Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/01
Update

映画『ナイブズ・アウト(Knives Out :原題)』あらすじ。キャストにダニエルクレイグとクリエヴァを迎えたミステリー

  • Writer :
  • 石井夏子

ライアン・ジョンソン(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)監督がミステリーの女王アガサ・クリスティーに捧げる最新作。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督がオリジナル脚本で、ミステリーの女王アガサ・クリスティーに捧げる話題の最新作『Knives Out(原題:ナイブズ・アウト)』の日本公開が決定しました。

Photo Credit: Claire Folger

『Knives Out(ナイブズ・アウト)』(原題)の公開決定に伴い、海外版予告編と場面写真が解禁

アメリカでの公開は2019年11月27日、日本での公開は2020年1月と期待が膨らむ本作についてお伝えします。

スポンサーリンク

映画『Knives Out(ナイブズ・アウト)』について

参考:『Knives Out』アメリカ版公式ツイッター

本作は、NYの豪邸で起きた世界的ミステリー作家の密室殺人事件の謎を名探偵が紐解いていくエンターテインメント・ミステリー

「007」シリーズのダニエル・クレイグ、「アベンジャーズ」のクリス・エヴァンス他オールスターキャストが集結しました。

10代のころからアガサ・クリスティーの根っからのファン」だというライアン・ジョンソン監督(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『LOOPER/ルーパー』)がオリジナル脚本を執筆。

「アガサの推理物の要素を全部詰め込もうとした。豪華キャスト勢ぞろいで、ヒッチコックのスリラーの要素も絡めながら、設定は現代のアメリカになっている」と自信をのぞかせる監督が、正統派ミステリーに独自のユーモアと、現代社会への鋭い視点を盛り込み、最後の最後まで観客を翻弄する、これまで誰も見たことのない全く新しい傑作エンターテインメント・ミステリーに仕上げました。

映画『Knives Out(ナイブズ・アウト)』のワールドプレミア

Photo Credit : Lionel Hahn/Lionsgate

ワールドプレミアとなった9月のトロント国際映画祭では、数ある作品の中で高評価を獲得しました。

その評価が注目された有名レビューサイト、ロッテントマトではなんと驚異の100%を記録!(9月10日時点)

「最初から最後までワクワクが止まらない」「間違いなく今年一番のエンタメ映画」「世界には『ナイブズ・アウト』のような映画がもっと必要だ」「ハラハラする面白さ」「アガサ・クリスティーの現代版、一級品!」と、作品の面白さを絶賛する声があがっています。

また、「キャストの才能が、すべてのシーンで輝いている」といった、豪華すぎるキャストのアンサンブルに加え、注目された“キャプテン・アメリカ”と“ジェームズ・ボンド”の共演にも「エヴァンスが完璧なおべんちゃら男!」、「ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)の世界なら喜んで何時間でもいたい“ボンドって誰だっけ?”」とそれぞれが演じた役柄にも大満足の評価。

クリス・エヴァンスを抱っこするダニエル・クレイグが話題になるなどすでに007ファン、アベンジャーズファンを巻き込み大きな盛り上がりを見せています。

スポンサーリンク

映画『Knives Out(ナイブズ・アウト)』の海外版予告編

今回解禁された日本語字幕版の海外版予告編。

「007」シリーズの最新作も控えるダニエル・クレイグが不敵な笑みを湛えて演じる名探偵ブノワ・ブラン

「アベンジャーズ」シリーズキャプテン・アメリカ役で世界的な人気を獲得、本作ではスーパーヒーローから一転し、周囲を罵倒し強烈なインパクトを残す一家の放蕩息子を演じるクリス・エヴァンス

さらに、アナ・デ・アルマス(『ブレードランナー2049』)、ジェイミー・リー・カーティス(『ハロウィン』)、トニ・コレット(『ヘレディタリー/継承』)、ドン・ジョンソン(『ジャンゴ 繋がれざる者』)、マイケル・シャノン(『シェイプ・オブ・ウォーター』)、キース・スタンフィールド(『ゲット・アウト』)、キャサリン・ラングフォード(NETFLIX「13の理由」)、ジェイデン・マーテル(『IT/イット”それ”が見えたら終わり』)、クリストファー・プラマー(『ゲティ家の身代金』)ら豪華すぎるオールスターキャストが集結し、一癖も二癖もあるキャラクターを演じています

いったい真犯人は誰なのか?そして遺産は誰の手に?

フランク・シナトラの「I’m Gonna Live Till I Die」が軽快に盛り上げ、極上のミステリー誕生に期待が高まる予告編となってます。

同時解禁された場面写真(本記事冒頭に掲載)では、事件の真相と家族の秘密を暴いていくブノワ・ブランとエリオット警部補らが写し出されました。

映画『Knives Out(ナイブズ・アウト)』の作品情報

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Knives Out(ナイブズ・アウト)

【監督、脚本】
ライアン・ジョンソン

【キャスト】
ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノン、キース・スタンフィールド、キャサリン・ラングフォード、ジェイデン・マーテル、クリストファー・プラマー

スポンサーリンク

映画『Knives Out(ナイブズ・アウト)』のあらすじ

NYの豪邸で世界的ミステリー作家の85歳の誕生日パーティーが開かれた翌朝、彼が遺体で発見されます。

名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになりました。

パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。

調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていき…。

まとめ

参考:『Knives Out』アメリカ版公式ツイッター

全員容疑者!犯人は誰だ!?

ミステリー映画の新たな傑作『Knives Out(ナイブズ・アウト)』(原題)は、2020年1月、TOHOシネマズ 日比谷ほか日本公開です。

続報にぜひご期待ください。


関連記事

新作映画ニュース

『Cosmetic DNA』 劇場上映:東京第2弾!アップリンク吉祥寺。藤井愛稀/仲野瑠花/川崎瑠奈らと監督が上映初日舞台挨拶に登壇

映画『Cosmetic DNA』は 2021年10月29日(金)よりアップリンク吉祥寺にて2週間上映! 大久保健也監督の完全オリジナルストーリーで手がけた長編デビュー作『Cosmetic DNA』。 …

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト仲野太賀はラブホ従業員の赤川圭一役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

新作映画ニュース

【2020年2月14日〜2月15日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 photo by 田中舘裕介 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネ …

新作映画ニュース

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)

累計400万部突破!『沈黙の艦隊』『ジパング』のかわぐちかいじ原作を、オールスターキャストで初の実写映画化。 出演者に西島秀俊、佐々木蔵之介、髙嶋政宏、玉木宏、中井貴一、そして佐藤浩市といった、日本映 …

新作映画ニュース

韓国映画『スレイト』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。特報動画も熱いガールズアクションエンタメ作品が日本上陸!

「キル・ビル」のユマ・サーマンを彷彿とさせるガールズアクション! 2020年東京国際映画祭でも話題となった韓国発のエンターテイメント・アクション映画『スレイト』(東京国際映画祭上映時のタイトルは『スレ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学