Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/04
Update

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの織田一真役は矢本悠馬【演技力の評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー!

『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎

伊坂にとって「初」にして「唯一」の恋愛小説集となる『アイネクライネナハトムジーク』

絶大な支持を誇るシンガーソングライターの斉藤和義との交流から生まれた、伊坂幸太郎書き下ろしの短編2作。これらに新たな4編を加えて、『アイネクライネナハトムジーク』は出版されました。

伊坂からのラブコールにより、監督を務めることになったのは、『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』で知られる恋愛群像劇の名手・今泉力哉

映画『アイネクライネナハトムジーク』は2019年9月20日(金)に公開されます。

主演の佐藤役には、正統派俳優ながらも、佐藤らしいナチュラルな人の好さも感じさせる三浦春馬。

相手役には、キュートな魅力にあふれる実力派・多部未華子。

共演には、原田泰造、貫地谷しほりというベテラン演技派に加え、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里らフレッシュな顔ぶれが揃っています。

オール仙台・宮城ロケで撮影され、仙台出身のサンドウィッチマンも特別出演。宮城県では9月13日(金)より先行公開されます。

この記事では、織田一真役を演じる矢本悠馬について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『アイネクライネナハトムジーク』の作品情報


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』(幻冬舎文庫)

【監督】
今泉力哉

【キャスト】

三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、成田瑛基、八木優希、こだまたいち、MEGUMI、濱田マリ、貫地谷しほり、原田泰造

【作品概要】

『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』『ゴールデンスランバー』など数々の著作が映画化されてきたベストセラー作家・伊坂幸太郎の小説『アイネクライネナハトムジーク』を原作に、『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化。

主演の三浦春馬、多部未華子に加え、原田泰造、貫地谷しほり、矢本悠馬、森絵梨佳ら豪華キャストが集結しています。

映画『アイネクライネナハトムジーク』のあらすじ


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

仙台駅前。

大型ビジョンを望むデストリアンデッキでは、日本人初の世界ヘビー級王座をかけたタイトルマッチに、人々が沸いていました。

そんな中、街頭アンケートに立つ会社員・佐藤。ギターの弾き語りに聴き入る本間紗季と目が合い、思い切って声をかけます。

快くアンケートに応える紗季の手には手書きで「シャンプー」の文字。思わず「シャンプー」と声に出した佐藤に、紗季は微笑みます。

劇的な<出会い>を待つだけだった佐藤は、友人の織田から<出会い>の極意を説かれます。織田は美しい由美と結婚し、2人の子どもたちと幸せな家庭を築いています。

一方、佐藤の上司の藤間は、妻と娘に出て行かれたばかりで途方に暮れていました。

<出会い>のない生活を送っていた由美の友人の美奈子は、美容室の常連客の香澄から紹介された、声しか知らない男に恋心を抱き始めています。

そして10年後。織田家の長女は高校生になり、佐藤は、紗季と付き合い始めて10年になっていました。

佐藤は紗季に、意を決してプロポーズをしますが…。

思いがけない絆で佐藤とつながっていく人々が、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡を呼び起こす物語です。

スポンサーリンク

映画『アイネクライネナハトムジーク』織田一真役は矢本悠馬

参考映像:『ちはやふる-上の句・下の句-』(2016)

映画『アイネクライネナハトムジーク』で織田一真役を演じる矢本悠馬は、人気急上昇中の個性派俳優です。

京都府出身。1990年8月31日生まれ。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

2003年映画『ぼくんち』で子役デビュー。演技未経験ながら、「やる気のない演技」が評価されて同作オーディションに合格。主人公の弟の一太役を務めます。

専門学校卒業後に、2011年より松尾スズキ主宰の劇団・芸能事務所の「大人計画」に研究生として参加。

2012年に同研究生の青山祥子、井上尚、菅井菜穂と共に『劇団こまつな』を立ち上げます。

2015年に、フジテレビ『土ドラ』枠で放送された『ブスと野獣』に初主演。

2016年に「大人計画」から「ソニー・ミュージックアーティスツ」に移籍。

個性派俳優として、映画『ちはやふる』『トリガール!』やドラマ『おんな城主 直虎』『ゆとりですがなにか』など数々の作品に出演。

特にコメディに定評があり、『今日から俺は!!』ではコミカルな演技が話題となりました。

2019年には『トレース~科捜研の男~』『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』『べしゃり暮らし』と3本ものドラマに出演する売れっ子の名バイプレイヤーです。

2019年には本作のほか、映画『屍人荘の殺人』に出演予定。

映画『アイネクライネナハトムジーク』織田一真はどんな役?


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

矢本悠馬演じる織田一真は、三浦春馬演じる主人公・佐藤の学生時代からの親友。

居酒屋で働く、ちょっと変わり者の男。

学生時代マドンナだった美人の由美を妻に持ちます。

これまで制服姿で学生役を演じることの多かった矢本は、今回「大人の役をもらえてうれしい」とコメント。クセが強いものの、憎めない2児の父親役を演じています。

スポンサーリンク

矢本悠馬の演技力の評価は

参考映像:『今日から俺は!!』(2018)

数多くの話題作に常にひっぱりだこの人気個性派俳優・矢本悠馬

子役経験を持ちながら、一度芝居の世界から離れた経験を持ちます。

専門学校から演技の世界に戻りました。周囲から褒められるようになって、役者に向いているのかもしれないと思えるようになったそうです。

2016年公開の映画『ちはやふる』出演をきっかけに、一度本気で芝居にぶつかってみようと思えるようになったと語っています。

芝居に挑戦する楽しさを感じ始め、もっと面白くするために、自分をどう料理して役に個性を持たせていくかを考えるようになったそうです。

普通の学生生活を謳歌したことが演技をする上での糧になっているという本人の言通り、おちゃめな学生役で才能が開花。見事なコメディアンぶりで、数多くの作品にひっぱりだこの俳優となりました。

大ヒットコメディドラマ『今日から俺は!!』では、主人公と敵対する今井の舎弟役をコミカルに好演。大きな注目を集めました。

本作『アイネクライネナハトムジーク』での織田一真は、主人公・佐藤とのコントラストを出す大切な役。

今泉力哉監督の強い希望で、風変りなキャラクターと説得力あるセリフ回しができる矢本が選ばれました。

これまで征服姿の役のイメージが強かった矢本が、ちょっと変わり者ながら憎めないキャラクターを持つ2児の父を演じます。

10年後のシーンでは思春期を迎えた娘を持つ貫禄。

一真がどんな絆を家族と紡いでいくのか。また、主人公・佐藤の人生にどうかかわっていくのか。矢本の演技から目が離せません。

矢本悠馬の公式SNSの紹介

矢本悠馬の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

時を越えて気づく、<出会い>よりも大切なこと。思いがけない絆が巡りめぐって、奇跡のような瞬間を呼び起こす、10年越しのラブストーリー『アイネクライネナハトムジーク』。

大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎の初にして唯一の恋愛小説を、『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化しました。

音楽を担当するのは、本作を生み出すきっかけとなったシンガーソングライターの斉藤和義。

実力派俳優の三浦春馬と多部未華子が主演し、演技力ある貫地谷しほり、原田泰造らが共演しています。

主人公の親友・織田一真役を演じるのは、今泉監督の強い希望で抜擢された売れっ子のバイプレイヤー・矢本悠馬。憎めない変わり者を、味わいある演技で魅せています。

映画『アイネクライネナハトムジーク』は2019年9月20日(金)よりロードショーです。





関連記事

新作映画ニュース

《動画で見る佐野岳インタビュー》BL映画『リスタートはただいまのあとで』マル秘の役作りノートを監督に見せながら挑んだキャラクター

映画『リスタートはただいまのあとで』は、2020年9月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開! 小さな田舎町で出会った正反対の2人が共に農園を営むことで、互いに情が芽生えていく過程を、美しい景色 …

新作映画ニュース

山崎樹一郎監督の新作映画『やまぶき』ポスプロ作業へ。完成に向けて応援を【拡散希望】

4K、8K時代に16Kではなく、16ミリフィルムでの撮影を敢行した映画『やまぶき』。 岡山県に暮らしながら、映画製作を行っている山崎樹一郎監督。 真庭フィルムユニオン 山崎監督自身が住まう真庭市を中心 …

新作映画ニュース

映画『愛なのに』『猫は逃げた』あらすじ。城定秀夫×今泉力哉のコラボ企画L/R15が始動!

城定秀夫×今泉力哉による異色のコラボレーション企画が始動! 『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』 『mellow』『his』『あの頃。』『街の上で』と続々話題作が公開され、今最も注目されてい …

新作映画ニュース

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『バオバオ フツウの家族』を5組10名様ご招待。公開日は9月28日!

2組の同性カップルの妊活と葛藤を描く。 映画『バオバオ フツウの家族』が、2019年9月28日(土)より新宿K’s cinemaほかにて全国順次公開されます。 5月にアジアで初めて同性婚が認められた台 …

新作映画ニュース

韓国映画『バーニング劇場版』日本公開を前にNHK地上波放送で「短縮版」が見られる!

世界中に“ハルキスト”と言われる熱狂的なファンを持つ、日本が誇る翻訳家でもある小説家・村上春樹。 彼の短編小説「納屋を焼く」を原作とした『バーニング劇場版』が、2019年2月1日にTOHOシネマズ シ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学