Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2021/12/18
Update

【ネタバレ】マトリックス4レザレクションズ|感想考察とあらすじ内容解説。ラスト結末でシリーズ続編が魅せる“救世主の復活”【SF恐怖映画という名の観覧車157】

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile157

1999年に公開され、世界で大ヒットを記録したSF映画『マトリックス』(1999)。SF映画の一時代を築き上げただけでなく、「バレットタイム」と呼ばれる多数のカメラを使った演出でアクション映画の流行をも作り上げました。

そして2021年、監督と主演を続投させたシリーズ最新作が公開されました。

今回は「マトリックス」シリーズ最新作となる映画『マトリックス レザレクションズ』(2021)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『マトリックス レザレクションズ』の作品情報


(C)2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
The Matrix Resurrections

【監督】
ラナ・ウォシャウスキー

【脚本】
アレクサンダー・ヘモン、デイヴィッド・ミッチェル、ラナ・ウォシャウスキー

【キャスト】
キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ニール・パトリック・ハリス、ジェイダ・ピンケット・スミス、ジェシカ・ヘンウィック、ジョナサン・グロフ、ジェイダ・ピンケット・スミス

【作品概要】
1999年に公開された映画『マトリックス』の監督の1人であるラナ・ウォシャウスキーが制作したシリーズ4作目。

キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスが続投し、新たにモーフィアス役として『アクアマン』(2019)や『シカゴ7裁判』(2020)に出演したヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世が参加しました。

映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじとネタバレ


(C)2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

機械たちの作り出した仮想空間「マトリックス」の更に深層のシミュレーション空間「モーダル」に潜入したバッグス。

救世主“ネオ”の影響で「現実世界」に帰還した彼女は、ネオの恋人である“トリニティー”の逃走シーンの再現に見入りますが、このシミュレーション空間に違和感を覚えます。

仮想空間の敵対者を排除する「エージェント」に発見されたバッグスは逃走を試みますが、“スミス”と呼ばれるエージェントに捕縛されます。

しかしそのスミスも、この空間に違和感を覚えていました。そして彼は自身の名前を“モーフィアス”と名乗ると、バッグスの提示した真実を求める「赤いピル」、この空間に留まる「青いピル」の選択で赤いピルを選択し、バッグスと共にモーダルの世界を脱出します。

その頃、ゲームクリエイターのトーマス・アンダーソンは、自身の製作したサイバー空間への侵入を検知します。

機械の作り出した仮想空間を軸に機械と人間の戦いを3部作で描いた「マトリックス」シリーズは大ヒットを記録し、知らぬ人はいないほどの地位も名誉も手に入れたアンダーソンでしたが、望まぬ4作目を社長と親会社の「ワーナー・ブラザーズ」に強制されており日々心労を重ねています。

それだけでなく、「マトリックス」の物語をまるで本当にあった物語と感じるデジャヴ現象を繰り返しており、アナリスト(精神分析医)の診断で精神安定剤として青いピルを飲み続けていました。

職場近くのカフェで既婚者のティファニーと出会ったアンダーソンは彼女が自身のゲームのキャラクターのトリニティーと瓜二つであり、お互いに既視感を覚えますがはっきりと思い出すことはありませんでした。

ある日、職場でモーフィアスと名乗る人物と自身の会社の社長がスミスとして覚醒し戦う光景を見たアンダーソンは、この光景を「妄想」と断定。

「人に迷惑をかけないように」というアナリストの言葉で絶望したアンダーソンは、泥酔したのちビルから飛び降りようとしますが、そこにバッグスが現れます。

彼女の案内で再びモーフィアスと出会ったアンダーソンは「マトリックス」の物語が真実であり、自分こそが本物のネオであると言われた上で赤いピルと青いピルの選択を迫られ、赤いピルを選択。

全身がプラグで繋がれた現実世界で目を覚ましたネオは、「マシン・シティー」での戦いで死亡したはずのトリニティーが、自身と同じくプラグに繋がれた状態で昏睡している姿を目撃。

バッグスたちによってプラグを抜かれ回収されたネオは、マトリックスの空間から現実への拒否反応を抑えるために閉鎖的な仮想空間に接続されます。

その空間でネオを待ち続けていたモーフィアスは、自身がネオによって作り出されたモーフィアスとスミスの合成体であることを話し、ネオの力を引き出そうと戦いを挑みます。

モーフィアスとの戦いで力を一部取り戻したネオは、現実世界に帰還するとバッグスたちに暖かく迎え入れられます。

現実世界では「マシン・シティー」での戦いから60年が経過していましたが、機械の脅威は未だ収まってはおらず、人類たちは隠れながら生きています。

マトリックスの“創造主”と「機械と人類の不戦の盟約」を結んだはずのネオは落胆しますが、バッグスはネオの行動で人類の味方になった機械の仲間を紹介し、意味はあったと元気づけます。

バッグスの船で「ザイオン」に変わる新たな人類の居住地「アイオ」に案内されたネオは、その街を統治する女性と会います。

彼女は60年前の戦いで共に戦った“ナイロビ”であり、ネオとの再会を喜ぶ一方でバッグスたちが街を危険に晒したことに怒りました。

ナイロビはマシン・シティーの戦い後、人類と機械の間に平穏が訪れたものの、人体を使い電気を得ていた機械の電力不足が原因で機械同士での戦争が多発したと語ります。

その余波によってマトリックスは過去以上に厳重な監視体制にあり、ネオがプラグに接続されていた場所への再接近は難しく、トリニティーの救出を断ったナイロビはネオを窓のある大きな部屋へ連れて行き幽閉します。

ネオが窓を眺めていると、バッグスたちの船が接近してネオを回収。ネオの求めるトリニティーへのマトリックス内での再対面を果たすべく、今一度マトリックスへと潜入します。

潜入先ではネオの宿敵であり、「エージェント」としての管理下を離れたスミスが待ち構えていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『マトリックス レザレクションズ』のネタバレ・結末の記載がございます。『マトリックス レザレクションズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

スミスは機械たちの管理を外れた自身もネオと同じく記憶を操作され、創造主が消えた後にマトリックスを支配するアナリストによって都合よく操られていたことに激怒。

アナリストへの反抗という意味において、ネオとスミスの方向性は一致。しかし、トリニティーの存在を邪魔に感じ過去の軋轢も残るスミスは、かつてネオと敵対した“メロヴィンジアン”とその配下を使ってネオとモーフィアス、そしてバッグスたちを襲撃。

力の衰えを感じるネオはスミスに大きく苦戦しますが、何とか撃退するとトリニティーの働く工場へと向かいます。

しかし、そこにはアナリストが待ち受けており、ネオの「仮想現実の仕組み(コード)を書き換える」能力を流用するアナリストに、ネオは太刀打ちすることができませんでした。

アナリストはマシン・シティーの戦いの後に死亡していたネオとトリニティーの死体を長い時間をかけて再生させ、マトリックス内に再度接続させることでネオの持つ救世主として能力を使い、今までにない量の発電を行っていたと話します。

ネオの逃走によって発電に支障が出ると言うアナリストは、トリニティーの命と引換えにネオにプラグに戻るように求めてその場を去ります。

アイオからの逃走が露見しナイロビに捕縛される形で街へ戻ったネオたちは、街を危険に追いやっていると強く叱責されます。

そこにクジャクと呼ばれる機械生命体が現れ、ネオはナイロビと共に仮想空間へと入り、創造主の娘である“サティー”と再会。

サティーはアナリストを昔から危険視していましたが、マシン・シティーの1件で権力の座を交代したアナリストによって父である創造主を消されており、2人にアナリストへの打倒を提案します。

アイオのために一生を捧げてきたナイロビも同調すると、彼女の部下は全員作戦への協力を快諾しました。

トリニティーを人質に取っているアナリストの油断を突き、現実世界におけるトリニティーにいる場所へたどり着いたバックスは、サティーとモーフィアスの手助けでトリニティーのプラグの解除を始めます。

一方、ネオはマトリックスの中で「ボット」と呼ばれる大量の兵隊を集めるアナリストのもとへ、ナイロビの部下とともに向かいます。

未だマトリックスの世界への幻想に取り憑かれるトリニティーはネオの助けを拒否しようとしますが、記憶をフラッシュバックさせトリニティーとしての記憶を取り戻したことでアナリストに反抗。

救世主の力を使い2人を始末しようとするアナリストでしたが、その場に現れたスミスよって身体を破壊され兵士たちも制圧されます。

スミスは協力は終わりだと言うとその場から去ります。

アナリストはネオとトリニティーの殺害のため全てのボットを向かわせており、ネオとトリニティーは現実世界への帰還のためボットを蹴散らしながら進みますがその数は多く、ビルの屋上に追い詰められてしまいます。

空を飛ぶ能力を取り戻せていないネオ、彼を信じるトリニティーの2人は手を繋ぎビルから飛び降ります。ネオではなくトリニティーが空を飛ぶ力を手に入れていたことで、2人は無事脱出を果たしました。

現実世界でトリニティーと再会したネオは再び愛を誓います。

数日後、ネオとトリニティーを失い権力の座から降ろされたアナリストの前に現れた2人は、鬱憤を晴らすためアナリストを殴り倒します。マトリックスを創造する力を手にした2人にアナリストは「自由を望まない者もいる」と言い放ちます。

アナリストに幽閉されていたことに対し「2回目のやり直すチャンスを貰った」と感謝を述べるトリニティーは、そのままネオと共に大空へと飛んで行きました。

スポンサーリンク

映画『マトリックス レザレクションズ』の感想と評価


(C)2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

長い月日を経て甦る「マトリックス」のその後の物語

自分の生きる世界が「仮想現実」なのではないかと言う、技術の進化によって生み出された都市伝説を題材とした「マトリックス」シリーズ。

3作目となる『マトリックス レボリューションズ』をもって完結した本シリーズは、長い月日を経て復活を果たしました。

キアヌ・リーヴスやキャリー=アン・モスなど初代俳優を続投させたことで話題となった本作は、シリーズの軸と言える部分をしっかりと抑えて作られており、ワイヤーとカンフーを取り入れた激しいアクションを多量に取り入れています。

銃弾を避け、多数の敵を捌いていく爽快さを見せる一方で「救世主」として死亡したはずのネオのその後の物語を丁寧に描いていました。

メタ発言を連発するファン向け要素も充実な“続編作品”


(C)2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

「スター・ウォーズ」や「バッドボーイズ」、「ハロウィン」など旧作俳優を続投させた新作で話題を呼ぶシリーズが増えてきた昨今の映画業界。

過去作の「リメイク」や「リブート」作品も多く、嬉しい一方で「またか」と言う想いを秘めているファンも多くいるはずです。

本作ではそんなシリーズ作品に対するファンの気持ちを仮想現実内のキャラクターたちがはっきりと口にし、「完結した映画の続編を作ること」にも言及しています。

そう言った批判を重々承知の上で本作を制作しているという意気込みを感じさせるシーンでもあり、その後に繰り広げられる多くのシーンの数々が本作が「ファン向け」作品であることを意図しているかのようでした。

シリーズを彩った多くのキャラクターたちの再登場ゆえに、シリーズの再鑑賞後の鑑賞をオススメしたい作品です。

まとめ


(C)2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

主人公のネオがキリスト教における「キリスト」を意味していることでも知られる「マトリックス」シリーズ。

4作目となる本作はキリストの復活を意味する言葉でもある「レザレクションズ」が題されており、死後復活した救世主を思わせる物語展開が繰り広げられます。

キアヌ・リーヴスの演技と併せて、ファン垂涎のシーンが連発される最新映画『マトリックス レザレクションズ』をぜひ映画館で鑑賞してみてください。





関連記事

SF映画

バック・トゥ・ザ・フューチャー|ネタバレあらすじと感想考察。結末解説でSFタイムトラベルの名作を知る!

熱狂はここから始まった!不朽の名作と呼ばれる第1作を紹介 1985年7月にアメリカで公開されるや大ヒット、同年12月にお正月映画として日本公開、1986年の洋画No.1ヒット作となった作品が『バック・ …

SF映画

映画『ヴェノム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末に続編はあるのか⁈

スパイダーマン最大の宿敵にして、マーベルユニバースきってのダークヒーロー“ヴェノム”の単独主演映画がついに完成! 主役のエディ・ブロックを演じるのは、2代目マッドマックスことトム・ハーディ。 ファンを …

SF映画

亀梨和也映画『美しい星』演技力と評価?本当に水星人なの?

三島由紀夫が執筆した文学でも異色のSF小説として知られる『美しい星』。空飛ぶ円盤や宇宙人をモチーフに取り入レ、三島自身も愛した作品と言われています。 この原作に大胆な脚色を加えたのが『桐島、部活やめる …

SF映画

ROAD TO EDENあらすじとFOD配信日いつ?【先行展示イベント /サミーエンタメパーク】

荒廃した惑星でのバトルロワイヤルな戦いを壮大なスケールで描いたバトルSFドラマ!『ROAD TO EDEN』 制作決定! CGIや特殊メイクを駆使したバトルシーンは、あなたの注目必死! 出演は柄本佑、 …

SF映画

映画『アンダーウォーター』ネタバレあらすじと感想。キャストのクリステン・スチュワートが閉所恐怖症を超えて挑んだ深海SF作品

クリステン・スチュワート主演の海底SFスリラー『アンダーウォーター』 映画『アンダーウォーター』は、世界で一番深い海・マリアナ海溝を舞台にした映画です。 資源の掘削会社の従業員で海底に暮らすメンバーは …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学