Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/07
Update

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』あらすじとキャスト。ワンダーコンのリポートも

  • Writer :
  • 石井夏子

特別映像初お披露目でファン大興奮!

2019年6月21日(金)よりロードショーの「X-MEN」シリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』

カリフォルニア・アナハイムで行われたワンダーコンにソフィー・ターナー、ニコラス・ホルト、タイ・シェリダンら豪華キャスト陣が登壇し、パネルディスカッションやレッドカーペットでファンとの交流を楽しみました。

この度、会場の様子を収めた特別映像やワンダーコンにあわせて解禁されたファンポスターが到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画「X-MEN」シリーズとは


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

世界を危機に陥れる強大な敵とミュータントたちの時空を超える壮絶な戦いを描き、全世界累計興収が28億ドル(Box Office Mojo調べ/日本円換算約3,167億円:2018年11月2日時点)を超える驚異の大ヒットを記録したメガヒット・シリーズです。

2011年に公開された第4作『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』では1960年代、2014年の第5作『X-MEN:フューチャー&パスト』では1973年と2023年の2つの時代を描きました。

2016年公開の前作『X-MEN:アポカリプス』では紀元前2600年から1983年へと舞台を変え、人類初のミュータントで最恐のパワーを持つアポカリプスとのシリーズ最大級の壮絶な戦いが繰り広げられました。

この時、巨大なる脅威に大打撃を与えたのが本作『ダーク・フェニックス』の主役となるジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)なんです。

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ワンダーコンのリポート


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

2019年3月29日(日本時間)、アナハイムで行われたワンダーコンに、X-MENシリーズ最終&最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』のキャスト陣が参加!

レッドカーペットやサインイベントになど登場し、ファンとの交流を楽しみました。


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

パネルディスカッションでX-MENのキャラクターのコスチュームに身を包んだコスプレイヤーら熱心なファンの前に登場したのは、物語の鍵を握るジーン・グレイを演じたソフィー・ターナー、長きにわたってビースト/ハンク・マッコイを演じてきたニコラス・ホルト、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』に脚本として参加して以降X-MENシリーズすべてに関わり、本作が初の監督挑戦となるサイモン・キンバーグに加え、プロデューサーのハッチ・パーカーら総勢8名。

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

人気キャラクタークイックシルバー/ピーター・マキシモフを演じるエヴァン・ピーターズや、前作アポカリプスから新たにX-MENシリーズに参加したナイトクローラー/カート・ワグナー役コディ・スミット=マクフィー、ストーム/オロロ・モンロー役アレクサンドラ・シップ、『レディ・プレイヤー1』などで人気沸騰中のサイクロップス/スコット・サマーズ役タイ・シェリダンといった豪華でフレッシュなキャスト陣の登場に会場は大盛り上がり

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

ステージの最中には客席をバックに全員揃ってセルフィーを撮影するなど、X-MENメンバーの仲の良さが窺える一幕も!

キャスト陣が語る撮影時のエピソードに加え、会場限定となる本編映像3本の解禁、さらには昨年11月に世界中のファンから惜しまれつつこの世を去ったスタン・リーのカメオ出演に関するコメントが飛び出すなど、ファン垂涎のステージとなりました。

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

ワンダーコン特別映像

熱気あふれる会場の様子を収めた映像

思い思いのコスチュームに身を包むコスプレイヤーの姿や、記者のフォトコールに答えるソフィー・ターナー、大きな歓声に迎えられてキャスト陣が登壇する様子などが収められてます。

スポンサーリンク

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ファンポスター


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

また、ワンダーコンの開催にあわせて新たなファンポスターも解禁となりました。

炎のような赤を基調に苦悩の表情を浮かべるジーンを大きくあしらったポスターは、本作の内容をひと目で伝えるインパクト絶大のデザインです。

果たしてジーンは自らの内に潜む最大の敵、ダーク・フェニックスに打ち勝つことができるんでしょうか。

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』の作品情報


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
X-Men: Dark Phoenix

【監督・脚本】
サイモン・キンバーグ

【キャスト】
ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ジェシカ・チャステイン

【作品概要】
原作コミックの中でも最重要作と言われ、その後のアメコミ界隆盛の礎となった『ダークフェニックスサーガ』に基づく、「X-MEN」シリーズの決定版。

テレビドラマ「ゲーム·オブ·スローンズ」のメインキャラクター、サンサ役でブレイクを果たしたソフィー·ターナーが前作『X-MEN:アポカリプス』(2016)からジーン役を続投。

2度のアカデミー賞ノミネートを誇るマイケル·ファスベンダー、『ミスター·ガラス』(2019)の怪演も記憶に新しいジェームズ·マカヴォイ、オスカー女優ジェニファー·ローレンスら、おな
じみの人気俳優陣にが人気キャラクターに扮します。

『ゼロ·ダーク·サーティ』(2012)の演技派女優ジェシカ·チャステインがジーンをダークサイドへ導く物語の鍵を握るキャラクターとして加わりました。

10年以上にわたりシリーズの脚本を手がけ、「X-MEN」を知り尽くしているサイモン·キンバーグが監督も務めます。

スポンサーリンク

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』のあらすじ


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
⼈類を救う戦いから10年。

巨⼤な脅威・アポカリプスへの壊滅的な⼀撃を与えたのは、サイコキネシスとテレパシーの特殊能⼒を持つX-MENのメンバーであるジーン・グレイでした。

しかしジーンは、宇宙ミッションでの事故が原因でダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格“ダーク・フェニックス”を解き放ってしまいます。

そして訪れる、世界の危機。

全宇宙の破滅を⽌めるため、X-MENがジーンの“悪”に⽴ち向かいます。

まとめ


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

3月末に行われたワンダーコンの模様をお届けしました。

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』のメンバーの仲の良さが窺え、本作への期待がますます高まりますね。

シリーズ期待作『X-MEN:ダーク・フェニックス』は2019年6月21日(金)より全国ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

シアーシャ・ローナン主演“若草物語”を映画化『ストーリー・オブ・マイライフ』予告編動画と劇場公開の情報

エマ・ワトソン、シアーシャ・ローナンら豪華4姉妹がはしゃぐ姿に胸躍る。 世界中で愛され続ける大ベストセラー作家、ルイーザ・メイ・オルコットが自らの生き方を重ねて書き上げた、ジョー・マーチの物語として描 …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2019情報】スプラッシュ部門に『猿楽町で会いましょう』が選出!2020年に渋谷シネクイントで上映が決定

その嘘は、本当ですか? 業界大注目の俳優・金子大地とネクストブレイク必至の石川瑠華がW主演するラブストーリー『猿楽町で会いましょう』。 Ⓒ2019オフィスクレッシェンド    本作が第32回東京国際映 …

新作映画ニュース

映画『燃えよ剣』キャストの岡田准一は土方歳三役!演技力の評価とプロフィール

映画『燃えよ剣』は2021年10月15日(金)に全国公開 国民的作家・司馬遼太郎による伝説の幕末小説『燃えよ剣』が実写映画化。 『関ヶ原』(2017)の原田眞人監督と岡田准一が再タッグを組み、柴咲コウ …

新作映画ニュース

休日は家で動画フル無料配信で映画見る!おすすめ洋画邦画をU-NEXTで鑑賞する方法

この連休は「映画」を自宅で見るか?劇場で見るか? 大学で映画制作の教鞭をとるベテラン映画監督Tさんに会ったおり、最近の学生たちの“映画鑑賞の初体験”を聞くと、動画配信が映画への興味のきっかけだという若 …

新作映画ニュース

映画『私たちの青春、台湾』日本公開日/上映館。ひまわり運動のリーダーらをドキュメンタリーで追う!

台湾、香港、中国の社会運動を通して見つけた“私たち”の青春と挫折、未来への記録。 ひまわり運動のリーダー陳為廷(チェン・ウェイティン)、中国人留学生で台湾の社会運動に参加する蔡博芸(ツァイ・ボーイー) …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学