Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/27
Update

『ともしび』映画女優シャーロット・ランプリングの渾身の一作。72歳の美しい背中を見せる水着写真解禁

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『ともしび』は、2019年2月2日シネスイッチ銀座ほか全国順次公開


2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

2017年ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門で、主演女優賞を獲得したシャーロット・ランプリング主演の映画『ともしび』

映画『ともしび』の劇中の場面にある72歳の美しい背中が見られる画像や、水着の場面など新た解禁されました。

スポンサーリンク

女優シャーロット・ランプリングとは


2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

イタリアで開催されたヴェネチア国際映画祭で、映画『ともしび』の演技が絶賛を浴びた主演のシャーロット・ランプリングは、本作で主演女優賞を受賞。

シャーロット・ランプリングは、1946年2月5日にイギリスで生また女優。

1974年の『愛の嵐』でのトップレスのサスペンダー姿にナチ帽をかぶって踊ったルチア役は当時映画ファンをスクリーンに釘付けさせ、注目を集めます。

その後も、シャーロット・ランプリングは、年齢を重ねながら魅力を増した女優となります。

2000年公開の『まぼろし』のマリー役や2003年公開の『スイミング・プール』のサラ役、また記憶に新しい2015年公開の『さざなみ』ではケイト役を演じ。ベルリン国際映画祭 銀熊賞受賞しました。

そして、さらなる境地へと未踏の美しきとオーラを放つ最新作が『ともしび』であり、シャーロット・ランプリングの、渾身の感動作となっています。

映画『ともしび』の劇中画像が新たに解禁


2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

今回、新たに解禁された画像は、シャーロット・ランプリングの無駄のない引き締まった背中を映し出したもので、アンナが長年通い続けるプールでの1シーン。

その凜とした後ろ姿からは72歳にして、今もなお美しく歳を重ね続ける彼女にしか纏えない魅力を感じ取ることができます。


2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

また、理由もわからないまま突然収監されてしまった夫との面会を果たすが、困惑の表情を隠しきれないシーン写真や物語終盤、何かを決意したように人気の無い海辺を一人颯爽と歩き出すアンナの姿などを捉えたカットもあります。


2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

女優としてスクリーンに映り出されるだけで、存在感のあるシャーロット・ランプリング。

また、躊躇することなく、今の姿のままで年齢を重ねた女性ならではの美しさも健在ですね。

何よりも、憂いを見せる所作や佇まいはシャーロットという女優以外に、今思い浮かべで並べられるような女優は他にいません。

スポンサーリンク

映画『ともしび』の作品情報


2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

【公開】
2019年(フランス・イタリア・ベルギー合作)

【原題】
Hannah 

【脚本・監督】
アンドレア・パラオロ

【キャスト】
シャーロット・ランプリング、アンドレ・ウィルムほか

【作品概要】
2017年に開かれた第74回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門主演女優賞受賞。

主演は『愛の嵐』『まぼろし』などに出演し、『さざなみ』(2015)で数々の主演女優賞を受賞したことが記憶に新しいシャーロット・ランプリング。

共演は、『ル・アーヴルの靴みがき』『ラヴィ・ド・ボエーム』などで知られるアンドレ・ウィルム。

人生の終盤、さまざまな業を背負ったひとりの女性が、もう一度“生きなおし”を図るまでの、哀しみと決意を追う人生最後のドラマが、ミステリー小説のごとく描かれている作品です。

映画『ともしび』のあらすじ


2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

ベルギーのある小さな都市。

アンナ(シャーロット・ランプリング)とその夫(アンドレ・ウィルム)は、慎ましやかに過ごしていました。

ある日、夫が犯したある罪により、その生活はわずかに歯車が狂い始めてます。

やがて、それは見て見ぬふりができないほどに、大きな狂いを生じていきます…。

スポンサーリンク

まとめ


2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

「わたしはあの時、いったい何を失ったのだろう」――。

老年にさしかったアンナに一体なにが起きたのか、人は一度犯してしまった罪は、二度と許されないのでしょうか。

そもそも、アンナは女性として自分の人生を生きていたのだろうか。そして「決して明らかにしてはならぬ家族の秘密」とは一体…。

映画『ともしび』は、2019年2月2日シネスイッチ銀座ほかで全国ロードショー!

ぜひお見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

陽月華映画『かぞくわり』あらすじとキャスト。劇場公開の初日舞台挨拶リポート

奈良を舞台にした家族と歴史ファンタジーが融合を見せた映画『かぞくわり』は2019年1月19日より有楽町スバル座、TOHOシネマズ橿原ほか全国順次ロードショー。 日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平 …

新作映画ニュース

《動画で見る中川龍太郎監督インタビュー》映画を蒲田という町で撮影する思いと現場での新たなる演出【映画『蒲田前奏曲』】

YouTube動画で見る中川龍太郎監督インタビュー取材 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。 新しいスタイルのこの作品が、2020年9月 …

新作映画ニュース

映画『パリのどこかで、あなたと』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。セドリック・クラピッシュ新作のラブストーリーとは?

セドリック・クラピッシュ監督の最新作で、 アナ・ジラルド&フランソワ・シヴィルが共演。 『スパニッシュ・アパートメント』(2001)、『ロシアン・ドールズ(2005)、『ニューヨークの巴里夫(パリジャ …

新作映画ニュース

山田涼介映画『記憶屋』あらすじとキャスト。織守きょうやの小説を原作とした実写公開日は2020年!

記憶を消すことは悪なのか正義なのか? 泣けるほど切ない物語が待望の実写映画化。 第22回日本ホラー小説大賞(読者賞)を受賞した織守きょうや氏の小説『記憶屋』が、主演・山田涼介(Hey! Say! JU …

新作映画ニュース

『すばらしき世界』映画本編動画をお得に鑑賞する方法。U-NEXTが劇場公開から日本最速配信開始!

役所広司×西川美和の最強タッグで贈る、2021年の日本映画を代表する珠玉の映画『すばらしき世界』。 日本発のエンタメ配信サイトU-NEXTにて、西川美和監督最新作・役所広司主演の映画『すばらしき世界』 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学