Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【第14回大阪アジアン映画祭2019】ロイ・チウが『先に愛した人』の演技で受賞!トークイベント開催

  • Writer :
  • 石井夏子

ロイ・チウが【オーサカ Asia スター★アワード】受賞決定!

優れたアジア映画の鑑賞機会を市民へ提供すること、大阪での映像制作活動促進を支援すること、およびアジア映画人の来阪を促進すること等を通じて、人材育成と交流、大阪経済圏の活性化、都市魅力の向上を図る、大阪アジアン映画祭

14回目を迎えた2019年は、3月8日(金)から3月17日(日)まで、ABCホール、シネ・リーブル梅田、阪急うめだホール、国立国際美術館にて開催されます。

本映画祭では、日本を含むアジア映画界に多大な貢献をし、今後のさらなる活躍も期待されるスター性ある映画人を1名を選出する【オーサカ Asia スター★アワード】も開催。

第14回大阪アジアン映画祭の【オーサカ Asia スター★アワード】受賞者は、台湾のスター俳優、ロイ・チウ(邱澤)に決定しました。

授賞にあわせ、受賞者がその歩んできた歴史、関わった作品や未来について語る【オーサカ Asia スター★アワード&トーク】も開催されます。

ロイ・チウの受賞を記念して、彼のプロフィールと、本映画祭で上映されるロイ・チウ主演作『先に愛した人』の作品情報をお知らせします。

スポンサーリンク

ロイ・チウ(邱澤)プロフィール

第14回大阪アジアン映画祭で、主演作『先に愛した人』(原題:誰先愛上他的/Dear EX)が特集企画《台湾:電影ルネッサンス2019》で上映される、ロイ・チウ(邱澤)。

アイドルから本格派俳優へ見事な転身を遂げた台湾スター、ロイ・チウが【オーサカ Asia スター★アワード】に決定しました。

これまでTVドラマで見せてきた役者としての魅力の範囲内に留まることなく、同作で難しい役に挑戦し、今までのイメージを覆す新しい可能性を見せ、今後のアジア映画へのさらなる貢献が期待されます。

ロイ・チウ(邱澤/Roy CHIU)は1981年生まれ、台湾出身の俳優です。

主演TVドラマシリーズでは数々のヒットを重ね、日本でも絶大な人気を誇っています。

2002年、連続TVドラマ『星が輝く夜に』で俳優デビュー。

歌手としても活動。

華流第一次ブームに沸く当時の日本では、F4に次ぐ人気を誇り、兵役前のファンミーティングは追加公演も行い、多くのファンに見送られました。

退役後は歌手活動をやめて俳優業に専念

2011年『進め!キラメキ女子』で再ブレイク、“新・視聴率男”と呼ばれるようになりました。

常に自分の進む道について自問自答を続け、2018年、映画『先に愛した人』(誰先愛上他的/Dear EX)ではこれまでの全ての殻を破り、見事にアイドルからの脱却に成功。

台北映画祭の主演男優賞受賞はもちろん、金馬奬で台湾からただ一人ノミネートされ、ベテラン名優達との闘いの中で3回の投票中、2回目まで残る快挙を成し遂げました。

【オーサカ Asia スター★アワード&トーク】イベント詳細

【開催日時】
2019年3月14日(木) 16:45〜17:45 (会場:シネ・リーブル梅田4

【チケット発売日】
2月23日(土)より前売りチケット発売開始!

【チケット料金】
前売1300円/当日1500円

チケット購入方法につきましては公式サイトでご確認ください

映画『先に愛した人』上映詳細

【上映日時と劇場】
2019年3月11日(月)21:15〜 (会場:シネ・リーブル梅田4
2019年3月13日(水)15:45〜 (会場:ABC ホール

【チケット発売日】
2月23日(土)より前売りチケット発売開始!

【チケット料金】
前売1300円/当日1500円

チケット購入方法につきましては公式サイトでご確認ください

映画『先に愛した人』の作品情報

【公開】
2019年(台湾映画)

【原題】
誰先愛上他的

【監督】
シュー・ユーティン(徐誉庭)、シュー・ツーイェン(許智彦)

【キャスト】
ロイ・チウ(邱澤)、シェ・インシュエン(謝盈萱)、スパーク・チェン(陳如山)、ジョセフ・ホアン(黄聖球)

【作品概要】
台北電影奨でロイ・チウが主演男優賞を受賞したヒューマン・コメディ。

ロイ・チウは本作で15年間の俳優人生で初の同性愛者の役を演じ、本格派俳優として国内外から高い評価を受けています。

スポンサーリンク

映画『先に愛した人』のあらすじ

死んだ父親の恋人だった自由気ままな若い男と、その事実を知らされ激怒するその妻、二人の間で戸惑う息子…。

絡み合う人間模様を鮮やかな映像で描きます。

まとめ

3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。

スター性溢れる映画人として、同映画祭で開催される【オーサカ Asia スター★アワード】に台湾のスター俳優、ロイ・チウ(邱澤)が決定し、ますます盛り上がりを見せています。

ロイ・チウが歩んできた歴史、関わった作品や未来について語る【オーサカ Asia スター★アワード&トーク】も開催され、主演作『先に愛した人』も上映。

みどころたくさんの第14回大阪アジアン映画祭、是非足をお運びください

関連記事

新作映画ニュース

映画『リヴァプール、最後の恋』あらすじとキャスト。感動の実話ラブストーリー

イギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録を映画化した『Film Stars Don’t Die in Liverpool』。 日本公開に向けて邦題を『リヴァプール、最後の恋』 …

新作映画ニュース

おすすめアニメ映画コンテンツを無料公開!ソニー・ピクチャーズのキッズコーナーで楽しめるお家遊び

歌って、踊って、英語の勉強にもなるアニメ映画コンテンツが盛りだくさん! ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが、親子で楽しむことができる「ソニー・ピクチャーズ キッズコーナー」を2020年4月28 …

新作映画ニュース

映画『歎異抄(たんにしょう)をひらく』あらすじキャスト。劇場版アニメに石坂浩二と増田俊樹が挑む

石坂浩二が劇場版アニメ初主演 2019年5月24日(金)より、シネマート新宿、角川シネマ有楽町ほかにてアニメ映画『歎異抄をひらく』の公開が決定。 (C)「歎異抄をひらく」映画製作委員会 親鸞聖人の教え …

新作映画ニュース

【2020年2月14日〜2月15日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 photo by 田中舘裕介 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネ …

新作映画ニュース

日常の崩壊を予感させる映画『ある船頭の話』予告編公開!オダギリジョーが捉えた日本とは

船頭は今日も、様々な人たちの喜びと悲しみ、生と死を乗せて舟を漕ぐ。 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開されます。 公開に先立ちまし …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学