Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/07/02
Update

映画『愛のように感じた』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。17歳の瞳に映る世界のエリザ・ヒットマン監督長編デビュー作が劇場公開!

  • Writer :
  • 石井夏子

ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞『17歳の瞳に映る世界』
エリザ・ヒットマン監督による長編デビュー作。

『17歳の瞳に映る世界』でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したエリザ・ヒットマン監督。

エリザ・ヒットマン監督の⻑編デビュー作『愛のように感じた』が、2021年8月14日より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次ロードショーとなります。

スポンサーリンク

映画『愛のように感じた』について

(C)2013 IFLL MOVIE LLC

本作『愛のように感じた』は、ブルクッリン郊外を舞台に、思春期の少女の性と⻘春の刹那を捉えた物語。14歳の少女ライラが、年上のサミーに心奪われ、彼に近づこうと嘘を重ねていき…。

今世界で最も注目を集める監督の一人であるエリザ・ヒットマンが瑞々しい感性と斬新な演出法でアメリカの⻘春映画の系譜に新たな1ページを刻みました。

エリザ・ヒットマン監督のコメント

(C)2013 IFLL MOVIE LLC

本作で描きたかったのは、子供時代のアウトテイクです。そこにあるのは、孤独な瞬間、根拠のない自信の高まり、ささやかだけれど屈辱的な出来事といった、私たちの記憶の中に埋もれてしまいがちなものばかりです。私は、映画において「⻘春」のテーマが「幻滅のプロセス」として描かれることに常に魅了されてきました。この映画を観た人は、登場人物の行動に不快感を覚えるでしょう。しかし、その不快感こそ私たちが経験してきたことの真実です。この映画が、観客の心の奥底にある何かとつながることができれば嬉しいです。

エリザ・ヒットマン監督のプロフィール

エリザ・ヒットマンは、ブルックリンのフラットブッシュで生まれ、人類学者の父とソーシャルワーカーの母のもと育つ。

ブルックリンのエドワード・R・マロー高校に通い、演劇好きに。2001年にインディアナ大学を卒業し、演劇とドラマの学士号を取得したが、そ
の後、美術と映画を学び、2010年にカリフォルニア芸術大学の映画/ビデオ学部で修士号を取得した。

カリフォルニア芸術大学在学中に、パートナーのスコット・カミングスと出会い、2015年に息子を出産した。

⻑編映画では、一貫して10代のセクシュアリティを主観的かつ詩的に切り取り、内面化された感情を探求している。

一方で、ドキュメンタリー的手法とも一線を画し、スロモーションやクローズアップを多用し、感情の解放をもたらすことに重点を置いている。

初の⻑編映画『愛のように感じた』では、14歳の少女の性の目覚め、2作目の『ブルックリンの片隅で』では自らの性的指向を受け入れられない19歳の⻘年、3作目の『17歳の瞳に映る世界』では、望まない妊娠をしてしまった17歳の少女を描いている。

⻑編全てがサンダンス映画祭で高く評価され、2020年に第70回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した。

スポンサーリンク

映画『愛のように感じた』の作品情報

(C)2013 IFLL MOVIE LLC

【製作】
2013年(アメリカ映画)

【原題】
it felt like love

【監督・脚本】
エリザ・ヒットマン

【キャスト】
ジーナ・ピエルサンティ、ジオヴァーナ・サリメニ、ロナン・ルビンスタイン、ジェシー・コルダスコ、ニコラス・ローゼン、 ケイス・プライム

映画『愛のように感じた』のあらすじ

(C)2013 IFLL MOVIE LLC

夏の日差しが降り注ぐブルックリン郊外。

まだあどけなさの残る14歳のライラは、経験豊富な親友のキアラとそのボーイフレンドのパトリックと共にビーチに遊びに出かけます。

終始体を寄せ合うキアラとパトリック。そんな二人の様子をライラは浮かない顔で見つめていました。

するとそこへ、地元の大学生サミーが通りかかります。

ライラはタトゥーの入った年上のサミーに一目で心を奪われます。

サミーが「誰とでも寝る男」だと知り、あらゆる口実を作って彼に近づこうとするライラ。

ところが、背伸びして嘘を重ねるうち、ライラは思いもしなかった状況に陥っていき…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2013 IFLL MOVIE LLC

⻑編映画では、一貫して10代のセクシュアリティを主観的かつ詩的に切り取り、内面化された感情を探求しているエリザ・ヒットマン監督。

エリザ・ヒットマン監督の長編デビュー作『愛のように感じた』は、2021年8月14日より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次ロードショーです。

なお最新作の『17歳の瞳に映る世界』は7月16日より全国公開。

関連記事

新作映画ニュース

映画『弟とアンドロイドと僕』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。阪本順治監督新作は原作なしで“自身の内面”に向き合うオリジナル作品!

阪本順治監督×豊川悦司主演映画日本公開決定&ポスタービジュアル解禁! さまざまな視座から人間を描き続けてきた阪本順治監督が、豊川悦司を主演に迎え、自身の内面にとことん向き合った完全オリジナル脚本の最新 …

新作映画ニュース

映画『ギャングスタ』あらすじとキャスト。上映劇場情報【ワールド・エクストリーム・シネマ2018】

アムステルダムの麻薬王・コロンビアのカルテル、泥沼の麻薬抗争に巻き込まれていく幼馴染のチンピラ4人組を描いた映画『ギャングスタ』。 10月20日(土)より ヒューマントラストシネマ渋谷「ワールド・エク …

新作映画ニュース

映画『ナイブズ・アウト(Knives Out :原題)』あらすじ。キャストにダニエルクレイグとクリエヴァを迎えたミステリー

ライアン・ジョンソン(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)監督がミステリーの女王アガサ・クリスティーに捧げる最新作。 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督がオリジナル脚本で、 …

新作映画ニュース

韓国映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。その後を描いた続編が日本上陸!

『新感染 ファイナル・エクスプレス』から、4年後の世界。 全世界の映画祭で大絶賛を浴び、韓国、日本をはじめ世界中で歴史的大ヒットを記録した『新感染 ファイナル・エクスプレス』。 (C)2020 NEX …

新作映画ニュース

中国映画『クライマーズ』あらすじ/キャスト/日本公開日。ジャッキー・チェンが実話の山岳アクションに挑む!

中国初の山岳アクション・アドベンチャー超大作。 ジャッキー・チェン×ウー・ジン×チャン・ツィイー×ツイ・ハークがエベレスト登頂に挑む、中国初の山岳アクション・アドベンチャー超大作『攀登者』(原題)。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学