Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

ハンソロ スターウォーズ・ストーリー|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に続く、『スターウォーズ』シリーズ番外編。

若きハン・ソロの知られざる冒険を描いた、『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日から公開中。

今回は新たなスターウォーズ作品となる、今作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の作品情報


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Solo: A Star Wars Story

【監督】
ロン・ハワード

【キャスト】
オールデン・エアエンライク、ウッディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローバー、タンディ・ニュートン、フィービー・ウォーラー=ブリッジ、ヨーナス・スオタモ、ポール・ベタニー

【作品概要】
『スターウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロを主役にした、番外編。

銀河一のパイロットを目指す、若きハン・ソロの活躍を、『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズのロン・ハワードが描いた、SFアクション・アドベンチャー。

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved
あらゆる犯罪シンジケートが錯綜する時代。

惑星コレリアで生まれ育ったハンは、犯罪シンジケートに加担しながら、パイロットを夢見ており、自分の夢を叶える為、恋人のキーラと共に惑星コレリアからの脱出を図ります。

ハンは脱出に成功しましたが、キーラは追ってきた犯罪シンジケートのギャングに捕まり、2人は離れ離れになります。

ハンはパイロットになって、再び惑星コレリアに行き、キーラを連れ出す事を心に誓います。

帝国軍の入隊手続きの際に、1人で来たハンに、ハン・ソロという名前が与えれます。

それから3年の月日が経過しました。

希望と違い、帝国軍で歩兵として戦っていたハンは、帝国軍に変装して戦場に潜り込んでいたトバイアス・ベケットと、その仲間の存在に気付きます。

ベケットに「パイロットとして、仲間に入れてほしい」と懇願するハンですが、ベケットに拒否され、帝国軍に脱走兵として捕らえられてしまいます。

ハンは猛獣の餌にされてしまい、猛獣が住む地下に放り込まれます。

そこへ姿を現したのは、猛獣として閉じ込められていたウーキー族のチューバッカでした。

暴れるチューバッカに手こずるハンでしたが、「戦っているふりをして、脱出しよう」とチューバッカに提案、狙い通り地下室を破壊し、脱出に成功します。

ベケットは目的を果たし、帝国軍の戦場から飛び立とうとしていましたが、チューバッカと共に姿を現したハンを気に入り、仲間に入れます。

ベケット達の次の目的は、高い値段で取引されている強力な燃料コアクシウムを奪う事でした。

ベケットはコアクシウムを運搬する列車強盗を計画、ベケットの仲間のヴァルは「他の誰かに邪魔されないか?」と危惧しますが、ベケットは「この情報を知っているのは自分達だけ」と計画に自信を持っていました。

ですが、ベケット達が計画を実行すると、エンフィス・ネストをリーダーとする盗賊、クラウド=ライダースが現れ、コアクシウムの争奪戦が始まります。

戦いの中で、ベケットの仲間でパイロットのリオ、ベケットの恋人ヴァルが命を落とし、コアクシウムの入手にも失敗、ベケットとハン、チューバッカはクラウド=ライダースから逃亡します。

仲間を失った事と、コアクシウムの入手に失敗したベケットは取り乱しますが、依頼者であり犯罪組織のボス、ドライデン・ヴォスに状況を伝えなければならず、ドライデンのアジトに向かいます。

ドライデンのアジトでは、パーティーが開催されており、そこでハンはキーラと再会、キーラはドライデンの右腕として組織に入っていました。

キーラの現状にショックを受けたハンですが、ベケットと共にドライデンへ計画失敗の報告に行きます。

静かな怒りを燃やすドライデンですが、ハンは惑星ケッセルにもコアクシウムがあり、それを盗み出すという代案を思いつきます。

ハンの計画に乗ったドライデンは、ハン達にキーラを同伴させ、計画を実行させます。

次の失敗は許されないハンの、無謀とも言える強奪計画が始まります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

コアクシウム強奪計画には、早い船が必要となり、ハン達はキーラの知人で、早い船を持っているランドを仲間に入れます。

ランドはギャンブルでイカサマを使い、ハンの持ち金を全て巻き上げるほどのアウトローで、ドロイドの自由を訴える女性ドロイド、L3を副操縦士にしている変わった男でした。

ハン達はランドの船、ミレニアム・ファルコン号に乗り込み、惑星ケッセルへ向かいます。

惑星ケッセルに到着したハン達は、コアクシウムを掘り出している鉱山内に潜入、鉱山内では多くのドロイドやウーキー族が奴隷として働かされていました。

コアクシウムを盗み出そうとするハンとは別に、L3は制御されていたドロイドに自由を与え、チューバッカはウーキー族を開放、結果的に奴隷だったドロイドとウーキー族による反乱が起きます。

反乱に乗じてハンはコアクシウムを盗み出す事に成功しますが、反乱を先導していたL3が破壊され、L3を救出に行ったランドも腕を負傷します。

ランドとL3に代わり、ミレニアム・ファルコン号を操縦したハンは、サポートに入ったチューバッカと共に、惑星ケッセルを脱出、途中帝国軍の攻撃を受けたり、強力な重力地帯に入り込み、ブラックホールに巻き込まれそうになったりという危機に直面しますが、潜り抜けて行きます。

ハン達は、不安定な燃料であるコアクシウムを、精製し安定化させる為に、ある惑星に到着します。

コアクシウムの精製を待っているハン達の前に、エンフィス・ネストとクラウド=ライダースが現れます、

盗賊と思われていたエンフィス達の目的は、コアクシウムを反乱軍へ渡し、帝国軍の厳しい統治から抜け出す為の戦いを始める事でした。

ドライデンへコアクシウムを渡すと、犯罪シンジケートが更に力を付け、暗黒の時代へ突入するとも聞かされます。

エンフィスの説得に心を動かされたハンは、ある計画を思いつきますが、ドライデンに逆らう事を恐れたベケットは、計画に賛同せずにハンの前から姿を消します。

ドライデンのアジトに、キーラと共にコアクシウムを運び込んだハンとチューバッカ。

ですがドライデンは「偽物だ」と疑います。

ハンの計画はドライデンに漏れており、情報提供者はベケットでした。

ドライデンは自らが所有する軍隊をエンフィス達に送り込み、本物のコアクシウムを奪おうとしますが、そこにもコアクシウムはありませんでした。

ベケットの動きを読んでいたハンは、ドライデンのアジトの警備を手薄にする為に、偽の情報をドライデンに流したのです。

つまり、目の前にあるコアクシウムは本物。

それに気付いたベケットは、丸腰のドライデンとハン達を銃で脅し、チューバッカを連れてコアクシウムを盗み出します。

ベケットを追いかけようとするハンの前に、ドライデンが立ち塞がります。

怒り狂ったドライデンの攻撃の前に苦戦するハンですが、キーラが隙をついてドライデンを倒します。

ハンがベケットを追いかけて、1人になったキーラは、ドライデンの組織を操っていた真のボスに連絡、コアクシウムが奪われた事と、ドライデンが殺された事を報告します。

報告を受けた男の顔が、ホログラムに映し出されます。

その男は、かつてシスの暗黒卿と恐れられた、ダース・モールでした。

チューバッカを連れて逃亡するベケットの前に姿を現すハン。

ベケットはハンを油断させようとしますが、ハンはベケットを撃ちます。

ベケットは、躊躇なく自分を撃ったハンの判断を褒めながら、絶命します。

ハンはチューバッカと共に、再びランドを訪ねます。

そこでハンはランドが使っていたイカサマを見破り、ランドに勝利、賭けの対象になっていたミレニアム・ファルコン号を自分の船にします。

念願の自分の船を手に入れたハンは、惑星タトゥイーンでギャング団を集めている者の情報を入手し、宇宙へ旅立ちました。

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』評価と感想


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved
スターウォーズシリーズの人気キャラ、ハン・ソロの若き日の物語を描いた本作は、相棒のチューバッカとの出会い、愛機ミレニアム・ファルコン号を手に入れるまでのエピソードを盛り込みながら、アウトロー、ハン・ソロが誕生するまでを描いています。

特徴的なのは、作品全体を通して西部劇風となっている事です。

『スターウォーズ/新たなる希望』がフォースという魔法を盛り込んだ、おとぎ話的な部分があった事を考えると、ルークと対局のキャラとなるハン・ソロの物語を、西部劇風でまとめたのも、個人的には納得できます

また、ルークの師匠オビワンは、ルークに戦い方とジェダイの道を教えましたが、ハンの師匠的な存在であるベケットは「誰も信用するな」とハンに教え、自身の保身の為ならハンの命も奪おうとします。

ベケットの生き様が、ハンのその後の人格を作っています。

ハンとベケットとの師弟関係も、ルークとオビワンの師弟関係とは真逆となり、面白いと感じました。

監督のロン・ハワードは、本作の撮影の際にジョージ・ルーカスから「12歳だった頃の自分や、いま12歳の子どもたちがワクワクするような映画をつくること」とアドバイスを受けたと語っています。

本作は最初から最後まで、エンターテインメントに徹底しており、無心で楽しめる作品になっています。

ハンの始まりの物語なので、スターウォーズを見たことが無くても楽しめますし、シリーズのファンは、作品に隠された数々の小ネタやサプライズで、更に楽しめると思います。

まとめ


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

今作におけるスターウォーズファン、最大のサプライズは、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の人気キャラ、ダース・モールが登場する事でしょう。

犯罪シンジケートを影で操っていたダース・モールは、真の黒幕という存在です。

ダース・モールは『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』以降、シャドウ・コレクティヴという犯罪組織を設立したとされています。

今回はホログラムのみの登場でしたが、ダース・モール率いるシャドウ・コレクティヴと、ハン・ソロが激突する展開など、予定されているのでしょうか?

『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は興行的に振るわず「ルーカスフィルムが、スターウォーズのスピンオフ映画の計画を保留する」という情報が一時期流れましたが、ルーカスフィルム側は、この報道を否定しています。

今後も、新たなスターウォーズのストーリーが制作され、今作の続きも語られるでしょう。

壮大な世界観を共有し、拡大させているマーベル・シネマティック・ユニバースのように、スターウォーズも更に世界を広げていき、その最初の作品が本作ではないかと考えています。

番外編の1作目『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、この作品だけで綺麗に完結していますからね。

スターウォーズファンなら、今後の事をいろいろ想像して、観賞後も楽しめますし、知らない方でも楽しめる、エンターテインメント大作『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日から全国公開中です。

関連記事

SF映画

【ネタバレ感想】アリータ: バトル・エンジェル|少女の強さは戦闘だけではない⁈

蘇った最強のサイボーグは、人間の心を持った美しい少女でした。 実写で撮影した映像をベースにVFX技術で作り上げた主人公・アリータの存在は、人間とサイボーグの域を超え、私たちに感動のドラマを与えてくれま …

SF映画

杉咲花が映画『十年』の「DATA」で見せた演技力の感想。是枝裕和監修オムニバス【十年Ten Years Japan】

是枝裕和監督が才能を認めた、5人の新鋭監督たちが描く、十年後の日本の姿。 高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制…。 私たちの”未来”は変えることが出来るのか。 映画『十年Ten Years J …

SF映画

映画『こどく/蠱毒ミートボールマシン』あらすじとキャスト。西村喜廣監督が描く世界観

個性派俳優の田中要次が映画初主演作を果たした『蠱毒(こどく)ミートボールマシン』のディザービジュアルがネットに解禁されました。 高橋一生が出演した『ミートボールマシン』の続編で、『シン・ゴジラ』『進撃 …

SF映画

映画『スターウォーズ/最後のジェダイ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

全世界のファンが待ち望むシリーズ最新作が遂に公開! タイトルに込められた真意とは!? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『ス …

SF映画

映画ランペイジ巨獣大乱闘|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『ドクター・エクソシスト』でホラーファンを震えがらせたブラッド・ペイトン監督! 『モータルコンバット』シリーズで同じみのゲームメーカー“ミッドウェイゲームズ”の同名ゲーム「ランペイジ」を映画化。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP