Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2017/12/15
Update

『スターウォーズ/フォースの覚醒』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。続三部作の第1弾の内容を見る順番とともに振り返る

  • Writer :
  • 馬渕一平

「スターウォーズ」シリーズ、再始動!
続三部作シリーズ第1弾『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

ついに2018年12月15日に公開された映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。

その前作であり、『スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)に続く「スター・ウォーズ」続三部作の第1作が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』です。

本記事では、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』をネタバレあらすじ有りで紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の作品情報


(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved (C)2016 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

【日本公開】
2015年(アメリカ映画)

【原題】
Star Wars:The Force Awakens

【監督・脚本】
J・J・エイブラムス

【キャスト】
デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、アダム・ドライバー、ドーナル・グリーソン、グウェンドリン・クリスティー、ルピタ・ニョンゴ、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アンディ・サーキス、アンソニー・ダニエルズ、ピーター・メイヒュー、マックス・フォン・シドー、ケン・レオン、キラン・シャー、グレッグ・グランバーグ、ロッキー・マーシャル、ヤヤン・ルヒアン、イコ・ウワイス、サイモン・ペッグ、ワーウィック・デイビス、メイジー・リチャードソン=セラーズ、アンナ・ブリュースター、ハリエット・ウォルター、マイケル・ジアッキノ、ナイジェル・ゴドリッチ、ジェシカ・ヘンウィック、トーマス・ブロディ=サングスター、ダニエル・クレイグ

【作品概要】
2005年の『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されたSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」の続三部作シリーズの1作目。

J・J・エイブラムスが監督を務め、新旧キャストが豪華共演を果たした話題作。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のあらすじとネタバレ


(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved (C)2016 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

レジスタンスのパイロットであるポー・ダメロンは姿を消したルーク・スカイウォーカーの居場所を示す地図を託されました。しかし、地図を狙うファースト・オーダーが迫っています。

ポーはドロイドのBB-8にデータを託し、逃げるように指示。BB-8は砂漠の道を逃げ出します。

村は焼き払われ村人たちは殺され、ポーは捕えられます。ファースト・オーダーを率いるカイロ・レンはフォースを使い、ポーがBB-8に地図を託したことを知りました。

村を襲っている時に一人のトルーパーが動揺していました。彼は自らの行いに疑問を感じ、拘束されていたポーを助け出します。ポーからフィンという名前をつけてもらい、二人はタイファイターに乗って逃げ出しました。

ポーとフィンが乗ったタイファイターは攻撃をくらい砂漠に墜落。フィンが目覚めると、タイファイターはそのまま砂漠に飲まれ、ポーの姿は見えず残ったのは彼のジャケットだけでした。

鉄屑を拾って生計を立てているレイ。レイが帰路に着く途中、BB-8が捕獲されている所に遭遇しました。レイはBB-8を助け出し、彼女を信頼したBB-8は家まで付いて行きます。

翌日、交換所を訪れたレイとBB-8。交換所の男がBB-8を高く買うぞと持ちかけてきますが、レイはそれを拒否。交換所の男は二人の居場所をファースト・オーダーに連絡しました。

砂漠を歩き続け水を求めてやってきたフィン。BB-8の姿を見つけ、自分もレジスタンスだとレイに話しかけますが、ポーのジャケットを着ているフィンをBB-8は疑います。

そこをファースト・オーダーが襲撃されました。3人は慌てて一緒に逃げ出し、砂漠に放置されていたミレニアム・ファルコンに飛び乗ります。生まれて初めてとは思えないレイの操縦技術によって追手を撃墜すると、そのまま宇宙へと飛び出しました。

その途中で大きな船に飲み込まれたミレニアム・ファルコン。彼らの元に現れたのはハン・ソロとチューバッカ。化物ラスターの暴走を何とか防ぎ、ハンがミレニアム・ファルコンのキャプテンとして帰ってきました。

カイロ・レンとハックス将軍は計画が上手くいっていないことをファースト・オーダーの最高指導者であるスノークに報告し、激しく叱責されます。

ハンたちはマズ・カナタがいる惑星に向かいます。その酒場にいたスパイに連絡されたことに気付かず、レイはある場所に導かれるように進んでいきます。そこにはかつてルークが使っていたライトセーバーがありました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』結末の記載がございます。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ルークのライトセーバーを手に取った瞬間、レイの幼少期の記憶が蘇ります。ハンはレイの資質を見抜きそれを使うように言いますが、彼女はそれを拒否しました。

そこへ、カイロ・レンたちがやってきて、攻撃を始めます。ポーが先導するXウイングのレジスタンス軍も助けにやってきましたが、抵抗も虚しくカイロ・レンによってレイが連れ去られてしまいました。

カイロ・レンたちが立ち去った後にレジスタンスのリーダーであるレイア、R2-D2とC-3POが降り立ち、チューバッカそしてハンとの再会を果たしました。

レイと対峙したカイロ・レンはフォースで地図の情報を見抜いたもののそれはあくまで断片でしかありませんでした。その後も尋問を続けようとしますが、レイのフォースは強く、カイロ・レンはその場を立ち去ります。

フォースを使いこなし始めたレイは見張りに拘束を解かせると、逃げ出しました。

ファースト・オーダーはスターキラーを使い、共和国の惑星を次々に破壊し、次はレジスタンスの本拠地のある星に狙いを定めていました。

レジスタンス側に加わったフィンは、トルーパーとして仕えていた経験を活かし、スターキラーの弱点を伝えます。

スターキラーを破壊する作戦を実行する前に、レイアはカイロ・レンの正体を明かします。

彼はレイアとハンの息子で、かつてジェダイの後継者としてルークに育てられていました。しかし、彼がダークサイドに堕ちてしまったため、その責任を感じたルークは行方をくらまし、ハンはレイアの元を離れたのでした。

レイアはハンに息子を連れ戻して帰ってきてと伝えます。

スターキラーの基地に侵入したハンとチューバッカとフィン。基地の中に爆弾を仕掛けている途中で逃げ出したレイと遭遇します。

そして、ハンは息子が橋に立っているのに気付き、その場に向かいました。

カイロ・レンのことを本当の名前であるベンと呼び、ハンはライトサイドに戻ってくるよう伝えます。

一瞬、改心したかに見えたカイロ・レンでしたが、彼の持つ十字のライトセーバーでハンの身体を貫きます。

ハンはそのまま深い闇へと落ちていきました。

それを見たチューバッカが怒り狂い、仕掛けた爆弾を起爆させます。

レイとフィンは雪の降る基地の外へと逃げ出しますが、レイの力に惹かれているカイロ・レンが追いかけてきました。

フィンがライトセーバーを使ってカイロ・レンに勝負を挑みますが、その力の差は歴然でした。

重傷を負ったフィンの元に駆け寄るレイ。

怒りに震えたレイはついにフォースを覚醒させました。

圧倒的な力でカイロ・レンを押し続けるレイ。傷を負ったカイロ・レンもこのまま戦いを続けるのは厳しい状態でした。

その時突然地割れが二人の間に起こり、スターキラーが崩壊を始めます。

レイは負傷したフィンを連れて、チューバッカが操縦するファルコンに乗り込み、逃げ出しました。

スターキラーはそのまま崩壊し、レジスタンス側の作戦は成功。

レイがレジスタンスの基地にやって来るとR2-D2が起動し、ルークの居場所を示す地図を映し出しました。BB-8の持つ地図の断片と合わせてついに地図は完成。

レイはその地図を頼りにある島に向かいました。その孤島の上に上がっていくとそこには年老いたルークの姿が。

レイはライトセーバーをルークに差し出しました。

スポンサーリンク

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の感想と評価


(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved (C)2016 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

『ブレードランナー2049』の記事を書いた際にも同様のことを書いたのですが、伝説を知らない我々の世代からすると、これは私たちの物語でした。

スター・ウォーズ旧三部作の魅力の一つは若者たちによる青春物語の要素です。

本作にはデイジー・リドリーが演じるレイ、ジョン・ボイエガが演じるフィン、アダム・ドライバーが演じるカイロ・レン、オスカー・アイザックが演じるポー・ダメロンが登場します。

ポーの出番はやや少なかったですが、まずもってこの4人がとても魅力的です。彼らの人間性や抱える問題にも現代的な要素が反映されています。

その他の新キャラクター、BB-8やマズ・カナタなども魅力に溢れていました。(キャプテン・ファズマにはもう少し頑張ってほしい!)

さらに、もちろん旧作ファンへのサービスもたっぷりです。ハン・ソロやチューバッカ、レイア、そしてミレニアム・ファルコンなどは画面に登場するだけで心が揺さぶられます。

そして、『最後のジェダイ』に繋がる驚きと感動のラスト。新たなスター・ウォーズサーガの始まりをぜひ目撃してください!

まとめ


(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved (C)2016 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

現代に向けられた新たな三部作の第一作目。

今この興奮と感動を味わえている子どもたちはとても羨ましい限りです(私は新三部作世代でした…)。

スカイウォーカー家を巡る物語は果たしてどのような形で終わりを迎えるのでしょうか。

いちファンとして楽しみに待ちたいところです。





関連記事

SF映画

映画『シン・ゴジラ』ネタバレあらすじ感想考察とラスト結末解説。凍結の第5形態や岡本喜八リスペクトで暗示する“日本の戦争”

誰しもが2014年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」を観た際に、「怪獣映画」というジャンルも、ハリウッドに持って行かれたと嘆いたことでしょう。 しかし、庵野秀明監督が、初代ゴジラに並ぶ、あるい …

SF映画

映画『ゼイリブ』ネタバレ感想。結末までのあらすじからジョン・カーペンターの魅力を探る

製作30周年を迎えたジョン・カーペンター監督のカルトSF映画『ゼイリブ』がデジタルリマスター版で蘇り、2018年9月29日より新宿シネマカリテにてレイトショー上映。 当時から世相を鋭く風刺した映画でし …

SF映画

映画『E.T.』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。天才スピルバーグ監督の歴代おすすめ名シーンは「トモダチ宇宙人」

イツモココニイルヨ。 離れていても心はいつも一緒。 1982年公開、スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒットSFファンタジー『E.T.』を紹介します。 1977年公開の映画『未知との遭遇』で、人類と宇 …

SF映画

映画『メイズ・ランナー3 最期の迷宮』あらすじとキャスト。前作の内容も合わせて紹介

待望のシリーズ完結作『メイズ・ランナー最期の迷宮』は、6月15日(金)TOHOシネマズほか全国順次公開。 本作は、2014年の『メイズ・ランナー』、2015年の『メイズ・ランナー砂漠の迷宮』に続く第3 …

SF映画

映画『KINキン』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。SFサスペンスで“未知の武器を発見”した兄弟をジャック・レイナーとマイルズ・トゥルイットが演じる

男同士の家族愛と絆がひかるSFサスペンス! ジョナサン・ベイカーとジョシュ・ベイカーの兄弟が監督を務めた、2018年製作のアメリカのSFサスペンス映画『KIN キン』。 未知の武器を発見した14歳の少 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学