Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/09
Update

ジョニー・デップ映画『グッバイ、リチャード!』あらすじ/キャスト/公開日。感動ドラマThe Professorが日本上陸!

  • Writer :
  • 石井夏子

6月9日はジョニー・デップ誕生日!

2018年に製作されたジョニー・デップ主演映画『The Professor』。

(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

邦題を『グッバイ、リチャード!』と改め、2020年8月21日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開されることが決定し、ジョニー・デップ57歳の誕生日である本日6月9日に解禁となりました

併せて解禁されましたビジュアルと共に、本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『グッバイ、リチャード!』について

参考:ジョニー・デップのインスタグラム

「余命180日です」。大学教授・リチャードに告げられた突然の余命宣告

博学でエレガント、真面目な夫として美しい妻と素直な娘との何不自由ない暮らしを送っていたはずの人生は一変。リチャードは残りの人生を自分のために謳歌しようと決心し、やりたい放題の生活を始めますが…。

主人公リチャードを演じるのは、ゴールデングローブ賞をはじめ数々の賞に輝くハリウッドを代表する名俳優であり、ファッション・アイコンとしても世界中で支持を受けるカリスマ、ジョニー・デップ

ミニシアター作品から「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのような超大作まで、作品の大小に関わらず、その個性的な演技力で今もなお、世界中のファンを魅了し続けています。

2020年は、初主演映画『クライ・ベイビー』の公開から30年というメモリアルイヤーを迎え、再び本作でインデペンデント作品への回帰を果たしました。

そんな唯一無二のキャリアを歩む、彼自身を投影したかのようなリチャードの生き様は、観るもの全てに“自分の人生を歩む”ことの勇気と大切さを教えてくれます

本作のプロデューサーは第82回アカデミー賞6部門を受賞した『ハート・ロッカー』を手掛けたグレッグ・シャピロ。

共演には、『ゾンビランド:ダブルタップ』の次世代若手女優ゾーイ・ドゥイッチ、『ワンダーウーマン』のダニー・ヒューストンらが名を連ね、シリアスになりがちな”人生の終わり”というテーマを新鋭・ウェイン・ロバーツ監督がユーモラスに描き出しています。

映画『グッバイ、リチャード!』のビジュアル

本日6月9日に57歳の誕生日を迎えたジョニー・デップ。

本記事冒頭に掲載しました、この度解禁されたビジュアルは、デップ演じる主人公リチャードがどこか不安げな表情を浮かべ天を見つめる姿が印象的なデザインです。

「人生はくそったれで、愛おしい。」というコピーと共に、 余命宣告を告げられたリチャードが今までの人生、そして残された180日間をどのように見つめるのか想像を掻き立てられます。

カメレオン俳優と称されるデップが特殊メイクなし、素顔で挑み、真骨頂とも言える演技が期待される一枚となりました。

スポンサーリンク

映画『グッバイ、リチャード!』の作品情報

参考動画:『The Professor』予告

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
The Professor

【監督・脚本】
ウェイン・ロバーツ

【キャスト】
ジョニー・デップ、ローズマリー・デウィット、ダニー・ヒューストン、ゾーイ・ドゥイッチ、ロン・リビングストン、オデッサ・ヤング

【日本語字幕】
川又勝利

映画『グッバイ、リチャード!』のあらすじ

「余命180日です」。大学教授・リチャードに告げられた突然の余命宣告。

博学でエレガント、真面目な夫として美しい妻と素直な娘との何不自由ない暮らしを送っていたはずのリチャードの人生は一変。

追い討ちを掛けるかのように妻に上司との不倫を告白された彼の日々は予期せぬ展開を迎えます。

死を前に怖いものなしになったリチャードは、残りの人生を自分のために謳歌しようと決心。

あけすけにものを言い、授業中に酒やマリファナを楽しむ。ルールや立場に縛られない新しい生き方はリチャードにこれまでにない喜びを与え、人の目を気にも留めない彼の破天荒な言動は次第に周囲にも影響を与えてゆきます。

しかし、リチャードの“終わりの日”は着実に近づいていて…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:ジョニー・デップのインスタグラム

この投稿をInstagramで見る

Hello everyone… filming something for you now… gimme a minute

Johnny Depp(@johnnydepp)がシェアした投稿 –

ジョニー・デップ×アカデミー賞受賞プロデューサーが贈る余命180日の崖っぷち男が、人生の愛おしさを見つけるライフ・ファインディングドラマがついに日本上陸です。

映画『グッバイ、リチャード!』は2020年8月21日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

ご期待ください。



関連記事

新作映画ニュース

「仙台国際ココロヲ・動かす・映画祭」2017年開催日時とアクセス方法

12月23日(土)に宮城県・せんだいメディアテークにて、「第2回仙台国際ココロヲ・動かす・映画祭」が開催されます。 「東北のエンターテインメントを盛り上げたい」という熱い志を胸もった若者たちが企画した …

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト夏帆は児童相談員・高橋亜矢役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

新作映画ニュース

稲垣吾郎『ばるぼら』と濱田岳『喜劇 愛妻物語』が東京国際映画祭2019コンペ部門で上映決定!

映画祭の顔となる“コンペティション部門”に選出された日本映画たち。 2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間で開催される、第32回東京国際映画祭。 毎年最も注目を集めているのがのコンペテ …

新作映画ニュース

映画『ダーク・アンド・ウィケッド』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トラウマ級ホラー映画が日本上陸!

“それ”は邪悪で、私たちを屠るもの……。 見事なストーリーテリングと巧みな演出により、観るものに深い絶望と、背筋も凍る恐怖を与えるホラー映画の傑作が誕生しました。 Copyright (C) 2020 …

新作映画ニュース

『あらののはて』長谷川朋史監督の映画演出!リアリティの追求は“見せない・描かない妙味”。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭Q&Aリポート

映画『あらののはて』長谷川朋史監督が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭Q&Aに登壇! 俳優のしゅはまはるみと藤田健彦、そして舞台演出を手がける長谷川朋史の3人が結成した自主映画制作ユニット「 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学