Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【映画ネタバレ】アンビュランス(2022)あらすじ感想と結末の評価解説。マイケル・ベイ監督演出は健在!ド派手カーチェイスを“警官との相乗り救急車”で繰り広げる

  • Writer :
  • 糸魚川悟

銀行強盗の思わぬ「相乗り客」との逃走劇の結末は?
マイケル・ベイが放つノンストップ・カーチェイスムービー!

止むを得ない事情により、銀行強盗に加担した元軍人の主人公。ところが計画は狂い続け、挙げ句の果てに逃走のため慌てて乗った救急車には「瀕死の警官」が乗っていた……。

映画『アンビュランス』は、銀行強盗たちの想定外の「相乗り客」との逃走劇を描いたノンストップ・カーチェイスムービーです。

クラッシュの連続のカーチェイスや爆破シーンの多さで、ハリウッド映画の魅力を作り上げてきたマイケル・ベイ監督。「ベイ・ヘム」と呼ばれる造語が作られるほどとなった彼のド派手な演出は、画面を観ているだけでも楽しめる、まさにエンタメのための演出といえます。

今回はそんなマイケル・ベイが監督した映画『アンビュランス』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『アンビュランス』の作品情報


(C)2022 Universal Studios. All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Ambulance

【監督】
マイケル・ベイ

【脚本】
クリス・フェダック

【キャスト】
ジェイク・ギレンホール、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、エイザ・ゴンザレス、ギャレット・ディラハント、A・マルティネス

【作品概要】
「バッド・ボーイズ」シリーズや「トランスフォーマー」シリーズを手掛けたマイケル・ベイが、デンマーク産映画『25ミニッツ』(2005)をハリウッドでリメイクした作品。

ナイトクローラー』(2015)のジェイク・ギレンホール、『シカゴ7裁判』(2020)や『マトリックス レザレクションズ』(2021)などの話題作への出演を続けるヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)に出演したエイザ・ゴンザレスの3人が主演を務めました。

映画『アンビュランス』のあらすじとネタバレ


(C)2022 Universal Studios. All Rights Reserved.

ロサンゼルス、退役軍人のウィルは傷病保険も降りず仕事も見つからない中、妻のエイミーの癌の治療費のために20万ドルを越える大金を必要としていました。

エイミーはウィルが兄のダニーと接触することに反対していましたが、ウィルはエイミーの治療費のためにダニーのアジトを訪ねます。

ウィルはダニーの父親に養子縁組をされた血の繋がらない兄弟であり、幼少期は固い絆で結ばれていましたが、ダニーと亡き父親は銀行強盗を繰り返す犯罪者であり、ウィルは自身の良心から長いあいだ距離を置いていました。

ダニーはウィルとの再会を喜び、彼の置かれた状況の打開と称して、3200万ドルを銀行から奪う計画にウィルを勧誘。ウィルは犯罪に手を染めることに抵抗を示しますが、治療費の捻出のために仕方なく銀行強盗へと参加します。

一方、救急救命士のキャムは交通事故現場から搬送した少女リンジーを懸命な救護で無事に病院へと搬送。キャムは搬送中に患者を死なせないことのみを心情としており、その後に患者がどうなったのかには、興味を示さない薄情さに同僚たちからも陰口を叩かれていました。

その頃、ダニーとウィルは仲間たちと共に銀行を占拠し現金3200万ドルを奪取。しかし、窓口係のキムを口説きに来た警察官のザックを人質に取ったことで、ザックを外で待っていた相棒のマークに銀行強盗を悟られSIS(特別捜査課)へと通報されます。

ダニーの仲間たちは次々とSISに射殺され、逃走車両も行動不能となり、ダニーとウィルは屋内駐車場を彷徨う内にザックによる反撃にあい、咄嗟にウィルはザックに発砲してしまいます。

撃たれたザックを発見したマークは救急車を呼び、現場にはキャムの乗る救急車が駆けつけ病院への搬送を始めますが、ダニーは取り囲まれた駐車場からの脱出のためにキャムの乗る救急車から運転手を降ろし、ウィルに運転をさせます。

ザックは大量に出血しており、警察官の殺害が捜査の苛烈さに繋がることを知るダニーは、キャムを銃で脅し治療を続けさせます。

銀行の駐車場では市警のモンロー警部が救急車の運転手を見つけ事情を聞いており、逃走犯が乗る救急車を特定していました。

ヘリコプターと大量のパトカーから追跡を受けるダニーは、父親の犯罪仲間であるギャングのパピに電話し、警察官を巻くための準備を依頼。

キャムはウィルの血を輸血することでザックの延命を成し遂げてはいましたが、実はザックはウィルによって2箇所を撃たれており、彼女が気づいていないもうひとつの傷口から出血が続いていました。

救急車によるパトカーとのチェイスはニュースで取り上げられ、騒ぎを聞きつけたFBIの捜査官クラークが、モンローに合流。

クラークは学生時代に犯罪心理学をダニーと学んだ同期生であり、逃走犯のひとりがダニーと知ると救急車の無線を通じて連絡を取り投降を促しますが、ダニーはそれを拒否しました。

逃走が続く最中、ザックの脾臓へ繋がる銃創が発覚。延命のためには高度な医療技術による手術が必要不可欠でしたが、ダニーはキャムの元恋人である医者とテレビ通話を行わせ、指示を受けながらキャムに手術を行わせます。

ダニーが運転を代わり、元軍人で救命経験のあるウィルも手術に参加し、ウィルとキャムの協力でザックの延命に成功。

キャムは自身のスマホはダニーに奪われていましたが、ザックの携帯でクラークと秘密裏に連絡を取ることに成功しており、ウィルの存在も警察へと伝わっていました。

キャムは手術中のやり取りの中で、ウィルが止むなく犯罪に手を染めてしまった良心的人間であることを感じており、2人きりになった際にダニーを裏切るように説得しますが、ダニーを見捨てられないウィルは聞き入れませんでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アンビュランス』のネタバレ・結末の記載がございます。『アンビュランス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022 Universal Studios. All Rights Reserved.

パピとの計画を成功させるため、ロサンゼルス川へとたどり着くと、ウィルの卓越した運転技術によって警察隊を一時的に巻くことに成功。しかし、キャムの隠し持つスマホによって行き先がボイルハイツであることが警察に露見しており、モンローは警察隊をボイルハイツ一帯に集めます。

ボイルハイツで救急車を止めたダニーは、パピに用意させた同系統の救急車3台にパピの手下や自身の手下を乗せて発進させ、自分たちの救急車を緑色に塗装し移動させます。

実は偽装の救急車にはパピによって爆弾が仕掛けられており、救急車を止めようとする警察隊の付近で、パピの息子カストロが爆弾を起爆。さらに無人の車両に機関銃を搭載した車で警察隊を襲撃し、モンローを含めた多くの警察官が死亡します。

惨事に憤ったマークはカストロを追跡し、揉み合いの果てにカストロを射殺。緑色の救急車で警察を振り切り、パピのアジトへとたどり着いたダニーとウィルは、救急車にキャムとザックを残してパピに会います。

ダニーが持ち出した1600万ドルの半分である800万ドルを報酬として渡す契約でしたが、パピは息子が死んだことを嘆き、キャムとザックを明け渡すように求めます。

多くの死傷者を出し、復讐に燃える警察の追跡を逃れる術はないと諦めるウィルは、せめてキャムとザックだけは救いたいと考え、パピの要求を拒絶し争う姿勢を見せ始めます。

パピの要求を飲もうとするダニーとぶつかり、互いの道は分たれようとしますが、ダニーはウィルを「偽の兄弟」と馬鹿にしたパピを射殺。ウィルと共にパピの手下と激しい銃撃戦となります。

その頃、救急車の中で意識を取り戻したザックは隠し持っていた自身の銃をキャムに渡し、キャムはパピの手下が車内に入ってきたら射殺しようとドアに銃を向けていました。しかし、入ってきたのはウィルであり、キャムは誤ってウィルの胸を撃ってしまいます。

駆けつけたダニーに「誰が撃ったのか分からない」とキャムは嘘をつき、ウィルを乗せダニーは救急車を発進。

キャムはウィルを救おうと必死の救命を行いますが、彼の様態は悪化を続け、朦朧とする意識の中でウィルはキャムにお金の一部を渡し、エイミーに届けてくれと頼みます。

ウィルを救うためダニーが病院の入口に救急車を止めると、救急車は警察隊に包囲されます。

また車内でザックの銃を見つけたダニーは、その銃が使用された形跡を見つけたことでウィルはキャムに撃たれたと確信。

怒り狂うダニーは警察隊の前でキャムを射殺し自身も死ぬと言い、キャムを盾にして救急車のドアを開きますが、キャムとザックだけは救おうと決めていた瀕死のウィルに撃たれました。

救急車の外に倒れこむダニーはウィルを見つめると「すまなかった」と言い残し、幼少期のウィルとの記憶を思い出しながら息を引き取ります。

キャムとザックは警察隊に保護されますが、憤る警察官は瀕死のウィルを誰も救おうとはせず、見かねたキャムがウィルを「ザックを救った人間」と言い放ちマークと共にウィルを病院内へと連れて行きました。

全てが終わり、クラークは無事に手術に成功したザックに事情を聞くと、彼はウィルのことを自身に発砲した犯人とは言わず「命の恩人」と発言。

ウィルから受け取ったお金をエイミーに渡したキャムは、搬送した少女リンジーの見舞いを終えると、清々しい顔で病院を後にしました。

スポンサーリンク

映画『アンビュランス』の感想と評価


(C)2022 Universal Studios. All Rights Reserved.

繰り返される緊張と怒涛のカーチェイス

監督として手がけた作品の多くでカーチェイスシーンを描いてきたマイケル・ベイ監督。2019年に製作した『6アンダーグラウンド』(2019)では、イタリアのウフィツィ美術館を車で破壊して回る場面に多くの観客が度肝を抜かれました。

そして本作『アンビュランス』ではタイトルの「Ambulance(救急車)」が指す通り、銀行強盗を犯したダニーとウィルが乗る救急車と、警察車両の壮絶なカーチェイスが繰り広げられます。

警察による完全包囲、車両や道路の破損、車内でのトラブルなど、繰り返される絶望的な状況下をとにかく派手にぶち壊していく、マイケル・ベイ監督らしさの詰まったカーアクションムービーでした。

名優によって描かれるいびつな愛と狂気の交差


(C)2022 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ブロークバック・マウンテン』(2006)でアカデミー助演男優賞へノミネート後、『プリズナーズ』(2014)で犯罪検挙に執着を見せる刑事を演じた一方で『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)では誠実な顔の裏に邪悪な企みを持つヴィランを演じたジェイク・ギレンホール。

役のふり幅が大きく、さまざまな役を巧みに演じ分けることから、「カメレオン俳優」とも評価されるジェイク・ギレンホールの演技は本作でも健在

妻の手術費用に困る弟のウィルの相談に乗り、ジェイク・ギレンホール演じるダニーは銀行強盗を計画します。しかし複数のトラブルによって計画が頓挫すると、2人は重傷を負った警察官と救急隊員を人質に救急車での逃走を敢行。

自身の身勝手な犯罪によって犠牲者を出したくないウィルに対し、ダニーはどんな犠牲を払ってでもその場を切り抜けようと暴走します。

その行動は、血の繋がらない兄弟に対する愛なのか、単なる保身なのか俳優たちの演技によって生まれる緊張感と血の繋がらない兄弟の絆にも注目の作品です。

まとめ


(C)2022 Universal Studios. All Rights Reserved.

都会の街並みを暴走する一台の救急車。愛する人のために、己が欲望のために、あらゆる物を破壊して進んでいくその救急車の爆走に、目が釘付けになること間違いなしの2時間。

マイケル・ベイが映画好きに贈る、大迫力のノンストッカーチェイスムービー『アンビュランス』は、ド派手な映画好きの人にオススメの1作です。

カメレオン俳優ジェイク・ギレンホールと今一番熱い俳優ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世の共演も必見です。




関連記事

アクション映画

【アトミックブロンド】あらすじネタバレと感想!セロンの演技評価は

シャーリーズ・セロンが凄腕の女性エージェントを演じる話題作。 痛々しくも華麗な超絶アクションから目が離せない。 スパイ映画の新たな快作『アトミック・ブロンド』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含 …

アクション映画

『007ダイヤモンドは永遠に』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。ジェームズボンドが挑む密輸事件と黒幕の正体

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第7作! ガイ・ハミルトンが監督を務めた、1971年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/ダイヤモンドは永遠に』。 ある日、南ア …

アクション映画

映画『キラー・セッション』あらすじとキャスト!劇場公開日は

組織を裏切り逃亡したスゴ腕の殺し屋。そして彼を追い詰める最强にして最凶の快楽殺人者。 暗殺者VS暗殺者の情け容赦ないアクション・スリラー!『キラー・セッション』。 10月21日(土)よりヒューマントラ …

アクション映画

【映画ネタバレ】土竜の唄FINAL|感想評価とあらすじ結末解説。シリーズ完結の3作目も生田斗真のアクションで魅了!

映画「土竜の唄」シリーズのファイナルだ、みなで、バッチ来い! 監督・三池崇史×脚本・宮藤官九郎×主演・生田斗真で映画化された、高橋のぼるの人気コミック「土竜(モグラ)の唄」シリーズ第3弾。 ある日突然 …

アクション映画

実写映画『曇天に笑う』あらすじとキャスト。感想レビューも【福士蒼汰】

福士蒼汰主演の映画『曇天に笑う』は、2018年3月21日より劇場公開。 発行部数120万部を超えた人気コミック『曇天に笑う』の実写映画化! 若手俳優の福士蒼汰が笑顔の印象的な主人公・曇天火演じ、演出は …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学