Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/18
Update

ジーンの力が暴走する予告解禁!映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』はシリーズ最終章となるのか⁈

  • Writer :
  • 石井夏子

史上最強のヒーロー“ダーク・フェニックス”はいかにして生まれたのか?


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

世界を危機に陥れる強大な敵とミュータントたちの時空を超える壮絶な戦いを描いた人気シリーズの最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』。

2016年公開の前作『X-MEN:アポカリプス』では、人類初のミュータントとのシリーズ最大級の壮絶な戦いが繰り広げられ、この時、巨大なる脅威に大打撃を与えたのが、本作の主役となるジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)でした。

2019年6月21日(金)に全国ロードショーされる本作『X-MEN:ダーク・フェニックス』の予告映像が解禁されました。

ジーン・グレイのダークサイドが覚醒し、制御不能の暴走を始めるド迫力の本予告【最後のX-MEN編】、お楽しみください。

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』予告映像【最後のX-MEN編】

今回解禁された予告編は、ジーンが〈ダーク・フェニックス〉として覚醒し、制御不能の暴走を始める【最後のX-MEN編】。

彼女が宇宙空間で取り込んだ驚異的なパワーが、先日撮影に成功したブラックホールのようだと本国公式Twitterおよび米映画サイトでも話題になった、ド迫力の映像です。

特殊能力で世界の危機を救う英雄的存在となったプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)率いるX-MENは、NASAの宇宙船乗組員を救助する任務に向かいますが、急上昇した熱放射が襲いかかってきます。  

乗組員は無事救助され、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)が退避を指示したものの、宇宙空間に取り残されてしまうジーン。

その瞬間、大爆発が起こり、ジーンは謎の光線を浴びてしまいました。

無事に地球に帰還したかに見えた彼女でしたが、謎の光線によりダークサイドが増幅し、彼女の内に秘められていた悪=“ダーク・フェニックス”が覚醒

やがて、プロフェッサーXやミスティーク、恋人のサイクロップス(タイ・シェリダン)らをはじめとする、X-MENのメンバーも彼女の異変に気付き始めます。

そんな時、謎の女(ジェシカ・チャスティン)が近づき、「あなたのパワーはすべてを破壊する。X-MENは恐れるあまり、あなたを破壊する」と、制御不能の強大なパワーに戸惑うジーンに吹き込んだんです。


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

その言葉に惑わされ、彼女を救おうとする仲間たちのことを信じられなくなったジーンは、“ダーク・フェニックス”となって暴走を加速させてしまいます。

その圧倒的なパワーで仲間たちを傷つけていくジーンに、「彼女を倒す」と言い放つマグニートー(マイケル・ファスベンダー)。

「まだ助けられる」と彼女を気遣うサイクロップス「すでに別人だ」と見限るビースト(ニコラス・ホルト)。

様々な思いが交錯し、X-MENのチームワークに大きな亀裂が走ります。

「私に勝つことは不可能」…“ダーク・フェニックス”となった史上最強のジーンには、もはや誰もかないません

彼女の暴走を、X-MENは食い止めることができるんでしょうか。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』はシリーズ最終章として壮絶なクライマックスを迎えることになります。

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』の作品情報


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
X-Men: Dark Phoenix

【監督・脚本】
サイモン・キンバーグ

【キャスト】
ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、タイ・シェリダン、ジェシカ・チャステイン

【作品概要】
原作コミックの中でも最重要作と言われ、その後のアメコミ界隆盛の礎となった『ダークフェニックスサーガ』に基づく、「X-MEN」シリーズの決定版。

テレビドラマ「ゲーム·オブ·スローンズ」のメインキャラクター、サンサ役でブレイクを果たしたソフィー·ターナーが前作『X-MEN:アポカリプス』(2016)からジーン役を続投。

2度のアカデミー賞ノミネートを誇るマイケル·ファスベンダー、『ミスター·ガラス』(2019)の怪演も記憶に新しいジェームズ·マカヴォイ、オスカー女優ジェニファー·ローレンスら、おな
じみの人気俳優陣にが人気キャラクターに扮します。

『ゼロ·ダーク·サーティ』(2012)の演技派女優ジェシカ·チャステインがジーンをダークサイドへ導く物語の鍵を握るキャラクターとして加わりました。

10年以上にわたりシリーズの脚本を手がけ、「X-MEN」を知り尽くしているサイモン·キンバーグが本作では監督も務めます。

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』のあらすじ


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

⼈類を救う戦いから10年。

ジーン・グレイは、X-MENのリーダーであるプロフェッサーXの右腕として、メンバーからの信頼も厚い優等生でした。

ある宇宙ミッションでの事故をきっかけに、彼女の抑え込まれていたもうひとつの人格“ダーク・フェニックス”が解放されてしまいます。

ジーン自身にも制御不能な“ダーク・フェニックス”は暴走をはじめ、地上の生命体が全滅しかねない、かつてない危機が訪れ…。

まとめ

覚醒したジーンは誰にも止められないんでしょうか。

史上最強のヒーロー、“ダーク・フェニックス”誕生の経緯が解き明かされます。

X-MENの新たなる戦いを描く、待望のシリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』は、2019年6月21日(金)日本公開です。

彼女の葛藤をお見逃しなく。



関連記事

新作映画ニュース

映画『探偵なふたり:リターンズ』クォン・サンウからメッセージ&キャラ映像解禁!前作の紹介も

映画『探偵なふたり:リターンズ』が2019年3月16日(土)公開 2015年に製作され、探偵志望のシャーロックホームズオタクとハミ出しベテラン刑事のコンビが活躍し、韓国と日本でスマッシュヒットした映画 …

新作映画ニュース

第91回アカデミー賞ノミネート2019『グリーンブック』あらすじとキャスト。実話をファレリー監督が傑作に!

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描いた映画『グリーンブック』。 第91回アカ …

新作映画ニュース

【城定秀夫監督特集】上映作品一覧とイベント情報。ポレポレ東中野にて10月19日より開催

全作品劇場 “初” 公開! 天才・城定秀夫が紡ぐ、(約)2日撮りの世界をご堪能あれ。 2003年にピンク映画『味見したい人妻たち(別題:押入れ)』で監督デビュー以降、ピンクはもちろん、一般劇場公開作、 …

新作映画ニュース

映画『大地と白い雲』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。チャクトゥとサルラの邦題を新たに劇場ロードショーされる夫婦の物語

第32回東京国際映画祭「最優秀芸術貢献賞」受賞作。 内モンゴルのフルンボイル草原に暮らす一組の夫婦が、ともに生きていきたいと願いながらも時代の変化や価値観の多様化の中ですれ違っていく様を描いた映画『C …

新作映画ニュース

アイネクライネナハトムジークの音楽主題歌は斉藤和義。プロフィールと過去作の評価解説も

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学