Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/06/27
Update

トムホ映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』あらすじとキャスト。4DXエクストリーム版上映館情報も!

  • Writer :
  • 石井夏子

各キャラクターにフォーカスした“4DXエクストリーム版”、
マーベル単独映画として世界初!

2019年6月を締めくくる4DX映画はなんと、全世界待望のマーベルシリーズ最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』!

©& TM 2019 MARVEL.
©2019 CPII. All Rights Reserved.

6月28日(金)より、全国4DXシアターにて、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』4DXエクストリーム版が世界最速公開されます。

マーベル単独映画として各キャラクターに4DX効果を集中させたエクストリーム版が制作されたのは、本作が世界初。

本記事では、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の映画情報と、4DXエクストリーム版の魅力についてたっぷりお伝えして行きます。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは

本作は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界を舞台に、スパイダーマンこと高校生のピーター・パーカーが、ヒーローたちの意志を引き継ぎ、新たな仲間と共にヨーロッパに迫る脅威に立ち向かい、真のヒーローへと成長していく姿が描かれます。

マーベル史上最大の戦いの後、世界はどのように変化したのか?スパイダーマンに訪れる新たな試練は?

興奮さめやらぬマーベルファンたちから注目を浴びる本作は、なんと、米国の映画ファンによって「2019年夏もっとも期待する大作映画」ランキング1位(米国最大のチケット販売サイトFandangoにより実施)に選出されています。

そんな『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を世界の誰よりも早く、4DXエクストリーム版で鑑賞することができるなんて、胸が高鳴りますね。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』エクストリーム4DX

この度、世界最速公開となる『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』エクストリーム4DXでは、スパイダーマン/ピーター・パーカーをはじめとする、ヒーローとヴィランに最高強度のモーションと多彩な4DX効果が集中的に配置され、各キャラクターになりきって熾烈なバトルに参戦できるんです。

映画の前半では、本作のヴィランであるエレメンタルズと、新しいヒーローとして登場するミステリオにフォーカス。

エレメンタルズは火や水といった主要元素を司り、超自然を操る危険な存在。火炎によって押し寄せる熱風に煙、強烈に叩きつける波によって飛び散るミストをあびて、容赦なく襲い来る超自然の脅威を、全身で感じることができます。

そして、ミステリオがふわふわ空を飛び回る心地よい浮遊感を見事に再現。

さらに、映画の後半では、スパイディーエクストリームのコンセプトに合わせて、スパイダーマンの動きをひとつも逃すことなく、小さな動きまで観客に伝えます。

モーションチェアによるエクストリームな振動と、エアショットをはじめとする立体的な環境効果によって、スパイダーマンが風を切りながら街中を縦横無尽に疾駆するかつてない爽快感を実現しました。

4DX(フォー・ディー・エックス)シアターについて

参考映像:実写映画『アラジン』4DXシアター360°VR映像

4DXは、ヨーロッパや北米の20〜30代若い層を中心に人気トレンドとして話題の、映業界で最も注目を集める最新の体感型上映システムです。

映画のシーンに完全にマッチした形で、21個以上の4DXオリジナル環境効果や繊細なモーション効果により、映画を“観る”から“体感する”へと転換します。

モーションシートが前後・上下・左右に動き、頭上からは雨が降り、水や風が吹きつけ、閃光が瞬く、など特殊効果が稼働し、まるで映画の主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果が満載なんです。

4DX(フォー・ディー・エックス)シアターは全世界64カ国、650スクリーンで運営中、日本国内では56劇場に導入中。(※2019年6月現在)

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の作品情報

©& TM 2019 MARVEL.
©2019 CPII. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Spider-Man: Far From Home

【監督】
ジョン・ワッツ

【キャスト】
トム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ゼンデイヤ、コビー・スマルダーズ、ジョン・ファヴロー、J・B・スムーヴ、ジェイコブ・バタロン、マーティン・スター、マリサ・トメイ、ジェイク・ギレンホール

【作品概要】
若手俳優のトム・ホランドが新たにスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じ、「アベンジャーズ」を中心とした「マーベル・シネマティック・ユニバース」の世界に参戦した『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の続編。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後の世界を舞台に、スパイダーマンこと高校生のピーター・パーカーが真のヒーローへと成長していく姿を描きます。

監督は、前作に続いてジョン・ワッツが務めました。

ベック/ミステリオ役には『ナイトクローラー』(2014)のジェイク・ギレンホール。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のあらすじ


©& TM 2019 MARVEL.
©2019 CPII. All Rights Reserved.

夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かけたスパイダーマンこと、高校生のピーター(トム・ホランド)。

そこにニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が突如現れ、ピーターにミッションを与えてきます。

炎や水など自然の力を操るクリーチャーたちによって、ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパの都市をはじめ、世界中に危機が迫っていました。

ニックはピーターに、ベック(ジェイク・ギレンホール)と呼ばれる人物を引き合わせます。

“別の世界”から来たというベックは、ピーターと共に敵に立ち向かっていきますが、彼は味方なのか、それとも…。

スポンサーリンク

まとめ


©& TM 2019 MARVEL.
©2019 CPII. All Rights Reserved.

世界最速で、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』4DXエクストリーム版の“スパイディー・スカイ・フライング”アクションを体感せよ!

スパイダーマンの動きをひとつも逃すことなく、小さな動きまで観客に伝える効果で、映画の世界に没入すること間違いなしです。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』4DXエクストリーム版は2019年6月28日(金)より、全国4DX劇場にてロードショーです。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』4DX劇場一覧

©& TM 2019 MARVEL.
©2019 CPII. All Rights Reserved.

【ユナイテッドシネマ】

【シネマサンシャイン】

【イオンシネマ】

【コロナシネマワールド】

【109シネマズ】

【USシネマ】

【フォーラム那須塩原】

【アースシネマズ姫路】

※劇場情報は、各劇場サイトよりご確認ください。
※劇場により、対応している効果が異なります。
※上映劇場は変更となる場合があります。

関連記事

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの詐欺グループリーダー・熊谷役は松尾諭【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』が2019年7月20日より全国公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら作品を完成させるという挑戦 …

新作映画ニュース

ジュラシック・ワールド 炎の王国|日本4DX映画の歴代最高記録を達成!

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』4DX版が、公開2週間にして約17万人動員、約4億3千万円超え、日本4DX映画の歴代最高記録を達成! 公開初日からSNS口コミ率が非常に高い本作、気になる投稿の一部 …

新作映画ニュース

映画『チア男子!!』あらすじとキャスト。横浜流星&中尾暢樹&瀬戸利樹ら7人のメンバープロフィール紹介も

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングチーム“SHOCKERS”をモデルに書き上げた小説『チア男子!!』。 第3回高校生 …

新作映画ニュース

「熱狂カフェ」六本木に近日オープン!映画『熱狂宣言』に応援企業が史上最多500社超え

若年性パーキンソン病を抱えながら、圧倒的な才気で会社を東証一部上場企業にまで押し上げた経営者・松村厚久。 プロデューサーとして数々のヒット作を生み出してきた奥山和由が監督を務め、苛烈な人生を全身全霊で …

新作映画ニュース

アニメ『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』あらすじと前売り券特典情報。公開は11月8日!

「日本キャラクター大賞 2019」グランプリ受賞。 “すみっコ”たちが劇場アニメーションで動き出す! いまもっとも勢いのあるキャラクターとして話題の「すみっコぐらし」。 ©2019 日本すみっコぐらし …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学