Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/07
Update

ジャン=リュック・ゴダールが語る未来への希望とは。映画『イメージの本』日本公開日決定と予告解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『イメージの本』予告解禁


© Casa Azul Films – Ecran Noir Productions – 2018

ジャン=リュック・ゴダール監督『イメージの本』が2019年4月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショーされることが決定しました。

『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』をはじめ数々の名作を世に送り出してきたヌーヴェルヴァーグの巨匠、ジャン=リュック・ゴダールの最新作『イメージの本』。

このたび日本版予告編が完成いたしました。

スポンサーリンク

映画『イメージの本』予告編

88歳を迎えてなお、世界の最先端でエネルギッシュに映画を作り続けるゴダール。

予告編には、第71回カンヌ国際映画祭での貴重な記者会見でのやりとりも挿入されています。

『これは政治的な映画ですか?』→『NO』

『この作品で原点に戻られた?』→『NO』

『映画は近い将来に失われてしまう?』→『NO』 、

そして『私たちのために映画を作り続ける?』→『YES

また、この刺激的なアート体験となる本作へ、映画評論家の蓮實重彦氏も「八十八歳のゴダールが四年がかりで世に問う新たな傑作のこの異様な美しさはどうか」と感嘆のコメントを寄せてました。

暴力、支配、不和…。

世界に対する“怒り”を、絵画(TABLEAUX)、映画(FILMS)、文章(TEXTES)、音楽 (MUSIQUE)で表現

『私たちに未来を語るのは“アーカイヴ”である』という彼の言葉の通り、過去人類がたどってきた“アーカイヴ”の断片と新たに撮り下ろされた子供たちや海辺の美しいシーンなどが巧みにコラージュされています。

ナレーションはゴダール本人が担当しており、彼特有の常識外のヴィヴィッドな色彩の映像からも、その健在ぶりがうかがえます。

何ひとつ望み通りにならなくても 希望は生き続ける』というゴダールのメッセージ。

このアーカイヴの山から、今を生きる観客はどんな未来を連想するでしょうか。

映画『イメージの本』の作品情報

【公開】
2019年(スイス・フランス合作映画)

【原題】
LE LIVRE D’IMAGE(英題:THE IMAGE BOOK)

【監督・編集・ナレーション】
ジャン=リュック・ゴダール

【キャスト】
ジャン=リュック・ゴダール、ディミトリ・バジル

【作品概要】
2018年・第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門スペシャル・パルムドール受賞。

『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』をはじめ数々の名作を世に送り出してきたヌーヴェルヴァーグの巨匠、ジャン=リュック・ゴダールが、監督だけでなくナレーションも兼任。

彼の枯渇することのない豊かなイメージや音楽が組み合わされた、アート作品のような映画です。

スポンサーリンク

映画『イメージの本』のあらすじ

静寂にすぎない。

革命の歌にすぎない。

5本指のごとく、5章からなる物語。

まとめ

前作『さらば、愛の言葉よ』(2014)で、彼にしか創造し得ない新感覚の3D技法で観客を驚かせたゴダール監督。

2018年12月3日、88歳の誕生日を迎えました。

本作『イメージの本』では、枯渇することのないイメージと音を多用し、観客の想像力を縦横無尽に刺激する84分間のアート体験を約束します。

ジャン=リュック・ゴダール監督の映画、『イメージの本』は2019年4月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング』あらすじ/キャスト/公開日/予告動画。女性監督がマイノリティの性にカメラを向けた衝撃作

第68回ベルリン国際映画祭金熊賞(最高賞)受賞作品。 カンヌ、ベネチアと並ぶ世界三大映画祭のひとつ、ベルリン国際映画祭2018 無名の女性監督が脚光を浴びました。 ルーマニア出身のアディナ・ピンティリ …

新作映画ニュース

映画『ピーターラビット2』あらすじ/キャスト/公開日。実写続編「バーナバスの誘惑」は都会で暴れまわる⁉︎

今度のピーターは“悪”に染まる!? 湖水地方を飛び出したピーターが都会で出会ったのは…。 イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター …

新作映画ニュース

中野量太映画 『長いお別れ』あらすじとキャスト。特報とビジュアル解禁!

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)の中野量太監督が、直木賞受賞作家・中島京子の同名小説を映画化する『長いお別れ』。 2019年5月に公開される本作に、蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山﨑努が出演 …

新作映画ニュース

齋藤飛鳥はカワイイ制服姿でトルネード投法!台湾野球で映画キミオイ始球式

山田裕貴×齋藤飛鳥共演のラブストーリー映画『あの頃、君を追いかけた』は10月5日(金)より全国にて公開です。 ヒロインを演じた齋藤飛鳥が、台湾で行われた始球式に“野茂英雄のトルネード投法”で挑戦しまし …

新作映画ニュース

【映画(2020)の予告動画】おすすめヒロインアクション『ANNA/アナ』をサッシャ・ルス主演で描くノンストップバトル!

アナを演じるスーパーモデルのサッシャ・ルスが繰り広げるノンストップバトル! 成功率0%の究極のミッションに、アナが下した衝撃の決断とは?すべての予測を裏切るノンストップ・アクション・エンターテインメン …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP