Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/11/18
Update

映画『99.9 刑事専門弁護士』キャストの香川照之は佐田篤弘役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』は2021年12月30日(木)ロードショー

大ヒットドラマを映画化した『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』が、2021年12月30日(木)に公開されます。

ドラマで主演した松本潤、メインキャストの香川照之らに加え、新キャスト新人弁護士・河野穂乃果役として杉咲花が出演します。

この記事では佐田篤弘役の香川照之について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』の作品情報


(C)2021「99.9 THE MOVIE」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
木村ひさし

【脚本】
三浦駿斗

【キャスト】
松本潤、香川照之、杉咲花、片桐仁、岸井ゆきの、西島秀俊、蒔田彩珠、榮倉奈々、木村文乃、道枝駿佑、青木崇高、奥田瑛二、笑福亭鶴瓶、岸部一徳

【作品情報】

2016年、2018年にTBS日曜劇場で放送され、人気を博した新感覚リーガル・ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』の劇場版。

個性あふれる刑事専門弁護士たちが99.9%逆転不可能と思われる事件に挑み、最後の0.1%まで諦めない姿を描く痛快ストーリーです。

松本潤演じる型破りな弁護士の深山、香川照之演じる敏腕弁護士・佐田の名コンビに、杉咲花演じる新たなヒロイン、新米弁護士・穂乃果が参戦します。

おなじみの豪華レギュラーキャストが顔を揃えるのに加え、西島秀俊、蒔田彩珠ら新キャストも登場。極上のエンターテイメント作品となっています。

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』のあらすじ


(C)2021「99.9 THE MOVIE」製作委員会

99.9%逆転不可能と言われる刑事事件で最後の0.1%まであきらめずに真実を追求し、無罪を勝ち取ってきた型破りな弁護士・深山大翔。

斑目法律事務所の刑事事件専門ルームは、新所長となった敏腕弁護士・佐田篤弘のもと、新人弁護士の河野穂乃果も加わり、事件に挑む日々を送っていました。

そんなある日、15年前に起きた天華村毒物ワイン事件に関する依頼が舞い込みます。

事件には謎の弁護士・南雲とその娘・エリが関わっていました。

村の青年・守の協力を得ながら、事件を徹底的に調査していく深山たちでしたが、巧妙な罠が彼らを待ち受けており…。

スポンサーリンク

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』佐田篤弘役は香川照之

参考映像:『クリーピー 偽りの隣人』(2016)

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』で佐田篤弘役を演じる香川照之は1965年12月7日生まれの俳優、歌舞伎役者、タレント。歌舞伎役者名は九代目市川中車。東京都出身。ロータス・ルーツ所属。父は歌舞伎役者の二代目市川猿翁、母は女優の浜木綿子。

東大文学部を卒業した秀才で、熱狂的なボクシングファンであることや、大の昆虫好きとしても知られています。

もともとは俳優志望ではありませんでしたが、親の七光りを利用しない手はないと思いこの道を選んだそうです。

1989年NHK大河ドラマ『春日局』で俳優デビュー。

同時期出演した『静かなるドン』の監督の鹿島勤から100回NGを出されて以来、真剣に演技に向き合うようになったそうです。

2002年カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した中国映画『鬼が来た!』や2004年の『故郷(ふるさと)の香り』などに出演。

映画賞を受賞した『劒岳 点の記』『ゆれる』『鍵泥棒のメソッド』をはじめ、『劇場版 MOZU』『カイジ』シリーズ、『トウキョウソナタ』など多数作品で活躍。

ドラマ『半沢直樹』で大人気キャラクター・大和田暁を演じて大旋風を巻き起こしました。

ドラマ『ダブルフェイス』『MOZU』『日本沈没-希望のひと-』などでも人気を博しています。

2011年年には九代目市川中車を襲名して歌舞伎俳優に進出。長男の政明も五代目團子としてデビューしました。

そのほかボクシングのゲスト解説や、NHK『香川照之の昆虫すごいぜ!』出演を務めます。2021年10月からは朝の情報番組「THE TIME」での金曜司会を務めるなど、マルチな才能の持ち主です。

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』佐田篤弘はどんな役?

香川照之演じる佐田篤弘は、主人公・深山が勤める班目法律事務所の新所長。

高慢で利益優先主義。深山とは折り合いが良くないながら、彼のやり方を誰より理解する名バディです。

スポンサーリンク

香川照之の演技力の評価は

参考映像:『鍵泥棒のメソッド』(2012)

数々の映像作品で印象に残る個性的な演技をみせてきた怪優・香川照之。

その高い演技力で、2009年『劒岳 点の記』で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞をはじめ、『ゆれる』『鍵泥棒のメソッド』『クリーピー偽りの隣人』など数々の作品で、日本アカデミー賞やブルーリボン賞、キネマ旬報賞など多数映画賞を受賞しています。

2013年の大ヒットドラマ『半沢直樹』では、主人公のライバル大和田常務役で一躍大人気に。最終回の土下座シーンは大きな話題を呼びました。

原作者・池井戸潤は香川に対し「アドリブは抜群であり、原作には登場しないキャラクターなので、自由に存在感を発揮してドラマを盛り上げてくれるのはとてもいいと思う」と好意的なコメントをしています。

2020年の第2シリーズ『半沢直樹』でも引き続き大和田常務役を演じ、「おしまいdeath!」をはじめとした数々の名セリフが大旋風を巻き起こしました。

『99.9-刑事専門弁護士-』でも、主人公の名バディ・佐田篤弘をコミカルに演じ、人気を博してきました。本作劇場版での演技にも期待が高まります。

香川照之の公式SNSの紹介

香川照之の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

TBS日曜劇場放送の大ヒットドラマを映画化した『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』。

主人公の変わり者の弁護士・深山大翔を演じるのは人気アイドルグループ・嵐の松本潤。

深山のバディ・佐田篤弘を『半沢直樹』大和田常務役で大人気の怪優・香川照之が演じます。

NHK朝ドラ『おちょやん』で全国区の人気俳優となった杉咲花が新ヒロイン・河野穂乃果役で登場。

おなじみの豪華レギュラーメンバーに加え、西島秀俊、蒔田彩珠ら新キャストも参戦し、さらにパワーアップしています。

注目の映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』は、2021年12月30日(木)より全国公開です。






関連記事

新作映画ニュース

【Cinemarcheライター&編集部スタッフ 一覧】2019年10月最新版

Cinemarche執筆者一覧 田辺秋守・細野辰興・奈香じゅん・谷川裕美子・中村綾子 西川ちょり・金田まこちゃ・野洲川亮・もりのちこ Moeka Kotaki・糸魚川悟・薬師寺源次郎・松平光冬・さくら …

新作映画ニュース

映画『東京裁判』4Kデジタル版。真実のドキュメンタリーで編集マン浦岡敬一の仕事が再び劇場で見られる

第35回ベルリン国際映画祭国際評論家連盟賞受のドキュメンタリー映画『東京裁判』 日本で唯一無二の編集マン・浦岡敬一の仕事が見られる (C)講談社2018 極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録フィルムを …

新作映画ニュース

【お知らせ】大阪アジアン映画祭2020の取材について、関係者各位のご提案・ご相談をお待ちしております。

第15回大阪アジアン映画祭は2020年3月6日〜15日に開催! 国内外から多くの映画監督やキャストが招待され、春の祭典として注目のアジア映画や、優れた日本映画を上映する「大阪アジアン映画祭」。2020 …

新作映画ニュース

映画『ダンサー そして私たちは踊った』あらすじとキャスト。のむコレ3にて公開されるアカデミー賞スウェーデン代表作!

ロッテン・トマト93%FRESH獲得のアカデミー賞国際長編映画賞スウェーデン代表作品。 第92回アカデミー賞国際長編映画賞部門スウェーデン代表に選出された『ダンサー そして私たちは踊った』。 (c) …

新作映画ニュース

特集上映【奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション】裁かるゝジャンヌなど4作がデジタルリマスターで蘇る

「二十世紀の至宝」カール・テオドア・ドライヤー監督作品 『裁かるゝジャンヌ』『怒りの日』『奇跡』『ゲアトルーズ』を上映! 「二十世紀の至宝」と謳われ、世界映画史が誇る孤高の映画作家カール・テオドア・ド …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学