Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/18
Update

夏帆映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』あらすじとキャスト。イベントリポートも

  • Writer :
  • 石井夏子

2016年に行われた『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016』で審査員特別賞を受賞した、箱田優子監督の『ブルーアワー』。

このたび、映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』というタイトルで製作され、2019年に公開することが決定しました!


©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会

主演は清純派からシリアス役まで幅広い演技が絶賛されている夏帆

共演は、韓国で圧倒的な人気を誇るシム・ウンギョンが日本語の台詞に挑戦しています。

スポンサーリンク

キャストと監督が製作発表にそろって登壇!


©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会

11月15日(木)に行われた『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018』では、夏帆、シム・ウンギョン、箱田優子監督が揃って登壇しました。

2年ぶりに再び壇上に戻ってきた箱田監督は、このように語りました。

「2年前が昨日のことのようで、まさにタイトルのごとく、ぶっ飛ばして今日にやってきた気持ちです。自分が一番見たい映画を脚本にして、こうして映画化できる機会を与えてくれたことに本当に感謝しています。一般のお客さんの目で見ても、とても面白い作品になったと思います!」

感動と期待に満ちた想いを述べています。

箱田監督のたっての願いで、撮影前も3人は沢山コミュニケーションの時間をとっていたそう。

「撮影やリハーサル以外でも、ご飯を食べに行ったり、できるだけ一緒の時間を過ごしました」と語る監督。

夏帆は撮影前に行うロケハンにも初めて参加したそうで「監督の実家に行って、監督のご両親に会いに行ったり…」と言う夏帆に「うちのオカンのカレー食べてたよね!」と監督も笑って返すなごやかなやりとりも。

またシムは箱田監督の印象について「監督はすごく面白い人。撮影の時、いつも寄り添ってくれて本当に心強かったです。監督のおかげで、清浦役の芝居をやり通すことができたと思います。感謝です!」と感謝の言葉を伝えました。

会話劇が中心の本作で、日本語に挑戦しているシム

「本当に現場でも日本語を頑張っていて…」と感慨深げに箱田監督が言うと「丸暗記しました。」と返すシムに、会場は大きな笑いに包まれました。

さらに、今回審査員として参加した南果歩は、夏帆演じる砂田の母親役として出演しています。

「監督はユーモアがあって、一番元気。でもカメラの脇に入ると、存在が保護色になって馴染みだし、みんなを見守る存在になるのです。何より良かったのは、茨城に行ってリハーサルができたこと。監督の実家やご両親のやっている牛舎に行ったりと、茨城ロケを満喫しました。いま紹介されたパイロット版を観て、早く映画を観たくなっちゃいました!」

と語る南果歩の言葉からも、監督を中心としたチームの仲の良さがにじみ出ていました。

夏帆が主人公の砂田役に対して、次のように抱負を述べました。

「砂田の役が本当に大好きで、撮影後半には自分なのか砂田なのかよく分からなくなるっていうくらいでした。いま一番やりたかった役に、やっと巡り会えたと思ったんです。だからこそ、自分をすべてさらけ出す気持ちで挑みました」

このような熱い気持ちを伝えると、「そんな事言うと泣いちゃうよー!」と監督は喜びの顔を見せました。

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の作品情報

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本】
箱田優子

【キャスト】
夏帆、シム・ウンギョン、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩

【作品概要】
主演は『友罪』(2018)『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018)など、清純派からシリアス役まで幅広い演技が絶賛されている夏帆。

30歳、何者にもなれない自分や大嫌いな田舎にコンプレックスを抱きながらも奮闘する、主人公の砂田を熱演しています。

共演は、映画『怪しい彼女』(2014)など韓国で圧倒的な人気を誇るシム・ウンギョン。

本作では日本語の台詞に挑戦しており、明るく自由奔放な女性・清浦を演じています。

ほかにも、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩の出演も決まっています。

スポンサーリンク

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』のあらすじ

30歳の砂田(夏帆)は、東京で働くCMディレクター。

仕事にも人生にもぼやいてばかりな日々を過ごしていました。

そんなある日、祖母の見舞いに行くため、砂田は自由奔放な友人・清浦(シム・ウンギョン)と共に、大嫌いな地元・茨城へ帰ることに…。

まとめ


©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会

『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016』で審査員特別賞を受賞した、箱田優子監督の『ブルーアワー』が、『ブルーアワーにぶっ飛ばす』というタイトルで製作され、2019年に公開することが決定しました。

コンプレックスを抱きながらも奮闘する、主人公の砂田を熱演する夏帆と、日本語の台詞に挑戦し、明るく自由奔放な女性・清浦を演じるシム・ウンギョン

夏帆が「いま一番やりたかった役に、やっと巡り会えた」と語った映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は、2019年ロードショーです!!

関連記事

新作映画ニュース

映画特集上映『ワールド・エクストリーム・シネマ2019』がヒューマントラスト渋谷にて10月25日から開催!

いよいよ今年で6周年。 ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演作から南米のモンスターパニックまで上映。 この度、「世界中のガツン!とくる映画集めました。」をテーマに東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて2 …

新作映画ニュース

『アンノウン・ボディーズ』あらすじキャスト。【未体験ゾーンの映画たち2019】で日本公開が決定!

「未体験ゾーンの映画たち2019」情報! 現在ヒューマントラストシネマ渋谷で絶賛開催中の「未体験ゾーンの映画たち2019」で、映画『アンノウン・ボディーズ』が3月22日(金)から公開することが決まりま …

新作映画ニュース

映画『37セカンズ』あらすじとキャスト。日本公開が2020年2月に決定した話題作とは

すでに海外で話題騒然。 第69回ベルリン国際映画祭観客賞・CICAE(国際アートシアター連盟)賞の2冠! 今や世界的映画作家の登竜門となっている「サンダンス・インスティチュート/NHK賞」の2016年 …

新作映画ニュース

映画『ジュリアン』グザヴィエ・ルグラン監督がキャストに込めた名作へのオマージュとは

© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com 家族の関係を描いた繊細な人間ドラマでありながら、張り詰めた緊張感が観る …

新作映画ニュース

実話を基にした映画『リチャード・ジュエル』の30秒予告編紹介!爆弾犯にされた男がアメリカと戦う

爆弾犯にされた男と無謀な弁護士が反撃開始。 2人が敵に回したのは、巨大国家アメリカとメディアでした。 実在した市井のヒーローを描いてきたイーストウッドが新たに目を向けたのは、いったんは英雄とされながら …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学