとうNDCの本拠地を見つけ、信者を一人ずつ奇襲し始末していきます。

武闘派の信者にはチェーンソーを持って襲いかかりますが、信者も刃が2m近くあるチェーンソーで応戦。

しかしレッドは小回りの利く標準チェーンソーの強みを生かし、辛くも勝利しました。

NDCの拠点はピラミッドのような外観をしており、内部はカタコンベを思わせる石造りの通路でした。

マンディに同情的だった一人の女性を除き、信者を皆殺しにしたレッドは、ついにジェレマイアを追い詰めます。

ジェレマイアはレッドを脅したり宥めたりと懐柔を試みますが、レッドは聞き入れません。

お前の神秘主義は偽物だ、俺がお前にとっての神になった、と言い切り、ジェレマイアの頭を素手で握り潰します。

彼は最後に火を放ち、拠点を後にしました。

「暗い魂ほど明るく燃える」と信者がマンディを嘲ったように、皮肉にも拠点は赤々と燃え上がりました。

レッドは帰路の車の中で、マンディとの過去を思い起こし、助手席に座る彼女の幻覚を見ます。

どこまでも赤い空の下、マンディを失ったまま、彼は車を走らせ続けました。

映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』の感想と評価

薬物を活かした演出の妙


(C)2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved

主人公が妻を理不尽に殺される、というショッキングな始まりですが、恐らくチャールズ・マンソンによる殺人事件を下敷きにしたのではないでしょうか

妻とともに美しい森の中で暮らしてきた主人公が、突然何もかもを奪われ一気に地獄に叩き落とされるとともに、世界もがらりと色を変え黙示録の様相を呈してきます。

あるいは、カルト主義者や半グレ達が、自分たちの土俵へ主人公を引きずり込んだ、の方が正確でしょうか。

そのグロテスクな色彩が本作の大きな特徴ですが、これを受け入れられるかが本作を楽しむ鍵となりそうです。


©1996 LAKESHORE INTERNATIONAL CORP.ALL RIGHT RESERVED.

地獄と言えばブラック・スカルズのデザインは『ヘルレイザー』(1987)のセノバイトのようでとにかく格好良く、到底人間には見えないのですが、正体はれっきとした薬物中毒者。

理性から解放し原初の本能を呼び起こす薬物とカルトは切っても離せない関係であり、その本質は「神に近づくため」とされています。

ブラック・スカルズやジェレマイア達はその神性を盾にレッドを痛めつけるものの、レッドはそれを察したのかどうかLSDやコカインを次々と摂取し、もはや戦いは「誰が神に近いか」の殴り合いとなります。

最終的にはレッドが勝利しますが、薬物と精神的疲弊によって「俺こそが神」という信念を持たなければ負けていたでしょう。


(C)2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved

心理描写に限らず、本作を構築する主軸は薬物そのものです。

薬物と神秘主義に取り憑かれた人物の目と耳を通して、観客は映画を鑑賞します。

画面は抽出した喜怒哀楽をこれでもかと強調し、そこにサイケデリックで淫靡な色を乗せ、ただひたすら本能と欲望のまま動く人間達を掘り下げていきます

この描写こそがアクセントとなり、一見受け入れがたい雰囲気とは裏腹に、観やすく堅実に料理されている印象を受けました。

更に、丁寧に練られたアクションと俳優の演技がその脇を固め、悪夢的なエンターテイメントとして仕上がっています

特に絶対に欠かせないのが、故ヨハン・ヨハンソンによる音楽です。

「なぜこの映画にヨハン・ヨハンソンが?」と初めは疑問でしたが、例えばヘビーサウンドでもサイケトランスでもなく、「そうきたか」と思える音楽性に圧倒されました。

地を這うようなテンポと、頭を擦り続けるのに心地良い不協和音が映像と見事に融合し、観る側のトランス効果を限りなく高めてくれます。

家で鑑賞の際にはぜひヘッドホンをつけて肩の力を抜き、うなされそうな心地よさに酔いましょう。

監督のテレビへの思い入れ?


(C)2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved
本作ではテレビが印象的に使用され、異様な映像やテレビCMが次々と流れます。

例えば劇中CM「チーズ・ゴブリン」は、チーズ・ゴブリンと呼ばれる怪物が笑顔の子供たちにチーズマカロニを吐き散らすという一度見たら忘れがたい映像なのですが、テロップではこういった小品についても一つひとつ製作スタッフが記載されています。

テレビ映像に並々ならぬこだわりを見せるコスマトス監督は、恐らくテレビっ子だったのではないでしょうか。

本作のおどろおどろしい画面作りはロブ・ゾンビを連想しますが、彼もやはり相当なテレビっ子でした。

例えばテレビで育った人はテレビの、ネットはネットの、本は本の、それぞれのメディアの影響を受けて、それぞれの傾向が無意識に作品に現れるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved

ニコラス・ケイジの今までの出演作品とは明らかに傾向が異なりますが、本作を観た後では、この主人公はニコラス・ケイジしかいないと納得しました。

恐らく、ケイジファンの間では長く語り継がれる作品となるのではないでしょうか。

邦題は木曜洋画劇場のようですが、いわゆるサイケデリック・ムービーである『マンディ 地獄のロード・ウォーリアー』

映像・演技・音楽・アクションともに質が高く、サイケデリックとバイオレンスが合体した娯楽作品として、オススメできます。

関連記事

アクション映画

映画『REVENGE リベンジ』あらすじとキャスト。上映する劇場情報も

マチルダ・アンナ・イングリッド・ルッツ主演の映画『REVENGE リベンジ』は、「美しく残酷にぶっ殺す」をキャッチフレーズにした気絶する観客多数の問題作と言われている2018年7月7日公開の異色作。 …

アクション映画

パイレーツオブカリビアン最後の海賊の試写会情報!あらすじキャストも

「ジャック・スパロウ…今度はお前が死ぬ番だ」 全世界待望の大人気シリーズ5作目となる映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『パイレーツ …

アクション映画

映画『ウルフズコール』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。潜水艦サスペンスおすすめの精神的アクションムービー

「黄金の耳」を持つ特別分析官が挑む緊迫の潜水艦サスペンス・アクション アントナン・ボードリーが脚本・監督を務めた、2019年製作のフランスの潜水艦サスペンス・アクション映画『ウルフズ・コール』。 シリ …

アクション映画

香港映画『レイダース 欧州攻略』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。トニーレオンの攻略シリーズ第3弾!

凄腕のエージェントが亡き友のためにCIAを欺くエージェント・アクション ジングル・マが監督を務める、2018年製作の香港のエージェント・アクション映画であり、トニー・レオン主演による『東京攻略』『ソウ …

アクション映画

映画『ヘラクレス』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

泥くさいアクション満載のスカッとする作品。 ドウェイン・ジョンソン主演、ヘラクレスのご紹介です。 スポンサーリンク CONTENTS映画『ヘラクレス』の作品情報映画『ヘラクレス』のあらすじとネタバレ映 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学