Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/18
Update

ジーンの力が暴走する予告解禁!映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』はシリーズ最終章となるのか⁈

  • Writer :
  • 石井夏子

史上最強のヒーロー“ダーク・フェニックス”はいかにして生まれたのか?


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

世界を危機に陥れる強大な敵とミュータントたちの時空を超える壮絶な戦いを描いた人気シリーズの最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』。

2016年公開の前作『X-MEN:アポカリプス』では、人類初のミュータントとのシリーズ最大級の壮絶な戦いが繰り広げられ、この時、巨大なる脅威に大打撃を与えたのが、本作の主役となるジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)でした。

2019年6月21日(金)に全国ロードショーされる本作『X-MEN:ダーク・フェニックス』の予告映像が解禁されました。

ジーン・グレイのダークサイドが覚醒し、制御不能の暴走を始めるド迫力の本予告【最後のX-MEN編】、お楽しみください。

スポンサーリンク

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』予告映像【最後のX-MEN編】

今回解禁された予告編は、ジーンが〈ダーク・フェニックス〉として覚醒し、制御不能の暴走を始める【最後のX-MEN編】。

彼女が宇宙空間で取り込んだ驚異的なパワーが、先日撮影に成功したブラックホールのようだと本国公式Twitterおよび米映画サイトでも話題になった、ド迫力の映像です。

特殊能力で世界の危機を救う英雄的存在となったプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)率いるX-MENは、NASAの宇宙船乗組員を救助する任務に向かいますが、急上昇した熱放射が襲いかかってきます。  

乗組員は無事救助され、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)が退避を指示したものの、宇宙空間に取り残されてしまうジーン。

その瞬間、大爆発が起こり、ジーンは謎の光線を浴びてしまいました。

無事に地球に帰還したかに見えた彼女でしたが、謎の光線によりダークサイドが増幅し、彼女の内に秘められていた悪=“ダーク・フェニックス”が覚醒

やがて、プロフェッサーXやミスティーク、恋人のサイクロップス(タイ・シェリダン)らをはじめとする、X-MENのメンバーも彼女の異変に気付き始めます。

そんな時、謎の女(ジェシカ・チャスティン)が近づき、「あなたのパワーはすべてを破壊する。X-MENは恐れるあまり、あなたを破壊する」と、制御不能の強大なパワーに戸惑うジーンに吹き込んだんです。


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

その言葉に惑わされ、彼女を救おうとする仲間たちのことを信じられなくなったジーンは、“ダーク・フェニックス”となって暴走を加速させてしまいます。

その圧倒的なパワーで仲間たちを傷つけていくジーンに、「彼女を倒す」と言い放つマグニートー(マイケル・ファスベンダー)。

「まだ助けられる」と彼女を気遣うサイクロップス「すでに別人だ」と見限るビースト(ニコラス・ホルト)。

様々な思いが交錯し、X-MENのチームワークに大きな亀裂が走ります。

「私に勝つことは不可能」…“ダーク・フェニックス”となった史上最強のジーンには、もはや誰もかないません

彼女の暴走を、X-MENは食い止めることができるんでしょうか。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』はシリーズ最終章として壮絶なクライマックスを迎えることになります。

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』の作品情報


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
X-Men: Dark Phoenix

【監督・脚本】
サイモン・キンバーグ

【キャスト】
ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、タイ・シェリダン、ジェシカ・チャステイン

【作品概要】
原作コミックの中でも最重要作と言われ、その後のアメコミ界隆盛の礎となった『ダークフェニックスサーガ』に基づく、「X-MEN」シリーズの決定版。

テレビドラマ「ゲーム·オブ·スローンズ」のメインキャラクター、サンサ役でブレイクを果たしたソフィー·ターナーが前作『X-MEN:アポカリプス』(2016)からジーン役を続投。

2度のアカデミー賞ノミネートを誇るマイケル·ファスベンダー、『ミスター·ガラス』(2019)の怪演も記憶に新しいジェームズ·マカヴォイ、オスカー女優ジェニファー·ローレンスら、おな
じみの人気俳優陣にが人気キャラクターに扮します。

『ゼロ·ダーク·サーティ』(2012)の演技派女優ジェシカ·チャステインがジーンをダークサイドへ導く物語の鍵を握るキャラクターとして加わりました。

10年以上にわたりシリーズの脚本を手がけ、「X-MEN」を知り尽くしているサイモン·キンバーグが本作では監督も務めます。

スポンサーリンク

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』のあらすじ


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

⼈類を救う戦いから10年。

ジーン・グレイは、X-MENのリーダーであるプロフェッサーXの右腕として、メンバーからの信頼も厚い優等生でした。

ある宇宙ミッションでの事故をきっかけに、彼女の抑え込まれていたもうひとつの人格“ダーク・フェニックス”が解放されてしまいます。

ジーン自身にも制御不能な“ダーク・フェニックス”は暴走をはじめ、地上の生命体が全滅しかねない、かつてない危機が訪れ…。

まとめ

覚醒したジーンは誰にも止められないんでしょうか。

史上最強のヒーロー、“ダーク・フェニックス”誕生の経緯が解き明かされます。

X-MENの新たなる戦いを描く、待望のシリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』は、2019年6月21日(金)日本公開です。

彼女の葛藤をお見逃しなく。



関連記事

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ナイトクルージング』あらすじキャスト。全盲の監督がSFに挑む姿を追う

前代未聞の映画製作を追う 生まれながらの全盲者の映画製作を追った映画『ナイトクルージング』が、2019年3月30日(土)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開されます。 マジョリティとマイノリティの境界 …

新作映画ニュース

映画『メモリーズ・オブ・サマー』あらすじキャストと特報映像解禁。日本公開は6月に決定

第32回ワルシャワ映画祭インターナショナル・コンペティション部門正式出品 © 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SIL …

新作映画ニュース

映画『家(うち)へ帰ろう』あらすじとキャスト。公開トークイベントと各種タイアップ情報

アルゼンチンのパブロ・ソラルス監督作品『家へ帰ろう』は2018年12月22日よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開。 ブエノスアイレスに住む88歳の仕立て屋が、祖国ポーランドへ70年前に別れた親友を探 …

新作映画ニュース

奥山和由映画『熱狂宣言』あらすじ。松村厚久の今に迫るダイレクトシネマ

日本映画界のレジェンダリープロデューサー奥山和由が苛烈な人生を全身全霊で生きる一人の男に迫った新しいドキュメンタリー映画が誕生! 映画『熱狂宣言』は、2018年11月4日(日)よりTOHOシネマズ六本 …

新作映画ニュース

夏休み映画公開おすすめの作品は?今週末に4DX上映の迫力を満喫するならコレ

夏休みシーズンも真っ盛り!今週末、4DX映画を観るならどっち? 最強で無敵な“テーマパークVIBE”4DX版『ジュラシック・ワールド/炎の王国』VS迫力勝負!“4DXエクストリーム版”『ミッション:イ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP