Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/08/27
Update

映画『カオス・ウォーキング』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トム・ホランド&デイジー・リドリーの新感覚SF

  • Writer :
  • 大塚まき

『ボーン・アイデンティティー』ダグ・リーマン監督最新作!

巨大宇宙船、エイリアンとの戦い、謎に満ちた星──壮大なスケールと映画史上初の設定によるエキサイティングなストーリーで、映画ファンを驚愕と歓喜の〈ニュー・ワールド〉へと連れ去る、新感覚SFエンターテイメント『Chaos Walking』(原題)。


(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

このたび、邦題を『カオス・ウォーキング』として、2021年11月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開することが決定しました。

あわせて、場面写真が解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『カオス・ウォーキング』について

参考:『Chaos Walking』の公式インスタグラム

舞台はそれほど遠くない未来。人類は汚染した地球を旅立ち、新天地に辿り着きました。しかしそこでは、男性たちは頭の中の考えや心の中の想いが〈ノイズ〉としてさらけ出されるようになり、なぜか女性は死に絶えてしまいます。

生まれてから女性を見たことがない青年がある時、地球から新天地にやってきた一人の女性と出会い……。

本作はガーディアン賞、カーネギー賞など、数々の名立たる文学賞を制するパトリック・ネスの傑作SF小説を映画化した作品です。

監督は大ヒットメーカーのダグ・リーマン

主演は英国からハリウッドへ進出し、スパイダーマン:ホームカミング』をはじめMCU版「スパイダーマン」シリーズの主人公を演じるなど、今や世界中から愛されているトム・ホランド

共演はスター・ウォーズ/フォースの覚醒』でスターダムを駆け上がったデイジー・リドリーと、21世紀を代表する名優マッツ・ミケルセンです。

なぜ? どうして? いたるところちりばめられた謎。そして“ノイズ”によって、頭の中の思考や想像が露わとなる面白さに加えて、生まれて初めて「女性」を見る青年を演じるトム・ホランドの初々しさ爆発の演技にご注目ください。

謎と“ノイズ”、それに10代の瑞々しい感性がミックスされた新感覚のSF映画の誕生です!

映画『カオス・ウォーキング』の場面写真

本記事冒頭に記載したこの度解禁された場面写真では、トッド(トム・ホランド)とヴァイオラ(デイジー・リドリー)が正面を見据え、トッドからはノイズが出ています

二人はどう出会い、どう交差していくのか。中央に惑星がいくつか浮かび、二人が宇宙を舞台に繰り広げる壮大な物語を期待させる写真が公開されました。

スポンサーリンク

映画『カオス・ウォーキング』の作品情報

【日本公開】
2021年(アメリカ・カナダ・香港合作映画)

【原題】
CHAOS WALKING

【原作】
『心のナイフ』〈混沌(カオス)の叫び1〉パトリック・ネス著(東京創元社)

【監督】
ダグ・リーマン

【脚本】
パトリック・ネス、クリストファー・フォード

【キャスト】
トム・ホランド、デイジー・リドリー、マッツ・ミケルセン、デミアン・ビチル、シンシア・エリヴォ、ニック・ジョナス、デヴィッド・オイェロウォ

映画『カオス・ウォーキング』のあらすじ

西暦2257年、〈ニュー・ワールド〉。そこは、汚染した地球を旅立った人類がたどり着いた〈新天地〉のはずでした。

しかし、男性たちは頭の中の考えや心の中の想いが、〈ノイズ〉としてさらけ出されるようになり、女性は死に絶えてしまう世界に。

この星で生まれ、最も若い青年であるトッドは、一度も「女性」を見たことがありません。

ある時、地球からやって来た宇宙船が墜落し、トッドはたった一人の生存者となった女性ヴァイオラと出会い、ひと目で恋におちます。

ヴァイオラを捕えて利用しようとする首長のプレンティスから、彼女を守ると決意するトッド。

二人の逃避行の先々で、この星の驚愕の秘密が明らかになっていく……。

スポンサーリンク

まとめ

参考動画:米国版『Chaos Walking』の予告編

本作は『スパイダーマン』『スター・ウォーズ』SF映画界の2大ヒーロー・ヒロインが夢の競演し、渋さを図ることができればおそらく世界ランカーにして超人気俳優マッツ・ミケルセンも出演。

『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』『ジャンパー』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『バリー・シール/アメリカをはめた男』など、ヒット作に枚挙にいとまがないダグ・リーマンが監督を務めます。

原作は第一部でガーディアン賞、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞とブックトラスト・ティーンエイジ賞、第二部でコスタ賞児童書部門、第三部でカーネギー賞に輝いたパトリック・ネスの傑作SF小説であり、待望の映画化となっています。

なぜ男性だけ“ノイズ”が出るようになり、女性は死に絶えたか、地球から来た女性はなんのために? 謎と“ノイズ”と初々しさがもつれあいます。

見どころ満載の新感覚SF映画が日本上陸!ぜひこの《カオス》を劇場で体感してください。

映画『カオス・ウォーキング』は、2021年11月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

『ドラゴンボール超ブロリー』4DX映画が全世界で大ヒット中!お得な体感型鑑賞の情報も

4DX、第1四半期歴代最高のグローバル興行成績を記録! 体感型プレミアムシアター4DXが、日本、中国、フランスなど、スクリーン数の増加とローカル作品の大ヒットにより、第1四半期歴代最高のグローバル興行 …

新作映画ニュース

シャーリズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』。作品秘話と運命の出会い画像解禁

かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー。 映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ …

新作映画ニュース

『エゴイスト』あらすじ/キャスト/公開日はいつ?鈴木亮平×宮沢氷魚で高山真の自伝的小説の世界がスクリーンに!

エッセイスト高山真の自伝的小説『エゴイスト』が映画に! 愛と毒のある切り口で数々のコラムを世に送り出してきた高山真の自伝的小説『エゴイスト』が2023年映画化されます。 (C)高山真/小学館 『トイレ …

新作映画ニュース

『機動戦士ガンダムNT』独占見放題やGLAYライブ配信!U-NEXTの読み放題雑誌がさらに充実のラインナップに

日本発のエンタメ配信サイトU-NEXTが、2021年3月1日より「読み放題」の雑誌34誌を新規追加し、計114誌となったことを発表しました。 また、4ヶ月連続で開催されるGLAYの4つのライブをいずれ …

新作映画ニュース

映画『愛なのに』『猫は逃げた』あらすじ。城定秀夫×今泉力哉のコラボ企画L/R15が始動!

城定秀夫×今泉力哉による異色のコラボレーション企画が始動! 『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』 『mellow』『his』『あの頃。』『街の上で』と続々話題作が公開され、今最も注目されてい …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学