Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/11/18
Update

映画『99.9 刑事専門弁護士』キャストの杉咲花は河野穂乃果役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』は2021年12月30日(木)ロードショー

大ヒットドラマを映画化した『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』が、2021年12月30日(木)に公開されます。

ドラマで主演した松本潤、メインキャストの香川照之らに加え、新キャスト新人弁護士・河野穂乃果役として杉咲花が出演します。

この記事では河野穂乃果役の杉咲花について詳しくお伝えしていきます。

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』の作品情報


(C)2021「99.9 THE MOVIE」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
木村ひさし

【脚本】
三浦駿斗

【キャスト】
松本潤、香川照之、杉咲花、片桐仁、岸井ゆきの、西島秀俊、蒔田彩珠、榮倉奈々、木村文乃、道枝駿佑、青木崇高、奥田瑛二、笑福亭鶴瓶、岸部一徳

【作品情報】

2016年、2018年にTBS日曜劇場で放送され、人気を博した新感覚リーガル・ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』の劇場版。

個性あふれる刑事専門弁護士たちが99.9%逆転不可能と思われる事件に挑み、最後の0.1%まで諦めない姿を描く痛快ストーリーです。

松本潤演じる型破りな弁護士の深山、香川照之演じる敏腕弁護士・佐田の名コンビに、杉咲花演じる新たなヒロイン、新米弁護士・穂乃果が参戦します。

おなじみの豪華レギュラーキャストが顔を揃えるのに加え、西島秀俊、蒔田彩珠ら新キャストも登場。極上のエンターテイメント作品となっています。

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』のあらすじ


(C)2021「99.9 THE MOVIE」製作委員会

99.9%逆転不可能と言われる刑事事件で最後の0.1%まであきらめずに真実を追求し、無罪を勝ち取ってきた型破りな弁護士・深山大翔。

斑目法律事務所の刑事事件専門ルームは、新所長となった敏腕弁護士・佐田篤弘のもと、新人弁護士の河野穂乃果も加わり、事件に挑む日々を送っていました。

そんなある日、15年前に起きた天華村毒物ワイン事件に関する依頼が舞い込みます。

事件には謎の弁護士・南雲とその娘・エリが関わっていました。

村の青年・守の協力を得ながら、事件を徹底的に調査していく深山たちでしたが、巧妙な罠が彼らを待ち受けており…。

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』河野穂乃果役は杉咲花

参考映像:『湯を沸かすほどの熱い愛』(2017)

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』で河野穂乃果役を演じる杉咲花は1997年10月2日生まれの女優。東京都出身。研音所属。母は歌手のチエ・カジウラ。

女優になりたいという思いから、憧れの女優・志田未来のいる事務所・研音のオーディションに応募たそうです。

もとの芸名は「梶浦花」。2011年より研音に所属し、現在の「杉咲花」に改名して活動を開始しました。

ドラマ『ドン★キホーテ』で初出演。

味の素Cook DoのCMで”回鍋肉をおいしそうに食べる美少女”として、大きな注目を集めます。

2013年ドラマ『夜行観覧車』での家庭内暴力少女を熱演。その後も『MOZU』ほか多数のドラマに出演し、2014年日経トレンディでは「2015年の顔」に選ばれました。

2016年にNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』でヒロインの妹・美子役を好演。

2016年映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では、複雑な生い立ちを持つ少女という難役を演じ、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞ほか各映画賞で多数受賞しました。

2018年TBSドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』で連続ドラマに初主演。

同年『パーフェクトワールド 君といる奇跡』で映画初出演。

そのほか映画『トイレのピエタ』『十年 Ten years japan「DATA」』『十二人の死にたい子どもたち』『楽園』『青くて痛くて脆い』、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』、ドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』『ハケン占い師アタル』などに出演。

2020年のNHK連続テレビ小説『おちょやん』でヒロイン役を好演し、話題となりました。

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』河野穂乃果はどんな役?

杉咲花演じる河野穂乃果は、主人公・深山たちが務める班目法律事務所法務部刑事事件専門ルームの新人弁護士。

杉咲花の演技力の評価は

参考映像:『青くて痛くて脆い』(2020)

若手女優の中でトップクラスの演技力を誇る実力派・杉咲花。

映画『トイレのピエタ』『愛を積むひと』で2015年度の映画賞新人賞を多数受賞しました。

2016年の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では日本アカデミー賞・ブルーリボン賞など各映画賞の助演女優賞を総なめにしています。

複雑な生い立ちを持ち学校でもいじめに遭う少女という難役で見事な演技をみせ、一躍実力派として注目されるようになりました。

2013年のドラマ『夜行観覧車』で家庭内暴力に荒れる娘を演じ、視聴者に恐怖すら与えるほどの激しい演技で圧倒したことをきっかけに注目を集めます。

映画『十二人の死にたい子どもたち』の堤幸彦監督は、「モナリザもびっくりの、怒っているとも泣いているともとれる表情が圧巻」と評しています。

2016年放送のNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』出演で全国区の人気女優となり、2018年には青春ドラマ『花のち晴れ』でティーンの間でもブレイク。実力・人気ともにトップクラスの若手女優となりました。

2020年度後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』では喜劇役者の浪花千栄子をモデルにしたヒロイン・竹井千代役を演じ、改めてその実力が賞賛されています。

脚本を担当した八津弘幸は、「杉咲さんで本当に本当に良かった」と絶賛。当て書きは本来しないタイプながら、予想を超えた熱量のすさまじい杉咲のエネルギーに引っ張られ、最初のイメージと違うヒロインを描いたところもあった気がするとコメント。

まっすぐな杉咲の演技で、ブレることなく最後まで千代の「芯の強さ」を描くことが出来たと語っています。

本作『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』では、主人公の深山と佐田の名コンビに加わる新人弁護士・河野穂乃果役として参戦。ハイレベルな演技合戦への期待が高まります。

杉咲花の公式SNSの紹介

杉咲花の公式インスタグラムアカウントは、残念ながらドラマ『おちょやん』が最終回を迎えたことを機に閉鎖されました。

まとめ

TBS日曜劇場放送の大ヒットドラマを映画化した『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』。

主人公の変わり者の弁護士・深山大翔を演じるのは人気アイドルグループ・嵐の松本潤。深山のバディ・佐田篤弘を『半沢直樹』の香川照之が演じます。

NHK朝ドラ『おちょやん』で全国区の人気俳優となった杉咲花が新ヒロイン・河野穂乃果役で登場。作品を華やかに盛り上げます。

おなじみの豪華レギュラーメンバーに加え、西島秀俊、蒔田彩珠ら新キャストも参戦し、さらにパワーアップしています。

注目の映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』は、2021年12月30日(木)より全国公開です。








関連記事

新作映画ニュース

西島秀俊×小林薫映画『休暇』などリビングルームシアターで配信!話題作『凱里ブルース』は8月2日まで

リビングルームシアターに新たに9タイトルが追加! Covid-19対策として、映画館との共生を理念に5月23日に開設されたオンラインシアター「リビングルームシアター」に、新たに映画配給会社シネマエンジ …

新作映画ニュース

バウティスタがスタローンを称える映画『大脱出2』メイキング映像解禁!前作の同時視聴祭り情報も

あの脱獄のプロが帰ってきた シルヴェスター・スタローン主演、全世界待望のプリズン・ブレイク・アクション第2弾『大脱出2』。 2019年3月29日(金)の 全国ロードショーに向け、共演者およびスタッフが …

新作映画ニュース

映画『HAKONIWA』あらすじ/キャスト。秋元龍太朗が主演する若松宏樹監督の長編SFが制作開始!

映画『HAKONIWA』は2020年完成予定。 アメリカの大学院で監督専攻のMFAを取得した若松宏樹監督。 若松宏樹監督 卒業制作のSF短編映画では国内外で高い評価を得た若松監督が、秋元龍太朗と佐藤乃 …

新作映画ニュース

映画『ナイトメア・アリー』あらすじとキャスト考察。ギレルモ・デル・トロ最新作の特徴は“Nightmare Alley”でも発揮されるか⁈

『ナイトメア・アリー(原題)』は、2021年12月17日(金)全米公開決定 2017年に公開され、アカデミー賞4部門を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』以降、自身の監督作がないギレルモ・デル・トロ …

新作映画ニュース

映画『インディペンデントリビング』あらすじと公開情報。2020年春に障害者の自立生活を描くドキメンタリー上映

“生きづらさ”を抱えた人たちが“自分らしさ“を取り戻すドキュメンタリー 重い障害を持つ者に、一人暮らしはできるのだろうか? ©ぶんぶんフィルムズ 自立生活を希望する障害者たちに密着したドキュメンタリー …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学