Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2019/07/03
Update

スパイダーマン ファーフロムホーム|ネタバレ考察と結末あらすじの感想解説。ラストでのアイアンマンの意志を継ぐ若きヒーローの成長とは

  • Writer :
  • 白石丸

映画『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』は2019年6月21日より全国ロードショー公開

『アベンジャー/エンドゲーム』後の世界にして、アイアンマン=トニー・スターク亡き後の世界。

“親愛なる隣人”スパイダーマン=ピーター・パーカーが、アイアンマンの意志を受け継いでさらなる成長を遂げます!

新たなキャラクター・ミステリオの正体、ガールフレンドのMJとの恋の行方など、アクションとコメディの両面で多くの見所にあふれた本作。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェーズ3の最終作にして、新たな展開を見せる青春ヒーロー譚をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』の作品情報

©& TM 2019 MARVEL.©2019 CPII. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年6月28日(アメリカ映画)

【原題】
Spider-Man: Far From Home

【監督】
ジョン・ワッツ

【キャスト】
トム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ゼンデイヤ、コビー・スマルダーズ、ジョン・ファヴロー、J・B・スムーヴ、ジェイコブ・バタロン、マーティン・スター、マリサ・トメイ、ジェイク・ギレンホール

【作品概要】
人気アメコミシリーズのマーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ3最終作。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』にて「アイアンマン」ことトニー・スタークがこの世を去った後の世界、残された若きヒーロー「スパイダーマン」ことピーター・パーカーの青春模様と成長が描かれます。

スパイダーマン役は、これまでに引き続きトム・ホランド。

その他にもサミュエル・L・ジャクソン、ゼンデイヤ、コビー・スマルダーズ、ジョン・ファヴロー、J・B・スムーヴ、ジェイコブ・バタロンなど最早お馴染みのキャストも出演しています。

そして本作から登場の新キャラクターである謎の男・ミステリオ役として名優ジェイク・ギレンホールが登場します。

映画『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』のあらすじとネタバレ

©& TM 2019 MARVEL.©2019 CPII. All Rights Reserved.

アベンジャーズがサノスと戦い、5年前にインフィニティストーンで消された人々を元に戻してから8ヶ月が経っていました。

S.H.I.E.L.D.S元長官のニック・フューリーと部下のマリア・ヒルは謎の災害に襲われたメキシコの街に訪れます。

そこで彼らは、意思を持って動く竜巻と、いきなり現れてその怪物と戦い始めるマントを纏った謎の男を目撃しました。

消えていた状態から復帰した「スパイダーマン」ことピーター・パーカーは、再び学校生活をエンジョイしていました。

親友のネッドも気になっている女子のMJもみんな消えていたため。まだ高校1年生です。

しかし、かつての戦いで命を落とした師匠である「アイアンマン」ことトニー・スタークの存在を事あるごとに思い出してしまい、ヒーローとしての活動は不調でした。

鋭敏な第六感のスパイダーセンスも、以前のように機能しなくなっていました。

ピーターはあるイベントにスパイダーマンとして参加した際、その舞台裏でトニーの親友だった運転手ハッピー・ホーガンに会い、ニック・フューリーから連絡が来ると言われます。

しかし、ヒーロー活動の招集だと思った彼はフューリーからの着信を無視していました。なぜなら翌日から夏休みが始まり、楽しみにしていた科学部での研究のためのヨーロッパ旅行が控えていたからです。

ピーターはその旅行中にMJと一気に接近し恋人になれるようネッドにも協力を求め、色々と画策していました。

行きの飛行機の中でもなんとかMJの隣に座ろうとしますが、計画は裏目に出てしまい、MJはバスケ部のイケメン・ブレッドと隣になってしまいピーターはヤキモキしていました。

おまけにネッドは飛行機で隣になったクラスの女子ベティと短時間で恋仲になっており、2人で旅行を楽しみだします。

ピーターはこの旅行にスパイダースーツは持って来なかったのですが、アタッシュケースを開けるとメイおばさんが勝手にスーツを入れていたことに気づき、彼はウンザリしてしまいます。

まずは憧れの水の都・ベネチアにやってきて観光を楽しむ一同。

ピーターはMJにプレゼントするブラックダリアの形を模したブローチを買いますが、肝心の彼女はずっとブレットと過ごしていました。

チャンスを伺っていたその時、突然運河の中から巨大な人の形をした水の塊が飛び出してきて街を破壊し始めました。

スーツを所持していなかったピーターはみんなを逃がしながらこっそり戦いますが、ウェブシューターは水をすり抜けてしまい効果がありません。


©& TM 2019 MARVEL.©2019 CPII. All Rights Reserved.

するとそこに、マントを羽織り、球体のマスクをかぶった男が出現。魔術のような力を使って水の怪物を倒します。一方、ピーターは倒壊しそうな建物を糸で補強して人々を守るのが精一杯でした。

その夜、謎のマスクの男はニュースで話題になり、イタリア語で“謎の男”という意味である“ミステリオ”と呼ばれ始めました。

ピーターはメイおばさんのオフィスに電話しますが、なぜかそこにハッピーがおり困惑。ハッピーはメイおばさんと親密になり始めていたのです。

その後、ピーターはネッドと旅行中のヒーロー活動をどうすべきか話しながらホテルの部屋までやって来ましたが、突然ネッドが麻酔銃によって倒れてしまいます。

部屋にはニック・フューリーが待ち構えていました。

フューリーは無視を決め込んでいたピーターを咎めた後で、町のはずれにある隠れ家へと連れて行きます。そこにはエージェントたちと一緒に、昼間に怪物と戦っていたマントの男“ミステリオ”がいました。


©& TM 2019 MARVEL.©2019 CPII. All Rights Reserved.

彼の名はクエンティン・ベック。アベンジャーズとサノスの戦いにおいて異次元の扉を開いた時にやって来た男であり、別次元の地球に生きていた戦士だといいます。

ベックの住んでいた地球は水・火・風・土・空の五大元素が意思を持って暴走した怪物“エレメンタルズ”に滅ぼされ、彼はそれを追ってこちらの世界にやってきたのでした。

ベックは紳士的な男で、ピーターはすぐに彼のことを信頼し始めます。

エレメンタルズのほとんどはべックが軒並み倒していましたが、火のエレメンタルズがまだ残っていました。

次の出現予測地点はチェコ・プラハでしたが、旅行の行き先はパリであったため、ピーターはフューリーたちへの同行を拒みます。

旅行を楽しみたいし、あくまで”親愛なる隣人”でしかない自分には敵が手に余ると主張するピーター。

しかし、翌朝になるとフューリーの手引きにより、旅行の行き先がプラハに変わっていました。

ピーターはバスの運転手になり済ましたフューリーの部下からあるものを受け取ります。それは、トニー・スタークがピーターのために遺したというサングラスでした。

それはただのサングラスではなくイーディスという人工知能が搭載されており、全世界のネットワークシステムにアクセスすることで、グラス部分に他の同級生が使っているスマホの画面を映すこともできる程の代物でした。

バスが休憩所に停まった際、ピーターはとある個室に案内されます。そこでピーターは、普段のスパイダースーツだと同級生達に不審がられるからと用意してもらった新スーツを渡されました。

その場で着るように言われるピーターですが相手が女性エージェントだったため、恥ずかしがりつつ脱ぎ始めます。

しかし、その現場にブレットが入ってきて写真を撮られてしまいました。

ピーターが現地女性と如何わしい事をしようとしてるようにしか見えないその写真を、ブレットはMJに見せるといいます。彼もMJを好きになり、ピーターのことを敵視していたのでした。

バスに戻ったピーターは、サングラスでブレットがMJに写真を送ろうとしているのを見て、焦ってイーディスにブレットを止めるように指示します。

しかし、言葉足らずな指示をしてしまったため、イーディスはスタークインダストリーズの衛星から攻撃用のドローンを呼び寄せてブレットを殺害しようとし、ピーターは焦りつつもみんなにバレないようになんとかドローンを撃墜しました。

せっかくのトニーからの贈り物をくだらないことに使ってしまい、落ち込むピーター。

プラハについた途端、フューリーから今夜エレメンタルズが現れると告げられたピーターは、同級生たちを巻き込まないために急遽オペラ鑑賞の予定を入れさせて、みんなを屋内から出さないように手配します。

しかし、MJはピーターが会場を出ていくのを見て不審に思っていました。またネッドとベティも、プラハのカーニバルを楽しもうと会場を抜け出してしまいます。

カーニバル真っ只中、広場に火のエレメンタルズが現れて暴れ始め、ミステリオは必死に戦います。

ピーターは新しく用意してもらった黒いスーツで参戦しますが、ネッドとベティが広場の観覧車に取り残されているのを見て彼らを助け出しました。


©& TM 2019 MARVEL.©2019 CPII. All Rights Reserved.

その間にミステリオはエレメンタルズを退治。ミステリオと黒いスパイダーマンはニュースで”ナイトモンキー”と呼ばれ話題になります。

フューリーはまだ脅威が残っている可能性があるからとピーターに今後の同行を求めますが、ピーターは旅行を抜けたくないので断ります。

フューリーはわがままを言うピーターに怒り、イーディスを渡した途端同級生を殺そうとしたことも含めて、まだ未熟だと厳しい言葉をぶつけました。

その後、落ち込んでいるピーターをベックは酒場に連れていき慰めます。

ヒーローとして悩むピーターに対し、君の本音は何だと聞くベック。それに対し、ピーターは「旅行を続けてMJに告白したい」と本音を語りました。

ピーターは、アイアンマンの後継者はベックのような経験豊富な大人がなるべきだと思い、トニーのサングラスを彼に渡します。

MJに思いを伝えると張り切るピーターをベックは優しく見守っていました。しかし彼が店を出ていった直後、ベックは高笑いを始めました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』ネタバレ・結末の記載がございます。『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ベックは別宇宙の戦士ではなく、ただのエンジニアでした。

かつて自身が開発したホログラムシステムをトニー・スタークに一笑に付され、苦汁をなめてきた彼は、トニーの死を機に他の技術者仲間たちと一緒に大掛かりな芝居を打っていたのです。

エレメンタルズもミステリオが出す魔法もすべてはホログラムによる幻影。実際の破壊行為は、ホログラムに紛れさせた小型ドローンが行っていました。

ベックはこの方法で自分が新しいヒーローとしてのし上がろうと企み、その仕上げとしてピーターを騙して誘導しイーディスを渡させたのです。

スタークインダストリーズのドローン技術を手に入れた彼は、更なる計画を練っていました。

ピーターが宿に戻ると、危険が相次いでいるために旅行は中断され、翌日帰国することになったと先生たちが語っていました。

ピーターは時間がないと、なんとかMJを呼び出して街中までやってきます。

MJに「実は言いたいことがあるんだ」と言うと、彼女は「ええ、あなたスパイダーマンでしょ」と言ってきます。

いつも事件があるといなくなるので気づいたというMJに、ピーターは正直に正体を明かします。

その後、MJはスパイダーウェブが絡まったベックたちのホログラム装置をピーターに見せました。

ピーターはベックに騙されていたことを悟り、MJに協力してもらい親戚に会いに行くと嘘をついて旅行を抜け、フューリーがいるベルリンへと向かいます。

しかし、ピーターに正体がバレたことを事前に知っていたベックもベルリンに来ており、彼をホログラムで惑わし、混乱させ、最終的に自発的に誰がスパイダーマンの正体を知っているのかまで自分から話させてしまいます。

ピーターはその後も必死で戦うも、途中でヨーロッパを横断する特急にはねられ、そのまま体が引っかかってオランダまで運ばれて行ってしまいました。

やがて、ベックは修学旅行の生徒たちが最後にロンドンに寄ることを知ります。そこで、再び幻影の怪物を暴れさせ、そのどさくさに紛れてピーターの正体を知っているMJ、ネッド、その恋人・ベティを暗殺する計画を立てます。

その頃、オランダで満身創痍のピーターはハッピーに電話をして、プライベートジェット機で迎えに来てもらいます。

ピーターがハッピーにトニーの後を継ぐ自信がないと相談すると、彼は「アイアンマンの代わりはいない。トニー本人でも無理だ。自信がないのはトニーも同じだったが、君をアベンジャーズに迎える時は迷わなかった」と励ましました。

ピーターは頭を切り替え、まずロンドンに向かいます。その間、ジェット内のラボで自作の新しいスーツを作り上げました。

ベックは既にロンドンに怪物を出現させて町を破壊していましたが、ピーターが駆け付け、タワーブリッジでの戦いが始まります。


©& TM 2019 MARVEL.©2019 CPII. All Rights Reserved.

ハッピーはMJたちを保護しようとしますが、そこに殺人ドローンがやってきて攻撃を仕掛けてきたため、一同は近くの美術館に逃げ込みます。

ベックはホログラムでフューリーに嘘の闘いの報告をしていましたが、フューリーはそれがでたらめだと見抜き、ベックを妨害するように指示しました。

完璧なホログラムに一部綻びが発生し、ドローンが衆人の目に晒されてしまい焦るベックたち。

ピーターは執拗なドローンの攻撃を受け続けたものの、その極限状態の中でスパイダーセンスを取り戻し、ベックの幻影を見破って撃退しました。

誤作動したドローンの流れ弾を食らっていたベックは「ヒーローとして生きていくのは大変だ」「人は見たものを信じる」と言って息を引き取ります。

ドローンは止まり、MJたちは救出されました。

ピーターはイーディスを取り戻し、フューリーからも一人前として認められます。その後MJにも告白され、絶好調です。

旅行を終えアメリカに帰ってくると、ネッドとベティはいつの間にかお互いの同意の上で別れており、ピーターは困惑。また、ハッピーはメイおばさんに一方的に恋をしていただけで、二人は付き合っていませんでした。

数日後、ピーターはスパイダースーツを着て、MJとNYの街中を飛び回ってデートします。

しかし地上に降り立ったタイミングで、街頭ビジョンに臨時ニュースとしてベックが隠し撮りしていたロンドンでの戦いの映像が流れ出します。

映像はまるでスパイダーマンがミステリオに嫉妬して殺害したかのように巧妙に編集・加工されており、おまけにベックは「スパイダーマンの正体はピーター・パーカーだ」と明かしてしまいました。

頭を抱えるピーター。街中の人間がスパイダーマンに視線を向けます。

その頃、車を運転していたフューリーとヒルは突然姿を変え、緑色の異星人になります。

90年代にフューリーと仲間になったスクラル星人のタロスたちが二人に成りすまして、ピーターを監視していたのです。

一方、本物のフューリーはスクラルの宇宙船でくつろぎながら指示を出していました。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』感想と評価


©& TM 2019 MARVEL.©2019 CPII. All Rights Reserved.

『アベンジャーズ/エンドゲーム』でアイアンマンを始めとする初代アベンジャーズの物語が見事に完結してからわずか2ヶ月足らずで『スパイダーマン』の新作が出るということで、多くの観客はいかにスパイダーマン=ピーター・パーカーがアイアンマン=トニー・スタークの魂を受け継ぐのかという点に注目していたことでしょう。

たしかにそういう話ではありますが、この映画は予想以上に衝撃的な展開を迎え、そして観客とスパイダーマンの気持ちをシンクロさせてきました。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見たあとは「もうこのまま終わりでいいかな…」と余韻に浸っていましたが、本作を見た後は続きが気になって仕方ありません。

ミステリオというメタ的で小さな悪役


©& TM 2019 MARVEL.©2019 CPII. All Rights Reserved.

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の悪役サノスが独自の正義感と信念を持って行動する多面的な悪役だったのに対し、本作の悪役・ミステリオ=クエンティン・ベックの目的はあくまでも復讐と自己顕示欲を満たすことだけで非常に矮小な悪役として描かれています。

しかし、本作は発展途上なピーター・パーカーが悩むMCUの中でも規模が小さい物語の映画なので、敵のスケール感としても適正でしょう。

純朴なピーターを翻弄する老獪な大人として、ジェイク・ギレンホールがいつものように見事な下衆な演技を見せてくれます。

また彼も、トニー・スタークの影を追っている存在として、ある種ピーターの合わせ鏡のようにも見えます。

どうすればアイアンマンのようなヒーローになれるのか悩むピーターに対し、ミステリオは表面だけをなぞって文字通り「幻影でそう見えさえすればいいんだ」という安直な答えを見せてくる上に、「個人の幸せを優先していいんだ」と彼を誘惑します。

この敵はピーターが乗り越えるべき弱い自分を顕在化させたようなキャラであり、最後は彼自身がはっきりとNOを突きつけます。

またミステリオが操るホログラムは、そのままCGで作られてきたフィクションであるMCUの歴代作品にも重なります。

これは「単に見た目や言動を模倣するだけでなく、自分たちの魂を込める」という今後のMCUの作り手たちの矜持を示しているのかもしれません。

やはり故スタン・リーがくり返し描いてきた「ヒーローに一番必要なのは能力でも見た目でもなく心だ」というテーマを今後もマーベルスタジオは大事にしてくれるようです。

アイアンマンからの継承

本作の肝であるピーターのトニー・スタークからの魂の継承という部分を象徴しているのが、ハッピーから後押しをされてピーターが自分のスパイダースーツを作り出す場面です。

ここでハッピーはトニーの代わりはいないから自分を貫けということを言うのですが、その彼を演じているのがMCUの記念すべき一作目『アイアンマン』の監督だったジョン・ファブロー

まさしく役柄としても演じてる本人としても最もアイアンマンを知り尽くしている男が、ピーターをその呪縛から解放するという多層的な場面になっています。

そして、気持ちが吹っ切れたピーターがスーツを作り始めた時にかかる曲は『アイアンマン』冒頭でトニーが聞いていたお気に入りの曲「Back in black」(AC/DC)

歌詞の内容も「私は戻ってきた、そうだ戻ってきた」「霊柩車は必要ない。私は死なないから」とはっきりトニーの魂が戻ってきたことが提示されており、シリーズのファンは涙なしでは見られません。

まとめ


©& TM 2019 MARVEL.©2019 CPII. All Rights Reserved.

真面目な部分ばかり語ってきましたが、本作ははっきりコメディに振り切っているのも見所です。

『スパイダーマン:ホーム・カミング』から続投している若手俳優たちも成長し、ちょっとした掛け合いで笑いを掻っ攫います。

そして、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後に「いきなり消えた人が現れたらどうなるんだろう」「5年のブランクは?」と思っていた観客の疑問にもギャグとして答えてくれるので、冒頭から爆笑の連続でした。

また甘酸っぱいラブロマンスやヨーロッパの様々な名所めぐり、局面ごとに変わるスパイダースーツなど飽きさせないサービス精神に溢れています。

そして悪役に勝ったと思ったら、終盤のまさかの展開でピーターは大ピンチに陥って映画はそのまま終わります。

その結末は「ああ、MCUはこれからも続いてくれるんだな」と安心させてくれるものでもあるため、いろんな意味で『アベンジャーズ/エンドゲーム』直後に作る意義のあった作品です。

ちなみにエンドロール後、長年のスパイダーマン映画を見てきた人には歓喜&爆笑の、ある人物が出てくるので必見です。





関連記事

アクション映画

映画『キングスマン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【コリンファース代表作おすすめのスパイアクション】

『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞したコリン・ファース主演『キングスマン』 『キック・アス』のマシュー・ボーン監督と、マーク・ミラー原作によるスパイアクション『キングスマン』。 表向きの顔は高級 …

アクション映画

映画『バーストマシンガール』感想とレビュー評価。片腕の【爆裂魔神少女】搗宮姫奈×花影香音が放つパンクトラッシュ・ムービー!

映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』は2019年11月22日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほか全国ロードショー! 2008年に製作・公開されるやトンデモな描写で大ヒット、 …

アクション映画

映画『ウルフズコール』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。潜水艦サスペンスおすすめの精神的アクションムービー

「黄金の耳」を持つ特別分析官が挑む緊迫の潜水艦サスペンス・アクション アントナン・ボードリーが脚本・監督を務めた、2019年製作のフランスの潜水艦サスペンス・アクション映画『ウルフズ・コール』。 シリ …

アクション映画

【ネタバレ】インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国|あらすじ感想と結末ラストの評価解説。インディとマット親子の冒険譚

名作アクションアドベンチャー「インディー・ジョーンズ」シリーズ第4作! スティーヴン・スピルバーグが監督を務めた、2008年製作のアメリカの名作アクションアドベンチャー映画『インディ・ジョーンズ クリ …

アクション映画

『アフリカン・カンフー・ナチス』感想評価とレビュー解説。トンデモ映画がガーナから日本へ上陸⁉︎

映画『アフリカン・カンフー・ナチス』は、2021年6月12日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国公開! 2020年インターネット上で話題を呼び、課金制で限定配信されたAmazonでは5点満点 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学