Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ゴールデングローブ賞3部門ノミネートの映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』スポット映像紹介!

  • Writer :
  • 大塚まき

第77回ゴールデン・グローブ賞にて3部門ノミネートの快挙!

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

ミステリー映画の新たな傑作『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』が2020年1月31日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開されます。

本作は2019年12月9日(月)に発表された第77回ゴールデン・グローブ賞にて、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞主演女優賞と、3部門にてノミネートされました。

また、この度、謎の死を遂げた屋敷の持ち主ハーランに迫るスポット映像が到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

ゴールデン・グローブ賞で3部門ノミネート


Photo Credit: Claire Folger

本作は、脚本に惚れ込んだ『007』シリーズのダニエル・クレイグ、「アベンジャーズ」シリーズのクリス・エヴァンスを筆頭に、オスカー俳優クリストファー・プラマー、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノンら豪華キャストが結集しました。

豪華アンサンブルキャストを迎えて、全く先が読めないノンストップの本格ミステリーに高評価が集まり、2019年12月9日(月)に発表された第77回ゴールデン・グローブ賞にて、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞にダニエル・クレイグ、主演女優賞にアナ・デ・アルマスと、3部門にてノミネート されました。

ダニエル・クレイグは初のゴールデン・グローブ賞ノミネートです。

最新作『007』でダニエルと共演もしている注目のイットガール、アナ・デ・アルマスも初のゴールデン・グローブ賞ノミネートとなり、作品賞含め3部門ノミネートの快挙

さらに受賞のみならずアカデミー賞候補にも急浮上し、注目が高まっています。

このノミネートを受けて、キャストたちや監督はSNS上で以下のように発信しました。

アナ・デ・アルマスは「ちょっと待って、みんな!!びっくりし過ぎて言葉が…やばすぎる?ああぁあぁあぁあ!」と興奮のリアクション。

クリス・エヴァンスは「!!!」と言葉にならない様子。

ライアン・ジョンソン監督は、「物心ついた頃から、ずっとゴールデングローブにノミネートされたかったんだ。」とコメントを寄せました。

さらにジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)からは「ダニエル、アナ、フィービー、ラミ。ゴールデングローブノミネートおめでとう!」と祝福のメッセージが送られました。

注目が高まっている第77回ゴールデン・グローブ賞の受賞は、LA時間2020年1月5日(日本時間6日)に発表となります。

映画『ナイブズ・アウト』のスポット映像

本映像では、娘や息子家族がハーランの屋敷に集結し、誕生日を祝われる様子が映し出されます。

さらに次男ウォルト(マイケル・シャノン)が「父は筆一本で、誰もが知るミステリー作家に」と紹介する通り、ハーランは作家として成功し、一代で財産を築きました。

しかし85歳の誕生日会が行われたその夜に、彼は書斎で死亡。病気療養中でもあった彼の死因は自殺とみられ、事態は収束したかのように思われたが、突如家族の前に名探偵ブランが現れます。

なぜ今さら探偵が?戸惑う家族に、「殺しの匂いがします」とブランは告げます。

誕生日を祝う仲の良い雰囲気の裏には、義理の娘ジョニ(トニ・コレット)への援助の打ち切り、父の出版会社を手伝っていたウォルトへの解雇通告、さらに長女の夫リチャード(ドン・ジョンソン)の浮気の秘密を握るなど、ハーランに対しての数々の確執が見え隠れします

さらにこの3人だけではなく、ハーランの孫にあたる彼らの子供、第一発見者の家政婦や看護婦と、屋敷にいた全員が第一容疑者となることに

一家の放蕩息子ランサム(クリス・エヴァンス)は、「大胆な推理だな」とブランに対して挑戦的な態度をとるが、「全員マックロだ」と、ブランはこの中の誰かが事件にかかわっていると断言します。

捜査が進むにつれ、遺産をめぐる彼らのもつれた関係が明らかとなり、内部抗争から複数の密かな“ナイフ”が引き抜かれることとなります。

果たしてハーランの死は、自殺ではなく殺人なのか。いったい真犯人はだれなのか?そして遺産はだれの手に?と数々の謎に秘めた映像となりました。

スポンサーリンク

映画『ナイブズ・アウト』の作品情報


Photo Credit: Claire Folger

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Knives Out(ナイブズ・アウト)

【監督・脚本】
ライアン・ジョンソン

【キャスト】
ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノン、キース・スタンフィールド、キャサリン・ラングフォード、ジェイデン・マーテル、クリストファー・プラマー

映画『ナイブズ・アウト』のあらすじ


Photo Credit: Claire Folger

NYの豪邸で世界的ミステリー作家の85歳の誕生日パーティーが開かれた翌朝、彼が遺体で発見されます。

名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになりました。

パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。

調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていき…。

スポンサーリンク

まとめ


Photo Credit: Claire Folger

2019年9月のトロント国際映画祭で初披露されるや会場を熱狂で包み、各メディアから激賞レビューが寄せられる中、映画界からも『スター・ウォーズ』シリーズのマーク・ハミル、エドガー・ライト(ベイビー・ドライバー)、J・A・バヨナ(『ジュラシック・ワール 炎の王国』)、フィル・ロード(『スパイダーマン:スパイダーバース』)など一流の俳優や作り手たちから大絶賛を浴びています。

大富豪の死因は自殺と思われたが…どうも怪しい。屋敷に居合わせた家族と家政婦に看護士、全員容疑者!

トリックの真相をぜひ劇場でご覧ください。

痛快なミステリー映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は2020年1月31日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『グレート・ウォー』あらすじとキャスト。戦争アクション大作が未体験ゾーンの映画たち2020にて公開!

いまだ語られることのなかった戦場の真実。 2020年1月3日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて、2月7日(金)からはシネ・リーブル梅田にて開催される、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち20 …

新作映画ニュース

映画『ストックホルム・ケース』あらすじ/キャスト/公開日。実話の強盗事件をイーサン・ホーク主演で描いたエンタメ作品!

イーサン・ホーク×『ブルーに生まれついて』監督最新作! 俳優のみならず脚本家、映画監督、演出家としても多方面で活躍するイーサン・ホーク。 そんな彼が伝説のトランペット奏者チェット・ベイカーを演じスマッ …

新作映画ニュース

映画『ドント・ウォーリー』あらすじとキャスト。ガス・ヴァン・サント監督の20年越しの渾身の一作

ガス・ヴァン・サント監督、3年ぶりの新作映画『ドント・ウォーリー(邦題)』は、2019年5月ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野感ほか全国順次公開決定! 亡き名優ロ …

新作映画ニュース

中国映画『クライマーズ』あらすじ/キャスト/日本公開日。ジャッキー・チェンが実話の山岳アクションに挑む!

中国初の山岳アクション・アドベンチャー超大作。 ジャッキー・チェン×ウー・ジン×チャン・ツィイー×ツイ・ハークがエベレスト登頂に挑む、中国初の山岳アクション・アドベンチャー超大作『攀登者』(原題)。 …

新作映画ニュース

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。感動作にブルース・ダーンが主演!

人生最大の”嘘”が、2人にある”奇跡”を起こす。43年後にはじまる、最高のラブストーリー ヒッチコック、タランティーノなど数々の巨匠監督に愛されるハリウ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学