Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/29
Update

安蘭けい×古舘佑太郎映画『とってもゴースト』あらすじとキャスト。2月15日公開のミュージカルの舞台挨拶付きプレミアム上映会情報も!

  • Writer :
  • 大塚まき

「生まれ変わっても もう⼀度あなたと恋をする」
ロマンチックな王道ミュージカル映画が日本に誕生。

俳優・監督の角川裕明が「ミュージカルをもっと日本に広めたい」という情熱のもとクラウドファンディングを⽴ち上げ、温かな愛のエールを多くのファンから受け、映画化された『とってもゴースト』。

安蘭けいと古舘佑太郎がW主演を務めるロマンチックな王道ミュージカル映画『とってもゴースト』が、2020年2月15日(土)よりキネマ旬報シアターにて公開されます。

この度、映画公開を記念して、公開日前日の2月14日(⾦)に舞台挨拶付きプレミアム上映会の開催が決定!

また、劇場公開決定に伴い、ポスタービジュアルも解禁されましたので、併せてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『とってもゴースト』について


(c)2020 Japanese Musical Cinema/Human Design Inc./THE DIRECTORS ALLIANCE Inc.

「音楽座ミュージカル」の代表作として1989年の初演から幾度も再演され、「文化庁芸術祭賞」「紀伊國屋演劇賞」を受賞したミュージカル舞台『とってもゴースト』

本作は若⼿映像クリエイターの発掘・育成を目的に、これまで多くの映像作家支援事業を展開してきた「SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ」の協⼒により、俳優・監督の角川裕明が「ミュージカルをもっと日本に広めたい」という情熱のもとクラウドファンディングを⽴ち上げ、温かな愛のエールを多くのファンから受け、映画化が実現しました。

主人公の入江ユキを演じるのは、宝塚歌劇団星組男役トップスターとして活躍し、2009年に退団した後も⼥優として舞台を中心に精⼒的に活躍している安蘭けい

そして、もうひとりの主人公服部光司役には、バンド「2」ではヴォーカルを務め、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演するなど俳優としても活躍しており、本作でミュージカル初挑戦となる古舘佑太郎が抜擢されました。

またスタッフとして、空前の大ヒットを飛ばした映画『カメラを止めるな︕』の撮影・曽根剛と録音・古茂田耕吉が参加したことによって、インディーズ作品ながら⾒応えのある新たな和製ミュージカル映画が誕生しました。

音楽座ミュージカルとは

参考:音楽座ミュージカル広報のツイッター


音楽座ミュージカルは、1987年の旗揚げから現在に至るまで、自分達の手で作品を創り続けてきました。

音楽も台本もない全くのゼロの状態から、伝えたい想いを形にするために、音楽座ミュージカルがとった方法は“チーム戦”。

「ひとりの天才より十人の凡人で何ができるか」を合言葉に、独自の創作システム「ワームホールプロジェクト」を確立させました。

そうして生まれてきた作品達は、「生きる」ことの根源を問い続ける独自の精神性とオリジナリティを高く評価され、文化庁芸術祭賞、紀伊國屋演劇賞、読売演劇大賞など、日本の演劇賞を数多く受賞しています。

スポンサーリンク

映画『とってもゴースト』のポスタービジュアル


(c)2020 Japanese Musical Cinema/Human Design Inc./THE DIRECTORS ALLIANCE Inc.

この度解禁されたポスタービジュアルには、作品の鍵を握る赤いヒールの靴を中心に、安蘭けいと古舘佑太郎が演じる主人公2人のシルエットが印象的なデザインとなっています。

主人公の2人が手をつなぎ踊っているシルエットに「生まれ変わってももう一度あなたと恋をする」というキャッチコピーがロマンチックな一瞬が切り取られたかのようで胸が高まりますね。

映画『とってもゴースト』のプレミア上映会(舞台挨拶付き)概要


(c)2020 Japanese Musical Cinema/Human Design Inc./THE DIRECTORS ALLIANCE Inc.

【日時】
2020年2月14日(⾦) 19:00上映開始
※上映後の舞台挨拶となります。

【場所】
角川シネマ有楽町
東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館8階

【登壇者(予定)】
角川裕明監督ほか

【⼀般発売】
2020年2月1日(土)AM10:00〜
※座席指定券は「チケットぴあ」での販売となります。

【料⾦】
1,800 円(税込)

※詳細は映画『とってもゴースト』公式ホームページ・SNSにてご確認下さい。

スポンサーリンク

映画『とってもゴースト』の作品情報


(c)2020 Japanese Musical Cinema/Human Design Inc./THE DIRECTORS ALLIANCE Inc.

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
音楽座ミュージカル『とってもゴースト』

【監督】
角川裕明

【脚本】
中井由梨⼦

【キャスト】
安蘭けい、古舘佑太郎、永山たかし、tekkan、伽藍琳

映画『とってもゴースト』のあらすじ


(c)2020 Japanese Musical Cinema/Human Design Inc./THE DIRECTORS ALLIANCE Inc.

ファッションデザイナーの入江ユキ(安蘭けい)は、⾃分のブランドのファッションショー前日に⾃動⾞事故によって命を落としてしまいます。

⾃分が死んでしまったことに気が付いていないユキは、ショー当日にも会場に現れますが、その姿は誰にも⾒えておらず、その声は誰にも届きません。

パニックに陥るユキ。そこに突然"天界のガイド"(永山たかし)がお迎えにやって来ます。

しかしユキは「まだ死ねない」という思いに突き動かされてその場から逃走、街をさまよい歩きます。

そして深夜を迎えた頃、靴のデザイナーを志す学生の服部光司(古舘佑太郎)と出会います。

なぜかその⻘年にだけは、午前0時から3時の霊界タイムと呼ばれる間だけ⾃分の姿が⾒え、会話も交わせることを知ります。

お互いの人柄に触れるうち、二人の心に温かな感情が芽生え始めます。

しかし、避けられない運命の時は、ユキの身に迫っていくのでありました…。

まとめ


(c)2020 Japanese Musical Cinema/Human Design Inc./THE DIRECTORS ALLIANCE Inc.

本作はSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019にて1日限りで上映され、満員御礼にて終了しました。

注目の和製ミュージカル映画をぜひ劇場でご覧ください。

そして、バレンタインの夜・2月14日(⾦)に開催される舞台挨拶付きプレミアム上映会では、ロマンチックなミュージカル映画『とってもゴースト』を楽しむことができる貴重な機会となっていますので、どうぞお見逃しなく!

映画『とってもゴースト』は、2020年2月15日(土)よりキネマ旬報シアターにて順次劇場ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『燃えよ剣』キャストの鈴木亮平は近藤勇役!演技力の評価とプロフィール

映画『燃えよ剣』は2021年10月15日(金)に全国公開 国民的作家・司馬遼太郎による伝説の幕末小説『燃えよ剣』が実写映画化。 『関ヶ原』(2017)の原田眞人監督と岡田准一が再タッグを組み、柴咲コウ …

新作映画ニュース

韓国映画『Be With You ~いま、会いにゆきます』あらすじとキャスト。特報とティザービジュアル解禁!

『私の頭の中の消しゴム』から14年、ソン・イェジンが再び贈る、珠玉の純愛ラブストーリー『Be With You ~いま、会いにゆきます』。 2019年春にシネマート新宿ほか、全国順次ロードショーが決定 …

新作映画ニュース

映画『護られなかった者たちへ』キャストの清原果耶は円山幹子役!演技力の評価とプロフィール解説

映画『護られなかった者たちへ』は2021年10月1日に全国公開 中山七里のミステリー小説『護られなかった者たちへ』を瀬々敬久監督が実写映画化。 佐藤健が主演を務めるほか、阿部寛、清原果耶、倍賞美津子、 …

新作映画ニュース

韓国映画『パラサイト』キャスト貧困キム家の父役はソンガンホ【演技評価とプロフィール】

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、 …

新作映画ニュース

映画監督アディナ・ピンティリエが話題作『タッチ・ミー・ノット』へコメント!劇場公開は7月4日より

映画『タッチミーノット~ローラと秘密のカウンセリング~』は2020年7月4日(土)より公開。 第68回ベルリン国際映画祭にて金熊賞〈最高賞〉と、最優秀新人作品賞を受賞したアディナ・ピンティリエ監督作『 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学