Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/07
Update

ジャン=リュック・ゴダールが語る未来への希望とは。映画『イメージの本』日本公開日決定と予告解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『イメージの本』予告解禁


© Casa Azul Films – Ecran Noir Productions – 2018

ジャン=リュック・ゴダール監督『イメージの本』が2019年4月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショーされることが決定しました。

『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』をはじめ数々の名作を世に送り出してきたヌーヴェルヴァーグの巨匠、ジャン=リュック・ゴダールの最新作『イメージの本』。

このたび日本版予告編が完成いたしました。

スポンサーリンク

映画『イメージの本』予告編

88歳を迎えてなお、世界の最先端でエネルギッシュに映画を作り続けるゴダール。

予告編には、第71回カンヌ国際映画祭での貴重な記者会見でのやりとりも挿入されています。

『これは政治的な映画ですか?』→『NO』

『この作品で原点に戻られた?』→『NO』

『映画は近い将来に失われてしまう?』→『NO』 、

そして『私たちのために映画を作り続ける?』→『YES

また、この刺激的なアート体験となる本作へ、映画評論家の蓮實重彦氏も「八十八歳のゴダールが四年がかりで世に問う新たな傑作のこの異様な美しさはどうか」と感嘆のコメントを寄せてました。

暴力、支配、不和…。

世界に対する“怒り”を、絵画(TABLEAUX)、映画(FILMS)、文章(TEXTES)、音楽 (MUSIQUE)で表現

『私たちに未来を語るのは“アーカイヴ”である』という彼の言葉の通り、過去人類がたどってきた“アーカイヴ”の断片と新たに撮り下ろされた子供たちや海辺の美しいシーンなどが巧みにコラージュされています。

ナレーションはゴダール本人が担当しており、彼特有の常識外のヴィヴィッドな色彩の映像からも、その健在ぶりがうかがえます。

何ひとつ望み通りにならなくても 希望は生き続ける』というゴダールのメッセージ。

このアーカイヴの山から、今を生きる観客はどんな未来を連想するでしょうか。

映画『イメージの本』の作品情報

【公開】
2019年(スイス・フランス合作映画)

【原題】
LE LIVRE D’IMAGE(英題:THE IMAGE BOOK)

【監督・編集・ナレーション】
ジャン=リュック・ゴダール

【キャスト】
ジャン=リュック・ゴダール、ディミトリ・バジル

【作品概要】
2018年・第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門スペシャル・パルムドール受賞。

『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』をはじめ数々の名作を世に送り出してきたヌーヴェルヴァーグの巨匠、ジャン=リュック・ゴダールが、監督だけでなくナレーションも兼任。

彼の枯渇することのない豊かなイメージや音楽が組み合わされた、アート作品のような映画です。

スポンサーリンク

映画『イメージの本』のあらすじ

静寂にすぎない。

革命の歌にすぎない。

5本指のごとく、5章からなる物語。

まとめ

前作『さらば、愛の言葉よ』(2014)で、彼にしか創造し得ない新感覚の3D技法で観客を驚かせたゴダール監督。

2018年12月3日、88歳の誕生日を迎えました。

本作『イメージの本』では、枯渇することのないイメージと音を多用し、観客の想像力を縦横無尽に刺激する84分間のアート体験を約束します。

ジャン=リュック・ゴダール監督の映画、『イメージの本』は2019年4月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

【ルーキー映画祭】新旧監督デビュー特集のイベント情報。京都みなみ会館リニューアル記念として9月6日より開催!

グッチーズ・フリースクール×京都みなみ会館による、日本未公開・新旧監督デビュー特集! 8月23日(金) にリニューアルオープンする京都みなみ会館にて、映画上映・配給団体グッチーズ・フリースクール(以下 …

新作映画ニュース

映画『めんたいぴりり』あらすじとキャスト。江口カン監督のエンタメ性の高さに博多華丸と富田靖子が挑む

博多華丸と富田靖子がダブル主演を務めた映画『めんたいぴりり』が、2019年1月18日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開。 日常で何気なく食べている「明太子」。そこには、成功の陰にあった知られざる家族 …

新作映画ニュース

上西雄大映画『ひとくず』あらすじとキャスト。劇場上映は渋谷ユーロスペースにて3月14日より全国順次公開

ミラノ国際映画祭にて最優秀作品賞と男優賞の2冠! 劇団テンアンツ代表の上西雄大監督が、感動のエンターテイメント映画『ひとくず』を制作しました。 2019年12月7日に閉幕したミラノ国際映画祭にて最優秀 …

新作映画ニュース

映画『21世紀の女の子』橋本愛や日南響子ら出演。キャストと作品紹介

10月25日に東京・六本木ヒルズで開幕した第31回東京国際映画祭。 オープニングセレモニーで存在感をしめしたのが、映画『21世紀の女の子』です。 総勢39人の女性がセレモニーに参加し、レッドカーペット …

新作映画ニュース

映画『マックイーン:モードの反逆者』天才ファッションデザイナーの生涯に迫るドキュメンタリー

ファッション界の反逆児と呼ばれたアレキサンダー・マックイーン。 恋をするように服を作り、命まで捧げた、ドラマより劇的な人生に迫るドキュメンタリー映画『マックイーン:モードの反逆者』は4月5日(金)より …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP